検索結果 17 件中 1 件 〜 17 件 "貧困世帯"
  1. 2020041403112

    貴州省の貧困扶助工場、「メード・イン・チャイナ」を世界へ  国と貴州省が貧困世帯向けに無償で提供する住居。貧困扶助工場が隣接するので、移住・転居してきた人々は歩いて出勤できる。(2月26日撮影)中国貴州省沿河トゥチャ族自治県では、貧困対策の一環で移住・転居してきた人々の雇用安定と地元の産業振興のため、衣料品のデザインから加工、輸出までを手掛けるアパレルメーカー「恒泰源(こうたいげん)服装」を育成している。同社は衣料品製品の大半を韓国と米国に輸出し、約200人の就業問題を解決した。うち7割を貧困支援ネットワークシステムに登録された貧困世帯が占める。(貴陽=新華社記者/呉思)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020040302533

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ウランチャブ市チャハル右翼後旗大六号鎮の祥輝種植養殖専業合作社のビニールハウスで、飼育するミツバチを確認する村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020040302634

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ウランチャブ市チャハル右翼後旗大六号鎮の祥輝種植養殖専業合作社のビニールハウスでイチゴの摘果(てきか)をする村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020040302591

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月26日、ウランチャブ市チャハル右翼後旗大六号鎮の祥輝種植養殖専業合作社のビニールハウスでイチゴの摘果(てきか)をする村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020040302532

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県の六台灘肉牛養殖専業合作社で牛舎を掃除する村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020040302636

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県の六台灘肉牛養殖専業合作社でアンガス牛に飼料を与える村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020040302560

    特色ある産業が貧困脱却を後押し内モンゴル自治区  3月25日、ウランチャブ市商都県の六台灘肉牛養殖専業合作社でアンガス牛に飼料を与える村民。中国内モンゴル自治区ウランチャブ市はここ数年、貧困脱却の難関攻略を進める中で地域の特色ある産業を全力で発展させている。企業と合作社(協同組合)、貧困世帯を組み合わせた産業モデルを通じて、これまで複数に分かれていた貧困扶助補助金の統合を実施。伝統の養殖業をより大きく、より強くすることで近代農業への発展を促し、生活困窮者が質の高い貧困脱出を実現できるよう後押ししている。(ウランチャブ=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020030900801

    新型肺炎と闘い貧困に挑む貧困世帯が豊かになる権利を保障江西省  3日、高齢者の検温をする南豊県桑田鎮古城村の高齢者施設の封小高(ほう・しょうこう)院長。中国江西省萍郷(へいきょう)市安源区青山鎮温盤村の靴工場「明利鞋廠」が先月25日、操業を再開した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、人手の確保に憂慮していたところ、村の幹部が村内の貧困世帯に「工場で働こう」と呼び掛けた。その結果、労働能力のある貧困世帯の村民が工場に集まった。例年出稼ぎに出ていた村民の一部も村に残ったことで、工場では現在、100人以上が働いている。これにより、村の貧困世帯が自宅のすぐ近くで就職し、貧困からの脱却を果たした。(萍郷=新華社配信)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020030900866

    新型肺炎と闘い貧困に挑む貧困世帯が豊かになる権利を保障江西省  3日、高齢者の検温をする南豊県桑田鎮古城村の高齢者施設の封小高(ほう・しょうこう)院長。中国江西省萍郷(へいきょう)市安源区青山鎮温盤村の靴工場「明利鞋廠」が先月25日、操業を再開した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、人手の確保に憂慮していたところ、村の幹部が村内の貧困世帯に「工場で働こう」と呼び掛けた。その結果、労働能力のある貧困世帯の村民が工場に集まった。例年出稼ぎに出ていた村民の一部も村に残ったことで、工場では現在、100人以上が働いている。これにより、村の貧困世帯が自宅のすぐ近くで就職し、貧困からの脱却を果たした。(萍郷=新華社配信)=2020(令和2)年3月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020030900998

    新型肺炎と闘い貧困に挑む貧困世帯が豊かになる権利を保障江西省  2月28日、貧困世帯の村民を受け入れて操業を再開した靴工場「明利鞋廠」で働く作業員。中国江西省萍郷(へいきょう)市安源区青山鎮温盤村の靴工場「明利鞋廠」が先月25日、操業を再開した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、人手の確保に憂慮していたところ、村の幹部が村内の貧困世帯に「工場で働こう」と呼び掛けた。その結果、労働能力のある貧困世帯の村民が工場に集まった。例年出稼ぎに出ていた村民の一部も村に残ったことで、工場では現在、100人以上が働いている。これにより、村の貧困世帯が自宅のすぐ近くで就職し、貧困からの脱却を果たした。(萍郷=新華社配信)=2020(令和2)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  11. 2020030900996

    新型肺炎と闘い貧困に挑む貧困世帯が豊かになる権利を保障江西省  2月28日、貧困世帯の村民を受け入れて操業を再開した靴工場「明利鞋廠」の入り口で体温検査を受ける作業員。中国江西省萍郷(へいきょう)市安源区青山鎮温盤村の靴工場「明利鞋廠」が先月25日、操業を再開した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、人手の確保に憂慮していたところ、村の幹部が村内の貧困世帯に「工場で働こう」と呼び掛けた。その結果、労働能力のある貧困世帯の村民が工場に集まった。例年出稼ぎに出ていた村民の一部も村に残ったことで、工場では現在、100人以上が働いている。これにより、村の貧困世帯が自宅のすぐ近くで就職し、貧困からの脱却を果たした。(萍郷=新華社配信)=2020(令和2)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  12. 2020030900938

    新型肺炎と闘い貧困に挑む貧困世帯が豊かになる権利を保障江西省  2月28日、貧困世帯の村民を受け入れて操業を再開した靴工場「明利鞋廠」で働く作業員。中国江西省萍郷(へいきょう)市安源区青山鎮温盤村の靴工場「明利鞋廠」が先月25日、操業を再開した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、人手の確保に憂慮していたところ、村の幹部が村内の貧困世帯に「工場で働こう」と呼び掛けた。その結果、労働能力のある貧困世帯の村民が工場に集まった。例年出稼ぎに出ていた村民の一部も村に残ったことで、工場では現在、100人以上が働いている。これにより、村の貧困世帯が自宅のすぐ近くで就職し、貧困からの脱却を果たした。(萍郷=新華社配信)=2020(令和2)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  13. 2019010811941

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  6日、鎮巴県涇洋(けいよう)街道弁事処高橋村の村民、牟文貴(ぼう・ぶんき)さん(中央)の右足に義足を装着するホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019010811987

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  6日、鎮巴県涇洋(けいよう)街道弁事処高橋村の村民、牟文貴(ぼう・ぶんき)さん(中央)に義足のリハビリを指導するホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019010811918

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、李菊山(り・きくざん)さんの血圧を測るホームドクター・サービスチームのスタッフ。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019010812119

    貧困世帯にホームドクターを派遣陝西省鎮巴県  5日、鎮巴県長嶺鎮九陣壩(きゅうじんは)村の村民、陳祥蘭(ちん・しょうらん)さん(中央)の目を診察するホームドクター・サービスチームの医師、陳娟(ちん・えん)さん(右端)。中国陝西省漢中市鎮巴(ちんは)県は、大巴山脈(だいはさんみゃく)の奥地に位置する極度の貧困県で、貧困世帯の4割以上は病気により貧困化(または再貧困化)した。2016年以降、同県は医療衛生貧困者支援プロジェクトを大いに推進しており、県・鎮・村の686人の医療従事者を統合して、180のホームドクター・サービスチームを編成。一つのチームを一つの村に派遣し、定期的に貧困世帯を訪れている。チームは無料健康指導やルーティン検査、入院・精算手続きなどのサービスを行っており、県内の5万人余りの貧困者が恩恵を受けている。(鎮巴=新華社記者/邵瑞)=2019(平成31)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2018100321420

    クジャク飼育で産業発展による貧困脱却を後押し江西省宜春市  9月28日、江西省宜春市袁州区金瑞鎮で合作社の職員と共にクジャクの餌やりに行く易利芝さん。中国浙江省温州市で数年間の出稼ぎ生活を送っていた易利芝(えき・りし)さんは2014年、江西省宜春市袁州区金瑞鎮の実家に戻りインドクジャクの飼育を始めた。地元政府による優遇政策もあり、易さんは順調に起業し、飼育規模を拡大。さらにクジャク飼育専業合作社(協同組合)を設立し、参加させた周辺地域の貧困世帯50戸余りに40以上の職を提供して貧困世帯の人が自宅近くで働けるようにした。現在、易さんの合作社はクジャク飼育場を4千ムー(約2・67平方キロメートル)近くまで拡張し、2万羽を超えるクジャクを飼っている。(宜春=新華社記者/彭昭之)=2018(平成30)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像