検索結果 386 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019110500263

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月31日、朝日に照らされた「ケサル王城」と遠方にそびえる雪山。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019110500253

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月31日、「ケサル王城」内に設置されたケサル王の像。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019110500234

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、「ケサル王城」の街並み。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019110500248

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、「ケサル王城」内に設置されたケサル王の像。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019110500377

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、「ケサル王城」の正門。掲げられたチベット文字はケサル王が治めた嶺(リン)国を意味する。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019110500240

    「新華社」 「ケサル王城」の秘密に迫る四川省カンゼ・チベット族自治州  10月30日、刃物店に飾られたチベット刀。中国四川省カンゼ・チベット族自治州カンゼ県でこのほど、「ケサル王城」がオープンした。ケサル王はチベット族の人々にとって心の英雄であり、叙事詩「ケサル王伝」は青海チベット高原やその周辺に広まっている。労働者が作り上げた民間伝承である同叙事詩は、チベット族の人々の勤勉さと知恵を体現している。「王城」は、叙事詩に描かれた30人の将軍の城にちなんで、30の異なる様式の村落が作られており、中に足を踏み入れると、まるで叙事詩の世界に入ったような感覚になる。「王城」はまた、歴史を伝える文化観光施設としてだけでなく、貧困脱却を支援する産業施設にもなっている。運営開始後、128カ所の貧困村で観光業を発展させることで、貧困村における産業発展の難局を打破し、3千世帯以上の貧困家庭が豊かになるよう支援していく。(カンゼ・チベット族自治州=新華社記者/康錦謙)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019101009157

    朝鮮半島企画「核危機の源流 失敗の本質を問う」(43)「米朝有事」(下) 脳裏よぎった軍事衝突  北朝鮮の労働新聞が2017年11月29日付で掲載した、大陸間弾道ミサイル「火星15」の発射実験の写真(コリアメディア提供・共同)

  8. 2019100303484

    奇襲能力高め、脅威増大  3日付の北朝鮮の労働新聞が掲載した新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」型の発射実験(コリアメディア提供・共同)(左)と朝鮮中央通信が2016年4月に報じた、北朝鮮による潜水艦発射弾道ミサイルの試験発射(朝鮮中央通信=共同)

  9. 2019100300145

    新型SLBM試射に成功  新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」型の発射実験を1面で報じる3日付の北朝鮮の労働新聞(コリアメディア提供・共同)

  10. 2019100300144

    新型SLBM試射に成功  3日付の北朝鮮の労働新聞が掲載した新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」型の発射実験の連続写真(コリアメディア提供・共同)

  11. 2019092600268

    朝鮮半島企画「核危機の源流 失敗の本質を問う」(42)「米朝有事」(上) 一触即発、未曽有の緊張  北朝鮮の労働新聞が2017年9月16日に掲載した、中距離弾道ミサイル「火星12」の発射訓練の写真(コリアメディア提供・共同)

  12. 2019092100047

    NYのガラス張り店舗復活  大規模な改装工事を行い開店した米アップルの旗艦店の店内=20日、ニューヨーク(共同)

  13. 2019092100046

    NYのガラス張り店舗復活  大規模な改装工事を行い開店した米アップルの旗艦店=20日、ニューヨーク(共同)

  14. 2019092100045

    NYのガラス張り店舗復活  大規模な改装工事を行い開店した旗艦店の入り口で手を振る米アップルのティム・クックCEO(左手前)=20日、ニューヨーク(共同)

  15. 2019090400068

    中国義勇軍兵士の墓で献花  4日付の労働新聞に掲載された、中国義勇軍兵士らの陵墓(写真左)を訪れる中国の王毅国務委員兼外相(写真右の右から4人目)の写真(コリアメディア提供・共同)

  16. 2019081700066

    金氏「新兵器」試射視察  17日付の労働新聞が掲載した「新兵器」の試射の写真(コリアメディア提供・共同)

  17. 2019081700065

    金氏「新兵器」試射視察  17日付の労働新聞が掲載した「新兵器」の試射の写真(コリアメディア提供・共同)

  18. 2019081700064

    金氏「新兵器」試射視察  17日付の労働新聞が掲載した「新兵器」の試射の写真(コリアメディア提供・共同)

  19. 2019081100746

    金正恩氏が新兵器試射視察  11日付の北朝鮮の労働新聞に掲載された「新兵器」の試射の写真(コリアメディア提供・共同)

  20. 2019080903805

    「関西くろすろーど」 警察署が労働者の詩集発行  大阪府警西成署と地域住民でつくる団体による、地元の公園での衣類などの無償提供=7月、大阪市西成区

  21. 2019080700075

    米韓に「警告」と金正恩氏  7日付の北朝鮮の労働新聞に掲載された「新型戦術誘導弾」の写真(コリアメディア提供・共同)

  22. 2019080700068

    米韓に「警告」と金正恩氏  7日付の北朝鮮の労働新聞に掲載された「新型戦術誘導弾」の写真(コリアメディア提供・共同)

  23. 2019080700067

    米韓に「警告」と金正恩氏  7日付の北朝鮮の労働新聞に掲載された「新型戦術誘導弾」の写真(コリアメディア提供・共同)

  24. 2019072600071

    正恩氏がミサイル発射視察  26日付の北朝鮮の労働新聞が掲載した、発射される「新型戦術誘導兵器」の写真(コリアメディア提供・共同)

  25. 2019070800219

    北朝鮮「国力最高の境地」  北朝鮮の故金日成主席を追悼し、業績を称賛する社説を1面に掲載した8日付の労働新聞(コリアメディア提供・共同)

  26. 2019062000118

    習近平氏が初訪朝へ  中国の習近平国家主席の北朝鮮訪問を歓迎する社説を1面に掲載した20日付の労働新聞(コリアメディア提供・共同)

  27. 2019042400156

    正恩氏きょうロシア訪問  ロシアへ向けて出発する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長を1面で報じる24日付の労働新聞(コリアメディア提供・共同)

  28. 2019051702433

    「新華社」 瀋陽故宮、新石器時代から明清時代までの玉器を展示  瀋陽故宮博物院で展示された玉器。(4月24日撮影)中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物院では、労働節(メーデー)の連休期間中、新石器時代から明清時代までの異なる型の玉器の逸品100点余りを展示している。展示された玉器には祭祀で用いられる大型のものから、個人の身分や品性を象徴する玉璧(中央に穴の空いた薄い円盤状の玉器)、玉珩(ぎょくこう、平たく弧を描いた形をした装身具の一種)、玉牌(方形をした玉の表面に図案や文字が彫刻された飾り物の一種)、玉串飾(玉をひもでつないだ装身具の一種)およびさまざまな形をした小型の置物や装飾品などが含まれている。(瀋陽=新華社配信/瀋陽故宮博物院提供)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:瀋陽故宮博物院/新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019051702378

    「新華社」 瀋陽故宮、新石器時代から明清時代までの玉器を展示  瀋陽故宮博物院で展示された玉器。(4月24日撮影)中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物院では、労働節(メーデー)の連休期間中、新石器時代から明清時代までの異なる型の玉器の逸品100点余りを展示している。展示された玉器には祭祀で用いられる大型のものから、個人の身分や品性を象徴する玉璧(中央に穴の空いた薄い円盤状の玉器)、玉珩(ぎょくこう、平たく弧を描いた形をした装身具の一種)、玉牌(方形をした玉の表面に図案や文字が彫刻された飾り物の一種)、玉串飾(玉をひもでつないだ装身具の一種)およびさまざまな形をした小型の置物や装飾品などが含まれている。(瀋陽=新華社配信/瀋陽故宮博物院提供)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:瀋陽故宮博物院/新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019041200110

    北朝鮮首相ら交代  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が国務委員長に再任されたことを1面で報じる12日付の労働新聞(コリアメディア提供・共同)

  31. 2019041200108

    北朝鮮首相ら交代  北朝鮮の新首相に選出された金才竜氏。労働新聞が12日、掲載した(コリアメディア提供・共同)

  32. 2019040400135

    正恩氏4カ月ぶり地方視察  北朝鮮の北部両江道三池淵郡を視察する金正恩朝鮮労働党委員長(中央)。労働新聞が4日、掲載した(コリアメディア提供・共同)

  33. 2019041700428

    「新華社」 中国初のチベット支援の「文化·観光商品」スーパー開店ニンティ  1日、スーパーの店内にある山南市の特産品コーナーで、商品を手に取る人。中国チベット自治区ニンティ市にある「ルラン(魯朗)国際観光小鎮」で、チベット支援の一環として「文化・観光商品」を販売する中国初のスーパーチェーンがこのほど、オープンした。同店は敷地面積1400平方メートル、総投資額520万元(1元=約17円)で、チベット自治区7地市の17の支援隊の商品458種類を統合し、ルラン創客・双創産業パークをプラットフォームに、チベット支援のための「文化・観光商品」をオンラインと実店舗の双方で全国に販売していく。(ニンティ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019041700355

    「新華社」 中国初のチベット支援の「文化·観光商品」スーパー開店ニンティ  1日、スーパーの店内にある山南市の特産品コーナーで、商品を手に取る人。中国チベット自治区ニンティ市にある「ルラン(魯朗)国際観光小鎮」で、チベット支援の一環として「文化・観光商品」を販売する中国初のスーパーチェーンがこのほど、オープンした。同店は敷地面積1400平方メートル、総投資額520万元(1元=約17円)で、チベット自治区7地市の17の支援隊の商品458種類を統合し、ルラン創客・双創産業パークをプラットフォームに、チベット支援のための「文化・観光商品」をオンラインと実店舗の双方で全国に販売していく。(ニンティ=新華社記者/李鑫)=2019(平成31)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019032700362

    金正恩氏が戦闘力強化訴え  「中隊長・中隊政治指導員大会」に臨む北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。労働新聞が27日、掲載した(コリアメディア提供・共同)

  36. 2019032200038

    セブンが時短実験で開店  セブン―イレブンの店舗で、午前5時の開店に向けて配送された新聞の確認作業をする店員=22日未明、東京都足立区

  37. 2019032200037

    セブンが時短実験で開店  セブン―イレブンの店舗で、午前5時の開店に向けてパンなどを準備する店員=22日未明、東京都足立区

  38. 2019032200036

    セブンが時短実験で開店  24時間営業見直しに向けた実験を実施しているセブン―イレブンの店舗で、駐車場を閉鎖するため三角コーンを置く店員=22日未明、東京都足立区

  39. 2019032200035

    セブンが時短実験で開店  24時間営業見直しに向けた実験を実施しているセブン―イレブンの店舗で、営業再開時刻についてのお知らせを張る店員=22日未明、東京都足立区

  40. 2019040801681

    「新華社」 中国はやはり魅力的な投資先複数の日本企業が再認識  3月21日、オムロン(大連)有限公司で取材に応じる王登奎(おう・とうけい)総経理。数年前までは製品構成の調整などの要因のため、一部の日系企業が中国から移転や撤退していたが、今では中国の対外開放の拡大や産業の高度化、外資誘致政策の充実およびビジネス環境の整備によって、中国に戻って工場を建設したり、増資や生産能力を拡大したりする日系企業が増えている。中国の人件費は上昇したものの、中国人従業員の能力や労働生産性、市場透明性の向上、法制度の整備は、中国の競争力に新たな優位性を与えている。また、「一帯一路」構想や生態系保護の強化、東北振興などの発展戦略がすでに中国の中長期的な国策となり、さらなるビジネスチャンスをもたらしたことも、これらの日系企業の共通認識になっている。(大連=新華社記者/楊青)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019040801454

    「新華社」 中国はやはり魅力的な投資先複数の日本企業が再認識  3月21日、オムロン(大連)有限公司が生産した製品。数年前までは製品構成の調整などの要因のため、一部の日系企業が中国から移転や撤退していたが、今では中国の対外開放の拡大や産業の高度化、外資誘致政策の充実およびビジネス環境の整備によって、中国に戻って工場を建設したり、増資や生産能力を拡大したりする日系企業が増えている。中国の人件費は上昇したものの、中国人従業員の能力や労働生産性、市場透明性の向上、法制度の整備は、中国の競争力に新たな優位性を与えている。また、「一帯一路」構想や生態系保護の強化、東北振興などの発展戦略がすでに中国の中長期的な国策となり、さらなるビジネスチャンスをもたらしたことも、これらの日系企業の共通認識になっている。(大連=新華社記者/楊青)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019040801574

    「新華社」 中国はやはり魅力的な投資先複数の日本企業が再認識  3月21日、オムロン(大連)有限公司の工場で作業する従業員。数年前までは製品構成の調整などの要因のため、一部の日系企業が中国から移転や撤退していたが、今では中国の対外開放の拡大や産業の高度化、外資誘致政策の充実およびビジネス環境の整備によって、中国に戻って工場を建設したり、増資や生産能力を拡大したりする日系企業が増えている。中国の人件費は上昇したものの、中国人従業員の能力や労働生産性、市場透明性の向上、法制度の整備は、中国の競争力に新たな優位性を与えている。また、「一帯一路」構想や生態系保護の強化、東北振興などの発展戦略がすでに中国の中長期的な国策となり、さらなるビジネスチャンスをもたらしたことも、これらの日系企業の共通認識になっている。(大連=新華社記者/楊青)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019040801682

    「新華社」 中国はやはり魅力的な投資先複数の日本企業が再認識  3月21日、オムロン(大連)有限公司の工場で作業する従業員。数年前までは製品構成の調整などの要因のため、一部の日系企業が中国から移転や撤退していたが、今では中国の対外開放の拡大や産業の高度化、外資誘致政策の充実およびビジネス環境の整備によって、中国に戻って工場を建設したり、増資や生産能力を拡大したりする日系企業が増えている。中国の人件費は上昇したものの、中国人従業員の能力や労働生産性、市場透明性の向上、法制度の整備は、中国の競争力に新たな優位性を与えている。また、「一帯一路」構想や生態系保護の強化、東北振興などの発展戦略がすでに中国の中長期的な国策となり、さらなるビジネスチャンスをもたらしたことも、これらの日系企業の共通認識になっている。(大連=新華社記者/楊青)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019040801527

    「新華社」 中国はやはり魅力的な投資先複数の日本企業が再認識  3月21日、天龍製鋸大連有限公司で取材に応じる天龍製鋸株式会社の西藤晋吉社長(右から2人目)。数年前までは製品構成の調整などの要因のため、一部の日系企業が中国から移転や撤退していたが、今では中国の対外開放の拡大や産業の高度化、外資誘致政策の充実およびビジネス環境の整備によって、中国に戻って工場を建設したり、増資や生産能力を拡大したりする日系企業が増えている。中国の人件費は上昇したものの、中国人従業員の能力や労働生産性、市場透明性の向上、法制度の整備は、中国の競争力に新たな優位性を与えている。また、「一帯一路」構想や生態系保護の強化、東北振興などの発展戦略がすでに中国の中長期的な国策となり、さらなるビジネスチャンスをもたらしたことも、これらの日系企業の共通認識になっている。(大連=新華社記者/楊青)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019040801550

    「新華社」 中国はやはり魅力的な投資先複数の日本企業が再認識  3月21日、オムロン(大連)有限公司の工場で作業する従業員。数年前までは製品構成の調整などの要因のため、一部の日系企業が中国から移転や撤退していたが、今では中国の対外開放の拡大や産業の高度化、外資誘致政策の充実およびビジネス環境の整備によって、中国に戻って工場を建設したり、増資や生産能力を拡大したりする日系企業が増えている。中国の人件費は上昇したものの、中国人従業員の能力や労働生産性、市場透明性の向上、法制度の整備は、中国の競争力に新たな優位性を与えている。また、「一帯一路」構想や生態系保護の強化、東北振興などの発展戦略がすでに中国の中長期的な国策となり、さらなるビジネスチャンスをもたらしたことも、これらの日系企業の共通認識になっている。(大連=新華社記者/楊青)=2019(平成31)年3月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019031505239

    連載企画「世界の暦を知る~改元を前に」6回続きの(5)北朝鮮 金日成主席の生年が基準  主体年号と西暦の併記で日付が書かれた北朝鮮の労働新聞(電子版)の紙面(コリアメディア提供・共同)

  47. 2019031800367

    「新華社」 1日の出入国者延べ4万9千人以上雲南省瑞麗市  10日、瑞麗市の様子。(小型無人機から)中国雲南省南部、ミヤンマーとの国境に位置する瑞麗(ずいれい)市は、1978年に一級口岸(国境貿易通関地)が設置され、2010年には国家重点開発開放試験区に指定された。現在でも「一帯一路」構想における中国・ミヤンマー貿易最大の通商都市となるべく発展を続けている。同市国境検問所指揮センターの責任者、彭磊(ほう・らい)氏は14日、取材に対し「国家重点開発開放試験区に指定されて以降、国境エリアの人的往来は日増しに増えている。現在の1日の通関者数は延べ4万9千人を超え、商人や出稼ぎ労働者として市内に滞在するミャンマー人は5万人以上に上る」と述べた。(瑞麗=新華社記者/秦晴)=2019(平成31)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019031800371

    「新華社」 1日の出入国者延べ4万9千人以上雲南省瑞麗市  8日、畹町(えんちょう)口岸付近の市場でミャンマーから輸入した果物を見せる商人。中国雲南省南部、ミヤンマーとの国境に位置する瑞麗(ずいれい)市は、1978年に一級口岸(国境貿易通関地)が設置され、2010年には国家重点開発開放試験区に指定された。現在でも「一帯一路」構想における中国・ミヤンマー貿易最大の通商都市となるべく発展を続けている。同市国境検問所指揮センターの責任者、彭磊(ほう・らい)氏は14日、取材に対し「国家重点開発開放試験区に指定されて以降、国境エリアの人的往来は日増しに増えている。現在の1日の通関者数は延べ4万9千人を超え、商人や出稼ぎ労働者として市内に滞在するミャンマー人は5万人以上に上る」と述べた。(瑞麗=新華社記者/李暁果)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019030714726

    「新華社」 春節休暇の裏で休みなく働く人工知能  上海市徐匯区行政サービスセンターの24時間セルフサービスホールの入り口。(資料写真)人工知能(AI)の実用化が集中的に進む中国上海市の徐匯(じょかい)区では、春節(旧正月)休暇の最中にも「AI職員」が勤務している。(上海=新華社配信/中国共産党上海市徐匯区委員会宣伝部提供)=撮影日不明、クレジット:中国共産党上海市徐匯区委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019020411988

    「新華社」 「福」の字と共に心温まる旅に出る  1月28日、乗客に「福」の字を手渡す瀋陽北駅の職員。中国特有の現象で、人類史上最大規模の周期的な大移動とも言われる「春運」(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュ)。2019年の春運期間の乗客数は延べ29億9千万人と予測されている。乗客の移動の需要を満たすため、中国の各運輸部門は繁忙期にも人情味あるサービスを提供し、乗客の心を温めている。(瀋陽=新華社記者/丁非白)=2019(平成31)年1月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像