検索結果 159 件中 1 件 〜 50 件 "sports"
  1. 2019101605550

    「新華社」 【新中国成立70周年】農業実績が示す新中国の発展 70周年祝賀大型成果展  14日、成果展で展示された「上山下郷運動」(都市部の若者が農村に赴く運動)を表す模型。「偉大な歩み輝かしい成果-中華人民共和国成立70周年祝賀大型成果展」がこのほど、北京展覧館で開幕した。同展では中国初の履帯式トラクター「東方紅」の製造や、人工の天の川と称される「紅旗渠」の幹線水路建設、生産責任制の導入など、新中国成立以降に農業分野において収めた成果を紹介。労働者の知恵と汗が凝縮され、70年の発展の道のりが示された展示に、多くの市民が足を止めて見入っていた。(北京=新華社記者/常博深)=2019(令和元)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019072500125

    「NNA」 ユニクロ製品「配達拒否」  24日、日本政府の輸出規制強化に対する不買運動の一環として、「ユニクロ」の商品配達を拒否すると宣言し、ソウルの日本大使館前で記者会見する韓国の宅配業者の従業員らでつくる労働団体のメンバー=2019(令和元)年7月24日、韓国・ソウル、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  3. 2019072500123

    「NNA」 ユニクロ製品「配達拒否」  24日、日本政府の輸出規制強化に対する不買運動の一環として、「ユニクロ」の商品配達を拒否すると宣言し、ソウルの日本大使館前で記者会見する韓国の宅配業者の従業員らでつくる労働団体のメンバー=2019(令和元)年7月24日、韓国・ソウル、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  4. 2019072500127

    「NNA」 ユニクロ製品「配達拒否」  24日、日本政府の輸出規制強化に対する不買運動の一環として、「ユニクロ」の商品配達を拒否すると宣言し、ソウルの日本大使館前で記者会見する韓国の宅配業者の従業員らでつくる労働団体のメンバー=2019(令和元)年7月24日、韓国・ソウル、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  5. 2019072500128

    「NNA」 ユニクロ製品「配達拒否」  24日、日本政府の輸出規制強化に対する不買運動の一環として、「ユニクロ」の商品配達を拒否すると宣言し、ソウルの日本大使館前で記者会見する韓国の宅配業者の従業員らでつくる労働団体のメンバー=2019(令和元)年7月24日、韓国・ソウル、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  6. 2019072500132

    「NNA」 ユニクロ製品「配達拒否」  24日、日本政府の輸出規制強化に対する不買運動の一環として、「ユニクロ」の商品配達を拒否すると宣言し、ソウルの日本大使館前で記者会見する韓国の宅配業者の従業員らでつくる労働団体のメンバー=2019(令和元)年7月24日、韓国・ソウル、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  7. 2019072500130

    「NNA」 ユニクロ製品「配達拒否」  24日、日本政府の輸出規制強化に対する不買運動の一環として、「ユニクロ」の商品配達を拒否すると宣言し、ソウルの日本大使館前で記者会見する韓国の宅配業者の従業員らでつくる労働団体のメンバー=2019(令和元)年7月24日、韓国・ソウル、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  8. 2019072500131

    「NNA」 ユニクロ製品「配達拒否」  24日、日本政府の輸出規制強化に対する不買運動の一環として、「ユニクロ」の商品配達を拒否すると宣言し、ソウルの日本大使館前で記者会見する韓国の宅配業者の従業員らでつくる労働団体のメンバー=2019(令和元)年7月24日、韓国・ソウル、クレジット:NNA/共同通信イメージズ

  9. 2019051500101

    メーデー記念スポーツ大会を楽しむ労働者  2019年5月1日、メーデー記念スポーツ大会を楽しむ北朝鮮の労働者(朝鮮通信=共同)

  10. 2019051500100

    メーデー記念スポーツ大会を楽しむ労働者  2019年5月1日、メーデー記念スポーツ大会を楽しむ北朝鮮の労働者(朝鮮通信=共同)

  11. 2019051500099

    スポーツ大会を楽しむ朝鮮の労働者  2019年5月1日、メーデー記念スポーツ大会を楽しむ北朝鮮の労働者。中央で赤旗を振るのは同国の金才竜首相(朝鮮通信=共同)

  12. 2019041904766

    「12段用」「スクランブル」 怒らない指導、改革に一石  近年のスポーツ界で発覚した主な暴力、パワハラ問題

  13. 2019041904765

    「12段用」「スクランブル」 怒らない指導、改革に一石  近年のスポーツ界で発覚した主な暴力、パワハラ問題

  14. 2019041904764

    「スクランブル」 怒らない指導、改革に一石  近年のスポーツ界で発覚した主な暴力、パワハラ問題

  15. 2019041904763

    「スクランブル」 怒らない指導、改革に一石  近年のスポーツ界で発覚した主な暴力、パワハラ問題

  16. 2019033000708

    不適切言動「真摯に反省」  女子スポーツに関するセミナーで昨年のパワハラ騒動について言及する塚原千恵子女子強化本部長=30日、東京都渋谷区

  17. 2018092600251

    増産突撃運動を促すポスター  新たに制作された北朝鮮の国家経済発展5カ年戦略(2016—20年)目標遂行のための増産突撃運動を促すポスター。「最上の成果、最高の労働的偉勲を!」と書かれている(朝鮮通信=共同)

  18. 2018091600510

    「大型サイド」相次ぐスポーツ界の不祥事 暴力、パワハラ告発の連鎖  2018年に発覚したスポーツ界の主な不祥事

  19. 2018091600509

    「大型サイド」相次ぐスポーツ界の不祥事 暴力、パワハラ告発の連鎖  2018年に発覚したスポーツ界の主な不祥事

  20. 2018091600386

    「大型サイド」相次ぐスポーツ界の不祥事 暴力、パワハラ告発の連鎖  暴力問題で記者会見する体操の宮川紗江選手=8月、東京都内

  21. 2018080900145

    全国労働者スポーツ大会  2018年8月7日、平壌・青春通りのバスケットボール競技館で行われた全国労働者スポーツ大会(逓信部門)のバレーボール(朝鮮通信=共同)

  22. 2018080900142

    全国労働者スポーツ大会開幕式  2018年8月7日、平壌・青春通りのバスケットボール競技館で行われた全国労働者スポーツ大会(逓信部門)の開幕式(朝鮮通信=共同)

  23. 2018080200574

    55年内地 5729 労働4団体が会見  金権腐敗追及の国民運動の展開を申し合わせ、記者会見する労働4団体の事務局長、書記長。(左から)富田弘隆・新産別書記長、富塚三夫・総評事務局長、田中良一・同盟書記長、岡村恵・中立労連事務局長=1980(昭和55)年6月26日、東京・芝公園の郵便貯金会館

  24. 2018052800775

    元年国内 16197「労働界の大再編」 総評解散、40年の歴史に幕  総評第82回臨時(解散)大会の準備をする関係者。総評はこの大会で40年にわたる戦後労働運動の歴史の幕を閉じた=1989(平成元)年11月21日午前8時50分、東京・東日暮里

  25. 2018052800767

    元年国内 16202「労働界の大再編」 総評解散、40年の歴史に幕  総評第82回臨時(解散)大会が開幕し拍手する参加者。総評はこの大会で、戦後労働運動の中心的役割を果たしてきた40年にわたる歴史の幕を閉じた=1989(平成元)年11月21日、東京・東日暮里

  26. 2018051100162

    スポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者 2018年5月1日、メーデーを記念してスポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者。中央で旗を振るのは呉秀容朝鮮労働党副委員長(朝鮮通信=共同)

  27. 2018051100161

    ポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者 2018年5月1日、メーデーを記念してスポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者(朝鮮通信=共同)

  28. 2018051100160

    スポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者 2018年5月1日、メーデーを記念してスポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者(朝鮮通信=共同)

  29. 2018051100159

    スポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者 2018年5月1日、メーデーを記念してスポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者(朝鮮通信=共同)

  30. 2018051100158

    スポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者 2018年5月1日、メーデーを記念してスポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者(朝鮮通信=共同)

  31. 2018051100157

    スポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者 2018年5月1日、メーデーを記念してスポーツ・レクリエーションを楽しむ北朝鮮の労働者(朝鮮通信=共同)

  32. 2018050800179

    「新華社」 「ウィーンでのマルクス」特別展覧会、ウィーンで開催  5日、オーストリア・ウィーンで開かれた「ウィーンでのマルクス」特別展覧会を見学する来場者。「ウィーンでのマルクス」と題する特別展覧会がマルクス生誕200周年記念日の5日、オーストリア・ウィーン北部の「カール・マルクス・ホーフ」で開催された。写真やイラストを通じて、労働運動の状況を知るためにマルクスがウィーンを訪れた1848年の短期間で貴重な歴史を紹介した。(ウィーン=新華社記者/潘旭)=2018(平成30)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018050800209

    「新華社」 「ウィーンでのマルクス」特別展覧会、ウィーンで開催  5日、オーストリア・ウィーンで開かれた「ウィーンでのマルクス」特別展覧会で来場者に解説をする解説員。「ウィーンでのマルクス」と題する特別展覧会がマルクス生誕200周年記念日の5日、オーストリア・ウィーン北部の「カール・マルクス・ホーフ」で開催された。写真やイラストを通じて、労働運動の状況を知るためにマルクスがウィーンを訪れた1848年の短期間で貴重な歴史を紹介した。(ウィーン=新華社記者/潘旭)=2018(平成30)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018030500850

    通勤時の「歩く」を推奨  歩きやすい通勤スタイルを提案する紳士服売り場で、プロジェクトをPRするスポーツ庁の鈴木大地長官(左)=5日、東京都渋谷区の高島屋新宿店

  35. 2018071200723

    「新華社」 天下の先たるを恐れず懸命に取り組んでこそ勝つ-示唆に富む「晋江経験」  2月24日、中国福建省晋江市のスポーツ用品大手、安踏(ANTA)集団の生産工場で作業する労働者。中国福建省晋江市は、切磋琢磨して前進し驚くような変化を遂げ、中国の改革開放史に輝かしい一ページを加えた。晋江発展の経験は、遠い将来を見通し時が経つほどに新鮮さを感じ、中国の特色ある社会主義の重要な道しるべとなった。今年、中国の改革開放は40周年を迎え、習近平同志が晋江の発展を総括した「晋江経験」を発表して16周年となる。「鋭意改革、大胆な革新、独自の特色ある経済発展の先駆」「規模の経済+輸出主導型経済+特色ある産業+未開発地域と発達沿海地域の協力+サービス型政府」「六つの終始堅持すべき点と正しく処理すべき五つの関係」など、改革開放に成功した「晋江経験」の偉大な先駆的試みは、懸命に奮闘する無限の力と積み重なる成果の証でもある。「晋江経験」の軌跡を振り返ると、改革開放という天の時、海に面した地の利、成功に向け努力を惜しまない人の和が、この地に「農業から工業、貧困から富裕、弱者から強者」へと飛躍させる力を結集させたことが見て取れる。(晋江=新華社記者/宋為偉)=2018(平成30)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2017122000578

    五輪企画「五輪の記憶 20年への道程」(1)1964年東京大会 時代の転換を象徴  日米安保新条約の自然成立前日の6月18日には、反対運動が頂点に達し学生や労働者のデモ隊が国会を包囲した=1960年

  37. 2017092700596

    「大型サイド」アフリカと関係深める北朝鮮 制裁逃れ横行、包囲網に壁  独立運動家らが埋葬されている墓地。銅像やモニュメントは北朝鮮労働者が造った=21日、ナミビア・ウィントフーク(共同)

  38. 2017042700511

    写真特集「日本国憲法の70年 歩みをたどる」11枚組の(4) 基本原理守り、息づく  1960年6月18日、日米新安保条約の自然成立前日には反対運動が頂点に達し、国会は学生や労働者のデモ隊に包囲された。安保闘争には革新勢力のほか学者や文化人も参加し、全国各地で反対運動が行われた

  39. 2016102900010

    「夕刊スポーツランド」 アスリートの派遣会社設立  人材派遣会社を設立する江村宏二さん(右)と「夢真ホールディングス」の佐藤大央社長=27日、東京都千代田区

  40. 2016060600426

    時給800円で子ども4人  時給15㌦への最低賃金引き上げを求めて運動する人たち=4月14日、ロサンゼルス(ロイター=共同)

  41. 2016012300038

    「夕刊スポーツランド」 企業の後押し、J目指す  アンダーアーマー製のボールを手にするいわきFCの大倉智代表取締役(左)とハウストラ監督=13日、東京都江東区

  42. 2015042400954

    「春の叙勲」 労働運動への勲章  受章の喜びを語る前連合会長の高木剛さん

  43. 2015021200246

    「レトロ写真―あのころ」 炭鉱住宅で選挙運動  1955(昭和30)年2月18日、失業者が増え続ける福岡県・筑豊炭鉱の炭住街で衆院選の街頭演説をする候補者。日本の基幹産業を支え続けてきた石炭はエネルギー革命で石油に代わる。安価な輸入炭も入って炭鉱不況は深刻化。大量解雇、労働争議、落盤や炭じん爆発事故も相次ぎ、炭鉱は閉山へと追い込まれていった。

  44. 2015012100367

    通年企画A「ゼロからの希望 戦後70年」(4)「2・1ゼネスト」 手探りで労働者結集  戦後労働運動の主な出来事

  45. 2015012100366

    通年企画A「ゼロからの希望 戦後70年」(4)「2・1ゼネスト」 手探りで労働者結集  戦後労働運動の主な出来事

  46. 2014122500031

    「夕刊スポーツランド」 四国IL、北米遠征で強化  来夏に選抜チームを北米に派遣する狙いを説明する四国アイランドリーグplusの鍵山誠CEO=19日、東京都港区

  47. 2014112800345

    戦後70年編集局メーン企画「私たちはどこへ~戦後70年」プロローグ・3㌻特集「あの戦争から何を学ぶか」 占領、高度成長そして停滞  改定安保条約の自然成立前日、学生や労働者による反対運動は頂点に達し、数十万人が国会を包囲した=1960年6月18日

  48. 2014070800483

    別人K 16661 中田小春  労働運動家の中田小春=1947(昭和22)年5月2日(22年内地番号なし)(撮影場所、子どもとの関連確認材料なし)

  49. 2014070800370

    別人K 6164 荒畑寒村  社会主義者・労働運動家の荒畑寒村=1946(昭和21)年1月26日(21年内地番号なし) 

  50. 2014050100282

    「レトロ写真―あのころ」  「連帯」ワレサ議長が来日  1981(昭和56)年5月10日、ソ連・東欧社会主義圏の中での体制改革運動として注目されたポーランドの自主管理労組「連帯」のワレサ議長ら代表団が来日。招待した槙枝元文・総評議長が成田空港に出迎えた。大阪、京都、長崎も訪れ労働者や学者らと交流、工場を視察した。

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像