検索結果 44 件中 1 件 〜 44 件 "open"
  1. 2019090500980

    「新華社」 高速道路でバスが横転、7人死亡広東省陽江市  26日、事故現場で横転したバスをクレーン車で吊り上げる救援隊員。中国広東省陽江市を走る瀋陽‐海口高速道路で26日午前0時ごろ、バスの横転事故が発生し、7人が死亡した。具体的な事故原因は現在調査中という。同市共産党委員会宣伝部が26日発表した。(広州=新華社配信/陽江市陽西県応急管理局提供)=2019(令和元)年8月26日、クレジット:陽江市陽西県応急管理局/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019090500976

    「新華社」 高速道路でバスが横転、7人死亡広東省陽江市  26日、横転したバス。中国広東省陽江市を走る瀋陽‐海口高速道路で26日午前0時ごろ、バスの横転事故が発生し、7人が死亡した。具体的な事故原因は現在調査中という。同市共産党委員会宣伝部が26日発表した。(広州=新華社配信/陽江市陽西県応急管理局提供)=2019(令和元)年8月26日、クレジット:陽江市陽西県応急管理局/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  3. 2019072403299

    交通規制テスト、渋滞発生  都心方向の開放レーン(右側)の数が減らされた東名高速東京料金所=24日午前8時32分(共同通信社ヘリから)

  4. 2019072403297

    交通規制テスト、渋滞発生  東京五輪に向けた交通規制テストで、開放数が制限された東北自動車道の浦和本線料金所=24日午前8時55分(共同通信社ヘリから)

  5. 2019071006112

    「新華社」 北京大興国際空港高速道路と北線高速道路中間区間が開通  北京大興国際空港高速道路。(資料写真)中国北京市交通委員会は1日、北京大興国際空港高速道路と同空港北線高速道路の中間区間が同日正午、正式に開通したと明らかにした。この2本の高速道路は北京大興国際空港の交通の要となる。同空港が正式に開港するまでは閉鎖状態にあり、実際の利用客もいないため、今回の同空港高速道路の開通区間は、南五環路から北線高速道路インターチェンジまでとなった。同インターチェンジから空港ターミナルビルまでの区間は今のところ通行止めで、今後、空港の開港に合わせて通行が始まる。開港までの期間も、新空港の運行を保障する業務用車両の通行は許可される。(北京=新華社配信/北京市交通委員会提供)=撮影日不明、クレジット:北京市交通委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  6. 2019071006030

    「新華社」 北京大興国際空港高速道路と北線高速道路中間区間が開通  北京大興国際空港高速道路。(資料写真)中国北京市交通委員会は1日、北京大興国際空港高速道路と同空港北線高速道路の中間区間が同日正午、正式に開通したと明らかにした。この2本の高速道路は北京大興国際空港の交通の要となる。同空港が正式に開港するまでは閉鎖状態にあり、実際の利用客もいないため、今回の同空港高速道路の開通区間は、南五環路から北線高速道路インターチェンジまでとなった。同インターチェンジから空港ターミナルビルまでの区間は今のところ通行止めで、今後、空港の開港に合わせて通行が始まる。開港までの期間も、新空港の運行を保障する業務用車両の通行は許可される。(北京=新華社配信/北京市交通委員会提供)=撮影日不明、クレジット:北京市交通委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  7. 2019071005938

    「新華社」 北京大興国際空港高速道路と北線高速道路中間区間が開通  北京大興国際空港高速道路。(資料写真)中国北京市交通委員会は1日、北京大興国際空港高速道路と同空港北線高速道路の中間区間が同日正午、正式に開通したと明らかにした。この2本の高速道路は北京大興国際空港の交通の要となる。同空港が正式に開港するまでは閉鎖状態にあり、実際の利用客もいないため、今回の同空港高速道路の開通区間は、南五環路から北線高速道路インターチェンジまでとなった。同インターチェンジから空港ターミナルビルまでの区間は今のところ通行止めで、今後、空港の開港に合わせて通行が始まる。開港までの期間も、新空港の運行を保障する業務用車両の通行は許可される。(北京=新華社配信/北京市交通委員会提供)=撮影日不明、クレジット:北京市交通委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  8. 2019071006027

    「新華社」 北京大興国際空港高速道路と北線高速道路中間区間が開通  北京大興国際空港高速道路。(資料写真)中国北京市交通委員会は1日、北京大興国際空港高速道路と同空港北線高速道路の中間区間が同日正午、正式に開通したと明らかにした。この2本の高速道路は北京大興国際空港の交通の要となる。同空港が正式に開港するまでは閉鎖状態にあり、実際の利用客もいないため、今回の同空港高速道路の開通区間は、南五環路から北線高速道路インターチェンジまでとなった。同インターチェンジから空港ターミナルビルまでの区間は今のところ通行止めで、今後、空港の開港に合わせて通行が始まる。開港までの期間も、新空港の運行を保障する業務用車両の通行は許可される。(北京=新華社配信/北京市交通委員会提供)=撮影日不明、クレジット:北京市交通委員会/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  9. 2019060501514

    「新華社」 成都中心部と空港を結ぶ軌道交通18号線、全線貫通  竜泉山トンネルの出口と高架区間。(3月28日撮影)中国四川省成都市で進められている軌道交通(地下鉄)18号線の掘削工事で2日、「全線貫通」が実現した。同線は設計時速140キロの軌道交通路線で、中国で現在建設されている中で最長の都市軌道交通路線でもある。(成都=新華社配信/成都地下鉄集団提供)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:成都地下鉄集団/新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019060501506

    「新華社」 成都中心部と空港を結ぶ軌道交通18号線、全線貫通  竜泉山トンネルの出口。(3月28日撮影)中国四川省成都市で進められている軌道交通(地下鉄)18号線の掘削工事で2日、「全線貫通」が実現した。同線は設計時速140キロの軌道交通路線で、中国で現在建設されている中で最長の都市軌道交通路線でもある。(成都=新華社配信/成都地下鉄集団提供)=2019(平成31)年3月28日、クレジット:成都地下鉄集団/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019060501500

    「新華社」 成都中心部と空港を結ぶ軌道交通18号線、全線貫通  成都軌道交通18号線竜泉山トンネルの入り口。(3月22日撮影)中国四川省成都市で進められている軌道交通(地下鉄)18号線の掘削工事で2日、「全線貫通」が実現した。同線は設計時速140キロの軌道交通路線で、中国で現在建設されている中で最長の都市軌道交通路線でもある。(成都=新華社配信/成都地下鉄集団提供)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:成都地下鉄集団/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019060501509

    「新華社」 成都中心部と空港を結ぶ軌道交通18号線、全線貫通  成都軌道交通18号線竜泉山トンネル入り口部分のU型側溝の工事現場。(3月22日撮影)中国四川省成都市で進められている軌道交通(地下鉄)18号線の掘削工事で2日、「全線貫通」が実現した。同線は設計時速140キロの軌道交通路線で、中国で現在建設されている中で最長の都市軌道交通路線でもある。(成都=新華社配信/成都地下鉄集団提供)=2019(平成31)年3月22日、クレジット:成都地下鉄集団/新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018101818308

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省の平塘県から羅甸県へ続く高速道路の工事現場で、急ピッチで進む平塘特大橋の建設。(9月25日、小型無人機から)同橋には高さ328メートルの橋塔があり、コンクリート構造の橋塔では「世界一」の高さとなる。現在、橋塔の高さはすでに300メートルを超え、11月には最上部まで完成する見通し。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018101818579

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  貴州省の貴陽市と甕安(おうあん)県を結ぶ高速道路に架かる清水河大橋。(8月27日、小型無人機から)同橋の主径間は1130メートルで、世界最大のプレートガーダー構造の補剛桁つり橋。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年8月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018101818717

    「新華社」 橋に見る中国の不屈の精神貴州省の高原で  杭瑞高速道路(浙江省杭州市~雲南省瑞麗市)の貴州省と雲南省の境に架かる北盤江大橋。(8月10日、小型無人機から)同橋の橋面から水面までの垂直距離は565・4メートルで、「世界で最も高い橋」としてギネス認定を受けている。中国の橋を見れば世界の橋が分かり、貴州の橋を見れば中国の橋が分かる。中国で唯一平原のない省、貴州省のカルスト台地には2万本以上の橋が架けられ、数十もの「世界一」を生み出してきた。世界の高い橋100本のうち46本は貴州省にある。改革開放から40年、数世代にわたる建設者たちが「橋の精神」を形成、数が多く種類が豊富、また技術が複雑で高難度の「橋の博物館」を作り上げてきた。奇跡の背後には中国の人々の不屈の精神が映し出されている。(貴陽=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018040400794

    「新華社」 春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録  全長600キロ余りの海南環状高速道路の工事現場(1999年10月全線開通)で作業する作業員。(資料写真)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/姜恩宇)=2018(平成30)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2015020500503

    「アジアの1枚」 特等席  バングラデシュの首都ダッカでは、慢性的な交通渋滞が大きな社会問題だ。ひどい時には1㌔進むのに1時間もかかるとか。路線バスでは諦め顔の乗客や、どうせゆっくりしか進めないからと、走行中に飛び乗ったり、飛び降りたりする乗客の姿も。そんな中、バスの屋根の上に座る若者たちはどこか涼しげで気持ちよさそう。仕切りもなくオープンな荷台が、ここでは実は特等席なのかも。(撮影・遠藤望、共同)

  18. 2015011500211

    「レトロ写真―あのころ」 御用受承り所  1947(昭和22)年1月21日、東京都内の一角で「恋のお便りもいたします」と店開きしたのはメッセンジャー屋さん。現在も車が渋滞する都会を軽快な自転車で緊急書類を企業などに届ける仕事をメッセンジャーと呼んでいるが、戦後のこの時期から同じお使い商売があったようだ。

  19. 2014092900171

    「ザ・クロニクル」 首都高速道路1号線開通式  首都高速道路1号線の開通式が東京・芝浦ランプで行われた。手前のオープンカーに乗っているのは河野建設相(左端)と神崎首都高速公団理事(右端)=1962(昭和37)年12月19日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第4巻使用画像(P89)

  20. 2014020800438

    韓国初の高架道路撤去へ  撤去を前に市民に開放され、歩行者天国になった阿〓(☆山ヘンに見)高架道路=8日、ソウル(共同)

  21. 2013033000095

    高速JCTの屋上に公園  首都高速道路大橋ジャンクションの屋上にオープンした「目黒天空庭園」=30日午前、東京都目黒区

  22. 2013033000045

    高速JCTの屋上に公園  首都高速道路大橋ジャンクションの屋上にオープンした「目黒天空庭園」=30日午前、東京都目黒区

  23. 2013033000044

    高速JCTの屋上に公園  首都高速道路大橋ジャンクションの屋上にオープンした「目黒天空庭園」=30日午前、東京都目黒区

  24. 2013030400425

    50年内地 5784 台風の中で開通式、中央道  台風6号の豪雨の中、恵那山トンネル内に場所を移して行われた開通式典でテープカットする関係者。左から3人目は、仮谷忠男建設相、右隣は、前田光嘉道路公団総裁。自動車トンネルとしては日本一長い恵那山トンネルのある中央自動車道西宮線が完成し一般開放された=1975(昭和50)年8月23日、岐阜県中津川市(参考:50年内地 5527~5532「恵那山トンネル完成間近」)

  25. 2012081100682

    APEC向け巨大橋が開通  11日、ロシア極東ウラジオストクで開通した世界有数規模の斜張橋「金角湾横断橋」を歩く人たち(共同)

  26. 2012012600189

    資料 61326―2 首都高速道路1号線開通式  開通式でオープンカーに乗る河野建設相(手前車上左端)と神崎首都高速公団理事(同右端)=1962(昭和37)年12月19日、東京・芝浦ランプ(37年内地4506関連)

  27. 2011122200541

    高速道路で市場の雰囲気を  山陽自動車道上り線の下松サービスエリアにオープンした市場形式のレストラン「旬鮮美味」=22日、山口県下松市

  28. 2010011400153

    「レトロ写真―あのころ」 「御用受承り所」  1947(昭和22)年1月21日、東京都内の一角で「恋のお便りもいたします」と店開きしたのはメッセンジャー屋さん。現在も、車が渋滞する都心を軽快な自転車で緊急書類を企業などに届ける仕事をメッセンジャーと呼んでいるが、戦後のこの時期から同様のお使い商売があったようだ。

  29. 2009081500473

    「セレ563」 東名が全面開通  渋滞対策のため、建設中にもかかわらず開放された大井川付近の第2東名高速道路(左側の道路)=15日午後、静岡県島田市で共同通信社ヘリから

  30. 2009081500227

    東名、今夜全面開通へ  緊急開放された建設中の第2東名高速道路入り口で、運転手に注意を呼び掛ける作業員=15日午後3時25分、静岡県島田市

  31. 2009081500226

    東名、今夜全面開通へ  緊急開放された建設中の第2東名高速道路=15日午後3時15分、静岡県島田市

  32. 2009081500224

    東名、今夜全面開通へ  渋滞対策のため一部が開放された、建設中の第2東名高速道路=15日午後1時24分、静岡県島田市で共同通信社ヘリから

  33. 2008111400002

    「レトロ写真―あのころ」 関門橋が開通  1973(昭和48)年11月14日、本州と九州を結ぶ「関門橋」が開通した。全長1068メートルで完成当時「東洋一」のつり橋になった。工期5年5カ月をかけ、日本の橋りょう技術の粋を集めた。開通式後、一般車に開放された。 写真:開通したつり橋ハイウエー「関門橋」

  34. 2006111700041

    【】  高速道路PAにコンビニ 九州自動車道基山パーキングエリアに開店したコンビニ「ローソンハイウェイピット」=17日午前、佐賀県基山町

  35. 2004100900091

    【】  県境結ぶ江島大橋を開放 開通を控え一般開放された鳥取県境港市と島根県八束町(後方)との県境を、中海をまたいで結ぶ江島大橋=9日午後

  36. 2002111100007

    「スクランブル2002」【】  吹くか、対外開放の風  平壌郊外の高速道路脇で元山を目指しスタートの準備をする日朝混成のサイクリストたち。自転車は日本から持ち込んだマウンテンバイク(共同)

  37. 2002041700097

    【】  成田新滑走路オープンへ 新滑走路のオープンを前に記念式典でテープカットをする扇千景国交相(左から3人目)。右端は堂本千葉県知事=17日午前11時45分、成田空港

  38. 2002041700084

    【】  成田新滑走路オープンへ 新滑走路のオープンを前に記念式典でテープカットをする扇千景国交相(左から2人目)。右から2人目は堂本千葉県知事=17日午前11時45分、成田空港

  39. 2002041700080

    【】  成田新滑走路オープンへ 新滑走路のオープンを前に行われた記念式典であいさつする扇国交相=17日午前11時18分、成田空港

  40. 1999081100022

      トンネル内でトラック炎上  山陽自動車道の上り線福富トンネル内で炎上した大型トラック=11日午前4時、岡山県和気町福富(岡山県警提供)

  41. 1999031600016

      「北ウイング」オープン  成田空港の第1旅客ターミナルの「北ウイング」と中央ビル新館のオープン記念式典で空港公団の中村総裁(左)から花束を受け取る大韓航空の乗務員=16日午前8時50分、成田空港

  42. 1995112400099

    連載企画「高速道路の行方」3回続きの(下)「新しい可能性」  インター活用に民間の発想 )、内政405S、30日付朝刊以降使用  高速道路のインタチェンジのすぐそばにオープンした「上越ウイングマーケット」=1994年11月、新潟県上越市

  43. 2018121821521

    「山陽新聞」「交通」 国道53号に西日本一ループ橋   岡山と鳥取を結ぶ大動脈、国道53号が全線開通。岡山県側の奈義町馬桑のループ橋入り口で開通式や、鳥取県智頭町まで折り返し約10キロの祝賀パレードが行われた。県境の難所、黒尾峠一帯の工事を最後に、両県135キロ間(総工事費約100億円)が全線開通。峠の急勾配も従来の4分の1に緩和され、時間も大幅短縮。一般開放されると早速、詰めかけていたマイカーが次々に西日本一のループ橋(全長180メートル)や53号最長の黒尾トンネル(全長843メートル)などを通るドライブに出発した。=1971(昭和46)年9月24日、岡山県奈義町、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  44. 2018111304061

    「山陽新聞」「昭和の岡山シリーズ」 新京橋完成   岡山市街地を横断する国道2号の交通渋滞緩和を目指す新京橋はこの年の5月23日に完成したが、これよりも早く撮影日から一般開放された。市内電車が走り、クランク状態で走行する国道2号の京橋=写真左側=からの交通渋滞を避けるため、下手の旭川に架けた新京橋は、全長361メートル、幅23メートル、4車線。新京橋と同時に国道2号吉井川に架かる備前大橋も完成した。=1963(昭和38)年4月8日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像