検索結果 6 件中 1 件 〜 6 件 "Hall"
  1. 2019071901281

    三遊亭円楽  落語家、2014年8月28日、東京都文京区の後楽園ホールで撮影

  2. 2019061805581

    「新華社」 寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、客室を整える竜潭村の毛小雲(もう・しょううん)さん。帰郷して起業し民宿を始めた毛さんは、夫と共に30万元(1元=約16円)余りを投じて自宅の古民家を修復し、2019年5月に民宿「竜潭雲居」の営業を開始した。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018112118966

    「新華社」 福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催  18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチームのメンバー。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018112118885

    「新華社」 福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催  18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018112119021

    「新華社」 福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催  18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2018112119299

    「新華社」 福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催  18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像