検索結果 3,157 件中 1 件 〜 50
  1. 2019092101043

    伝統の「たすき」つなぐ  2016年2月、同時襲名を発表した際の茂山千作さん(左)と長男の千五郎さん(当時はそれぞれ千五郎さんと正邦さん)=京都市

  2. 2019091700491

    人物 18415 文化勲章、文化功労者決まる  文化功労者に内定し、喜びを語る歌舞伎の(二代目)中村鴈治郎氏=出稿1980(昭和55)年10月23日、東京・三宅坂の国立劇場楽屋(55年内地9609)

  3. 2019091700484

    人物 18396 文化勲章、文化功労者決まる  文化功労者に内定し、喜びを語る俳句の中村汀女氏=出稿1980(昭和55)年10月23日、東京都世田谷区代田の自宅(55年内地9608)

  4. 2019091700473

    人物 18417 文化勲章、文化功労者決まる  文化勲章受章が内定し、喜びを語る歌舞伎の(十七代目)中村勘三郎氏=出稿1980(昭和55)年10月23日、東京・銀座の歌舞伎座楽屋(55年内地9607)

  5. 2019091700660

    「新華社」 民俗博物館で伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しむ江蘇省  14日、南京市民俗博物館で、中国の伝統芸能「花式空竹(さまざまなタイプの空中ごま)」の技を披露する南京市建鄴区空竹協会のメンバー。中国の伝統行事、中秋節(旧暦8月15日、今年は9月13日)の連休2日目の14日、多くの市民や地方からの観光客が中国江蘇省の南京市民俗博物館を訪れ、民俗文化を身近に触れ、体験することで、伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しんだ。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019091700757

    「新華社」 民俗博物館で伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しむ江蘇省  14日、南京市民俗博物館で、中国の伝統芸能「花式空竹(さまざまなタイプの空中ごま)」の技を観光客に披露する南京市建鄴区空竹協会のメンバー。中国の伝統行事、中秋節(旧暦8月15日、今年は9月13日)の連休2日目の14日、多くの市民や地方からの観光客が中国江蘇省の南京市民俗博物館を訪れ、民俗文化を身近に触れ、体験することで、伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しんだ。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019091700579

    「新華社」 民俗博物館で伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しむ江蘇省  14日、南京市民俗博物館で、南京市建鄴区空竹協会のメンバーに中国の伝統芸能「花式空竹(さまざまなタイプの空中ごま)」の回し方を教わる子ども。中国の伝統行事、中秋節(旧暦8月15日、今年は9月13日)の連休2日目の14日、多くの市民や地方からの観光客が中国江蘇省の南京市民俗博物館を訪れ、民俗文化を身近に触れ、体験することで、伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しんだ。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019091700654

    「新華社」 民俗博物館で伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しむ江蘇省  14日、南京市民俗博物館で、中国の伝統芸能「花式空竹(さまざまなタイプの空中ごま)」の技を観光客に披露する南京市建鄴区空竹協会のメンバー。中国の伝統行事、中秋節(旧暦8月15日、今年は9月13日)の連休2日目の14日、多くの市民や地方からの観光客が中国江蘇省の南京市民俗博物館を訪れ、民俗文化を身近に触れ、体験することで、伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しんだ。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019091700561

    「新華社」 民俗博物館で伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しむ江蘇省  14日、南京市民俗博物館で、中国の伝統芸能「花式空竹(さまざまなタイプの空中ごま)」を体験する子ども。中国の伝統行事、中秋節(旧暦8月15日、今年は9月13日)の連休2日目の14日、多くの市民や地方からの観光客が中国江蘇省の南京市民俗博物館を訪れ、民俗文化を身近に触れ、体験することで、伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しんだ。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019091700740

    「新華社」 民俗博物館で伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しむ江蘇省  14日、南京市民俗博物館で、中国の伝統芸能「花式空竹(さまざまなタイプの空中ごま)」の技を観光客に披露する南京市建鄴区空竹協会のメンバー。中国の伝統行事、中秋節(旧暦8月15日、今年は9月13日)の連休2日目の14日、多くの市民や地方からの観光客が中国江蘇省の南京市民俗博物館を訪れ、民俗文化を身近に触れ、体験することで、伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しんだ。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019091700750

    「新華社」 民俗博物館で伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しむ江蘇省  14日、南京市民俗博物館で、中国の伝統芸能「花式空竹(さまざまなタイプの空中ごま)」の技を観光客に披露する南京市建鄴区空竹協会のメンバー。中国の伝統行事、中秋節(旧暦8月15日、今年は9月13日)の連休2日目の14日、多くの市民や地方からの観光客が中国江蘇省の南京市民俗博物館を訪れ、民俗文化を身近に触れ、体験することで、伝統文化の雰囲気に満ちた祝日を楽しんだ。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019081700842

    弘前高など4チーム決勝へ  俳句甲子園で「サルビア」を題に対戦する愛媛県立松山東高(左側)と和歌山県立向陽高=17日午後、松山市

  13. 2019071901281

    三遊亭円楽  落語家、2014年8月28日、東京都文京区の後楽園ホールで撮影

  14. 2019071101477

    インタビュー連載企画「ニッポンのいま・未来―憲法改正・私の視点」3回続きの(下) 改憲より庶民の生活でしょ  インタビューに答える落語家の立川談四楼さん

  15. 2019071101391

    インタビュー連載企画「ニッポンのいま・未来―憲法改正・私の視点」3回続きの(下) 改憲より庶民の生活でしょ  インタビューに答える落語家の立川談四楼さん

  16. 2019070501519

    4㌻特集「真夏の祭典まで1年 東京五輪」2㌻目本記 伝統芸能、アニメ、復興も  東京五輪 どうなる?開会式

  17. 2019070501520

    4㌻特集「真夏の祭典まで1年 東京五輪」2㌻目本記 伝統芸能、アニメ、復興も  東京五輪 どうなる?開会式

  18. 2019070501484

    4㌻特集「真夏の祭典まで1年 東京五輪」 伝統芸能、アニメ、復興も  2016年のリオデジャネイロ五輪の閉会式で行われた東京への引き継ぎ式で、マリオに扮した安倍首相(共同)

  19. 2019070501479

    4㌻特集「真夏の祭典まで1年 東京五輪」 伝統芸能、アニメ、復興も  建設が進む新国立競技場。2020年東京五輪の開会式などが行われる=6月

  20. 2019070501478

    4㌻特集「真夏の祭典まで1年 東京五輪」 伝統芸能、アニメ、復興も  建設中の新国立競技場。2020年東京五輪の開会式などが行われる=6月

  21. 2019070501476

    4㌻特集「真夏の祭典まで1年 東京五輪」 伝統芸能、アニメ、復興も  建設中の新国立競技場。2020年東京五輪の開会式などが行われる=6月

  22. 2019070400158

    浴衣姿の舞妓ら「お千度」  芸の上達などを祈る「お千度」で、八坂神社に集まった浴衣姿の芸妓や舞妓=4日午前、京都市

  23. 2019070400157

    浴衣姿の舞妓ら「お千度」  「お千度」で芸の上達などを祈願する浴衣姿の芸妓や舞妓=4日午前、京都市の八坂神社

  24. 2019070103016

    船乗り込みで歌舞伎PR  「七月大歌舞伎」をPRする初夏の風物詩「船乗り込み」=1日午後、大阪・道頓堀

  25. 2019070102983

    船乗り込みで歌舞伎PR  「七月大歌舞伎」をPRする初夏の風物詩「船乗り込み」=1日午後、大阪・道頓堀

  26. 2019070102971

    船乗り込みで歌舞伎PR  「七月大歌舞伎」をPRする初夏の風物詩「船乗り込み」=1日午後、大阪・道頓堀

  27. 2019070102938

    船乗り込みで歌舞伎PR  「七月大歌舞伎」をPRする「船乗り込み」に登場した片岡仁左衛門さん(前列中央)ら=1日午後、大阪・道頓堀

  28. 2019070101848

    繁昌亭がリニューアル開場  リニューアルオープンした天満天神繁昌亭前で鏡開きをする落語家ら=1日午後、大阪市

  29. 2019063000384

    春風亭昇太さん結婚へ  落語家の春風亭昇太さん

  30. 2019062802354

    芸舞妓が「総ざらえ」  京都五花街の合同公演「都の賑い」の本番を前に、「総ざらえ」で舞う舞妓=28日午後、京都市

  31. 2019062802353

    芸舞妓が「総ざらえ」  京都五花街の合同公演「都の賑い」の本番を前に、「総ざらえ」で舞う舞妓=28日午後、京都市

  32. 2019062802352

    芸舞妓が「総ざらえ」  京都五花街の合同公演「都の賑い」の本番を前に、「総ざらえ」で舞う舞妓=28日午後、京都市

  33. 2019062802351

    芸舞妓が「総ざらえ」  京都五花街の合同公演「都の賑い」の本番を前に、「総ざらえ」で舞う舞妓=28日午後、京都市

  34. 2019062401840

    「新華社」 日本の伝統文化を世界に発信五輪に照準  舞台で挨拶する市川猿之助さん(中央)、プレゼンショー司会者であるTBSの駒田健吾アナウンサー(右端)と出水麻衣アナウンサー(左端)。「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)ヤマトタケル」の記者発表とプレゼンショーが20日、東京豊洲のIHIステージアラウンド東京で開かれた。(東京=新華社記者/徐学林)=2019(令和元)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019061300349

    京都の舞妓、一堂に  京都五花街の合同公演「都の賑い」を前にけいこする舞妓たち=13日午前、京都市

  36. 2019061300334

    京都の舞妓、一堂に  京都五花街の合同公演「都の賑い」を前にけいこする舞妓たち=13日午前、京都市

  37. 2019061300333

    京都の舞妓、一堂に  京都五花街の合同公演「都の賑い」を前にけいこする舞妓たち=13日午前、京都市

  38. 2019061805581

    「新華社」 寂れていた歴史ある村、「文芸復興」でよみがえる  12日、客室を整える竜潭村の毛小雲(もう・しょううん)さん。帰郷して起業し民宿を始めた毛さんは、夫と共に30万元(1元=約16円)余りを投じて自宅の古民家を修復し、2019年5月に民宿「竜潭雲居」の営業を開始した。中国福建省寧徳市屏南(へいなん)県熙嶺(きれい)郷の竜潭(りゅうたん)村は、閩東(びんとう、福建省東部)の美しい山河に抱かれながらひっそりと続いてきた古い集落。村を流れる川に架かる小さな橋が、百年の時を経た古民家を一軒一軒結び付けている。村には第1期国家級無形文化遺産リストに登録された伝統芸能「四平戯」や伝統的な純米酒の醸造技術も伝わる。しかし都市化の波はこの村にも押し寄せ、出稼ぎのため大勢の人々が村を去り、人の姿が消えた民家は荒れ果て、人口1400人余りいた村に残ったのはわずか200人足らずという状況だった。竜潭村は2017年、同市屏南県の伝統村落文化クリエーティブ産業プロジェクトにけん引され、郷村振興計画を開始した。文化クリエーティブやデザインの専門人材を誘致し、民間の作業チームを立ち上げた。また、相次いで60棟余りの古民家の修復を行った。老朽化した民家の数々が、読書バーやアトリエ、カフェ、コンサートホール、美術館などに生まれ変わり、外部から100人以上の芸術家やクリエイターがやって来て長期滞在している。彼らは竜潭村の「新村民」となり、昔ながらの村に文化クリエーティブやインターネット、シェアリングエコノミーなどの新しい経済業態と生活様式をもたらしている。村はまた、「誰もがアーティスト」文化クリエーティブプロジェクトを導入し、村民に油絵を教え、時を重ねた村にさらなる文化芸術の雰囲気を醸成して、文化クリエーティブによる発展に対する村民の参加意欲をかき立てている。村の様子はこの2年で一変した。村がクリエーターやアーティストにとって理想の居場所となっただけでなく、郷村観光の発展も促進され、毎年10万人近い人々が観光に訪れるようになった。村を出た人々も少しずつ戻り、約300人以上の村民が帰郷して起業を果たした。(福州=新華社記者/姜克紅)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019052903703

    歌舞伎座の外観・資料  歌舞伎座=東京都中央区

  40. 2019052600818

    ウラジオで石見神楽公演  ロシア・ウラジオストクで行われた伝統芸能「石見神楽」の公演=26日(共同)

  41. 2019052600817

    ウラジオで石見神楽公演  ロシア・ウラジオストクで行われた伝統芸能「石見神楽」の公演=26日(共同)

  42. 2019050901039

    「アジアの1枚」 ちょっと気味の悪い人たち  中国青海省西寧の郊外で伝統芸能「高足踊り」が披露されました。竹馬のような長い木の棒を足にくくり付けた男女が、伝説や芝居の中の人物を演じながら歩きます。カラフルな衣装と不思議な化粧が、地味な田舎町の人々に非日常をもたらしていました。でも無表情、無言でのっそのっそと動く姿は、ちょっと気味が悪かったです。(撮影・池上まどか、共同)

  43. 2019050500514

    子ども歌舞伎、観客を魅了  「日本こども歌舞伎まつり」に出演した埼玉県小鹿野町の子どもたち=5日午後、石川県小松市

  44. 2019050500513

    子ども歌舞伎、観客を魅了  「日本こども歌舞伎まつり」に出演した石川県小松市の子どもたち=5日午後、小松市

  45. 2019050500512

    子ども歌舞伎、観客を魅了  「日本こども歌舞伎まつり」に出演した東京都の子どもたち=5日午後、石川県小松市

  46. 2019040900879

    桂米丸  落語家、2015年11月24日、東京都中野区で撮影

  47. 2019040801227

    坂東玉三郎  歌舞伎俳優、2017年11月16日に東京都港区で撮影

  48. 2019033100566

    春の舞、華やかに総仕上げ  「都をどり」を前に、けいこの総仕上げ「大ざらえ」で舞を披露する舞妓=31日午後、京都市の南座

  49. 2019033100565

    春の舞、華やかに総仕上げ  「都をどり」を前に、南座で行われたけいこの総仕上げ「大ざらえ」で舞を披露する舞妓=31日午後、京都市

  50. 2019052400566

    「新華社」 西安鼓楽楽師、唐代の燕楽を伝承  西安市周至県南集賢村で西安鼓楽を披露する田孝梨(でん・こうり)氏。(3月15日撮影)中国の古都・西安で、楽師らが古来の方法で唐代の宮廷燕楽(宴饗音楽)の演奏を行った。俗字譜(古楽譜の一種)を歌い、笙・管・笛などの管楽器を吹き、太鼓・方匣子・双雲鑼などの打楽器を叩き、中国伝統音楽の「生きた化石」を現代の人々の前によみがえらせた。西安鼓楽は、唐代の宮廷で最盛期を迎え、唐の都・長安を中心とする関中平原に広まった民間の重大行事や縁日の目玉となる伝統芸能だ。新中国成立当初、西安地区で数十の鼓楽社が活動していたが、今も西安で活動を続けている老舗はわずか6社のみとなっている。(西安=新華社記者/蔡馨逸)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像