検索結果 36 件中 1 件 〜 36 件 "ランタンフェス"
  1. 2020012425002

    長崎でランタンフェス開幕 訪れたマスク姿の観光客  マスク姿で「長崎ランタンフェスティバル」の前夜祭に訪れた観光客=24日夕、長崎市

  2. 2020012424851

    長崎でランタンフェス開幕 マスク姿の観光客  前夜祭が行われた「長崎ランタンフェスティバル」の会場を訪れた来場者ら。マスク姿の観光客が目立った=24日夕、長崎市

  3. 2020012424848

    長崎でランタンフェス開幕 マスク姿が目立つ会場  前夜祭が行われた「長崎ランタンフェスティバル」の会場を訪れた来場者ら。マスク姿の観光客が目立った=24日夕、長崎市

  4. 2019022500530

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊で、なぞなぞ遊びを楽しむ観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019022500640

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された「2019」モチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019022500639

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された魚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/呉思思)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019022500647

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊の入り口。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019022500527

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された豚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019022500641

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルでスマートフォンを使いオンラインで謎解きをする観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019022500638

    元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで、大勢の人が訪れた「猜灯謎」回廊。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019022701265

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019022701240

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を見回る国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019022701273

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019022701231

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具を巡回点検中にひと休みする国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019022701238

    ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019020411717

    輝くランタンで新年を迎える山西省大同市  1月31日、大同古都ランタンフェスティバルの会場で見物する来場者。2019年中国大同古都ランタンフェスティバルが山西省大同古城で開幕した。設置された100組余りのランタンが輝き、会場はめでたい春節(旧正月)の雰囲気に包まれた。(大同=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019020411715

    輝くランタンで新年を迎える山西省大同市  1月31日、大同古都ランタンフェスティバルの会場で記念撮影をする来場者。2019年中国大同古都ランタンフェスティバルが山西省大同古城で開幕した。設置された100組余りのランタンが輝き、会場はめでたい春節(旧正月)の雰囲気に包まれた。(大同=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019020411943

    輝くランタンで新年を迎える山西省大同市  1月31日、大同古都ランタンフェスティバルの会場で見物する来場者。2019年中国大同古都ランタンフェスティバルが山西省大同古城で開幕した。設置された100組余りのランタンが輝き、会場はめでたい春節(旧正月)の雰囲気に包まれた。(大同=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019020412084

    輝くランタンで新年を迎える山西省大同市  1月31日、大同古都ランタンフェスティバルの会場で見物する来場者。2019年中国大同古都ランタンフェスティバルが山西省大同古城で開幕した。設置された100組余りのランタンが輝き、会場はめでたい春節(旧正月)の雰囲気に包まれた。(大同=新華社記者/楊晨光)=2019(平成31)年1月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019012500662

    2019豫園ランタンフェスティバル開幕上海  21日夜、ランタンフェスティバル会場で、子ブタに扮(ふん)して観光客を迎えるスタッフ。中国上海市の代表的な観光スポット豫園(よえん)で21日夜、「2019豫園新春民俗芸術灯会(ランタンフェスティバル)」が開幕した。2月22日まで33日間行われ、国内外から数百万人の観光客が訪れてランタンを鑑賞し、春節(旧正月)を祝う。国指定無形文化遺産の豫園新春民俗芸術灯会は今年で24回目の開催となる、上海で最も影響力のある春節を迎える民俗文化イベントで、上海で最も「年越し」の雰囲気が味わえる場所とされている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019012500637

    2019豫園ランタンフェスティバル開幕上海  21日夜、豫園の中心にある九曲橋の上でランタンを楽しむ観光客。中国上海市の代表的な観光スポット豫園(よえん)で21日夜、「2019豫園新春民俗芸術灯会(ランタンフェスティバル)」が開幕した。2月22日まで33日間行われ、国内外から数百万人の観光客が訪れてランタンを鑑賞し、春節(旧正月)を祝う。国指定無形文化遺産の豫園新春民俗芸術灯会は今年で24回目の開催となる、上海で最も影響力のある春節を迎える民俗文化イベントで、上海で最も「年越し」の雰囲気が味わえる場所とされている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019012500753

    2019豫園ランタンフェスティバル開幕上海  21日夜、豫園の中心にある九曲橋の上でランタンを楽しむ観光客。中国上海市の代表的な観光スポット豫園(よえん)で21日夜、「2019豫園新春民俗芸術灯会(ランタンフェスティバル)」が開幕した。2月22日まで33日間行われ、国内外から数百万人の観光客が訪れてランタンを鑑賞し、春節(旧正月)を祝う。国指定無形文化遺産の豫園新春民俗芸術灯会は今年で24回目の開催となる、上海で最も影響力のある春節を迎える民俗文化イベントで、上海で最も「年越し」の雰囲気が味わえる場所とされている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019012500783

    2019豫園ランタンフェスティバル開幕上海  21日夜、豫園の中心にある九曲橋の前でランタンを楽しみ記念撮影する漢服(漢民族の伝統衣装)を着た女性。中国上海市の代表的な観光スポット豫園(よえん)で21日夜、「2019豫園新春民俗芸術灯会(ランタンフェスティバル)」が開幕した。2月22日まで33日間行われ、国内外から数百万人の観光客が訪れてランタンを鑑賞し、春節(旧正月)を祝う。国指定無形文化遺産の豫園新春民俗芸術灯会は今年で24回目の開催となる、上海で最も影響力のある春節を迎える民俗文化イベントで、上海で最も「年越し」の雰囲気が味わえる場所とされている。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(平成31)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018122521279

    ランタン祭りで華やかに新年を迎える江蘇省常州市  22日夜、江蘇省常州市迪諾水鎮でランタン・フェスティバルを楽しむ観光客。中国江蘇省常州市の迪諾(てきだく)水鎮で22日夜、新年を迎える江蘇常州ランタン・フェスティバル2019の点灯式が行われた。(常州=新華社配信/陳暐)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018122521201

    ランタン祭りで華やかに新年を迎える江蘇省常州市  22日夜、江蘇省常州市迪諾水鎮でランタン・フェスティバルを楽しむ観光客。中国江蘇省常州市の迪諾(てきだく)水鎮で22日夜、新年を迎える江蘇常州ランタン・フェスティバル2019の点灯式が行われた。(常州=新華社配信/陳暐)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018122521220

    ランタン祭りで華やかに新年を迎える江蘇省常州市  22日夜、江蘇省常州市迪諾水鎮でランタン・フェスティバルを楽しむ観光客。中国江蘇省常州市の迪諾(てきだく)水鎮で22日夜、新年を迎える江蘇常州ランタン・フェスティバル2019の点灯式が行われた。(常州=新華社配信/陳暐)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018122521166

    ランタン祭りで華やかに新年を迎える江蘇省常州市  22日夜、江蘇省常州市迪諾水鎮でランタン・フェスティバルを楽しむ観光客。中国江蘇省常州市の迪諾(てきだく)水鎮で22日夜、新年を迎える江蘇常州ランタン・フェスティバル2019の点灯式が行われた。(常州=新華社配信/陳暐)=2018(平成30)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018021601071

    1万5千の光、華やかに ランタンフェスティバル  中国の春節(旧正月)に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」=16日夕、長崎市

  29. 2018021601070

    1万5千の光、華やかに 始まったランタンフェス  中国の春節(旧正月)に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」=16日夕、長崎市

  30. 2017012800659

    1万5千の光で幻想世界 ランタンフェス楽しむ親子  中国の春節に合わせて始まった「長崎ランタンフェスティバル」を楽しむ親子連れ=28日夜、長崎市

  31. 2007021800137

    極彩色の光で幻想的雰囲気 ランタンフェスティバル 中国の春節(旧正月)に合わせて長崎市で始まった「2007長崎ランタンフェスティバル」=18日夜  

  32. 2007021800122

    極彩色の光で幻想的雰囲気 ランタンフェスティバル 中国の春節(旧正月)に合わせて長崎市で始まった「2007長崎ランタンフェスティバル」=18日夜 【】 

  33. 2001012400109

    1万余のランタンが彩り ランタンフェスティバル 中国の旧正月(春節)に合わせ飾られた色とりどりのランタンを見物する人たち=24日午後6時30分、長崎市新地町  

  34. 2000020500078

    春節彩る中国風ランタン 色鮮やかなランタン  「2000長崎ランタンフェスティバル」で色鮮やかにともされたランタン=5日午後7時、長崎市新地町の湊公園  

  35. 1999021600127

    長崎の夜、華やかに彩る ランタンフェスティバル  中国の旧正月(春節)に合わせ飾られた色とりどりのランタンを見物する人たち=16日午後6時50分、長崎市新地町  

  36. 1996021600137

    長崎でランタンの祭典 ランタンフェスティバル  中国などから取り寄せられたランタンで異国情緒たっぷりに始まった「ランタンフェスティバル」=16日午後7時、長崎市新地町(ランタンは中国のちょうちんで、家庭で旧正月を祝う「春節祭」に使われる。長崎の中国系市民らが祝っていた春節祭を全市的な祭りに拡大して今回で3回目)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像