検索結果 447 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019071706849

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、即墨古城会場で、ビール祭りの公演を楽しむ観客。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019071706964

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、青島国際ビール祭りの即墨古城会場のオープンセレモニーで、最初のビール樽を開けるゲスト。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019071706988

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、即墨古城会場で、ビール祭りの公演を楽しむ観客。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019071707042

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、即墨古城会場で披露されたバンド演奏。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019071706848

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、ビールを運ぶスタッフ。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019071706855

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、即墨古城会場で公演を鑑賞しながらビールを味わう観光客。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨古都の夜」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019071706977

    「新華社」 第29回青島国際ビール祭り、即墨古城会場がオープン  12日、ビールジョッキを両手に掲げ、祝杯をあげる男性。中国山東省青島市で開幕した第29回青島国際ビール祭りの即墨(そくぼく)古城会場がオープンし、一連の青島ビール祭りが幕を開けた。同祭りは即墨古城で行われるナイトタイムエコノミーイベント「喜びの即墨夜の古都」の重要な一環で、市民と観光客は伝統と現代が融合した夏の盛宴を満喫することができる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019052300700

    「アジアの1枚」 手鏡のぞく真剣なまなざし  ジャカルタで開かれた国際イベントの会場控室で出演前の踊り子さんが、メークを入念にチェックしていました。大きな瞳で手鏡をのぞき、アイラインを描く表情は真剣そのもの。つけまつげもたっぷりして出番に備えます。舞台に上がった彼女はインドネシアの伝統的な踊りを披露し、お客さんから拍手喝采を浴びました。(撮影・播磨宏子、共同)

  9. 2019051703272

    「新華社」 韓国の茶礼を楽しもう  4日、韓国・全羅北道扶安郡の集落で開かれた祭りの会場で、韓国の伝統衣装を身にまとったスタッフが、観光客にお茶の入れ方を指導している。中国の近隣国、韓国の人たちも昔からお茶を楽しむのが好きだ。毎年5月25日を「茶の日」とする韓国では、この日に茶文化の祭典が開かれる。韓国人が好む伝統茶は、植物の根茎、果物、穀物、種子、花の葉などの植物を原料にしている。よく見られるものでは、人参茶、五味子茶、桑葉茶、玄米茶、ケツメイシ(決明子)茶などがある。近年ではプーアル茶も韓国で人気を集めている。(扶安=新華社記者/王婧嫱)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019051703282

    「新華社」 韓国の茶礼を楽しもう  4日、韓国・全羅北道扶安郡の集落で開かれた祭りの会場で、韓国茶礼(茶道)を体験する観光客のために用意された「オミジャ茶(五味子茶)」とお菓子。中国の近隣国、韓国の人たちも昔からお茶を楽しむのが好きだ。毎年5月25日を「茶の日」とする韓国では、この日に茶文化の祭典が開かれる。韓国人が好む伝統茶は、植物の根茎、果物、穀物、種子、花の葉などの植物を原料にしている。よく見られるものでは、人参茶、五味子茶、桑葉茶、玄米茶、ケツメイシ(決明子)茶などがある。近年ではプーアル茶も韓国で人気を集めている。(扶安=新華社記者/王婧嫱)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019051703285

    「新華社」 韓国の茶礼を楽しもう  4日、韓国・全羅北道扶安郡の集落で開かれた祭りの会場で、韓国の伝統衣装を身にまとい、観光客に桑葉茶の入れ方を指導するスタッフ。中国の近隣国、韓国の人たちも昔からお茶を楽しむのが好きだ。毎年5月25日を「茶の日」とする韓国では、この日に茶文化の祭典が開かれる。韓国人が好む伝統茶は、植物の根茎、果物、穀物、種子、花の葉などの植物を原料にしている。よく見られるものでは、人参茶、五味子茶、桑葉茶、玄米茶、ケツメイシ(決明子)茶などがある。近年ではプーアル茶も韓国で人気を集めている。(扶安=新華社記者/王婧嫱)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019051703206

    「新華社」 韓国の茶礼を楽しもう  4日、韓国・全羅北道扶安郡の集落で開かれた祭りの会場で、韓国の伝統衣装を身にまとったスタッフが、観光客に桑葉茶の入れ方を指導している。中国の近隣国、韓国の人たちも昔からお茶を楽しむのが好きだ。毎年5月25日を「茶の日」とする韓国では、この日に茶文化の祭典が開かれる。韓国人が好む伝統茶は、植物の根茎、果物、穀物、種子、花の葉などの植物を原料にしている。よく見られるものでは、人参茶、五味子茶、桑葉茶、玄米茶、ケツメイシ(決明子)茶などがある。近年ではプーアル茶も韓国で人気を集めている。(扶安=新華社記者/王婧嫱)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019051703213

    「新華社」 韓国の茶礼を楽しもう  4日、韓国・全羅北道扶安郡の集落で開かれた祭りの会場で、韓国の伝統衣装を身にまとい、観光客に茶葉の取り方を指導するスタッフ。中国の近隣国、韓国の人たちも昔からお茶を楽しむのが好きだ。毎年5月25日を「茶の日」とする韓国では、この日に茶文化の祭典が開かれる。韓国人が好む伝統茶は、植物の根茎、果物、穀物、種子、花の葉などの植物を原料にしている。よく見られるものでは、人参茶、五味子茶、桑葉茶、玄米茶、ケツメイシ(決明子)茶などがある。近年ではプーアル茶も韓国で人気を集めている。(扶安=新華社記者/王婧嫱)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019051703241

    「新華社」 韓国の茶礼を楽しもう  4日、韓国・全羅北道扶安郡の集落で開かれた祭りの会場で、韓国の伝統衣装を身にまとい、観光客に茶礼の基本作法を指導するスタッフ。中国の近隣国、韓国の人たちも昔からお茶を楽しむのが好きだ。毎年5月25日を「茶の日」とする韓国では、この日に茶文化の祭典が開かれる。韓国人が好む伝統茶は、植物の根茎、果物、穀物、種子、花の葉などの植物を原料にしている。よく見られるものでは、人参茶、五味子茶、桑葉茶、玄米茶、ケツメイシ(決明子)茶などがある。近年ではプーアル茶も韓国で人気を集めている。(扶安=新華社記者/王婧嫱)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019051703278

    「新華社」 韓国の茶礼を楽しもう  4日、韓国・全羅北道扶安郡の集落で開かれた祭りの会場で、韓国の伝統衣装を身にまとい、観光客に五味子茶の楽しみ方を指導するスタッフ。中国の近隣国、韓国の人たちも昔からお茶を楽しむのが好きだ。毎年5月25日を「茶の日」とする韓国では、この日に茶文化の祭典が開かれる。韓国人が好む伝統茶は、植物の根茎、果物、穀物、種子、花の葉などの植物を原料にしている。よく見られるものでは、人参茶、五味子茶、桑葉茶、玄米茶、ケツメイシ(決明子)茶などがある。近年ではプーアル茶も韓国で人気を集めている。(扶安=新華社記者/王婧嫱)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019051703284

    「新華社」 韓国の茶礼を楽しもう  4日、韓国・全羅北道扶安郡の集落で開かれた祭りの会場で見かけた陶器の小さな置物。中国の近隣国、韓国の人たちも昔からお茶を楽しむのが好きだ。毎年5月25日を「茶の日」とする韓国では、この日に茶文化の祭典が開かれる。韓国人が好む伝統茶は、植物の根茎、果物、穀物、種子、花の葉などの植物を原料にしている。よく見られるものでは、人参茶、五味子茶、桑葉茶、玄米茶、ケツメイシ(決明子)茶などがある。近年ではプーアル茶も韓国で人気を集めている。(扶安=新華社記者/王婧嫱)=2019(令和元)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019032602593

    「新華社」 春の最初の茶摘み始まる福建省福州市  23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」の開幕式の会場を見学する観光客。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019032602591

    「新華社」 春の最初の茶摘み始まる福建省福州市  23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」の会場で、茶摘みをする前に伝統の「喊山」儀式を行う茶摘みの女性たち。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019032602657

    「新華社」 春の最初の茶摘み始まる福建省福州市  23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」の会場で、茶の摘み取り方について学ぶ茶摘みの女性。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019032602624

    「新華社」 春の最初の茶摘み始まる福建省福州市  23日に撮影した「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」の会場。中国福建省福州市晋安区の宦渓(かんけい)鎮にある春倫休閑(レジャー)観光生態茶園で23日、「2019中国・福州(晋安)春の茶摘み祭り」が行われ、同市で今年最初にジャスミン茶の製造に用いられる茶葉が摘み取られた。福州市はジャスミン茶発祥の地で、千年余りの歴史を誇る。同市のジャスミン茶は加工・乾燥工程を経た茶葉で、開花直前のジャスミンの花を混ぜて香り付けをした再加工茶とも呼ばれ、一般に緑茶をもちいて作られる。(宦渓=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019031400018

    「新華社」 旧暦2月2日に行われるコンテスト「亮花鞋」四川省閬中市  8日、古鎮を巡る今年の優勝者。旧暦の2月2日に当たる3月8日、中国四川省閬中(ろうちゅう)市老観(ろうかん)古鎮で町の女性が刺しゅう靴を披露し美しさを競う年一度の民俗行事「亮花鞋(リャンホァシエ)」が行われた。旧暦2月2日は中国で伝統的な祝日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)とされ、老観鎮では「女性の日」でもある。地元の女性たち農作業を休み、新しい服と刺しゅうが施された靴を身に着けて会場へ向かった。若い女性たちは「亮花台」と呼ばれるステージに一列に並び、自分の刺しゅう入り靴を披露。審査員が優勝者を選出した。優勝者は司会者や他の女性たちに囲まれながら古鎮を巡り、最後に広場で「亮花鞋」の踊りを披露して、新たな年の安定した天候や人々の無病息災を願った。(閬中=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019031400045

    「新華社」 旧暦2月2日に行われるコンテスト「亮花鞋」四川省閬中市  8日、審査中の刺しゅう入り靴。獲得した赤い花の数で勝敗が決まる。旧暦の2月2日に当たる3月8日、中国四川省閬中(ろうちゅう)市老観(ろうかん)古鎮で町の女性が刺しゅう靴を披露し美しさを競う年一度の民俗行事「亮花鞋(リャンホァシエ)」が行われた。旧暦2月2日は中国で伝統的な祝日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)とされ、老観鎮では「女性の日」でもある。地元の女性たち農作業を休み、新しい服と刺しゅうが施された靴を身に着けて会場へ向かった。若い女性たちは「亮花台」と呼ばれるステージに一列に並び、自分の刺しゅう入り靴を披露。審査員が優勝者を選出した。優勝者は司会者や他の女性たちに囲まれながら古鎮を巡り、最後に広場で「亮花鞋」の踊りを披露して、新たな年の安定した天候や人々の無病息災を願った。(閬中=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019031400061

    「新華社」 旧暦2月2日に行われるコンテスト「亮花鞋」四川省閬中市  8日、刺しゅう入りの靴を手にした今年の優勝者。旧暦の2月2日に当たる3月8日、中国四川省閬中(ろうちゅう)市老観(ろうかん)古鎮で町の女性が刺しゅう靴を披露し美しさを競う年一度の民俗行事「亮花鞋(リャンホァシエ)」が行われた。旧暦2月2日は中国で伝統的な祝日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)とされ、老観鎮では「女性の日」でもある。地元の女性たち農作業を休み、新しい服と刺しゅうが施された靴を身に着けて会場へ向かった。若い女性たちは「亮花台」と呼ばれるステージに一列に並び、自分の刺しゅう入り靴を披露。審査員が優勝者を選出した。優勝者は司会者や他の女性たちに囲まれながら古鎮を巡り、最後に広場で「亮花鞋」の踊りを披露して、新たな年の安定した天候や人々の無病息災を願った。(閬中=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019031400058

    「新華社」 旧暦2月2日に行われるコンテスト「亮花鞋」四川省閬中市  8日、「亮花鞋」の踊りを披露する女性たち。旧暦の2月2日に当たる3月8日、中国四川省閬中(ろうちゅう)市老観(ろうかん)古鎮で町の女性が刺しゅう靴を披露し美しさを競う年一度の民俗行事「亮花鞋(リャンホァシエ)」が行われた。旧暦2月2日は中国で伝統的な祝日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)とされ、老観鎮では「女性の日」でもある。地元の女性たち農作業を休み、新しい服と刺しゅうが施された靴を身に着けて会場へ向かった。若い女性たちは「亮花台」と呼ばれるステージに一列に並び、自分の刺しゅう入り靴を披露。審査員が優勝者を選出した。優勝者は司会者や他の女性たちに囲まれながら古鎮を巡り、最後に広場で「亮花鞋」の踊りを披露して、新たな年の安定した天候や人々の無病息災を願った。(閬中=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019031400060

    「新華社」 旧暦2月2日に行われるコンテスト「亮花鞋」四川省閬中市  8日、かごに乗った優勝者。旧暦の2月2日に当たる3月8日、中国四川省閬中(ろうちゅう)市老観(ろうかん)古鎮で町の女性が刺しゅう靴を披露し美しさを競う年一度の民俗行事「亮花鞋(リャンホァシエ)」が行われた。旧暦2月2日は中国で伝統的な祝日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)とされ、老観鎮では「女性の日」でもある。地元の女性たち農作業を休み、新しい服と刺しゅうが施された靴を身に着けて会場へ向かった。若い女性たちは「亮花台」と呼ばれるステージに一列に並び、自分の刺しゅう入り靴を披露。審査員が優勝者を選出した。優勝者は司会者や他の女性たちに囲まれながら古鎮を巡り、最後に広場で「亮花鞋」の踊りを披露して、新たな年の安定した天候や人々の無病息災を願った。(閬中=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019031400050

    「新華社」 旧暦2月2日に行われるコンテスト「亮花鞋」四川省閬中市  8日、「亮花鞋」コンテストで、自ら刺しゅうした靴を手に幕の後ろで審査を待つ女性たち。旧暦の2月2日に当たる3月8日、中国四川省閬中(ろうちゅう)市老観(ろうかん)古鎮で町の女性が刺しゅう靴を披露し美しさを競う年一度の民俗行事「亮花鞋(リャンホァシエ)」が行われた。旧暦2月2日は中国で伝統的な祝日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)とされ、老観鎮では「女性の日」でもある。地元の女性たち農作業を休み、新しい服と刺しゅうが施された靴を身に着けて会場へ向かった。若い女性たちは「亮花台」と呼ばれるステージに一列に並び、自分の刺しゅう入り靴を披露。審査員が優勝者を選出した。優勝者は司会者や他の女性たちに囲まれながら古鎮を巡り、最後に広場で「亮花鞋」の踊りを披露して、新たな年の安定した天候や人々の無病息災を願った。(閬中=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019031400041

    「新華社」 旧暦2月2日に行われるコンテスト「亮花鞋」四川省閬中市  8日、「亮花鞋」コンテストの審査を受けるため、自ら刺しゅうした靴をステージに残す女性。旧暦の2月2日に当たる3月8日、中国四川省閬中(ろうちゅう)市老観(ろうかん)古鎮で町の女性が刺しゅう靴を披露し美しさを競う年一度の民俗行事「亮花鞋(リャンホァシエ)」が行われた。旧暦2月2日は中国で伝統的な祝日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)とされ、老観鎮では「女性の日」でもある。地元の女性たち農作業を休み、新しい服と刺しゅうが施された靴を身に着けて会場へ向かった。若い女性たちは「亮花台」と呼ばれるステージに一列に並び、自分の刺しゅう入り靴を披露。審査員が優勝者を選出した。優勝者は司会者や他の女性たちに囲まれながら古鎮を巡り、最後に広場で「亮花鞋」の踊りを披露して、新たな年の安定した天候や人々の無病息災を願った。(閬中=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019031400010

    「新華社」 旧暦2月2日に行われるコンテスト「亮花鞋」四川省閬中市  8日、刺しゅう入り靴を手に取る審査員。旧暦の2月2日に当たる3月8日、中国四川省閬中(ろうちゅう)市老観(ろうかん)古鎮で町の女性が刺しゅう靴を披露し美しさを競う年一度の民俗行事「亮花鞋(リャンホァシエ)」が行われた。旧暦2月2日は中国で伝統的な祝日「竜抬頭」(竜が頭を上げる意)とされ、老観鎮では「女性の日」でもある。地元の女性たち農作業を休み、新しい服と刺しゅうが施された靴を身に着けて会場へ向かった。若い女性たちは「亮花台」と呼ばれるステージに一列に並び、自分の刺しゅう入り靴を披露。審査員が優勝者を選出した。優勝者は司会者や他の女性たちに囲まれながら古鎮を巡り、最後に広場で「亮花鞋」の踊りを披露して、新たな年の安定した天候や人々の無病息災を願った。(閬中=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019031203455

    「新華社」 幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県  7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019031203548

    「新華社」 幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県  7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019031203471

    「新華社」 幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県  7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019031203508

    「新華社」 幸福と健康を祈る「花饃」イベント開催陝西省大茘県  7日、陝西省大茘県羌白鎮の阿寿村で開かれた花饃イベントで、花饃を品評会の会場に運ぶ村の人々。中国陝西省大茘(だいり)県羌白(きょうはく)鎮阿寿村で7日、年に1度の「花饃」(ホワモー、中国式蒸しパンの饅頭に花のデザインをあしらったもの)イベントが開かれた。村民たちがドラや爆竹を鳴らし、同省の伝統的な踊り「花苫鼓(かせんこ)」を踊る中、花饃の伝承者や手先の器用な女性たちによって心を込めて作られた花饃が、地元の薬王廟(やくおうびょう)まで運ばれ、全村民による品評会が行われた。花饃はイベント終了後に願掛けをした村民たちが味わう。花饃は俗に面花と呼ばれ、同省関中地区では毎年の春節(旧正月)前後に花饃を作る風習がある。より良い暮らしを送りたいという人々の願いが込められた花饃は、今では地元の人々の経済成長を助ける産業になっている。(大茘=新華社記者/劉瀟)=2019(平成31)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019030400700

    自主避難「正しかった」  長女をおんぶし、長男(左)と手をつないで祭りの会場を歩く高橋友里さん(仮名)=2月、山形県米沢市

  34. 2019030400699

    自主避難「正しかった」  長女をおんぶし、長男(右端)と手をつないで祭りの会場を歩く高橋友里さん(仮名)=2月、山形県米沢市

  35. 2019030400698

    自主避難「正しかった」  長女をおんぶし、長男(右端)と手をつないで祭りの会場を歩く高橋友里さん(仮名)=2月、山形県米沢市

  36. 2019022701403

    「新華社」 千人のイ族の「刺しゅう娘」、技術とファッションを競う雲南省楚雄  20日、空から撮影した会場。中国雲南省楚雄(そゆう)イ族自治州永仁県はこのほど、千人が一カ所に集まり刺しゅうをする伝統的な祭りを開催した。参加者は刺しゅうの技術を披露し、千年以上にわたり受け継がれてきたイ族の賽装節(ファッションコンテストの祭り)を祝った。(楚雄=新華社配信/趙普凡)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019022701395

    「新華社」 千人のイ族の「刺しゅう娘」、技術とファッションを競う雲南省楚雄  20日、会場で刺しゅうをする千人の「刺しゅう娘」。中国雲南省楚雄(そゆう)イ族自治州永仁県はこのほど、千人が一カ所に集まり刺しゅうをする伝統的な祭りを開催した。参加者は刺しゅうの技術を披露し、千年以上にわたり受け継がれてきたイ族の賽装節(ファッションコンテストの祭り)を祝った。(楚雄=新華社配信/趙普凡)=2019(平成31)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019022500530

    「新華社」 元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊で、なぞなぞ遊びを楽しむ観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019022500640

    「新華社」 元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された「2019」モチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019022500639

    「新華社」 元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された魚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/呉思思)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019022500647

    「新華社」 元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルの「猜灯謎」回廊の入り口。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019022500527

    「新華社」 元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで展示された豚をモチーフにした大型ランタン。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019022500641

    「新華社」 元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルでスマートフォンを使いオンラインで謎解きをする観光客。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019022500638

    「新華社」 元宵節ランタン祭りの「なぞなぞ遊び」もオンラインの時代へ  19日、南寧市で開かれた園博園元宵ランタンフェスティバルで、大勢の人が訪れた「猜灯謎」回廊。中国広西チワン族自治区南寧市では、旧暦1月15日の元宵節(げんしょうせつ)に当たる19日に園博園元宵ランタンフェスティバルが開かれ、全国各地から多くの観光客が訪れた。会場では大型ランタンの展示、灯籠に張ったなぞなぞを解く遊び「猜灯謎(さいとうめい)」、もち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」の品評会、紙ランタンの制作などのイベントが行われ、人々は春節の最後のイベントを楽しんだ。観光客はSNSアプリ「微信(ウィーチャット)」で二次元バーコードを読み取り、なぞなぞの番号と回答を入力することで「猜灯謎」に参加することもできた。(南寧=新華社記者/朱麗莉)=2019(平成31)年2月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019021900988

    「新華社」 「糖葫蘆祭り」で元宵節を迎える河北省任丘  17日、河北省任丘市呂公堡鎮後李花村で開催された「糖葫蘆祭り」の会場を訪れ楽しむ観光客。中国河北省任丘市呂公堡鎮の後李花村で17日、年に一度の「糖葫蘆祭り」が開幕した。100人以上の糖葫蘆(タンフール、サンザシなどに串を刺して飴がけしたお菓子)職人たちが、サンザシやナガイモ、パイナップルなどの食材でさまざまな形の糖葫蘆を作り、民俗行事の体験やランタン観賞に訪れた大勢の観光客の目を楽しませた。(滄州=新華社記者/牟宇)=2019(平成31)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019021800594

    「新華社」 中国各地で元宵節を迎えるランタン祭り開催  15日、湖北省十堰(じゅうえん)市鄖陽(うんよう)区の第1回民俗ランタン文化フェスティバルの会場に設置された「福寿康寧」と題したランタン。春節(旧正月)から15日目の元宵節を間近に控え、中国各地で多彩なランタン祭りが開催されている。(十堰=新華社配信/曹忠宏)=2019(平成31)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019021409362

    「アジアの1枚」 やけどしそうな竜舞  中国の春節(旧正月)に合わせて北京の遊園地ではちょっと過激な竜舞が披露されました。気温が氷点下2度になる寒さの中、竜を操る男たちは上半身裸。激しく飛び散る火花でやけどしそうですが気にしません。会場にはイベントを楽しもうと幼い子どもを連れた家族など数百人が詰めかけました。見ているだけで熱そうで、寒さを忘れるほどの迫力でした。(撮影・池上まどか、共同)

  48. 2019022701265

    「新華社」 ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019022701240

    「新華社」 ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を見回る国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019022701273

    「新華社」 ランタン祭りを陰で支える「電力の漢方医」四川省自貢市  四川省自貢市で開催されている第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルで、照明器具の巡回点検を行う国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さん。(2月1日撮影)中国四川省自貢(じこう)市では元宵節(旧暦1月15日)を迎えた19日、多くの市民が第25回自貢国際恐竜ランタンフェスティバルの会場を訪れ、元宵節の風物詩とされるランタンの観賞を楽しんだ。フェスティバルの電気設備を担当する国家電網自貢供電公司の電気保安員、孔暁林(こう・ぎょうりん)さんは、1987年の第1回フェスティバルから現在に至るまで、一度も途切れることなくこの仕事を受け持ってきた。フェスティバルの「電力漢方医」を自認する孔さんは、中国伝統医学で診察の基本とされる「望聞問切」(視診、嗅診、問診、触診)を用い、ランタンが「発熱」していないかなどを診断している。(成都=新華社配信/国家電網自貢供電公司提供)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:国家電網自貢供電公司/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像