検索結果 329 件中 1 件 〜 50
  1. 2019091105037

    「新華社」 ヤクの真剣勝負者下郷で闘牛祭りチベット自治区  9日、上空から見た者下郷の闘牛場。(小型無人機から)中国チベット自治区日喀則(シガツェ)市白朗(パナム)県者下郷の闘牛祭りは歴史が古く、自治区の無形文化遺産に指定されている。牧民たちは競技に参加するヤクに絹織物や緞子(どんす)をかけ、闘牛場に連れてくる。勝負は一瞬で決まることもあれば、数十分間かかる場合もある。優勝したヤクは「ヤクの至尊」と呼ばれる。(シガツェ=新華社記者/李鑫)=2019(令和元)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019080800888

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区で、湖に架かる橋から大自然の風景を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019080800890

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区で、豪快な水しぶきを上げる南天湖の音楽噴水。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019080800946

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、南天湖風景区内の山に林立する風力発電所の巨大な風車。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019080800930

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区に広がる草地。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019080800941

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、空から望む重慶市豊都県の南天湖風景区。南天湖のエメラルドグリーンの湖面が壮観。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019080800874

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、重慶市豊都県の南天湖風景区に広がる草地。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019080800884

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、空から望む重慶市豊都県の南天湖風景区。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019080800945

    「新華社」 涼しい夏を満喫!重慶の避暑地・豊都県南天湖風景区をゆく  6日、空から見た重慶市豊都県の南天湖風景区。(小型無人機から)中国重慶市豊都県にある南天湖風景区は、「中国南方カルスト」として世界遺産に登録された同市武隆区の仙女山に隣接し、原生竹林や溶岩の断崖絶壁、悠久の湖、草地・オアシスなどの大自然に恵まれ、素晴らしい自然環境と植生の豊かさで知られている。標高1500~2100メートルで、年間平均気温9・2度と涼しいことから、夏場は避暑やレジャーに訪れる観光客で賑わっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019071202413

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州竜山県の洗車河鎮で「擺手舞」(明朝末期から清朝初期にかけて発祥したとされる歌と一体になった踊り)を踊るトゥチャ族の人々。(6月6日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019061001020

    「新華社」 蘭州の黄河水車を訪ねて甘粛省  4日、蘭州水車博覧園の黄河水車。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の「黄河水車」は、同市の黄河沿岸で最も古いかんがい用揚水施設で、蘭州出身の段続(だん・ぞく)が1556年に最初に建造した。蘭州水車博覧園に現存する水車は1990年代に復元されたもので、同市の観光スポットになっている。水車は中国古代の戦車の車輪によく似ている。直径は大きいもので約20メートル、最小のものでも10メートル以上あり、高さ15~18メートルまで水をくみ上げることができる。直径約1メートルの心棒からは車輪のスポークにあたる「くもで」が伸び、その先には木製の長方形の桶と水受け板が取り付けられている。桶は等間隔で斜め向きに設置されており、水車が回転すると水中に沈んで黄河の水をくみ上げ、最上部で木製の樋(とい)に水をあける。水車の回転により絶えず水をくみ上げることができる。「蘭州黄河大水車製作技術」は2006年、第1期の国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019061001025

    「新華社」 蘭州の黄河水車を訪ねて甘粛省  4日、蘭州水車博覧園の黄河水車。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の「黄河水車」は、同市の黄河沿岸で最も古いかんがい用揚水施設で、蘭州出身の段続(だん・ぞく)が1556年に最初に建造した。蘭州水車博覧園に現存する水車は1990年代に復元されたもので、同市の観光スポットになっている。水車は中国古代の戦車の車輪によく似ている。直径は大きいもので約20メートル、最小のものでも10メートル以上あり、高さ15~18メートルまで水をくみ上げることができる。直径約1メートルの心棒からは車輪のスポークにあたる「くもで」が伸び、その先には木製の長方形の桶と水受け板が取り付けられている。桶は等間隔で斜め向きに設置されており、水車が回転すると水中に沈んで黄河の水をくみ上げ、最上部で木製の樋(とい)に水をあける。水車の回転により絶えず水をくみ上げることができる。「蘭州黄河大水車製作技術」は2006年、第1期の国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019061001161

    「新華社」 蘭州の黄河水車を訪ねて甘粛省  4日、蘭州水車博覧園の黄河水車。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の「黄河水車」は、同市の黄河沿岸で最も古いかんがい用揚水施設で、蘭州出身の段続(だん・ぞく)が1556年に最初に建造した。蘭州水車博覧園に現存する水車は1990年代に復元されたもので、同市の観光スポットになっている。水車は中国古代の戦車の車輪によく似ている。直径は大きいもので約20メートル、最小のものでも10メートル以上あり、高さ15~18メートルまで水をくみ上げることができる。直径約1メートルの心棒からは車輪のスポークにあたる「くもで」が伸び、その先には木製の長方形の桶と水受け板が取り付けられている。桶は等間隔で斜め向きに設置されており、水車が回転すると水中に沈んで黄河の水をくみ上げ、最上部で木製の樋(とい)に水をあける。水車の回転により絶えず水をくみ上げることができる。「蘭州黄河大水車製作技術」は2006年、第1期の国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019061001108

    「新華社」 蘭州の黄河水車を訪ねて甘粛省  4日、蘭州水車博覧園の黄河水車。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の「黄河水車」は、同市の黄河沿岸で最も古いかんがい用揚水施設で、蘭州出身の段続(だん・ぞく)が1556年に最初に建造した。蘭州水車博覧園に現存する水車は1990年代に復元されたもので、同市の観光スポットになっている。水車は中国古代の戦車の車輪によく似ている。直径は大きいもので約20メートル、最小のものでも10メートル以上あり、高さ15~18メートルまで水をくみ上げることができる。直径約1メートルの心棒からは車輪のスポークにあたる「くもで」が伸び、その先には木製の長方形の桶と水受け板が取り付けられている。桶は等間隔で斜め向きに設置されており、水車が回転すると水中に沈んで黄河の水をくみ上げ、最上部で木製の樋(とい)に水をあける。水車の回転により絶えず水をくみ上げることができる。「蘭州黄河大水車製作技術」は2006年、第1期の国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019061001082

    「新華社」 蘭州の黄河水車を訪ねて甘粛省  4日、蘭州水車博覧園の黄河水車。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の「黄河水車」は、同市の黄河沿岸で最も古いかんがい用揚水施設で、蘭州出身の段続(だん・ぞく)が1556年に最初に建造した。蘭州水車博覧園に現存する水車は1990年代に復元されたもので、同市の観光スポットになっている。水車は中国古代の戦車の車輪によく似ている。直径は大きいもので約20メートル、最小のものでも10メートル以上あり、高さ15~18メートルまで水をくみ上げることができる。直径約1メートルの心棒からは車輪のスポークにあたる「くもで」が伸び、その先には木製の長方形の桶と水受け板が取り付けられている。桶は等間隔で斜め向きに設置されており、水車が回転すると水中に沈んで黄河の水をくみ上げ、最上部で木製の樋(とい)に水をあける。水車の回転により絶えず水をくみ上げることができる。「蘭州黄河大水車製作技術」は2006年、第1期の国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019061001109

    「新華社」 蘭州の黄河水車を訪ねて甘粛省  4日、蘭州水車博覧園の黄河水車。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の「黄河水車」は、同市の黄河沿岸で最も古いかんがい用揚水施設で、蘭州出身の段続(だん・ぞく)が1556年に最初に建造した。蘭州水車博覧園に現存する水車は1990年代に復元されたもので、同市の観光スポットになっている。水車は中国古代の戦車の車輪によく似ている。直径は大きいもので約20メートル、最小のものでも10メートル以上あり、高さ15~18メートルまで水をくみ上げることができる。直径約1メートルの心棒からは車輪のスポークにあたる「くもで」が伸び、その先には木製の長方形の桶と水受け板が取り付けられている。桶は等間隔で斜め向きに設置されており、水車が回転すると水中に沈んで黄河の水をくみ上げ、最上部で木製の樋(とい)に水をあける。水車の回転により絶えず水をくみ上げることができる。「蘭州黄河大水車製作技術」は2006年、第1期の国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019061001092

    「新華社」 蘭州の黄河水車を訪ねて甘粛省  4日、蘭州水車博覧園の黄河水車。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の「黄河水車」は、同市の黄河沿岸で最も古いかんがい用揚水施設で、蘭州出身の段続(だん・ぞく)が1556年に最初に建造した。蘭州水車博覧園に現存する水車は1990年代に復元されたもので、同市の観光スポットになっている。水車は中国古代の戦車の車輪によく似ている。直径は大きいもので約20メートル、最小のものでも10メートル以上あり、高さ15~18メートルまで水をくみ上げることができる。直径約1メートルの心棒からは車輪のスポークにあたる「くもで」が伸び、その先には木製の長方形の桶と水受け板が取り付けられている。桶は等間隔で斜め向きに設置されており、水車が回転すると水中に沈んで黄河の水をくみ上げ、最上部で木製の樋(とい)に水をあける。水車の回転により絶えず水をくみ上げることができる。「蘭州黄河大水車製作技術」は2006年、第1期の国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019061001090

    「新華社」 蘭州の黄河水車を訪ねて甘粛省  4日、蘭州水車博覧園の黄河水車。水車に取り付けられた長方形の桶が木製の水槽に水を注いでいる。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市の「黄河水車」は、同市の黄河沿岸で最も古いかんがい用揚水施設で、蘭州出身の段続(だん・ぞく)が1556年に最初に建造した。蘭州水車博覧園に現存する水車は1990年代に復元されたもので、同市の観光スポットになっている。水車は中国古代の戦車の車輪によく似ている。直径は大きいもので約20メートル、最小のものでも10メートル以上あり、高さ15~18メートルまで水をくみ上げることができる。直径約1メートルの心棒からは車輪のスポークにあたる「くもで」が伸び、その先には木製の長方形の桶と水受け板が取り付けられている。桶は等間隔で斜め向きに設置されており、水車が回転すると水中に沈んで黄河の水をくみ上げ、最上部で木製の樋(とい)に水をあける。水車の回転により絶えず水をくみ上げることができる。「蘭州黄河大水車製作技術」は2006年、第1期の国家級無形文化遺産リストに登録された。(蘭州=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019071202447

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  湖南省永州市道県の瀟水(しょうすい)河で、レースを待つドラゴンボート。(6月3日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(長沙=新華社配信/何紅福)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019060600914

    「新華社」 ドラゴンボートレースで端午節を迎える湖南省道県  3日、瀟水河でレースを待つドラゴンボート。(小型無人機から)中国湖南省道県の瀟水(しょうすい)河で端午節(旧暦5月5日)を前に、144隻が参加する伝統的なドラゴンボートレースが行われた。同県のドラゴンボートレースには長い歴史があり、「道州ドラゴンボートレース大会」は2006年、湖南省の無形文化遺産リストに登録された。(道県=新華社配信/何紅福)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019060600918

    「新華社」 ドラゴンボートレースで端午節を迎える湖南省道県  3日、瀟水河でレースを待つドラゴンボート。(小型無人機から)中国湖南省道県の瀟水(しょうすい)河で端午節(旧暦5月5日)を前に、144隻が参加する伝統的なドラゴンボートレースが行われた。同県のドラゴンボートレースには長い歴史があり、「道州ドラゴンボートレース大会」は2006年、湖南省の無形文化遺産リストに登録された。(道県=新華社配信/何紅福)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019060600887

    「新華社」 ドラゴンボートレースで端午節を迎える湖南省道県  2日、瀟水河でドラゴンボートレースに参加する各チーム。(小型無人機から)中国湖南省道県の瀟水(しょうすい)河で端午節(旧暦5月5日)を前に、144隻が参加する伝統的なドラゴンボートレースが行われた。同県のドラゴンボートレースには長い歴史があり、「道州ドラゴンボートレース大会」は2006年、湖南省の無形文化遺産リストに登録された。(道県=新華社配信/何紅福)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019060600921

    「新華社」 ドラゴンボートレースで端午節を迎える湖南省道県  2日、瀟水河でドラゴンボートレースに参加する各チーム。(小型無人機から)中国湖南省道県の瀟水(しょうすい)河で端午節(旧暦5月5日)を前に、144隻が参加する伝統的なドラゴンボートレースが行われた。同県のドラゴンボートレースには長い歴史があり、「道州ドラゴンボートレース大会」は2006年、湖南省の無形文化遺産リストに登録された。(道県=新華社配信/何紅福)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019060600855

    「新華社」 ドラゴンボートレースで端午節を迎える湖南省道県  2日、瀟水河でドラゴンボートレースに参加する各チーム。(小型無人機から)中国湖南省道県の瀟水(しょうすい)河で端午節(旧暦5月5日)を前に、144隻が参加する伝統的なドラゴンボートレースが行われた。同県のドラゴンボートレースには長い歴史があり、「道州ドラゴンボートレース大会」は2006年、湖南省の無形文化遺産リストに登録された。(道県=新華社配信/何紅福)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019071202458

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  張家界市の観光スポット、武陵源景勝地にある宝峰湖。(6月1日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(張家界=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019071202417

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  張家界市の人気観光スポット、武陵源景勝地の絶壁に造られた「百龍天梯」(エレベーター)。(6月1日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(張家界=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019071202474

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  張家界市の観光スポット、武陵源景勝地の「九十九道弯」。(5月31日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(張家界=新華社記者/薛宇舸)=2019(令和元)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019071202419

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  張家界市の人気観光スポット、武陵源景勝地の「十里画廊」。(5月26日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(張家界=新華社配信/呉勇兵)=2019(令和元)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019060403056

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、留園。(5月22日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019060403086

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州市にある網師(もうし)園。(5月22日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに市全体で累計108カ所の庭園が「蘇州庭園保護リスト」に収載された。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019060403077

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州市にある網師(もうし)園。(5月22日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019060403082

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州市にある網師(もうし)園の夜景。(5月22日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019051400789

    多彩な古墳「傑出」  世界文化遺産に登録が勧告された百舌鳥・古市古墳群の仁徳天皇陵古墳=14日午前、堺市(共同通信社ヘリから)

  34. 2019051400609

    多彩な古墳「傑出」  世界文化遺産に登録が勧告された大阪府の百舌鳥・古市古墳群の応神天皇陵古墳(左下)=14日午前(共同通信社ヘリから)

  35. 2019051400601

    多彩な古墳「傑出」  世界文化遺産に登録が勧告された百舌鳥・古市古墳群の仁徳天皇陵古墳(奥)と履中天皇陵古墳=14日午前、堺市(共同通信社ヘリから)

  36. 2019051400288

    雄大な墳丘、圧巻の迫力  世界文化遺産に登録が勧告された百舌鳥・古市古墳群の仁徳天皇陵古墳(中央)=14日午前、堺市(共同通信社ヘリから)

  37. 2019060403134

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、滄浪亭(そうろうてい)。(5月10日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019060403122

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、滄浪亭(そうろうてい)。(5月10日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019060403058

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、留園。(5月10日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019060403129

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、留園。(5月10日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに市全体で累計108カ所の庭園が「蘇州庭園保護リスト」に収載された。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019060403103

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、獅子林。(5月9日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019060403116

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、拙政園。(5月9日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019060403100

    「新華社」 世界遺産、蘇州古典庭園を訪ねて  蘇州四大庭園の一つ、獅子林。(5月9日撮影、小型無人機から)中国江蘇省蘇州市には古くからの庭園が数多く残されており、かねてより庭園都市としてその名を知られる。新中国成立後70年以上にわたる修復や保護、建設、発展を経て、これらの庭園は既に蘇州の代名詞となり、中心的なブランドとなっている。蘇州の庭園の始まりは春秋時代で、唐や宋の時代に発展し、明や清の時代に全盛期を迎えた。最盛期には250カ所以上もあり「人と自然の調和と統一」の象徴と称えられた。このうち拙政(せっせい)園や留園、獅子林などの庭園は世界文化遺産に登録されている。江蘇省はここ数年、「緑水青山こそ金山銀山(豊かな自然は金銀同様の価値がある)」といったエコ文明思想を徹底し、蘇州の庭園の一括した保護·管理と環境に配慮した「グリーン蘇州」の建設を全面的に強化している。「この世の天国·蘇州と百庭園の都市」の建設を全面的に推進し、これまでに累計108カ所の庭園を「蘇州庭園保護リスト」に掲載した。(蘇州=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019050903652

    「新華社」 空から見た平遥古城山西省  7日、平遥古城の鳳儀門の城楼。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019050903747

    「新華社」 空から見た平遥古城山西省  6日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019050903650

    「新華社」 空から見た平遥古城山西省  6日、平遥古城の迎薫門の城楼。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019050903700

    「新華社」 空から見た平遥古城山西省  6日、平遥古城の一角。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019050903748

    「新華社」 空から見た平遥古城山西省  6日、平遥古城の城壁と堀。(小型無人機から)中国山西省晋中(しんちゅう)市の平遥古城は1997年、国内で最も保存状態の良い古代県級城郭都市の一つとして世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019071202408

    「新華社」 中国中部地区の湖南省自然豊かな風景  湖南省永州市道県濂渓河畔に広がる田園景色。(4月16日撮影、小型無人機から)中国中部に位置する湖南省は近年、生態文明建設を発展の重点目標に設定。山・河川・森林・田畑・湖・草地の体系的整備を統一的に推進して、青い空、澄んだ水、きれいな土壌を守る戦いを断固として勝ち抜き、長江沿岸に美しい風景を作り出そうと努めてきた。湖南省張家界市の人気観光スポット、武陵源(ぶりょうげん)景勝区は1992年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産リストに登録された。同市はここ数年、さまざまな取り組みを行うことで、「観光+農業」や「観光+林業」、「観光+文化」といった発展モデルを積極的に模索してきた。また、従来の観光だけでなく、ウイングスーツフライング選手権、パルクール世界大会などのエクストリーム・スポーツ国際フェスティバル(FISE)も成功裏に開催させており、今ではエクストリームスポーツの聖地になっている。(長沙=新華社配信/何紅福)=2019(平成31)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019022701252

    「新華社」 雨上がりの西湖浙江省杭州市  22日、西湖にある江南式庭園・郭荘を訪れた観光客。(小型無人機から)ユネスコの世界文化遺産にも登録されている中国浙江省杭州市の西湖では22日、雨が止み、雲り空の下、多くの観光客が訪れた。(杭州=新華社記者/翁忻暘)=2019(平成31)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像