検索結果 302 件中 1 件 〜 50
  1. 2020062804908

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020062804921

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の崇陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020062804934

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の焚帛炉。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020062804831

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の崇陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020062804803

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩殿。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020062804808

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020062804939

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020062804931

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020062804895

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020062804867

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩殿。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020062804870

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・泰陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020062804858

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の陵寝門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020062804860

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の隆恩門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020062804862

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020062804885

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020062804886

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020062804818

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の牌楼門と神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020062804824

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・泰陵の竜鳳門。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020062804780

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020062804785

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020062804771

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020062804800

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌西陵(嘉慶帝の皇后・孝和睿皇后の陵寝)。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020062804786

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・昌陵の宝頂。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020062804772

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の明楼と宝頂。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020062804914

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の明楼と宝頂。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020062804915

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・泰陵の明楼と宝頂。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中で最も規模が大きく、保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020062804899

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の石橋。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020062804904

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵の昌陵。(小型無人機から)中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020062804844

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・慕陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020062804847

    世界文化遺産「清西陵」を訪ねて河北省  18日、清西陵・崇陵の神道碑亭。中国河北省保定市易県にある清西陵には、清の雍正帝以降の皇帝のうち4人が眠る。雍正帝の泰陵、嘉慶帝の昌陵、道光帝の慕陵、光緒帝の崇陵を含む計14の陵墓があり、現存する皇帝陵墓群の中では、最大規模で保存状態が良い。敷地面積は約800平方キロ余り、建築面積は5万平方メートル余りで、宮殿建築のほかにも石造彫刻や石造建築が100余りある。清西陵は1961年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)の第1回リストに選ばれた。2000年11月には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。(易県=新華社記者/朱旭東)=2020(令和2)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020061503444

    千年の古刹、奉国寺を訪ねて遼寧省  9日、奉国寺の大雄殿。(小型無人機から)中国遼寧省錦州市義県にある奉国寺は、遼代の1020年に建立され、千年の歴史を持つ。世界でも珍しい大規模な彩色塑像群が残されており、現在は修復工事が行われている。塑像のほかにも大雄殿の柱や梁などに残る遼代の飛天(天人・天女)の彩色画、妻壁に描かれた元~明代の壁画、歴代の碑刻や扁額、経典など価値の高い文化財がある。2012年には中国がユネスコに提出した世界遺産暫定リストにも登録されている。(錦州=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020061503457

    千年の古刹、奉国寺を訪ねて遼寧省  9日、奉国寺の大雄殿。(小型無人機から)中国遼寧省錦州市義県にある奉国寺は、遼代の1020年に建立され、千年の歴史を持つ。世界でも珍しい大規模な彩色塑像群が残されており、現在は修復工事が行われている。塑像のほかにも大雄殿の柱や梁などに残る遼代の飛天(天人・天女)の彩色画、妻壁に描かれた元~明代の壁画、歴代の碑刻や扁額、経典など価値の高い文化財がある。2012年には中国がユネスコに提出した世界遺産暫定リストにも登録されている。(錦州=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020061503429

    千年の古刹、奉国寺を訪ねて遼寧省  9日、奉国寺の全景。(小型無人機から)中国遼寧省錦州市義県にある奉国寺は、遼代の1020年に建立され、千年の歴史を持つ。世界でも珍しい大規模な彩色塑像群が残されており、現在は修復工事が行われている。塑像のほかにも大雄殿の柱や梁などに残る遼代の飛天(天人・天女)の彩色画、妻壁に描かれた元~明代の壁画、歴代の碑刻や扁額、経典など価値の高い文化財がある。2012年には中国がユネスコに提出した世界遺産暫定リストにも登録されている。(錦州=新華社記者/姚剣鋒)=2020(令和2)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020030503544

    ポルトガル情緒あふれる世界遺産、セナド広場を訪ねて  2月26日、聖ドミニコ教会の前を通り過ぎてゆく人。中国マカオ特別行政区のセナド広場は2005年、「マカオの歴史地区」として世界文化遺産に登録された。広場の中央に噴水があることから、地元市民から「噴水広場」と呼ばれている。マカオの中心に位置し、周囲には典型的な欧州風の建物が並び、異国情緒あふれる同広場は、マカオ旅行で外せない観光スポットになっている。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020030503535

    ポルトガル情緒あふれる世界遺産、セナド広場を訪ねて  2月26日、セナド広場にあるポルトガル風の建物「仁慈堂大楼」。中国マカオ特別行政区のセナド広場は2005年、「マカオの歴史地区」として世界文化遺産に登録された。広場の中央に噴水があることから、地元市民から「噴水広場」と呼ばれている。マカオの中心に位置し、周囲には典型的な欧州風の建物が並び、異国情緒あふれる同広場は、マカオ旅行で外せない観光スポットになっている。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020010700418

    平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の迎薫門城楼。中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020010700413

    平遥古城が雪化粧山西省  5日、平遥古城の迎薫門城楼。(小型無人機から)中国山西省晋中市平遥(へいよう)県で5日、雪が降り、県内の平遥古城もうっすら雪化粧した。平遥古城は中国で最も保存状態の良い古代城郭都市の一つで、1997年に世界文化遺産に登録された。(平遥=新華社記者/詹彦)=2020(令和2)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2019121900331

    曲阜孔廟で儒家文化に親しむ山東省  11日、孔子を祭る曲阜孔廟の大成殿。古代中国の思想家・教育家として知られる孔子の故郷、山東省曲阜(きょくふ)市には、孔子を祭った曲阜孔廟がある。曲阜孔廟は紀元前478年に建てられ、増築や拡張を経て、現在は14万平方メートルの面積に九つの中庭を持つ。古代の建築や彫刻、書道、絵画などの傑作が数多く残されており、1994年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020060407813

    四国八十八箇所 第51番札所 石手寺 三重の塔 国指定重要文化財  キーワード:屋外、空海、建物、国指定重要文化財、三重塔、四国八十八ヶ所、四国地方、寺、寺院、重要文化財、初詣、石手寺、日本、遍路、無人、第五十一番札所、礼拝、ミシュランガイド、十、建築、お砂踏み、四国霊場、日本遺産、四国遍路、風景メイン写真、51番=2019(令和元)年10月9日、愛媛県松山市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ ※ 「アマナイメージズ」

  40. 2019081900472

    スペイン・クエンカの旧市街を訪ねて  14日、クエンカ大聖堂。スペインのカスティーリャ・ラ・マンチャ州クエンカ県の県都クエンカの旧市街は、峡谷の断崖絶壁という厳しい地形に建てられている。1996年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(マドリード=新華社記者/郭求達)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019082100705

    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  方城の東側に建つ配殿(左)と正門、隆恩門(右)。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019082100742

    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  敷地内にある方城の隆恩門。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019082100715

    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  順治6年(1649年)に建てられた正紅門。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019082100725

    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  方城の正門、隆恩門の裏側。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い古代皇帝の陵墓の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019082100791

    太宗ホンタイジが眠る世界文化遺産・清昭陵をゆく瀋陽市  敷地内に建つ方城。中央に進むと隆恩殿、四隅に角楼、東西に配殿が建つ。(7月31日撮影)中国遼寧省瀋陽市北部にある清昭陵(しんしょうりょう)は、清の第2代皇帝ホンタイジ(太宗)の陵墓で、北陵とも呼ばれる。敷地面積は16万平方メートル。清朝初期の関外三陵(他の二つは福陵と永陵)の中で最も代表的な皇帝陵であり、中国で保存状態が最も良い帝王陵墓建築の一つでもある。2004年にユネスコの世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019071001188

    大阪の古墳群が世界遺産に 仁徳天皇陵古墳  百舌鳥・古市古墳群の仁徳天皇陵古墳(大山古墳)=堺市 「ニュースアラカルト」(社会)「大阪の古墳群が世界遺産に」

  47. 2019070306230

    Ruhr conference. Feature, symbol photo, border motif, the SANAA building, architecture, exterior, panorama, university building in Essen, also known as Zollverein cube, Zollverein School and Sanaa cube. The building was designed by Japanese architect Kazuyo Sejima and her colleague Ryue Nishizawa The Tokyo-based architect‘s office SANAA has been using the building of the Folkwang University of Arts since 2010. [Ruhr-Conference, topic forum “Using the potential of the metropolitan area for health and care“ in the Sanaa building on the grounds of the Zollverein World Heritage Site in Essen, 01.07 .2019. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  48. 2019072202147

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の方城の中に立つ隆恩殿と両側の配殿。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019072202197

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵に建つ方城の隆恩門(裏側)。福陵のシンボルとして、五鳳楼とも呼ばれる。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019072202181

    太祖ヌルハチが眠る世界遺産・福陵を訪ねて遼寧省瀋陽市  福陵の敷地内に建つ方城の城壁と角楼(隅やぐら)。(6月27日撮影)福陵は瀋陽市東郊外の東陵公園内にある清の太祖ヌルハチの陵墓。瀋陽市の東郊外にあることから「東陵」とも呼ばれ、1629年に建設が始まり、1651年にほぼ完成した。福陵はその後、順治・康熙・乾隆年間に数回の修繕を経て、最大規模で体系が整っている古代皇帝陵墓建築群となった。陵墓は山を背に建てられ、壮大なスケールをもち、巧みに配置されている。2004年、福陵を含む盛京三陵(福陵、昭陵、永陵)は、「明・清王朝の皇帝墓群」の拡大プロジェクトとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された。(瀋陽=新華社配信/林暁東)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像