検索結果 8,428 件中 1 件 〜 50
  1. 2020052400564

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: People walk past the Gothic House in Wörlitz Park on Ascension Day, which is also known as Men‘s Day. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  2. 2020052400490

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: Daisies are blooming on a meadow in front of the Gothic House in Wörlitz Park, recorded Ascension Day, also known as Men‘s Day. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  3. 2020052400545

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: In spring-like weather, excursionists row in gondolas under the White Bridge on the widely ramified canals in Wörlitz Park. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  4. 2020052400549

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: A woman from East Frisia photographs her children at the marble sculpture of the shellfish hunter in Wörlitz Park. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  5. 2020052400553

    Ascension Day in Wörlitz 21 May 2020, Saxony-Anhalt, Wörlitz: On Ascension Day, which is also known as Men‘s Day, a woman photographs bright red rhododendrons in Wörlitz Park. Many people take advantage of the holiday to visit the Dessau-Wörlitz Garden Kingdom, which was created in the second half of the 18th century under Prince Leopold III Friedrich Franz von Anhalt-Dessau and is a UNESCO World Heritage Site. Photo: Waltraud Grubitzsch/zb/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  6. 2020052104847

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院でたてられた茶。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  7. 2020052104781

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、点茶の準備をする愛好者。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020052104677

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で開かれた開幕式。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  9. 2020052104758

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  10. 2020052104654

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、空から見た考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020052104732

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区にある考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  12. 2020052104846

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  13. 2020052104790

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  14. 2020052104809

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶の作法を実演する愛好家。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  15. 2020052104775

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  16. 2020052104788

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、空から見た考亭書院。(小型無人機から)中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020052104816

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、点茶の準備をする愛好者。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  18. 2020052104844

    百人が宋代の点茶を披露福建省建陽  19日、福建省南平市建陽区の考亭書院で、宋代の点茶を披露する会場。中国福建省文化・観光庁と南平市人民政府が主催し、南平市文化・観光局と同市建陽区人民政府が運営する「2020中国観光デー」福建分会場のシリーズイベントが19日、同区の考亭書院で始まった。同区の建窯は茶碗「建盞(けんさん、天目茶碗)」の発祥地とされており、同書院では百人による宋代の点茶パフォーマンスが披露された。来場者は宋代から伝わる無形文化遺産の再現を体感し、茶文化の魅力を堪能した。(南平=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  19. 2020051401641

    欧州内の国境制限緩和促す 観光客消えた世界遺産  新型コロナ対策の移動制限で観光客が来なくなったベルギー・ブリュッセルの世界遺産の広場「グランプラス」=11日(共同)

  20. 2020052104426

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀のブレスレットに彫刻を施す姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020052104474

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、手作業で仕上げた銀の指輪。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020052104489

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県山江鎮で、伝統的な方法で銀を溶かす無形文化遺産の伝承者、麻茂庭(ま・もてい)さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020052104446

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、師匠が彫刻を施した銀の板に熱を加える。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020052104451

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、手作業で仕上げた銀のブレスレット。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020052104454

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀を溶かす姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020052104427

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀の塊を金づちでたたく姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020052104491

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、銀のブレスレットのつや出し作業をする師匠。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020052104469

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県で姜華さんが制作した銀のブレスレット。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020052104472

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、手作業で仕上げた銀のポット。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020052104428

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県で、制作した銀のブレスレットの出来を確かめる姜華さん。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020052104450

    伝統的な鍛造技術が生み出すミャオ族の銀細工湖南省鳳凰県  14日、湖南省鳳凰県にあるミャオ族の銀鍛造技術伝習所で、手作業で仕上げた銀のネックレス。中国の国家無形文化遺産に登録されているミャオ族の銀鍛造技術は、工程が複雑で一つの作品を作るのに10以上の工程を経る。貴州省出身の姜華(きょう・か)さん(35)は2006年に初めて銀細工に触れ、15年から湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州鳳凰県の伝習所でミャオ族の銀鍛造技術を本格的に学んでいる。姜さんは現在、習得した技術を生かし、銀細工の制作で1年に8万元(1元=約15円)の収入を得ている。(長沙=新華社記者/周勉)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020051404699

    World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte 13 May 2020, Saarland, Völklingen: Exterior view of the World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte. Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  33. 2020051800854

    人と機械が真剣勝負、中国茶の入れ方コンテスト福建省武夷山市  13日、中国茶の入れ方コンテストで採点する、南平市無形文化遺産・大紅袍製作技能継承者で中国国家一級茶芸師の劉安興(りゅう・あんこう)さん(左から1人目)。中国福建省武夷山市にある中国の茶文化を紹介する観光施設「夷山香江茗苑」で13日、中国茶の入れ方コンテストが開催され、人と機械がそれぞれの「腕前」を競った。コンテストは高級茶葉の「大紅袍(だいこうほう)」「正山小種(せいざんしょうしゅ)」「金駿眉(きんしゅんび)」を用い、審査は競技者の名前を伏せた状態で行われた。カプセル式スマート抽出機と3人の茶芸師が「工夫式」と呼ばれる作法で茶を入れ、審査員が色と香りなどを評価して点数をつけ総合得点で順位が決まる。最終的に同抽出機の順位は、3種類の茶葉すべてで3位だった。今回コンテストに「出場」した抽出機は中国が独自開発した初の自動抽出機で、伝統的な茶文化とスマート製造技術を融合している。茶葉ごとにカプセルを製造し、各カプセルには茶葉の種類に応じてコードが割り当てられている。カプセルを投入すると抽出機が自動で茶葉の種類を識別し、それぞれに適した温度や水の量、時間を選択、90秒後にはお茶ができあがる。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020052000097

    Schwerin Castle 13 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Schwerin: The main portal of Schwerin Castle. Since 1990, more than 120 million euros have been invested in the complete renovation of Schwerin Castle. The stable post-foundation of the massive pile construction was a complex task. With reinforced concrete pillars, one of the most important buildings of historicism in Central Europe, which the state and city of Schwerin want to see become a UNESCO World Heritage Site, was anchored on the castle island. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  35. 2020051404658

    New General Director World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte 13 May 2020, Saarland, Völklingen: Ralf Beil is the new General Director of the World Cultural Heritage Site at the Völklingen Ironworks. Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  36. 2020051404577

    New General Director World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte 13 May 2020, Saarland, Völklingen: Ralf Beil is the new General Director of the World Cultural Heritage Site at the Völklingen Ironworks. Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  37. 2020051404616

    World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte 13 May 2020, Saarland, Völklingen: Exterior view of the World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte. Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  38. 2020051404844

    World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte 13 May 2020, Saarland, Völklingen: Exterior view of the World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte. Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  39. 2020051404743

    New General Director World Cultural Heritage Site Völklinger Hütte 13 May 2020, Saarland, Völklingen: Ralf Beil is the new General Director of the World Cultural Heritage Site at the Völklingen Ironworks. Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  40. 2020052000072

    Schwerin Castle 13 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Schwerin: The main portal of Schwerin Castle. Since 1990, more than 120 million euros have been invested in the complete renovation of Schwerin Castle. The stable post-foundation of the massive pile construction was a complex task. With reinforced concrete pillars, one of the most important buildings of historicism in Central Europe, which the state and city of Schwerin want to see become a UNESCO World Heritage Site, was anchored on the castle island. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  41. 2020051801505

    Schwerin Castle 12 May 2020, Mecklenburg-Western Pomerania, Schwerin: The main portal of Schwerin Castle. Since 1990, more than 120 million euros have been invested in the complete renovation of Schwerin Castle. The stable post-foundation of the massive pile construction was a complex task. With reinforced concrete pillars, one of the most important buildings of historicism in Central Europe, which the state and city of Schwerin want to see become a UNESCO World Heritage Site, was anchored on the castle island. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ 「DPA」

  42. 2020051800919

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の改良を進める游玉瓊さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020051800831

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、母親の游玉瓊さん(右)から、武夷岩茶の一種である「白鶏冠」の摘み取り方を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020051800819

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、製茶工場で従業員らと共に試飲する游玉瓊さん(右端)と息子の方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020051402382

    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市  10日、山西省大同市の雲岡石窟で行われた保全作業。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020051402335

    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市  10日、山西省大同市の雲岡石窟で行われた保全作業。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社記者/武敵)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020051402357

    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市  10日、山西省大同市の雲岡石窟で行われた保全作業。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社記者/武敵)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020051402277

    雲岡石窟の保全作業進む山西省大同市  10日、山西省大同市の雲岡石窟で行われた保全作業。中国山西省大同市にある雲岡石窟は中国の三大石窟の一つで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産にも登録されている。雲岡石窟保護修復研究室は2019年8月、第11~13石窟の保全作業を開始した。作業面積は1810平方メートルで、粉じんの発生や亀裂、反り、空洞化、剥離などの問題を解決し、2020年末に完了する予定。完了後は観光客により良い鑑賞体験を提供できるようになる。(大同=新華社記者/武敵)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020051800891

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、母親の游玉瓊さんから武夷岩茶の木炭焼成法を習う方舟(ほう・しゅう)さん(右)。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020051800900

    武夷岩茶「大紅袍」の製茶技術の女性伝承者福建省  10日、母親の游玉瓊さん(左)から武夷岩茶の伝統的な手作業による製法を習う方舟(ほう・しゅう)さん。武夷岩茶は中国福建省北部の武夷山一帯を原産地とするウーロン茶の一種で、「大紅袍(だいこうほう)」は多数ある品種の中でも代表格とされる。游玉瓊(ゆう・ぎょくけい)さんは、国家無形文化遺産に指定されている大紅袍の製茶技術の唯一の女性伝承者である。父親から受け継いだ小さな製茶工場を30年以上かけて福建省の主要製茶企業に育て上げた。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像