検索結果 10 件中 1 件 〜 10 件 "貧困世帯"
  1. 2020070611496

    貧困脱却と増収へ、27人が1カ月の切り絵講習受ける貴州省安順市  6月28日、1カ月間の講習で学んだ切り絵技術を披露する貧困世帯の生徒。中国貴州省安順市鎮寧プイ族ミャオ族自治県の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地でこのほど、膠州・鎮寧東西部貧困支援協力無形文化遺産「切り紙」教室の修了式が行われ、貧困世帯の27人が1カ月間の講習で学んだ切り絵技術を披露した。(安順=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020070611498

    貧困脱却と増収へ、27人が1カ月の切り絵講習受ける貴州省安順市  6月28日、貴州省安順市鎮寧プイ族ミャオ族自治県の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地で、切り絵技術を学ぶ貧困世帯の生徒。中国貴州省安順市鎮寧プイ族ミャオ族自治県の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地でこのほど、膠州・鎮寧東西部貧困支援協力無形文化遺産「切り紙」教室の修了式が行われ、貧困世帯の27人が1カ月間の講習で学んだ切り絵技術を披露した。(安順=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020070611586

    貧困脱却と増収へ、27人が1カ月の切り絵講習受ける貴州省安順市  6月28日、貴州省安順市鎮寧プイ族ミャオ族自治県の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地で、切り絵技術を学ぶ貧困世帯の生徒。中国貴州省安順市鎮寧プイ族ミャオ族自治県の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地でこのほど、膠州・鎮寧東西部貧困支援協力無形文化遺産「切り紙」教室の修了式が行われ、貧困世帯の27人が1カ月間の講習で学んだ切り絵技術を披露した。(安順=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070611575

    貧困脱却と増収へ、27人が1カ月の切り絵講習受ける貴州省安順市  6月28日、貴州省安順市鎮寧プイ族ミャオ族自治県の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地で、切り絵技術を学ぶ貧困世帯の生徒。中国貴州省安順市鎮寧プイ族ミャオ族自治県の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地でこのほど、膠州・鎮寧東西部貧困支援協力無形文化遺産「切り紙」教室の修了式が行われ、貧困世帯の27人が1カ月間の講習で学んだ切り絵技術を披露した。(安順=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070611542

    貧困脱却と増収へ、27人が1カ月の切り絵講習受ける貴州省安順市  6月28日、貴州省安順市鎮寧プイ族ミャオ族自治県の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地で、切り絵技術を学ぶ貧困世帯の生徒。中国貴州省安順市鎮寧プイ族ミャオ族自治県の移住・転居による貧困救済事業移住者向け居住地でこのほど、膠州・鎮寧東西部貧困支援協力無形文化遺産「切り紙」教室の修了式が行われ、貧困世帯の27人が1カ月間の講習で学んだ切り絵技術を披露した。(安順=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020060209175

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、貧困者支援作業場で竹ひごを加工する農家の人。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020060209025

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、編み終えた「舒席」の編み目を調節する潜山市欣興鑫舒席専業合作社の職員。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020060209135

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、貧困者支援作業場で「舒席」を編む王潔梅(おう・けつばい)さん。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/汪海月)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020060209099

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、完成した「舒席」を見せる潜山市欣興鑫舒席専業合作社の職員。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020060209257

    竹編み工芸品の制作で貧困脱却を後押し安徽省潜山市  21日、「舒席」を編む農家の人。中国安徽省潜山(せんざん)市の王河鎮は、モウハイチクの生産がさかんで、竹細工の名工を輩出したことから、古くから「舒席の里」と称されてきた。竹編み工芸品「王河舒席」の省級無形文化遺産の伝承者、唐竹林(とう・ちくりん)さんは、弟の唐満結(とう・まんけつ)さんと2014年に潜山市欣興鑫舒席専業合作社(協同組合)を設立。現在、郷と鎮に40カ所以上の貧困者支援作業場を有している。これまでに600戸以上の農家の就職を支援し、累計で200戸以上の貧困世帯を貧困から脱却させてきた。(潜山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像