検索結果 95 件中 1 件 〜 50 件 "Architecture"
  1. 2019101704250

    「スプートニク」 Russia Regions Karelia 15.10.2019 A view of the Kizhi open-air museum of history, architecture, and ethnography is pictured on Kizhi Island on Lake Onega, Russia. The Kizhi Architectural Ensemble is included in the UNESCO list of World Heritage sites. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  2. 2019101704094

    「スプートニク」 Russia Regions Karelia 13.10.2019 A view of the Kizhi open-air museum of history, architecture, and ethnography is pictured on Kizhi Island on Lake Onega, Russia. The Kizhi Architectural Ensemble is included in the UNESCO list of World Heritage sites. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  3. 2019101704025

    「スプートニク」 Russia Regions Karelia 13.10.2019 A view of the Kizhi open-air museum of history, architecture, and ethnography is pictured on Kizhi Island on Lake Onega, Russia. The Kizhi Architectural Ensemble is included in the UNESCO list of World Heritage sites. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  4. 2019101704017

    「スプートニク」 Russia Regions Karelia 13.10.2019 A view of the Kizhi open-air museum of history, architecture, and ethnography is pictured on Kizhi Island on Lake Onega, Russia. The Kizhi Architectural Ensemble is included in the UNESCO list of World Heritage sites. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  5. 2019101704114

    「スプートニク」 Russia Regions Karelia 13.10.2019 A view of a wooden windmill at the Kizhi open-air museum of history, architecture, and ethnography is pictured on Kizhi Island on Lake Onega, in the Republic of Karelia, Russia. The Kizhi Architectural Ensemble is included in the UNESCO list of World Heritage sites. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  6. 2019101704096

    「スプートニク」 Russia Regions Karelia 13.10.2019 A view of the Kizhi open-air museum of history, architecture, and ethnography is pictured on Kizhi Island on Lake Onega, Russia. The Kizhi Architectural Ensemble is included in the UNESCO list of World Heritage sites. Ilya Timin / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  7. 2019100203326

    「スプートニク」 Russia Regions Karelia 28.09.2019 A view of a wooden windmill at the Kizhi open-air museum of history, architecture, and ethnography is pictured on Kizhi Island on Lake Onega, in the Republic of Karelia, Russia. The Kizhi Architectural Ensemble is included in the UNESCO list of World Heritage sites. Igor Podgornyi / Sputnik、クレジット:Sputnik/共同通信イメージズ

  8. 2019100101828

    「新華社」 古代中国の女神を祭る「女媧祭典」開幕河北省渉県  26日、媧皇宮風景区の入り口に立つ巨大な牌坊(はいぼう、中国の伝統的建築様式の門の一つ)。中国河北省邯鄲(かんたん)市渉県で26日午前、中国の古代神話に登場する人類を創造したとされる女神「女媧(じょか)」を祭るイベント、「第17回女媧祭典」が開幕した。中国女媧文化研究センターが同イベントを主催した。女媧を祭る廟「媧皇宮」の管理処の劉暁慶(りゅう・ぎょうけい)主任によると、2006年に「女媧祭典」が国務院によって第1期国家級無形文化遺産リストに登録されたことから、渉県は「中国女媧の里」の称号を獲得し、県内に「中国女媧文化研究センター」も設立された。また、2015年に中国国家観光局(現在の中国文化・観光局)により国内最高基準の観光スポット「国家5A級旅遊景区」に選ばれた「媧皇宮」には、毎年200万人以上の観光客が訪れるという。(石家荘=新華社記者/杜一方)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019070306224

    「DPA」 Ruhr conference. Feature, symbol photo, border motif, the SANAA building, architecture, exterior, panorama, university building in Essen, also known as Zollverein cube, Zollverein School and Sanaa cube. The building was designed by Japanese architect Kazuyo Sejima and her colleague Ryue Nishizawa The Tokyo-based architect‘s office SANAA has been using the building of the Folkwang University of Arts since 2010. [Ruhr-Conference, topic forum “Using the potential of the metropolitan area for health and care“ in the Sanaa building on the grounds of the Zollverein World Heritage Site in Essen, 01.07 .2019. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  10. 2019070306228

    「DPA」 Ruhr conference. Feature, symbol photo, border motif, the SANAA building, architecture, exterior, panorama, university building in Essen, also known as Zollverein cube, Zollverein School and Sanaa cube. The building was designed by Japanese architect Kazuyo Sejima and her colleague Ryue Nishizawa The Tokyo-based architect‘s office SANAA has been using the building of the Folkwang University of Arts since 2010. [Ruhr Conference, Theme Forum, Utilizing AoPotentials of the Metropolitan Region for Health and Care‘Aú in the Sanaa building on the grounds of the Zollverein World Heritage Site in Essen, 07/01/2019. ¬ | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  11. 2019070306236

    「DPA」 Ruhr conference. Feature, symbol photo, border motif, the SANAA building, architecture, exterior, panorama, university building in Essen, also known as Zollverein cube, Zollverein School and Sanaa cube. The building was designed by Japanese architect Kazuyo Sejima and her colleague Ryue Nishizawa The Tokyo-based architect‘s office SANAA has been using the building of the Folkwang University of Arts since 2010. [Ruhr-Conference, topic forum “Using the potential of the metropolitan area for health and care“ in the Sanaa building on the grounds of the Zollverein World Heritage Site in Essen, 01.07 .2019. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  12. 2019070306231

    「DPA」 Ruhr conference. Feature, symbol photo, border motif, the SANAA building, architecture, exterior, panorama, university building in Essen, also known as Zollverein cube, Zollverein School and Sanaa cube. The building was designed by Japanese architect Kazuyo Sejima and her colleague Ryue Nishizawa The Tokyo-based architect‘s office SANAA has been using the building of the Folkwang University of Arts since 2010. [Ruhr Conference, Theme Forum, Utilizing AoPotentials of the Metropolitan Region for Health and Care‘Aú in the Sanaa building on the grounds of the Zollverein World Heritage Site in Essen, 07/01/2019. ¬ | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  13. 2019070306222

    「DPA」 Ruhr conference. Feature, symbol photo, border motif, the SANAA building, architecture, exterior, panorama, university building in Essen, also known as Zollverein cube, Zollverein School and Sanaa cube. The building was designed by Japanese architect Kazuyo Sejima and her colleague Ryue Nishizawa The Tokyo-based architect‘s office SANAA has been using the building of the Folkwang University of Arts since 2010. [Ruhr-Conference, topic forum “Using the potential of the metropolitan area for health and care“ in the Sanaa building on the grounds of the Zollverein World Heritage Site in Essen, 01.07 .2019. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  14. 2019070306230

    「DPA」 Ruhr conference. Feature, symbol photo, border motif, the SANAA building, architecture, exterior, panorama, university building in Essen, also known as Zollverein cube, Zollverein School and Sanaa cube. The building was designed by Japanese architect Kazuyo Sejima and her colleague Ryue Nishizawa The Tokyo-based architect‘s office SANAA has been using the building of the Folkwang University of Arts since 2010. [Ruhr-Conference, topic forum “Using the potential of the metropolitan area for health and care“ in the Sanaa building on the grounds of the Zollverein World Heritage Site in Essen, 01.07 .2019. | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  15. 2019082303497

    「CTK」 House Radost, former pension institute, functionalism, architecture, Zizkov, Prague, roof The building of the former pension institute is an important part of the Czech functionalist heritage. Nowadays the building roof is open to the public. (CTK Photo/Vaclav Zahorsky)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  16. 2019041100744

    「新華社」 世界文化遺産マカオの媽閣廟を訪ねて  2日に媽閣廟内で撮影した線香の煙。中国マカオを象徴する建築物の一つで、マカオ半島南西部に位置する「媽祖閣」(または『媽閣廟』)は、航海の守り神「媽祖(まそ)」を祭っている。マカオの三大古刹の中で最も長い歴史を持ち、「Macau」(マカオ)というポルトガル語は「媽閣」の広東語読みに由来するとの説もある。マカオの歴史的な市街地の一部は2005年、「マカオ歴史市街地区」の一部として世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019041100748

    「新華社」 世界文化遺産マカオの媽閣廟を訪ねて  2日に撮影した媽閣廟の一角。中国マカオを象徴する建築物の一つで、マカオ半島南西部に位置する「媽祖閣」(または「媽閣廟」)は、航海の守り神「媽祖(まそ)」を祭っている。マカオの三大古刹の中で最も長い歴史を持ち、「Macau」(マカオ)というポルトガル語は「媽閣」の広東語読みに由来するとの説もある。マカオの歴史的な市街地の一部は2005年、「マカオ歴史市街地区」の一部として世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019041100808

    「新華社」 世界文化遺産マカオの媽閣廟を訪ねて  2日にマカオの媽閣廟内で撮影した祈願札。中国マカオを象徴する建築物の一つで、マカオ半島南西部に位置する「媽祖閣」(または『媽閣廟』)は、航海の守り神「媽祖(まそ)」を祭っている。マカオの三大古刹の中で最も長い歴史を持ち、ポルトガル語の「Macau」は「媽閣」の広東語読みに由来するとの説もある。マカオの歴史的な市街地の一部は2005年、「マカオ歴史市街地区」の一部として世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019041100713

    「新華社」 世界文化遺産マカオの媽閣廟を訪ねて  2日、マカオの媽祖廟で観光客が手にした線香。中国マカオを象徴する建築物の一つで、マカオ半島南西部に位置する「媽祖閣」(または『媽閣廟』)は、航海の守り神「媽祖(まそ)」を祭っている。マカオの三大古刹の中で最も長い歴史を持ち、「Macau」(マカオ)というポルトガル語は「媽閣」の広東語読みに由来するとの説もある。マカオの歴史的な市街地の一部は2005年、「マカオ歴史市街地区」の一部として世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019041100703

    「新華社」 世界文化遺産マカオの媽閣廟を訪ねて  2日に撮影した媽閣廟の石彫像。中国マカオを象徴する建築物の一つで、マカオ半島南西部に位置する「媽祖閣」(または『媽閣廟』)は、航海の守り神「媽祖(まそ)」を祭っている。マカオの三大古刹の中で最も長い歴史を持ち、「Macau」(マカオ)というポルトガル語は「媽閣」の広東語読みに由来するとの説もある。マカオの歴史的な市街地の一部は2005年、「マカオ歴史市街地区」の一部として世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019041100761

    「新華社」 世界文化遺産マカオの媽閣廟を訪ねて  2日に媽閣廟の前で撮影した日本語の解説看板。中国マカオを象徴する建築物の一つで、マカオ半島南西部に位置する「媽祖閣」(または『媽閣廟』)は、航海の守り神「媽祖(まそ)」を祭っている。マカオの三大古刹の中で最も長い歴史を持ち、「Macau」(マカオ)というポルトガル語は「媽閣」の広東語読みに由来するとの説もある。マカオの歴史的な市街地の一部は2005年、「マカオ歴史市街地区」の一部として世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019041100768

    「新華社」 世界文化遺産マカオの媽閣廟を訪ねて  2日、マカオの媽閣廟前でアイスクリームを売る露天商。中国マカオを象徴する建築物の一つで、マカオ半島南西部に位置する「媽祖閣」(または『媽閣廟』)は、航海の守り神「媽祖(まそ)」を祭っている。マカオの三大古刹の中で最も長い歴史を持ち、「Macau」(マカオ)というポルトガル語は「媽閣」の広東語読みに由来するとの説もある。マカオの歴史的な市街地の一部は2005年、「マカオ歴史市街地区」の一部として世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019041100745

    「新華社」 世界文化遺産マカオの媽閣廟を訪ねて  2日に撮影した媽祖像。中国マカオを象徴する建築物の一つで、マカオ半島南西部に位置する「媽祖閣」(または『媽閣廟』)は、航海の守り神「媽祖(まそ)」を祭っている。マカオの三大古刹の中で最も長い歴史を持ち、「Macau」(マカオ)というポルトガル語は「媽閣」の広東語読みに由来するとの説もある。マカオの歴史的な市街地の一部は2005年、「マカオ歴史市街地区」の一部として世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019041100701

    「新華社」 世界文化遺産マカオの媽閣廟を訪ねて  2日に撮影した媽閣廟の一角。中国マカオを象徴する建築物の一つで、マカオ半島南西部に位置する「媽祖閣」(または『媽閣廟』)は、航海の守り神「媽祖(まそ)」を祭っている。マカオの三大古刹の中で最も長い歴史を持ち、「Macau」(マカオ)というポルトガル語は「媽閣」の広東語読みに由来するとの説もある。マカオの歴史的な市街地の一部は2005年、「マカオ歴史市街地区」の一部として世界文化遺産に登録された。(マカオ=新華社記者/張金加)=2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019010812279

    「新華社」 千年の歴史ある村で続く「夜回り」の伝統安徽省西逓  3日、路地を歩く盧恵中(ろ・けいちゅう)さん。中国安徽省黄山市黟(い)県の西逓(せいてい)村では、古代各地で行われていた夜間に時を知らせる民間制度「打更」が現在も受け継がれ、「更夫」と呼ばれる専門の夜回りが銅鑼や拍子木を鳴らし時間を知らせると同時に巡回し治安を維持している。世界文化遺産に指定されている同村は北宋(960~1127年)時代にでき、現在まで約千年の歴史を持つ。安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の保存状態の良い古民家122棟があり、「中国明清時代の民家博物館」と呼ばれる。大量の木造の古い建物があるため、防火が村の最優先事項となっている。「更夫」は毎晩見回りをし、村民に夜間の戸締りと火や電気の使用に注意するよう呼びかけ、雨や風に負けず、村の安定と調和を守っている。(黄山=新華社記者/鄔金夫)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019010812123

    「新華社」 千年の歴史ある村で続く「夜回り」の伝統安徽省西逓  3日、銅鑼を鳴らし夜回りをする盧恵中(ろ・けいちゅう)さん。中国安徽省黄山市黟(い)県の西逓(せいてい)村では、古代各地で行われていた夜間に時を知らせる民間制度「打更」が現在も受け継がれ、「更夫」と呼ばれる専門の夜回りが銅鑼や拍子木を鳴らし時間を知らせると同時に巡回し治安を維持している。世界文化遺産に指定されている同村は北宋(960~1127年)時代にでき、現在まで約千年の歴史を持つ。安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の保存状態の良い古民家122棟があり、「中国明清時代の民家博物館」と呼ばれる。大量の木造の古い建物があるため、防火が村の最優先事項となっている。「更夫」は毎晩見回りをし、村民に夜間の戸締りと火や電気の使用に注意するよう呼びかけ、雨や風に負けず、村の安定と調和を守っている。(黄山=新華社記者/鄔金夫)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019010812164

    「新華社」 千年の歴史ある村で続く「夜回り」の伝統安徽省西逓  3日、銅鑼を鳴らし夜回りをする盧恵中(ろ・けいちゅう)さん。中国安徽省黄山市黟(い)県の西逓(せいてい)村では、古代各地で行われていた夜間に時を知らせる民間制度「打更」が現在も受け継がれ、「更夫」と呼ばれる専門の夜回りが銅鑼や拍子木を鳴らし時間を知らせると同時に巡回し治安を維持している。世界文化遺産に指定されている同村は北宋(960~1127年)時代にでき、現在まで約千年の歴史を持つ。安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の保存状態の良い古民家122棟があり、「中国明清時代の民家博物館」と呼ばれる。大量の木造の古い建物があるため、防火が村の最優先事項となっている。「更夫」は毎晩見回りをし、村民に夜間の戸締りと火や電気の使用に注意するよう呼びかけ、雨や風に負けず、村の安定と調和を守っている。(黄山=新華社記者/鄔金夫)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019010811901

    「新華社」 千年の歴史ある村で続く「夜回り」の伝統安徽省西逓  3日、戸締りをして「打更」に出かける盧恵中(ろ・けいちゅう)さん。中国安徽省黄山市黟(い)県の西逓(せいてい)村では、古代各地で行われていた夜間に時を知らせる民間制度「打更」が現在も受け継がれ、「更夫」と呼ばれる専門の夜回りが銅鑼や拍子木を鳴らし時間を知らせると同時に巡回し治安を維持している。世界文化遺産に指定されている同村は北宋(960~1127年)時代にでき、現在まで約千年の歴史を持つ。安徽省周辺の伝統的な建築様式「徽派」の保存状態の良い古民家122棟があり、「中国明清時代の民家博物館」と呼ばれる。大量の木造の古い建物があるため、防火が村の最優先事項となっている。「更夫」は毎晩見回りをし、村民に夜間の戸締りと火や電気の使用に注意するよう呼びかけ、雨や風に負けず、村の安定と調和を守っている。(黄山=新華社記者/鄔金夫)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018112615921

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村にある円形土楼、懐遠楼。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018112615555

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した裕昌楼の内部。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018112615603

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村の懐遠楼で買い物をする観光客。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018112615562

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した田螺坑(でんらこう)土楼群。同土楼群は中央の方形の土楼を三つの円形土楼と一つの楕円形土楼で囲むようにして構成された大型住居群。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018112615949

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼の内部。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018112615952

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した裕昌楼。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018112615991

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した田螺坑土楼群。同土楼群は中央の方形の土楼を三つの円形土楼と一つの楕円形土楼で囲むようにして構成された大型住居群。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018112616017

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、福建土楼(南靖)景勝地で撮影した裕昌楼。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018112615937

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下(かんか)村で撮影した懐遠楼。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018112615942

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼(円形)と福源楼(方形)。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018112615896

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  23日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した懐遠楼。(小型無人機から)福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018112615950

    「新華社」 世界文化遺産、福建土楼を訪ねて  22日、南靖県梅林鎮坎下村で撮影した翠美楼の夜景。福建土楼(ふっけんどろう)は宋元時代に生まれた建築様式で、主に中国福建省の竜岩(りゅうがん)市永定(えいてい)区、漳州(しょうしゅう)市南靖(なんせい)県、華安(かあん)県に分布している。福建省に移住した客家人によって建てられたものが多いことから「客家土楼(はっかどろう)」とも呼ばれている。山地に位置する独特で巨大な土造りの居住建築は、中国伝統建築の「風水」の理念を取り入れ、集団生活と防御の要求に応え、文化的造詣と自然環境との調和と共存を体現している。福建土楼は2008年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産リストに正式に登録された。(南靖=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018122010907

    「DPA」 Iran - Isfahan Iran - Isfahan (Esfahan), capital of the province of the same name, Friday Mosque (Jame Mosque, former royal mosque, since 1979 Imam Mosque, largest mosque in Iran) at the Imam Square (second largest completely rebuilt place in the world, formerly Shah Square, UNESCO -World Heritage). The minarets are 52 meters high. Impressive is the 27-meter high entrance portal with drip-vault architecture. Taken on 25.10.2018. Photo: Rolf Zimmermann | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  42. 2018091123445

    「DPA」 Garden Kingdom suffers from drought 29 August 2018, Germany, Woerlitz: The Gothic House stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  43. 2018091123450

    「DPA」 Garden Kingdom suffers from drought 29 August 2018, Germany, Woerlitz: Woerlitz Castle stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  44. 2018091123677

    「DPA」 Garden Kingdom suffers from drought 29 August 2018, Germany, Woerlitz: Woerlitz Castle stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  45. 2018091123575

    「DPA」 Garden Kingdom suffers from drought 29 August 2018, Germany, Woerlitz: A gondola travels on the lake in the UNESCO World Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, recorded with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  46. 2018091123436

    「DPA」 Garden Kingdom suffers from drought 29 August 2018, Germany, Woerlitz: The Villa Hamilton and the island Stein stand in the middle of a dry landscape in the UNESCO World Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, taken with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  47. 2018091123673

    「DPA」 Garden Kingdom suffers from drought 29 August 2018, Germany, Woerlitz: Woerlitz Castle stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  48. 2018091123435

    「DPA」 Garden Kingdom suffers from drought 29 August 2018, Germany, Woerlitz: Woerlitz Castle stands in the midst of dry meadows in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, photographed with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  49. 2018091123410

    「DPA」 Garden Kingdom suffers from drought 29 August 2018, Germany, Woerlitz: The Villa Hamilton and the island Stein stand in the middle of a dry landscape in the UNESCO World Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz, taken with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  50. 2018091123570

    「DPA」 Garden Kingdom suffers from drought 29 August 2018, Germany, Woerlitz: The rose island in the UNESCO World Cultural Heritage Garden Kingdom Dessau-Woerlitz is almost within walking distance due to the low water level, recorded with a drone. Despite its location near the Elbe, the garden kingdom is also suffering from the long drought. Not only the lawns have dried up, but also the first trees are damaged. Already in July the gondola rides on the canals had to be stopped due to the low water level. Trips are only possible on the lake. In the 142 square kilometre garden kingdom there are castles of various architecture, parks with exotic trees and plants. Small canals, bridges, temples and an artificial volcano as a replica of Vesuvius adorn the area between Dessau-Rosslau and Wittenberg. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像