検索結果 200 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019111104441

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、特徴あるデザインの容器が並ぶ浙江省の黄酒ブース。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019111104381

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、山東省膠東(こうとう)地域の農家が作った食べられる芸術品「饃饃」(モモ、蒸しパンの一種)。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019111104293

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、会場で「香包」(匂い袋)を作る甘粛省の東部、隴東(ろうとう)地域の無形文化遺産伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019111104495

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、新疆ウイグル自治区無形文化遺産ブースで、「マカーム音楽」に耳を傾ける来場者。マカームとはイスラム文化の影響を大いに受けた音楽芸術様式を指す。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019111104342

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、会場で作品を紹介する陝西省鳳翔(ほうしょう)県の「泥塑(でいそ)」(泥人形)伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019111104214

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、民族楽器を演奏する新疆ウイグル自治区カシュガル地区の「マカーム音楽」伝承者。マカームとはイスラム文化の影響を大いに受けた音楽芸術様式を指す。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019111104221

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、陝西省澄城(ちょうじょう)県の刺繍ブース。布製の虎はぬいぐるみや枕として使うことができる。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019111104234

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、漆(うるし)絵の新しい技法で創作した作品を紹介するチベット自治区のタンカ(チベット仏教の仏画)伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019111104474

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、さまざまな作品が並ぶ山東省の黒陶器ブース。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019111104510

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、伝統的な影絵芝居「皮影戯(ピーインシー)」を披露する浙江省海寧(かいねい)市の伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  11. 2019111104056

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、陝西省宜君(ぎくん)県の切り絵伝承者。彼女が身に付けている帽子とイヤリングも切り絵でできている。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019111104423

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  6日、会場で作品を紹介する雲南省北部に暮らすナシ族の文字「トンパ文字」の伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019111104509

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  5日、陶器の製造技法を披露する江西省景徳鎮市の無形文化遺産伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019111104333

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  5日、貴州省の民間伝統工芸「葉雕」(木の葉の上に描く伝統工芸)の作品。古代シルクロードをイメージして作られたという。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019111104386

    「新華社」 【輸入博】中国の多彩な無形文化遺産が初登場  5日、アオギリ(青桐)の葉で作った作品を見つめる貴州省の「葉雕」(木の葉の上に描く伝統工芸)伝承者。中国上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で開催中の第2回中国国際輸入博覧会の会場に、中国の無形文化遺産が初めて登場した。世界各地から訪れた来場者は、多彩な無形文化遺産を通じて、生き生きとした中国の歴史や文化、中国人の知恵と創造力に触れることができる。無形文化遺産が輸入博という国際的なイベントに彩りを添え、国内外の来場者同士の心を繋ぐ「虹」の役割を果たしている。(上海=新華社記者/呉宇)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019092500789

    「新華社」 浙江・中国無形文化遺産博覧会に日本の工芸家26人が出展  22日、「和風造物日本伝統手工芸テーマ展」の会場。中国浙江省杭州市で20日、第11回浙江・中国無形文化遺産博覧会が開幕した。同博覧会のイベントの一つ「和風造物日本伝統手工芸テーマ展」には日本から金工や漆芸、木工、染織、茶道具など11部門の工芸家26人が招待された。(杭州=新華社配信/丁紅兵)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019092501035

    「新華社」 浙江・中国無形文化遺産博覧会に日本の工芸家26人が出展  22日、「和風造物日本伝統手工芸テーマ展」の会場。中国浙江省杭州市で20日、第11回浙江・中国無形文化遺産博覧会が開幕した。同博覧会のイベントの一つ「和風造物日本伝統手工芸テーマ展」には日本から金工や漆芸、木工、染織、茶道具など11部門の工芸家26人が招待された。(杭州=新華社配信/丁紅兵)=2019(令和元)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019081900425

    「新華社」 踊る指先器用な手先で貧困脱却貴州省  14日、大会の会場で国家級無形文化遺産の「楓香(ふうこう)染め」の技を披露する女性。中国貴州省貴陽市で14日、第5回貴州省女性による特色ある手作り工芸およびイノベーション製品大会が開催された。同省各地から集まった女性の刺しゅう家や染色家が民族刺しゅうやろうけつ染め、イノベーション製品デザインなどの種目に分かれ腕を競い合った。同省で2013年に始まった「錦繡計画」(刺しゅうなどの産業によって貧困脱却を後押しする計画)は、これまで多くの女性が抱えてきた在宅就労と貧困脱却・増収の間にあった矛盾を解決するだけでなく、約50万人の貴州の女性たちに生産額60億元(1元=約15円)の貧しさから脱出し豊かになる「輝かしい道」を切り開き、貧困脱却と増収を支援してきた。(貴陽=新華社記者/楊文斌)=2019(令和元)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019082903802

    「DPA」 Montanregion Erzgebirge is Unesco World Heritage Site 08 August 2019, Jachymov: The street in front of the town hall of the Czech spa and mining town is being renovated. The Montan region Erzgebirge has been recognised as part of the world cultural heritage since July 2019. (to dpa KORR) Photo: Michael Heitmann/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  20. 2019072302319

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall of Stralsund at the market place, recorded during the so-called Blue Hour. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  21. 2019072301989

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall of Stralsund at the market place, recorded during the so-called Blue Hour. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  22. 2019072302358

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall of Stralsund at the market place, recorded during the so-called Blue Hour. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  23. 2019071102579

    「DPA」 Press conference on the opening of the James Simon Gallery 10 July 2019, Berlin: Hermann Parzinger (l), President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, attends a press conference on the forthcoming opening of the James Simon Gallery alongside David Chipperfield, architect of the James Simon Gallery. The entrance building of the five Berlin island museums, named after the patron of the Berlin museums James Simon, houses the information and cash desk area, cloakroom, museum shop, lecture hall, exhibition room and a café-restaurant. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  24. 2019071102508

    「DPA」 Press conference on the opening of the James Simon Gallery 10 July 2019, Berlin: Hermann Parzinger (l-r), President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, David Chipperfield, Architect of the James Simon Gallery, Michael Eissenhauer, Director General of the National Museums in Berlin, and Peter Raue, Chairman of the James Simon Foundation, will take part in a press conference on the forthcoming opening of the James Simon Gallery. The entrance building of the five Berlin island museums, named after the patron of the Berlin museums James Simon, houses the information and cash desk area, cloakroom, museum shop, lecture hall, exhibition room and a café-restaurant. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  25. 2019071102404

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall (r) of Stralsund and the St. Nikolaikirche can be seen during the so-called blue hour at the market place. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  26. 2019071102787

    「DPA」 Press conference on the opening of the James Simon Gallery 10 July 2019, Berlin: Hermann Parzinger (l-r), President of the Prussian Cultural Heritage Foundation, David Chipperfield, Architect of the James Simon Gallery, Michael Eissenhauer, Director General of the National Museums in Berlin, and Peter Raue, Chairman of the James Simon Foundation, will take part in a press conference on the forthcoming opening of the James Simon Gallery. The entrance building of the five Berlin island museums, named after the patron of the Berlin museums James Simon, houses the information and cash desk area, cloakroom, museum shop, lecture hall, exhibition room and a café-restaurant. Photo: Christoph Soeder/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  27. 2019071102914

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall (r) of Stralsund and the St. Nikolaikirche can be seen during the so-called blue hour at the market place. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  28. 2019071102426

    「DPA」 Stralsund town hall in the evening 10 July 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Stralsund: The town hall of Stralsund can be seen during the so-called Blue Hour at the market square. The coats of arms of Hamburg, Lübeck, Wismar, Rostock, Stralsund and Greifswald refer to the common Hanseatic period above the six windows to the market. The town hall in the World Heritage city is one of the most important Hanseatic secular buildings in the Baltic Sea region. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  29. 2019070600838

    世界遺産に「仁徳陵」  「百舌鳥・古市古墳群」の登録審査をするユネスコ世界遺産委員会=6日、バクー(共同)

  30. 2019070803956

    「DPA」 Unesco recognizes Augsburg Water Management System as a World Heritage Site 06 July 2019, Bavaria, Augsburg: The Augustus fountain in front of the town hall. Unesco has recognized the water management system in Augsburg as a World Heritage Site. The committee included the historical water system, which was once founded by the Romans, on the World Heritage List. Photo: Stefan Puchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  31. 2019070504083

    世界遺産の登録審査開始  ユネスコ世界遺産委員会の審査会場に入った吉村洋文大阪府知事。左は永藤英機堺市長、右は岡田一樹藤井寺市長=5日、バクー(共同)

  32. 2019062704582

    「DPA」 Unesco decides on World Heritage - Augsburger Wassersysteme 24 June 2019, Bavaria, Augsburg: In front of the town hall the figures of Augustusbrunnen spit water. The city applies with its historical water supply for the admission into the Unesco world cultural heritage. Photo: Stefan Puchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  33. 2019062704531

    「DPA」 Unesco decides on World Heritage - Augsburger Wassersysteme 24 June 2019, Bavaria, Augsburg: In front of the town hall the figures of Augustusbrunnen spit water. The city applies with its historical water supply for the admission into the Unesco world cultural heritage. Photo: Stefan Puchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  34. 2019062704571

    「DPA」 Unesco decides on World Heritage - Augsburger Wassersysteme 24 June 2019, Bavaria, Augsburg: In front of the town hall the figures of Augustusbrunnen spit water. The city applies with its historical water supply for inclusion in the Unesco World Heritage List. (to the conference of the Unesco World Heritage Committee, dpa background “Augsburg Water Systems from the Romans to Olympia ‘72“) Photo: Stefan Puchner/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  35. 2019060600858

    「新華社」 無形文化遺産展が長沙市で開催湖南省独特の地方文化を展示  3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、梅山武術を披露する出演者。梅山武術は、同省新化県に伝わる伝統武術の流派で、2014年、第4期の国指定無形文化遺産に登録された。中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は6月8日)を前に湖南省は3日、長沙市で無形文化遺産のPR・展覧イベントをスタートさせた。メイン会場の湖南省文化館、長沙市雨花区無形文化館は、静態展示と動態展示をそれぞれ行い、伝統工芸実物展、湖南省記憶映像展、特別講座、無形文化グルメ体験などを通じて、無形文化遺産の保護に対する人々の意識をより一層高め、湖南省の優れた伝統文化を伝承し、広めていく。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019060600927

    「新華社」 無形文化遺産展が長沙市で開催湖南省独特の地方文化を展示  3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「花瑤嗚哇山歌」を披露する出演者。「花瑤嗚哇山歌」は湖南省邵陽市隆回県に伝わるもので、2008年に第2期の国指定無形文化遺産に登録された。少数民族の花瑤の人々が田畑や山畑で働く時に自分たちで楽しみ、自分の感情を表す歌で、地元の人々に親しまれている娯楽活動。中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は6月8日)を前に湖南省は3日、長沙市で無形文化遺産のPR・展覧イベントをスタートさせた。メイン会場の湖南省文化館、長沙市雨花区無形文化館は、静態展示と動態展示をそれぞれ行い、伝統工芸実物展、湖南省記憶映像展、特別講座、無形文化グルメ体験などを通じて、無形文化遺産の保護に対する人々の意識をより一層高め、湖南省の優れた伝統文化を伝承し、広めていく。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019060600871

    「新華社」 無形文化遺産展が長沙市で開催湖南省独特の地方文化を展示  3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「柔術」を披露する演技者。柔術は、中国湖南省の雑技芸術の中でも悠久の歴史を持つ。その表現は、驚き、危険、奇怪、美しさ、しなやかさを強調し、肢体の活動範囲は人体の関節の可動範囲を超えているように見えるほどで、「極限を超えた人体芸術」と呼ばれている。中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は6月8日)を前に湖南省は3日、長沙市で無形文化遺産のPR・展覧イベントをスタートさせた。メイン会場の湖南省文化館、長沙市雨花区無形文化館は、静態展示と動態展示をそれぞれ行い、伝統工芸実物展、湖南省記憶映像展、特別講座、無形文化グルメ体験などを通じて、無形文化遺産の保護に対する人々の意識をより一層高め、湖南省の優れた伝統文化を伝承し、広めていく。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019060600877

    「新華社」 無形文化遺産展が長沙市で開催湖南省独特の地方文化を展示  3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「柔術」を披露する演技者。柔術は、中国湖南省の雑技芸術の中でも悠久の歴史を持つ。その表現は、驚き、危険、奇怪、美しさ、しなやかさを強調し、肢体の活動範囲は人体の関節の可動範囲を超えているように見えるほどで、「極限を超えた人体芸術」と呼ばれている。中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は6月8日)を前に湖南省は3日、長沙市で無形文化遺産のPR・展覧イベントをスタートさせた。メイン会場の湖南省文化館、長沙市雨花区無形文化館は、静態展示と動態展示をそれぞれ行い、伝統工芸実物展、湖南省記憶映像展、特別講座、無形文化グルメ体験などを通じて、無形文化遺産の保護に対する人々の意識をより一層高め、湖南省の優れた伝統文化を伝承し、広めていく。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019060600929

    「新華社」 無形文化遺産展が長沙市で開催湖南省独特の地方文化を展示  3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「花瑤嗚哇山歌」を披露する出演者。「花瑤嗚哇山歌」は湖南省邵陽市隆回県に伝わるもので、2008年に第2期の国指定無形文化遺産に登録された。少数民族の花瑤の人々が田畑や山畑で働く時に自分たちで楽しみ、自分の感情を表す歌で、地元の人々に親しまれている娯楽活動。中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は6月8日)を前に湖南省は3日、長沙市で無形文化遺産のPR・展覧イベントをスタートさせた。メイン会場の湖南省文化館、長沙市雨花区無形文化館は、静態展示と動態展示をそれぞれ行い、伝統工芸実物展、湖南省記憶映像展、特別講座、無形文化グルメ体験などを通じて、無形文化遺産の保護に対する人々の意識をより一層高め、湖南省の優れた伝統文化を伝承し、広めていく。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019060600861

    「新華社」 無形文化遺産展が長沙市で開催湖南省独特の地方文化を展示  3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「花瑤嗚哇山歌」を披露する出演者。「花瑤嗚哇山歌」は湖南省邵陽市隆回県に伝わるもので、2008年に第2期の国指定無形文化遺産に登録された。少数民族の花瑤の人々が田畑や山畑で働く時に自分たちで楽しみ、自分の感情を表す歌で、地元の人々に親しまれている娯楽活動。中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は6月8日)を前に湖南省は3日、長沙市で無形文化遺産のPR・展覧イベントをスタートさせた。メイン会場の湖南省文化館、長沙市雨花区無形文化館は、静態展示と動態展示をそれぞれ行い、伝統工芸実物展、湖南省記憶映像展、特別講座、無形文化グルメ体験などを通じて、無形文化遺産の保護に対する人々の意識をより一層高め、湖南省の優れた伝統文化を伝承し、広めていく。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019060600924

    「新華社」 無形文化遺産展が長沙市で開催湖南省独特の地方文化を展示  3日、湖南省長沙市雨花区無形文化遺産館外の特別ステージで、「柔術」を披露する演技者。柔術は、中国湖南省の雑技芸術の中でも悠久の歴史を持つ。その表現は、驚き、危険、奇怪、美しさ、しなやかさを強調し、肢体の活動範囲は人体の関節の可動範囲を超えているように見えるほどで、「極限を超えた人体芸術」と呼ばれている。中国の「文化と自然遺産の日」(毎年6月の第2土曜日、今年は6月8日)を前に湖南省は3日、長沙市で無形文化遺産のPR・展覧イベントをスタートさせた。メイン会場の湖南省文化館、長沙市雨花区無形文化館は、静態展示と動態展示をそれぞれ行い、伝統工芸実物展、湖南省記憶映像展、特別講座、無形文化グルメ体験などを通じて、無形文化遺産の保護に対する人々の意識をより一層高め、湖南省の優れた伝統文化を伝承し、広めていく。(長沙=新華社記者/柳王敏)=2019(令和元)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019051705009

    「DPA」 Press preview of the “PharaonenGold“ exhibition 16 May 2019, Saarland, Völkingen: The exhibition “Pharaohs Gold - 3000 Years of Ancient Egyptian High Culture“ can be seen in the Blower Hall of the World Cultural Heritage Site at the Völklingen Ironworks. According to the museum, the approximately 160 exhibits form the largest collection of “unique and magical“ gold exhibits from Ancient Egypt. They will be exhibited in this form for the first time. The exhibition will open on 18.05. and runs until 24.11. Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  43. 2019051704843

    「DPA」 Press preview of the “PharaonenGold“ exhibition 16 May 2019, Saarland, Völkingen: The exhibition “Pharaohs Gold - 3000 Years of Ancient Egyptian High Culture“ can be seen in the Blower Hall of the World Cultural Heritage Site at the Völklingen Ironworks. According to the museum, the approximately 160 exhibits form the largest collection of “unique and magical“ gold exhibits from Ancient Egypt. They will be exhibited in this form for the first time. The exhibition will open on 18.05. and runs until 24.11. Photo: Oliver Dietze/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  44. 2019051300477

    「CTK」 Prague, Palace Svet The Svet Palace (on the photo of May 10, 2019) in Prague, which Czech writer Bohumil Hrabal (1914-97) made famous through his Automat Svet, should be reconstructed in Autumn 2019, according the Italian owner, the Crispino nemovitosti real estate company, of the dilapidated house from the 1930s that is entered in the list of Czech national heritage sights, has agreed with the relevant Prague district‘s town hall that the reconstruction must be carried out as soon as possible. The palace was named after its original owner Jan Svet is one of the last buildings in the area that has not been reconstructed since the devastating floods in 2002. The investor counts with two storeys of shops and services as well as flats in the house. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  45. 2019051300545

    「CTK」 Prague, Palace Svet, Czech flag The Svet Palace (on the photo of May 10, 2019) in Prague, which Czech writer Bohumil Hrabal (1914-97) made famous through his Automat Svet, should be reconstructed in Autumn 2019, according the Italian owner, the Crispino nemovitosti real estate company, of the dilapidated house from the 1930s that is entered in the list of Czech national heritage sights, has agreed with the relevant Prague district‘s town hall that the reconstruction must be carried out as soon as possible. The palace was named after its original owner Jan Svet is one of the last buildings in the area that has not been reconstructed since the devastating floods in 2002. The investor counts with two storeys of shops and services as well as flats in the house. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  46. 2019051504648

    「DPA」 Mathildenhöhe Darmstadt 10 May 2019, Hessen, Darmstadt: The sculpture “Balance“ by sculptor Hubertus von der Goltz stands on the roof of the exhibition hall at Mathildenhöhe. Apparently the figure dances on a stone ball in the foreground. The Mathildenhöhe Darmstadt applies for the status “Unesco World Heritage“. The buildings are currently being restored. Photo: Andreas Arnold/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  47. 2019051300535

    「CTK」 Prague, Palace Svet The Svet Palace (on the photo of May 10, 2019) in Prague, which Czech writer Bohumil Hrabal (1914-97) made famous through his Automat Svet, should be reconstructed in Autumn 2019, according the Italian owner, the Crispino nemovitosti real estate company, of the dilapidated house from the 1930s that is entered in the list of Czech national heritage sights, has agreed with the relevant Prague district‘s town hall that the reconstruction must be carried out as soon as possible. The palace was named after its original owner Jan Svet is one of the last buildings in the area that has not been reconstructed since the devastating floods in 2002. The investor counts with two storeys of shops and services as well as flats in the house. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  48. 2019051300662

    「CTK」 Prague, Palace Svet The Svet Palace (on the photo of May 10, 2019) in Prague, which Czech writer Bohumil Hrabal (1914-97) made famous through his Automat Svet, should be reconstructed in Autumn 2019, according the Italian owner, the Crispino nemovitosti real estate company, of the dilapidated house from the 1930s that is entered in the list of Czech national heritage sights, has agreed with the relevant Prague district‘s town hall that the reconstruction must be carried out as soon as possible. The palace was named after its original owner Jan Svet is one of the last buildings in the area that has not been reconstructed since the devastating floods in 2002. The investor counts with two storeys of shops and services as well as flats in the house. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  49. 2019051300482

    「CTK」 Prague, Palace Svet, Czech flag The Svet Palace (on the photo of May 10, 2019) in Prague, which Czech writer Bohumil Hrabal (1914-97) made famous through his Automat Svet, should be reconstructed in Autumn 2019, according the Italian owner, the Crispino nemovitosti real estate company, of the dilapidated house from the 1930s that is entered in the list of Czech national heritage sights, has agreed with the relevant Prague district‘s town hall that the reconstruction must be carried out as soon as possible. The palace was named after its original owner Jan Svet is one of the last buildings in the area that has not been reconstructed since the devastating floods in 2002. The investor counts with two storeys of shops and services as well as flats in the house. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

  50. 2019051300521

    「CTK」 Prague, Palace Svet, Czech flag The Svet Palace (on the photo of May 10, 2019) in Prague, which Czech writer Bohumil Hrabal (1914-97) made famous through his Automat Svet, should be reconstructed in Autumn 2019, according the Italian owner, the Crispino nemovitosti real estate company, of the dilapidated house from the 1930s that is entered in the list of Czech national heritage sights, has agreed with the relevant Prague district‘s town hall that the reconstruction must be carried out as soon as possible. The palace was named after its original owner Jan Svet is one of the last buildings in the area that has not been reconstructed since the devastating floods in 2002. The investor counts with two storeys of shops and services as well as flats in the house. (CTK Photo/Libor Sojka)、クレジット:CTK/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像