検索結果 286 件中 1 件 〜 50
  1. 2020091507577

    皇帝が地母神を祭った「万栄后土廟」山西省運城市  5日、万栄后土廟の並列戯台(手前)と山門。(資料写真)中国山西省運城市万栄(まんえい)県に、古代の皇帝が神話上の地母神「后土(こうど)」を祭った「万栄后土廟」がある。汾河(ふんが)と黄河が合流する険しい崖の上に立ち、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。創建は前漢の文帝(在位紀元前180~157年)時代で、孫の武帝の時に拡張され、国家の祠廟として定められた。後漢や隋唐、北宋の各時代にも大規模な建設が行われている。明代には黄河の流れの変化を受け2度移転したが、いずれも洪水で押し流された。現存する建物は清代に新たに場所を選んで建てられた。山門や並列戯台(ぎだい、芝居の舞台)、献殿、香亭、正殿、秋風楼などが残されている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020040800879

    安芸の宮島に大型絵馬(広島)    国重要文化財の千畳閣に奉納された大型絵馬=安芸の宮島 出稿日1989(平成元)年9月16日 元年国内 13024 列島・北から南から(関西)

  3. 2020031500226

    聖徳太子オーロラを見た? 日本書紀  国宝岩崎本「日本書紀」。右から5行目に「赤気」などの記述がある

  4. 2020022704619

    文化財保つ「素材」守れ  日光東照宮の装飾に使われる伝統素材 「スクランブル」

  5. 2020010300132

    「食の達人」人間国宝に  人間国宝に追加検討(イラスト はざま隆治)

  6. 2019092708773

    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2013年に葉家山M111号墓から出土した銅簋(どうき)の銘文「犺作烈考南公宝尊彝」。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。目にも鮮やかな曽国の「国宝」にはどのような物語が秘められているのか。3千年以上も地下で眠り続けた曽国からはどのような秘宝が出土したのか。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019091700712

    友禅作家の松本節子さん    人間国宝との根比べで開花、友禅作家の松本節子さん(松本さんは、人間国宝の加賀友禅染織家・木村雨山の直弟子)=出稿1980(昭和55)年10月25日、石川県金沢市内の自宅 55年内地 9688

  8. 2019090201031

    防火対策指針のポイント  国宝・重要文化財建物の防火対策指針ポイント

  9. 2019032901594

    国宝・法隆寺の金堂焼失 法隆寺金堂の壁画   26日、解体工事中の国宝・法隆寺金堂から出火。焼損した法隆寺金堂の壁画=1949(昭和24)年1月27日、奈良県斑鳩町(24年内地507) 資料 31211

  10. 2018111434071

    国宝西塔に飛鳥期舎利容器  当麻寺西塔の舎利容器納入場所 「12段用」

  11. 2018111434056

    国宝西塔に飛鳥期舎利容器  当麻寺西塔の舎利容器納入場所

  12. 2018100300047

    国の文化財、被害8件  北海道の地震で被害を受けた国指定文化財

  13. 2019092708740

    返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2011年に湖北省随州市の文峰塔M4号墓から出土した甬鐘(ようしょう)の拓本。(2018年8月8日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2018080500343

    国宝、保存活用へ税免除  税優遇のイメージ 「12段用」

  15. 2018080500340

    国宝、保存活用へ税免除  税優遇のイメージ

  16. 2018040600485

    旧北海道庁 スケッチ企画6092E−23  旧道庁などと呼ばれ、重要文化財に指定されているれんが造りの旧北海道庁=1971(昭和46)年12月17日、札幌市中央区

  17. 2018040500365

    室生寺 スケッチ企画6023−22  平安時代前期の建築で多くの人が訪れる室生寺の金堂(国宝)=1971(昭和46)年5月10日、宇陀市

  18. 2018040100334

    如意輪寺多宝塔(国宝) スケッチ企画6013B−2  桜の木に囲まれてたつ如意輪寺の多宝塔=1971(昭和46)年4月19日、奈良県吉野町吉野山

  19. 2018040100330

    金峯山寺蔵王堂(国宝) スケッチ企画6013A−2  金峯山の高台にそびえたつ金峯山寺(きんぷせんじ)の蔵王堂(国宝)=1971(昭和46)年4月19日、奈良県吉野町

  20. 2018040100316

    大報恩寺(千本釈迦堂) スケッチ企画6004−42  真言宗智山派の寺院の大報恩寺(千本釈迦堂)。奥の本堂は国宝=1971(昭和46)年3月11日、京都市上京区

  21. 2018032000292

    「義太夫節」重要無形文化財に    重要無形文化財に指定される「義太夫節」、義太夫節保存会代表の竹本土佐広さん(左)と三味線の豊沢仙広さん=1980(昭和55)年4月4日 55年内地 3130

  22. 2018030400139

    長崎・崇福寺山門 スケッチ企画5803−29  中国様式寺院の崇福寺の第一峰門(国宝)=1969(昭和44)年9月30日、長崎市

  23. 2018030400118

    長勝寺の三門 スケッチ企画5784A−3  重要文化財の長勝寺の三門=1969(昭和44)年8月、弘前市西茂森 「東北巡り」

  24. 2018021000236

    春の大和路 スケッチ企画5574B−13  大和路に春が訪れ、にぎわう東大寺の鐘楼。つり鐘は国宝=1968(昭和43年)4月14日、奈良市

  25. 2018021000235

    春の大和路 スケッチ企画5574B−12  大和路に春が訪れ、にぎわう東大寺の鐘楼。つり鐘は国宝=1968(昭和43年)4月14日、奈良市

  26. 2018021000233

    春の大和路 スケッチ企画5574A−3  春が訪れた東大寺大仏殿の前に立つ国宝の「金銅八角灯籠」(こんどうはっかくとうろう)=1968(昭和43年)4月14日、奈良市

  27. 2018020900923

    春の大和路 法隆寺 スケッチ企画5573A−19  大和路に春が訪れ、拝観者が増えた国宝の法隆寺中門=1968(昭和43年)4月16日、奈良県斑鳩町

  28. 2018010600321

    日光東照宮のすす払い スケッチ25713  日光東照宮の「すす払い神事」が行われ、国宝・陽明門のすす払いをする神職ら=1970(昭和45)年12月18日、日光市

  29. 2017112100159

    国宝「唐門」の修復完成    修復が完成した西本願寺の国宝「唐門」=1980(昭和55)年2月29日、京都市下京区 55年内地 1870

  30. 2017090900265

    重要無形民俗文化財の壬生狂言 スケッチ20947A  京都・壬生寺で演じられる壬生狂言(みぶきょうげん)=1957(昭和32)年4月21日、京都市中京区

  31. 2017090700587

    平等院鳳凰堂の落慶法要 スケッチ20782A  昭和大修理を終え、落慶法要が行われた国宝宇治平等院鳳凰堂=1957(昭和32)年3月19日、京都府宇治市

  32. 2017052100068

    国宝「唐門」34年ぶり開く  京都・西本願寺の唐門 「12段用」

  33. 2017052100067

    国宝「唐門」34年ぶり開く  京都・西本願寺の唐門

  34. 2017031000447

    石塔婆    新国宝指定の石塔婆=整理1950(昭和25)年1月、群馬県(25年内地番号なし) 資料 20353

  35. 2017031000221

    宝来山神社本殿    宝来山神社本殿(国宝)=整理1943(昭和18)年1月、和歌山県かつらぎ町(18年内地番号なし) 資料 20351

  36. 2016092100460

    大峰八幡神社  国宝大峰八幡神社=整理1949(昭和24)年8月、仙台市八幡町(24年内地番号なし) 資料 19275−2

  37. 2016092100459

    大峰八幡神社  国宝大峰八幡神社=整理1949(昭和24)年8月、仙台市八幡町(24年内地番号なし) 資料 19275−1

  38. 2016070200060

    国宝重文11城、耐震遅れる  天守が現存する12城 「12段用」

  39. 2016070200059

    国宝重文11城、耐震遅れる  天守が現存する12城

  40. 2016070200056

    国宝重文11城、耐震遅れる  12城の耐震化状況 「12段用」

  41. 2016070200054

    国宝重文11城、耐震遅れる  12城の耐震化状況

  42. 2016031001014

    聚楽第に新たな外堀  聚楽第復元図

  43. 2016031000790

    聚楽第に新たな外堀  聚楽第復元図

  44. 2015081300353

    800年ぶり解体修理 東大寺の仁王さん  1989(平成元)年8月22日、東大寺南大門右側に配置される国宝、金剛力士立像の吽形(うんぎょう)が、約800年ぶりの解体修理を前に報道陣に公開された。力強く仁王立ちする高さ8・4㍍の巨大な木像は、左側に立つ阿形(あぎょう)とともに鎌倉時代の名匠、運慶と快慶が中心になって制作した。 「レトロ写真―あのころ」

  45. 2015071500188

    国宝級とみられる「童子像」  「法楽寺」寺蔵  「不動明王二童子像」が見つかった真言宗泉涌寺別格本山「法楽寺」寺蔵=1978(昭和53)年10月、大阪市東住吉区山坂町 53年内地 8909

  46. 2015071500186

    国宝級とみられる「童子像」  「不動明王二童子像」  見つかった「不動明王二童子像」。大阪市東住吉区山坂町の真言宗泉涌寺別格本山「法楽寺」で見つかった。京都・青蓮院に保存されている「青不動」(国宝)によく似ている 53年内地 8908

  47. 2015062200384

    鎌倉時代の重文級を発見  「絹本著色法華曼荼羅図」  京都府舞鶴市・松尾寺所蔵の重要文化財級「絹本著色法華曼荼羅図(けんぽんちゃくしょくほっけまんだらず)」。文化庁と京都府が“埋もれた文化財”発掘のため、府下の社寺を対象に合同調査。鎌倉時代の作で、縦76センチ、横68・8センチ、図柄が極めて珍しく「すぐ重文指定してもおかしくない」と評価 53年内地 5273

  48. 2015041300712

    国立文楽劇場が開場 人形を使って鏡割り  大阪市の日本橋に完成した国立文楽劇場が開場。人形を使って鏡割りする人間国宝の吉田玉男さん(右)と桐竹勘十郎さん(左端)=1984(昭和59)年4月6日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第8巻使用画像(P182) 「ザ・クロニクル」

  49. 2015033000502

    19年度文部省指定国宝    和歌山八幡神社楼門=整理1944(昭和19)年2月29日(19年内地番号なし) 資料 12980−2

  50. 2015033000499

    19年度文部省指定国宝    高松城月見櫓及び附櫓=整理1944(昭和19)年2月29日(19年内地番号なし) 資料 12980−4

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像