検索結果 1,338 件中 1 件 〜 50
  1. 2019121003228

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019121003305

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019121003318

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019121003234

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019121003310

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019121003273

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019121003341

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019121003233

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019121003282

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019121003286

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019121003219

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019121003322

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019121003240

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019121003288

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019121003241

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019121003315

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔)」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019112800865

    ニュース双曲線・写真特集「迎賓館・国宝10年」 荘厳な西洋風の宮殿  限定20セットながら人気の「アフタヌーン・ティー」。国宝に指定されている本館を眺めながらお茶を楽しめる

  18. 2019112800859

    ニュース双曲線・写真特集「迎賓館・国宝10年」 西欧様式、華麗な宮殿  国宝に指定されている主庭噴水池

  19. 2019112206737

    赤れんが庁舎、改修延長へ  「赤れんが庁舎」として親しまれている国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=22日午後、札幌市

  20. 2019112206736

    赤れんが庁舎、改修延長へ  「赤れんが庁舎」として親しまれる国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=22日午後、札幌市

  21. 2019112102102

    「X02」▽地域・歴史「新・古代史ブーム」(ウ) 若い世代が人気広める  国宝「火焰型土器」(中央)の前で記念撮影する「縄文女子旅」の参加者=新潟県十日町市博物館

  22. 2019111104326

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、西周の克鐘(編鐘)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019111104516

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、商饕餮紋鐃(しょう・とうてつもんにょう)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019111104347

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、宋代の青玉竜首飾(せいぎょくりゅうしゅしょく)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019111104373

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、明朝徳化窯の何朝宗款白釉観音(かちょうそうかん・はくゆうかんのん)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019111104411

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、宋代の汝窯(じょよう)盤。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019111104237

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、宋代の定窯(ていよう)白釉印花牡丹紋盤(はくゆういんかぼたんもんばん)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019111104321

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、中国の戦国時期の青玉行気銘飾(せいぎょくぎょうきめいしょく)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019111104119

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地で餌を探すコウノトリ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019111104259

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地で餌を探すコウノトリの群れ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019111104107

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地で餌を探すコウノトリの群れ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019111104038

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地を飛ぶコウノトリの群れ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019111104269

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地で餌を探すコウノトリの群れ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019111104270

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地の上空を飛ぶコウノトリ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019102301818

    元年国内 4945 竹本越路大夫が引退公演  関西最後の舞台で公演する人間国宝の4代・竹本越路大夫=1989(平成元)年4月19日夕、大阪・国立文楽劇場

  36. 2019101002150

    国宝キトラを手のひら大に  組み立てられたキトラ古墳石室のペーパークラフト

  37. 2019101002133

    国宝キトラを手のひら大に  キトラ古墳の石室になるペーパークラフト

  38. 2019100500288

    国宝指定祝い、児童ら行進  国宝に指定された旧開智学校校舎の前で、くす玉を割る児童ら=5日午前、長野県松本市

  39. 2019100500278

    国宝指定祝い、児童ら行進  旧開智学校校舎の国宝指定を祝い、松本城の前を記念行進する開智小学校の児童ら=5日午前、長野県松本市

  40. 2019100500276

    国宝指定祝い、児童ら行進  国宝に指定された旧開智学校校舎=5日午前、長野県松本市

  41. 2019100500274

    国宝指定祝い、児童ら行進  国宝に指定された旧開智学校校舎=5日午前、長野県松本市

  42. 2019093001681

    札幌の赤れんが庁舎休館  札幌市の国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=30日午後

  43. 2019093001679

    札幌の赤れんが庁舎休館  札幌市の国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=30日午後

  44. 2019092708765

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2016年~17年の随州市漢東東路M129号墓の調査で出土した「曽公」の銘文の入った編鐘。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019092708697

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2011年に随州市の文峰塔M1号墓から出土した甬鐘(ようしょう)。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019092708773

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2013年に葉家山M111号墓から出土した銅簋(どうき)の銘文「犺作烈考南公宝尊彝」。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。目にも鮮やかな曽国の「国宝」にはどのような物語が秘められているのか。3千年以上も地下で眠り続けた曽国からはどのような秘宝が出土したのか。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019091700712

    55年内地 9688 友禅作家の松本節子さん  人間国宝との根比べで開花、友禅作家の松本節子さん(松本さんは、人間国宝の加賀友禅染織家・木村雨山の直弟子)=出稿1980(昭和55)年10月25日、石川県金沢市内の自宅

  48. 2019090201031

    防火対策指針のポイント  国宝・重要文化財建物の防火対策指針ポイント

  49. 2019090201030

    防火対策指針のポイント  国宝・重要文化財建物の防火対策指針ポイント

  50. 2019082100600

    重文に技術者の交流拠点  「エンジニアカフェ」がオープンした、国の重要文化財「福岡市赤煉瓦文化館」=21日午後、福岡市

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像