検索結果 2,368 件中 1 件 〜 50
  1. 2020111602698

    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市  洪水で損壊する前の鎮海橋。(資料写真)中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020111602548

    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市  12日、回収された鎮海橋の石の部材。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020111602550

    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市  12日、鎮海橋の修復工事現場で回収された石の部材を整理する作業員。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020111602662

    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市  12日、鎮海橋の修復工事現場で回収された石の部材を整理する作業員。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020111602562

    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市  12日、回収された鎮海橋の石の部材。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020111602687

    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市  12日、鎮海橋の修復工事現場で回収された石の部材を整理する作業員。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020111602647

    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市  12日、鎮海橋の修復工事現場で回収された石の部材を整理する作業員。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。完成は2021年12月を予定し、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020111602589

    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市  12日、洪水後に残された鎮海橋の橋脚。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020111602590

    洪水で損壊した明代の鎮海橋、復旧工事始まる安徽省黄山市  12日、洪水後に残された鎮海橋の橋脚。中国安徽省黄山市で12日午前、今年7月の洪水により流された鎮海橋の修復工事が始まった。2021年12月に完成予定で、総工事費は4980万元(1元=約16円)となる。鎮海橋は別名「老大橋」と呼ばれ、最初の建造は明の嘉靖15(1536)年。全長約131メートルある六つの橋脚を持つ石造の7連アーチ橋で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。8月12日、鎮海橋のばらばらになった部材や石材の回収作業が正式に始まった。作業員は機械を使って可能な限り部材を水中から引き揚げ、修復の下準備を整えた。回収された石の部材は約4565立方メートルに上り、材料の再利用率は約80%に達する。(黄山=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020110704201

    夕闇に浮かぶ錦秋の国宝 実施されたPマッピング  国宝白水阿弥陀堂のライトアップに合わせ実施された、極楽浄土の世界「宝相華」を再現したプロジェクションマッピング=7日夕、福島県いわき市

  11. 2020110704180

    夕闇に浮かぶ錦秋の国宝 白水阿弥陀堂ライトアップ  紅葉の季節に合わせたライトアップが始まった国宝白水阿弥陀堂。色づいた境内のカエデやイチョウの葉が夕闇に浮かび上がった=7日夕、福島県いわき市

  12. 2020110906202

    ライトアップされた楷の木と国宝の講堂 岡山県備前市閑谷  ライトアップされた楷の木と国宝の講堂。今年創学350年を迎えた国特別史跡・旧閑谷学校(岡山県備前市閑谷)で6日夜、ライトアップの試験点灯があり、シンボルの楷の木と国宝の講堂を秋の夜空に浮かび上がらせた。=2020(令和2)年11月6日、岡山県備前市閑谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  13. 2020110303040

    大槻文蔵 (おおつき・ぶんぞう)  能楽観世流シテ方、人間国宝、2020年11月3日撮影、大阪市

  14. 2020102601457

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  18日、内モンゴル自治区にある桌子山の岩壁に描かれた岩絵。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020102601459

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  18日、内モンゴル自治区にある桌子山の岩壁に描かれた岩絵。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020102601674

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  18日、内モンゴル自治区にある桌子山の岩壁に描かれた岩絵。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020102601684

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  18日、内モンゴル自治区にある桌子山の岩壁に描かれた岩絵。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020102601521

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  17日、内モンゴル自治区の桌子山で、「摩爾溝」岩絵を調査する考古学者。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020102601460

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  17日、内モンゴル自治区にある桌子山の岩壁に描かれた「摩爾溝」岩絵。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020102601704

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  17日、内モンゴル自治区にある桌子山の岩壁に描かれた「摩爾溝」岩絵。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020102601529

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  17日、内モンゴル自治区の桌子山で、「摩爾溝」岩絵を撮影する考古学者。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020102601570

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  17日、内モンゴル自治区の桌子山で、「摩爾溝」岩絵を撮影する考古学者。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020102601520

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  17日、内モンゴル自治区にある桌子山の岩壁に描かれた「摩爾溝」岩絵。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020102601608

    古代遊牧民族の起源に迫る桌子山の岩絵群を訪ねて  17日、内モンゴル自治区にある桌子山の岩壁に描かれた「摩爾溝」岩絵。中国内モンゴル自治区の烏海市にある桌子山の崖や石灰岩の岩壁には、古代の岩絵が数多く残されている。岩絵には、人や動物、狩猟の様子、符号に近い図形などが描かれており、中国古代の遊牧民族の起源や歴史・文化を研究するための重要な実物資料となっている。桌子山の岩絵群は2013年、国務院により全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(烏海=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020101602565

    祇園祭担う町衆らが維持 八坂神社本殿  国宝に指定するよう答申された八坂神社の本殿=13日、京都市

  26. 2020101602561

    祇園祭担う町衆らが維持 八坂神社本殿  国宝に指定するよう答申された八坂神社の本殿=13日、京都市

  27. 2020101408227

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰にある玉乳洞(ぎょくにゅうどう)の壁に彫られた仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020101408191

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰にある玉乳洞(ぎょくにゅうどう)の壁に彫られた仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020101408262

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰にある玉乳洞(ぎょくにゅうどう)の壁に彫られた仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020101408206

    仏像の宝庫、飛来峰彫刻群を訪れて杭州市  7日、飛来峰にある玉乳洞(ぎょくにゅうどう)の壁に彫られた仏像。飛来峰造像群(ひらいほうぞうぞうぐん)は中国浙江省で最大規模の彫刻群で、同省杭州市の「飛来峰」と呼ばれる山にある。山のがけや洞窟などには、五代十国時代から元代にかけて彫られた造像380体余りが残されている。同造像群は1982年、国務院により第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(杭州=新華社配信/畢建鴿)=2020(令和2)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020110511752

    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市  燕州城で現在も続く城壁の調査と修復。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020110511789

    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市  燕州城の損壊した城壁。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020110511637

    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市  燕州城で現在も続く城壁の調査と修復。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020110511674

    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市  燕州城の見張り台跡から南を望む。眼下に見えるのは太子河と農地。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020110511742

    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市  燕州城の中腹にある保存状態の良い貯水池。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020110511700

    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市  燕州城の城壁の一部。考古学調査のため閉鎖されている。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020110511589

    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市  燕州城の主峰に築かれた見張り台の跡。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020110511756

    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市  燕州城の石を積み上げて築かれた堅固な城壁。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020110605161

    千年の山城「燕州城」を訪ねて遼寧省灯塔市  燕州城から西を望む。眼下に見えるのは農場。(10月1日撮影)中国遼寧省灯塔市西大窰鎮の官屯村にある燕州城は、遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を占領した高句麗が403年に築いた軍事要塞で、元の名を「白岩城」という。城の東、西、北3方向は大石を積み重ねた城壁で、南は川に面している。周囲の長さは2500メートルある。城の最も高い場所には指揮台が設けられ、その周囲に長さ45メートル、幅35メートルの内城が築かれている。2013年に第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(遼陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020092807019

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(西側)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020092806951

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020092806831

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020092807064

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020092806720

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020092806827

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020092806982

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、広霊水神堂の外観。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020092806997

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020092806936

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020092807018

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~95年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020092807016

    清代版「清明上河図」、壁画が伝える市井の暮らし山西省  23日、水神堂百工社の壁画「百工図」(部分)。中国山西省大同市広霊県の中心市街地の郊外に、水神を祭る広霊水神堂がある。明の嘉靖年間(1522~66年)の創建で、現存する建築は清代のものとされる。2006年に第6次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。境内の社(やしろ)「百工社」の東西の壁には「百工図」と呼ばれる壁画がある。いずれも長さ3メートル、高さ2メートルで、清の乾隆年間(1736~96年)のさまざまな職業が描かれている。当時の市井の様子を細かに記録しており、北宋時代の都・開封(かいほう)のにぎわいを描いた巻絵「清明上河図」の清代版といわれている。(大同=新華社記者/馬毅敏)=2020(令和2)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像