検索結果 5 件中 1 件 〜 5 件 "Hall"
  1. 2019010817722

    「山陽新聞」 旧閑谷学校で「読初の儀」  旧閑谷学校の講堂で論語を朗誦する参加者。国特別史跡・旧閑谷学校(備前市閑谷)で4日、学び初めの行事「読初(よみはじめ)の儀」が行われた。国宝の講堂で約200人が論語を朗誦(ろうしょう)し、新年の決意を新たにした。=2019(平成31)年1月4日、岡山県備前市閑谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  2. 2018121109380

    「新華社」 上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結  6日、「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」の会場に並ぶミュージアムグッズ。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2018121109938

    「新華社」 上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結  6日、上海博物館で開催されている「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」の会場。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2018121109686

    「新華社」 上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結  6日、会場で説明する上海博物館書画研究部主任で同展を企画した凌利中(りょう・りちゅう)氏。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2018103125720

    「山陽新聞」 国宝講堂に落書き 旧閑谷学校  旧閑谷学校の国宝・講堂の柱で見つかった落書き。「こくほう」と刻まれている。岡山県教委は29日、備前市閑谷の国特別史跡・旧閑谷学校で、国宝の講堂に落書きが見つかったと発表した。備前署に被害届を出し、同署が文化財保護法違反の疑いで調べている。県教委文化財課によると、講堂の柱や板壁の少なくとも7カ所に鋭利なもので「こくほう」と刻んだり、人の名前を彫った跡が確認された。大きいもので縦10・5センチ、横12・5センチ。国宝の講堂は木部を削ることができないため、落書きは除去できないという。=2018(平成30)年10月29日、岡山県備前市閑谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像