検索結果 53 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2020071007929

    清代の科挙試験場「定州貢院」を訪ねて河北省定州市  5日、定州貢院の魁閣号舎(試験場)内部に残る試験監督官の席。中国河北省定州市には、清代に同省中部地域の科挙の地方試験「郷試(きょうし)」の会場だった「定州貢院」が保存されている。中国北方地域で当時の姿を最も良く残す貢院(科挙の試験場)とされており、2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化材に相当)に指定された。(定州=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020071007806

    清代の科挙試験場「定州貢院」を訪ねて河北省定州市  5日、定州貢院の魁閣号舎(試験場)内部。机と椅子が並ぶ。中国河北省定州市には、清代に同省中部地域の科挙の地方試験「郷試(きょうし)」の会場だった「定州貢院」が保存されている。中国北方地域で当時の姿を最も良く残す貢院(科挙の試験場)とされており、2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化材に相当)に指定された。(定州=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020071007825

    清代の科挙試験場「定州貢院」を訪ねて河北省定州市  5日、定州貢院の後楼。攬勝楼(らんしょうろう)とも呼ばれ、試験官らの宿舎として使われた。中国河北省定州市には、清代に同省中部地域の科挙の地方試験「郷試(きょうし)」の会場だった「定州貢院」が保存されている。中国北方地域で当時の姿を最も良く残す貢院(科挙の試験場)とされており、2001年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化材に相当)に指定された。(定州=新華社記者/李継偉)=2020(令和2)年7月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020070111118

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、金メッキされた銅製容器(前面)。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020070200521

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、銀製容器に施された青竜。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020070111177

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、金メッキされた銅製容器(背面)。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020070111111

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、金メッキされた銅製容器(側面)。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020070111117

    太原市の太山竜泉寺、仏舎利容器公開へ展示ホール完成後に  太山竜泉寺の仏塔遺構から出土した仏舎利容器の一部、金メッキされた銅製容器のふた。(資料写真)中国山西省太原市から南西20キロの山中に、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定される太山竜泉寺がある。境内にある唐代の仏塔跡の地下から五重に密封された仏舎利容器が出土したことから、毎年十万人余りが参拝に訪れる。同市の太山文物保管所は現在、仏塔遺構の展示ホールを建設しており、条件が整えば宝物容器を公開するとしている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061905142

    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示  16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金蕾鈕摩羯文三足銀塩台(りゅうきんらいちゅうまかつもんさんそくぎんえんだい)の局部。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061905109

    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示  16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金蕾鈕摩羯文三足銀塩台(りゅうきんらいちゅうまかつもんさんそくぎんえんだい)の局部。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020061905049

    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示  16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金蔓草文長柄銀匙(りゅうきんつるくさもんながえぎんさじ)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020061905195

    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示  16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金飛鴻毬路文銀籠子(りゅうきんひこうきゅうろもんぎんろうし)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020061905138

    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示  16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子(りゅうきんこうがんりゅううんもんぎんてんし)と銀碢軸(ぎんたじく)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年〜888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020061904931

    陝西歴史博物館、法門寺宝物の唐代皇室茶器を特別展示  16日、陝西歴史博物館で展示された鎏金鴻雁流雲文銀茶碾子(りゅうきんこうがんりゅううんもんぎんてんし)と銀碢軸(ぎんたじく)。中国陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館と法門寺博物館が運営する「唐代皇帝の茶‐陝西国宝シリーズ特別展・法門寺出土の皇室茶器」展がこのほど、西安市の陝西歴史博物館国宝ホールで始まった。同省宝鶏市扶風県にある法門寺の地下宮殿から1987年に出土した器物の中から選び出した儲茶(ちょちゃ)器や碾羅器(茶を碾いてふるう道具)、篩茶器(茶をふるう道具)、儲塩器(塩を入れる器)、煮茶器(茶を煎じる道具)など、唐の第19代皇帝、僖宗(きそう)・李儇(りけん)(862年~888年)が使用した1組7点の茶器を無料で展示公開している。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020052104756

    「国際博物館の日」、南京博物院で記念イベント開催  18日、「国宝の魅力を伝える」と題したキャンペーンの始動式。「国際博物館の日」の18日、中国のメイン会場となった江蘇省の南京博物院で記念イベントが開催された。今年の国際博物館の日のテーマは「平等を実現する場としての博物館:多様性と包括性」。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020042003108

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020042003109

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020042003049

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020042003105

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020042003267

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020042003252

    西安交響楽団、博物館でオンライン演奏会開く  14日、リハーサルを行った西安交響楽団の演奏家ら。中国陝西省西安市にある陝西歴史博物館の大唐遺宝展示ホールで14日、西安交響楽団に所属する演奏家10人余りがオンライン演奏会「雲上国宝」に向け最初のリハーサルをした。演奏会は18日に初日を迎えた。雲上国宝は5月18日の国際博物館の日を記念するイベントで、楽団が陝西歴史博物館、秦始皇帝陵博物院、西安碑林博物館、西安博物院、西安城壁で行う演奏をインターネットでライブ中継する。東西の古典音楽と中国文明の至宝を融合し、人々を音楽と国宝の対話の旅へといざなう。(西安=新華社記者/李一博)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019010817722

    旧閑谷学校で「読初の儀」  旧閑谷学校の講堂で論語を朗誦する参加者。国特別史跡・旧閑谷学校(備前市閑谷)で4日、学び初めの行事「読初(よみはじめ)の儀」が行われた。国宝の講堂で約200人が論語を朗誦(ろうしょう)し、新年の決意を新たにした。=2019(平成31)年1月4日、岡山県備前市閑谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  23. 2018121109380

    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結  6日、「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」の会場に並ぶミュージアムグッズ。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2018121109938

    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結  6日、上海博物館で開催されている「丹青宝筏——董其昌書画芸術大展」の会場。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018121109686

    上海で明末の画家·董其昌の特別展海外からも作品が集結  6日、会場で説明する上海博物館書画研究部主任で同展を企画した凌利中(りょう・りちゅう)氏。中国上海市の上海博物館で7日、「丹青宝筏——董其昌(とう・きしょう)書画芸術大展」が開幕した。同博物館が年末に行う大型芸術展であり、明代末期に活躍した文人、董其昌の作品を中心に、王羲之(おう・ぎし)の「行穣帖」や懐素(かい・そ)の「苦笋帖」、董源(とう・げん)の「夏景山口待渡図」、黄公望(こう・こうぼう)の「富春山居図」など中国の国宝級書画の名作154点を展示する空前規模の展覧会となる。中国大陸で開催されるものとしては過去最大規模の董其昌の作品展であり、来年3月10日まで開催される。(上海=新華社記者/孫麗萍)=2018(平成30)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018103125720

    国宝講堂に落書き 旧閑谷学校  旧閑谷学校の国宝・講堂の柱で見つかった落書き。「こくほう」と刻まれている。岡山県教委は29日、備前市閑谷の国特別史跡・旧閑谷学校で、国宝の講堂に落書きが見つかったと発表した。備前署に被害届を出し、同署が文化財保護法違反の疑いで調べている。県教委文化財課によると、講堂の柱や板壁の少なくとも7カ所に鋭利なもので「こくほう」と刻んだり、人の名前を彫った跡が確認された。大きいもので縦10・5センチ、横12・5センチ。国宝の講堂は木部を削ることができないため、落書きは除去できないという。=2018(平成30)年10月29日、岡山県備前市閑谷、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  27. 2018103125710

    「ユニークベニュー」提案 吉備津神社で  ライトアップされた国宝の本殿をバックに、飲食を楽しむ関係者=吉備津神社。岡山市は、大規模な国際会議や大会といったコンベンションの誘致を加速させるため、地域の歴史的建造物や文化施設を飲食を伴うレセプションの会場として活用する「ユニークベニュー」の提案に力を入れている。国内外から訪れた人を、特別感を演出した空間でもてなすことで市の魅力アピールにもつなげる。=2018(平成30)年10月22日、岡山市北区吉備津、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  28. 2016070400702

    日韓の仏像を鑑賞、両陛下 特別展会場の両陛下  特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」で韓国の国宝78号の半跏思惟像を鑑賞される天皇、皇后両陛下=4日夜、東京・上野の東京国立博物館(代表撮影)

  29. 2013060500465

    平成の鑑真像が誕生 運ばれる鑑真像の模像  開眼法要のため唐招提寺の講堂に運ばれる、国宝・鑑真和上坐像のお身代わりとして制作された模像=5日午後、奈良市

  30. 2013060500451

    平成の鑑真像が誕生 講堂に向かう鑑真像  国宝・鑑真和上坐像のお身代わりとして制作され、開眼法要のため唐招提寺の講堂に運ばれる模像=5日午後、奈良市

  31. 2013060500450

    平成の鑑真像が誕生 鑑真和上坐像の模像  国宝・鑑真和上坐像のお身代わりとして制作され、開眼法要のため唐招提寺の講堂に運ばれる模像=5日午後、奈良市

  32. 2013052700119

    狂言界の至宝と最後の別れ 遺影と長男千五郎さん  狂言師で人間国宝の茂山千作さんの葬儀・告別式会場。左端は喪主の長男千五郎さん=27日午前、京都市左京区

  33. 2013052300047

    茂山千作さん死去 ひ孫と共演する茂山さん  2009年6月、狂言の演目「業平餅」で、ひ孫の虎真ちゃん(右端)、竜正ちゃん(右から2人目)と共演する人間国宝の茂山千作さん(左端)。中央は茂山千五郎さん=京都市左京区の京都観世会館

  34. 2011120800220

    “人間国宝”に認定書    河井弥八文化財保護委員長から認定書を受ける歌舞伎俳優の市川寿海さん。後方も認定書を受ける重要無形文化財の保持者=1960(昭和35)年4月28日、東京・霞が関の霞会館(35年内地3376) 資料 53227

  35. 2011093000128

    早大大隈記念講堂   東京都新宿区西早稲田1-6-1、国指定重要文化財=2011年6月7日撮影

  36. 2011031800264

    角帽の学生は減ったけれど 大隈講堂  重要文化財の「大隈講堂」 「東京モノがたり」

  37. 2010102100308

    人間国宝新たに指定    人間国宝に指定され、喜びを語る竹本越路大夫さん(本名・小出清、人形浄瑠璃文楽大夫)=1971(昭和46)年3月26日、東京都港区の虎ノ門教育会館 46年内地 1681

  38. 2009091200227

    「酒はまあ」と米朝さん 舞台復帰した桂米朝さん  7月末の入院以来初めて舞台に上がった人間国宝の落語家、桂米朝さん=12日午後、東京・大手町の日経ホール 「セレ515」

  39. 2009091200209

    米朝さん「調子よろしい」 舞台に上がる桂米朝さんら  7月の入院後初めて舞台に上がった人間国宝の落語家、桂米朝さん。左は桂米左さん、右は桂南光さん=12日午後、東京・大手町の日経ホール

  40. 2009091200207

    米朝さん「調子よろしい」 舞台復帰した桂米朝さん  7月末の入院以来初めて舞台に上がった人間国宝の落語家、桂米朝さん=12日午後、東京・大手町の日経ホール

  41. 2009091200205

    米朝さん「調子よろしい」 舞台に上がる桂米朝さん  7月末の入院以来初めて舞台に上がった人間国宝の落語家、桂米朝さん=12日午後、東京・大手町の日経ホール

  42. 2009061200423

    茂山千作さん家族4代共演 ひ孫と共演する茂山さん  狂言の演目「業平餅」で、ひ孫の虎真ちゃん(右端)、竜正ちゃん(右から2人目)と共演する人間国宝の茂山千作さん(左端)。中央は茂山千五郎さん=12日夜、京都市左京区の京都観世会館

  43. 2008050900277

    重文の福岡県貴賓館が復活 旧福岡県公会堂貴賓館  修復が終わった国の重要文化財「旧福岡県公会堂貴賓館」=9日午後、福岡市中央区

  44. 2007101900141

    創立記念に間に合わせ指定 早稲田大学の大隈記念講堂 重要文化財に指定される、全面改修を終えた早大の大隈記念講堂=19日午後、東京都新宿区 【】 

  45. 2006020100242

    函館山ふもとに光の街路樹 光で浮かび上がる基坂 街路樹に飾られた電球の光に映し出された、函館山ふもとの基坂。奥は国指定重要文化財「旧函館区公会堂」=1日夕、北海道函館市 【】 

  46. 2005091200213

    流派超え能と狂言が競演 披露された狂言「靱猿」 能と狂言の公演「咲きほこる伝統」で、狂言の「靱猿」を演じる人間国宝の茂山千作さん(右)=12日午後、愛知万博長久手会場 「2005愛知万博」【】 

  47. 2004042100117

    西本願寺国宝を特別公開 国宝・唐門  本願寺門徒会館宿泊者を対象に特別公開される西本願寺の国宝・唐門=京都市下京区

  48. 2003120500197

    防火訓練で国宝を一部破損 閑谷学校の講堂  防火訓練の放水でひさしの一部が破損した閑谷学校の講堂=3日、岡山県備前市 【】 

  49. 2003070900027

    「歌舞伎四百年展」開催 見学する中村雀右衛門さん  「歌舞伎四百年展」の会場を見学する人間国宝の中村雀右衛門さん=9日午前、東京都中央区 【】 

  50. 2000020200033

    徳島で空海展始まる  2日から始まった「国宝弘法大師空海」展で空海ゆかりの品々に見入る入場者=2日午前、徳島市の徳島県郷土文化会館  

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像