検索結果 19 件中 1 件 〜 19 件 "open"
  1. 2019092708765

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2016年~17年の随州市漢東東路M129号墓の調査で出土した「曽公」の銘文の入った編鐘。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019092708697

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2011年に随州市の文峰塔M1号墓から出土した甬鐘(ようしょう)。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019092708773

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2013年に葉家山M111号墓から出土した銅簋(どうき)の銘文「犺作烈考南公宝尊彝」。(資料写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。目にも鮮やかな曽国の「国宝」にはどのような物語が秘められているのか。3千年以上も地下で眠り続けた曽国からはどのような秘宝が出土したのか。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019082100600

    重文に技術者の交流拠点  「エンジニアカフェ」がオープンした、国の重要文化財「福岡市赤煉瓦文化館」=21日午後、福岡市

  5. 2018081301822

    「新華社」 野村万作·萬斎さん、北京で狂言公演「笑いは国境を越える」  10日、87歳の高齢で狂言「川上」の目が不自由な男を演じる、日本の人間国宝・野村万作さん(中央)。「中日平和友好条約締結40周年記念野村万作、野村萬斎狂言公演」が10日夜、北京で行われた。(北京=新華社配信/在中国日本大使館提供)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:在中国日本大使館提供/新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019092708740

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2011年に湖北省随州市の文峰塔M4号墓から出土した甬鐘(ようしょう)の拓本。(2018年8月8日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2018(平成30)年8月8日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  7. 2018051700276

    1㌻特集「追想―メモリアル」 中島宏さん  2007年に人間国宝に認定された中島宏さん。佐賀県が中島さんらの器で食を提供するイベントを企画した際には「陶器や磁器は使われてなんぼ。みんなを喜ばせてやって」と気持ちよく賛同した

  8. 2016071700197

    赤レンガ館、修復し公開  修復工事が終わり「赤レンガ館」としてオープンした、国の重要文化財に指定されている岩手銀行旧本店本館=17日、盛岡市

  9. 2014021700379

    51年内地 7525 高松塚の「壁画館」が完成  奈良県・明日香村に完成した「高松塚壁画館」。石室内の壁画(国宝)をひと目見ようとする人々のために、模写壁画を展示。25日までは村民、26日から11月末まで一般公開し来年3月から本格オープンする=1976(昭和51)年10月21日

  10. 2019092708690

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  2013年の調査で見つかった葉家山M111号墓。(2013年9月16日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2013(平成25)年9月16日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019092708682

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  上空から見た葉家山墓地の第二次発掘調査現場。(2013年5月13日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2013(平成25)年5月13日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2008081300024

    国宝世親菩薩はカツラ製  スプリング8を使って撮影した世親菩薩立像の木片の三次元画像(京都大生存圏研究所の杉山淳司教授提供)

  13. 2008061400095

    人形劇の常設小屋オープン  人形遣いで人間国宝の吉田文雀氏(右から2人目)らが参加して行われた「戎座人形芝居館」の開館を祝う式典=14日午前、兵庫県西宮市

  14. 1979103050001

    54年カラーニュース 1678-16 金印を公開  来月オープンする福岡市立美術館に展示される国宝の金印=1979(昭和54)年10月

  15. 2019092708754

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の銘文。(2007年3月5日撮影)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2007(平成19)年3月5日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2005061200034

    【】  国宝舞台、9カ月ぶり開放 修復工事が終わり観光客らに開放された厳島神社の国宝平舞台=12日午後、広島県宮島町

  17. 2019092708741

    「新華社」 返還国宝青銅器のふるさと、春秋時代「曽国」秘宝の昔と今  1978年の「曽侯乙(そうこういつ)墓」の調査で見つかった「曽侯乙編鐘(へんしょう)」の出土時の様子。(複製写真)日本に流出し、先ごろ中国に返還された西周後期から春秋初期の青銅器セット「曽伯克父(そうはくこくふ)青銅組器」が17日、北京市の中国国家博物館で開幕した「回帰之路・新中国成立70周年流出文化財返還成果展」で公開された。現在の湖北省随州(ずいしゅう)市と棗陽(そうよう)市一帯の春秋時代の諸侯国、曽国の上級貴族墓から盗掘されたこれら8点一組の青銅器は、中国がここ数年、海外の文化財市場での違法取引阻止や国境を越えた返還請求に成功した文化財の中でも最高の価値を持つ。曽国は「掘り出された諸侯国」と呼ばれており、歴史的な研究は発掘成果を基に行なわれている。1978年の曽侯乙墓(そうこういつぼ)の発見は、曽国に関する歴史研究ブームを巻き起こした。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2004(平成16)年4月1日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  18. 1998040400036

     「ネットワーク経済情報」(中部)  国宝仏像の高画質映像 )、企画394S、6日付朝刊以降使用、PFU提供  「超高精細画像ブラウジングシステム」で保存された国宝の画像

  19. 1997040200001

      「鍋島」集めた美術館開館  「鍋島」や「古伊万里」の磁器を展示する「今右衛門古陶磁美術館」をオープンした人間国宝の13代今泉今右衛門さん=佐賀県有田町赤絵町

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像