検索結果 101 件中 1 件 〜 50
  1. 2020022704619

    「スクランブル」 文化財保つ「素材」守れ  日光東照宮の装飾に使われる伝統素材

  2. 2020022704618

    「スクランブル」 文化財保つ「素材」守れ  日光東照宮の装飾に使われる伝統素材

  3. 2020022604893

    英博物館で大規模着物展  ロンドンのビクトリア・アンド・アルバート博物館に展示された着物。手前は友禅作家で人間国宝の森口邦彦氏が手掛けたもの=26日(共同)

  4. 2020021500518

    首里城復興へ伝統の舞い  首里城の復興を願い、琉球舞踊を披露する人間国宝の宮城能鳳さん=15日午後、那覇市の首里城公園

  5. 2020020100881

    「列島・北から南から」(関西) 姫路城の御城印  国宝・姫路城の「御城印」

  6. 2020012904556

    国宝御影堂の大修理終了  大規模修理が終了した知恩院の国宝御影堂=29日午後、京都市

  7. 2020012904554

    国宝御影堂の大修理終了  大規模修理が終了した知恩院の国宝御影堂=29日午後、京都市

  8. 2020012904552

    国宝御影堂の大修理終了  大規模修理が終了し、報道陣向けに内部が公開された知恩院の国宝御影堂=29日午後、京都市

  9. 2020012904549

    国宝御影堂の大修理終了  報道陣向けに内部が公開された知恩院の国宝御影堂で新調された幢幡=29日午後、京都市

  10. 2020012904480

    国宝御影堂の大修理終了  大規模修理が終了し、報道陣向けに内部が公開された知恩院の国宝御影堂=29日午後、京都市

  11. 2020012323092

    1㌻特集シリーズ「地域の脈動」第15回「文化財防火」 保護と継承に黄信号  国宝松本城=長野県松本市

  12. 2020010300133

    「食の達人」人間国宝に  人間国宝に追加検討(イラスト はざま隆治)

  13. 2020010300132

    「食の達人」人間国宝に  人間国宝に追加検討(イラスト はざま隆治)

  14. 2019121902967

    阿蘇神社、楼門の工事着々  報道陣に公開された国指定重要文化財「楼門」の基礎工事の現場=19日、熊本県阿蘇市

  15. 2019121803796

    姫路城で年の瀬すす払い  国宝の姫路城で、すす払いをする陸上自衛隊員ら=18日午前、兵庫県姫路市

  16. 2019121803795

    姫路城で年の瀬すす払い  国宝の姫路城で、すす払いをする陸上自衛隊員ら=18日午前、兵庫県姫路市

  17. 2019121003228

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019121003305

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019121003318

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019121003234

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019121003310

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019121003273

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019121003341

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019121003233

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019121003282

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019121003286

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  4日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019121003219

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019121003322

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019121003240

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019121003288

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019121003241

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019121003315

    「新華社」 世界でただ1頭、人工飼育の茶色パンダ「七仔」を訪ねて  3日、陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで撮影した茶色のジャイアントパンダ「七仔)」。世界で唯一人工飼育されている茶色のジャイアントパンダ「七仔(チーザイ)」は現在、中国陝西省林業科学院秦嶺ジャイアントパンダ繁殖研究センターで暮らしている。「七仔」は中国の「国宝」とされるジャイアントパンダの中でもひときわ珍しく古い種の秦嶺(しんれい)亜種に属し、その茶色の毛が大いに注目を集めている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019112800865

    ニュース双曲線・写真特集「迎賓館・国宝10年」 荘厳な西洋風の宮殿  限定20セットながら人気の「アフタヌーン・ティー」。国宝に指定されている本館を眺めながらお茶を楽しめる

  34. 2019112800859

    ニュース双曲線・写真特集「迎賓館・国宝10年」 西欧様式、華麗な宮殿  国宝に指定されている主庭噴水池

  35. 2019112206737

    赤れんが庁舎、改修延長へ  「赤れんが庁舎」として親しまれている国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=22日午後、札幌市

  36. 2019112206736

    赤れんが庁舎、改修延長へ  「赤れんが庁舎」として親しまれる国重要文化財「北海道庁旧本庁舎」=22日午後、札幌市

  37. 2019112102102

    「X02」▽地域・歴史「新・古代史ブーム」(ウ) 若い世代が人気広める  国宝「火焰型土器」(中央)の前で記念撮影する「縄文女子旅」の参加者=新潟県十日町市博物館

  38. 2019111104326

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、西周の克鐘(編鐘)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019111104516

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、商饕餮紋鐃(しょう・とうてつもんにょう)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019111104347

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、宋代の青玉竜首飾(せいぎょくりゅうしゅしょく)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019111104373

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、明朝徳化窯の何朝宗款白釉観音(かちょうそうかん・はくゆうかんのん)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019111104411

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、宋代の汝窯(じょよう)盤。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019111104237

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、宋代の定窯(ていよう)白釉印花牡丹紋盤(はくゆういんかぼたんもんばん)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019111104321

    「新華社」 天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示  6日、中国の戦国時期の青玉行気銘飾(せいぎょくぎょうきめいしょく)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019111104119

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地で餌を探すコウノトリ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111104259

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地で餌を探すコウノトリの群れ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019111104107

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地で餌を探すコウノトリの群れ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019111104048

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地を飛ぶコウノトリの群れ。(小型無人機から)中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019111104038

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地を飛ぶコウノトリの群れ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019111104269

    「新華社」 コウノトリの群れが曹妃甸湿地に飛来河北省  5日、曹妃甸湿地で餌を探すコウノトリの群れ。中国河北省唐山市曹妃甸(そうひでん)湿地ではこのところ、多数のコウノトリが飛来し、休息したり餌をついばんだりしている。コウノトリは野生個体数が極めて少ないため、「鳥類の国宝」「鳥類のパンダ」とも呼ばれており、現在世界の個体数は3千羽に満たないという。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像