検索結果 8,069 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111401355

    「12段用」「アジアンスタイル」 石像並ぶ山頂の遺跡人気  トルコ・アンカラ、ネムルト山

  2. 2019111401354

    「12段用」「アジアンスタイル」 石像並ぶ山頂の遺跡人気  トルコ・アンカラ、ネムルト山

  3. 2019111401353

    「アジアンスタイル」 石像並ぶ山頂の遺跡人気  トルコ・アンカラ、ネムルト山

  4. 2019111401352

    「アジアンスタイル」 石像並ぶ山頂の遺跡人気  トルコ・アンカラ、ネムルト山

  5. 2019111401260

    石像並ぶ山頂の遺跡人気  トルコ南東部のネムルト山の山頂に並ぶ石像=9月(共同)

  6. 2019111401259

    石像並ぶ山頂の遺跡人気  トルコ南東部のネムルト山の山頂に並ぶ石像=9月(共同)

  7. 2019111306261

    ローマ期の集団墓地発見  サッカラ遺跡での発掘調査結果について説明する金沢大の河合望教授=13日午後、金沢市

  8. 2019111501411

    「新華社」 「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、常楽寺の遺跡。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019111501304

    「新華社」 「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、常楽寺の遺跡を散策する観光客。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰砿区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019110900820

    印パ国境の巡礼路が開通  9日、パキスタン・カルタールプルの寺院内で祈るシーク教徒ら(共同)

  11. 2019110900819

    印パ国境の巡礼路が開通  9日、パキスタン・カルタールプルの寺院に集まったシーク教徒ら(共同)

  12. 2019110900818

    印パ国境の巡礼路が開通  9日、パキスタン・カルタールプルの寺院で演説するカーン首相(共同)

  13. 2019110900434

    分断越え日韓融和願う寺院  統国寺のベルリンの壁の前で、絵を描いた黒田征太郎さん=2日、大阪市

  14. 2019110900376

    分断越え日韓融和願う寺院  統国寺の境内に展示されているベルリンの壁に触れる崔無碍住職=9日午後、大阪市

  15. 2019111104467

    「新華社」 紅山文化の逸品200点余りを展示する文物展開催遼寧省  2日、「『又見紅山』文物逸品展」に展示された「石彫神人面像」。2015年に遼寧省阜新モンゴル族自治県沙拉鎮の塔尺営子遺跡から出土した人面像は、約7500年前のものと推定され、中国で出土した最も古い「神像」と認定された。中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、10月16日から「『又見紅山』文物逸品展」と題する紅山文化(紀元前4700年頃~前3000年頃、主に中国東北部に存在した新石器時代の文化)の逸品を集めた展覧会が開かれている。紅山文化遺跡から出土した文物246点が紅山文化の全体的な流れや独特な内包を再現し、中華文明の形成プロセスの中で紅山文化が果たしてきた重要な役割を明らかにしている。多くの貴重な文物を初展示する同展は、2020年1月16日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019111104664

    「新華社」 蘇るいにしえの道「千山共色−シルクロード文明特別展」開催北京市  2日、新疆ウイグル自治区ホータン地区ケリヤ(于田)県の吉格代庫都克遺跡から出土した北朝(386~581年)時代の「座仏石膏範」。(ホータン地区博物館蔵)中国北京市の北京大学サックラー考古学・芸術博物館で、2019年11月1日~2020年2月28日、中華人民共和国成立70周年を祝い、北京大学と新疆ウイグル自治区文物局が共催するシルクロード各地から出土した貴重な文物を集めた「千山共色−シルクロード文明特別展」が開かれている。また、北京フォーラムも1日に開幕した。同展には北京ではめったに見ることができない中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク県ロプノールの小河墓地から出土した女性ミイラ「小河の王女」や同自治州ロプノール県営盤墓地から出土した男性の遺体「営盤男子」が身につけていた衣服・装飾品および「三国志・呉書・孫権伝」の写本の断片などを含む新疆ウイグル自治区博物館、新疆ウイグル自治区文物考古研究所、トルファン博物館およびMウッズ美術館など11の博物館が所蔵する貴重な文物計70点(組)が展示されている。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019111104419

    「新華社」 紅山文化の逸品200点余りを展示する文物展開催遼寧省  2日、「『又見紅山』文物逸品展」に展示された新石器時代の装身具「玉竜鳳佩」。中国遼寧省瀋陽市の遼寧省博物館で、10月16日から「『又見紅山』文物逸品展」と題する紅山文化(紀元前4700年頃~前3000年頃、主に中国東北部に存在した新石器時代の文化)の逸品を集めた展覧会が開かれている。紅山文化遺跡から出土した文物246点が紅山文化の全体的な流れや独特な内包を再現し、中華文明の形成プロセスの中で紅山文化が果たしてきた重要な役割を明らかにしている。多くの貴重な文物を初展示する同展は、2020年1月16日まで開催される。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019110101215

    寺院一体型のホテル開業  「大阪エクセルホテル東急」が入るビル。奥には真宗大谷派「難波別院」の本堂がある=1日、大阪市

  19. 2019110101213

    寺院一体型のホテル開業  「大阪エクセルホテル東急」が入るビル。奥には真宗大谷派「難波別院」の本堂がある=1日、大阪市

  20. 2019103100998

    「アジアの1枚」 仏様に背を向けてお祈り  国民の約9割が仏教徒といわれるミャンマー。最大都市ヤンゴンで人気の寺院「シュエダゴン・パゴダ」にはこの日も大勢の人が訪れていました。あれ? 仏様に背を向けて祈る女性たちが…。実はこの2人、寺院の中心にそびえる巨大な仏塔に向かい祈っているところでした。それが分かると後ろの仏様が優しく2人を見守っているように見えてきました。(撮影・大森裕太、共同)

  21. 2019110701374

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019110701331

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019110701337

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019110701332

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019110701284

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019110701286

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019110701291

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019110701234

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019110701277

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019110608537

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019110608539

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019111104651

    「新華社」 蘇るいにしえの道「千山共色−シルクロード文明特別展」開催北京市  10月31日、新疆ウイグル自治区トルファン市ピチャン県のトユク(吐峪溝)石窟遺跡から出土した唐代(618年~907年)の「地蔵菩薩幡画」。(トルファン博物館蔵)中国北京市の北京大学サックラー考古学・芸術博物館で、2019年11月1日~2020年2月28日、中華人民共和国成立70周年を祝い、北京大学と新疆ウイグル自治区文物局が共催するシルクロード各地から出土した貴重な文物を集めた「千山共色−シルクロード文明特別展」が開かれている。また、北京フォーラムも1日に開幕した。同展には北京ではめったに見ることができない中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州チャルクリク県ロプノールの小河墓地から出土した女性ミイラ「小河の王女」や同自治州ロプノール県営盤墓地から出土した男性の遺体「営盤男子」が身につけていた衣服・装飾品および「三国志・呉書・孫権伝」の写本の断片などを含む新疆ウイグル自治区博物館、新疆ウイグル自治区文物考古研究所、トルファン博物館およびMウッズ美術館など11の博物館が所蔵する貴重な文物計70点(組)が展示されている。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019110701335

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019110701360

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019110701326

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019110701364

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019110608482

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019110608457

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019110608500

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社配信/李志鵬)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019110608536

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019110701373

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019110701231

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019110608459

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019110608460

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019110701356

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019110701322

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019110701341

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019110701282

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019110701283

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019110701285

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像