検索結果 8,530 件中 1 件 〜 50
  1. 2020022023014

    「アジアの1枚」 森で遊ぶクメールの少女  仙人が住んでいそうな神秘的な森から子どもの歌声が聞こえてきます。カンボジア北西部シエムレアプ州のアンコールワット遺跡群を散策中、木のつるに乗って楽しそうに遊ぶクメール人の少女に出会いました。「一緒に遊ぼうよ」とほほ笑みかけてきます。目の輝きの純粋さに、暑さで汗だくだったことを忘れてしまいました。(撮影・ソン・ホウ、共同)

  2. 2020021916655

    「新華社」 中国の努力で新型肺炎感染者の99%は国内に  14日、ギリシャの首都アテネの古代遺跡アクロポリスのふもとで中国の赤いランタンを掲げる地元のギリシャ人と中国人ら。中国はこれまで、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が確認された患者の99%以上を国内にとどまらせ、感染拡大以来、都市を封鎖するなど、国内外の市民の健康を守るために前例のない断固たる措置を講じてきた。中国自らのそうした犠牲的な行為のおかげで、今のところ、大規模な世界的大流行には至っていない。今月15日時点で、数十カ国に及ぶ感染者は計7万人近くに上るが、中国以外で確認された感染例は全体の1%未満にすぎない。(アテネ=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020021916659

    「新華社」 中国の努力で新型肺炎感染者の99%は国内に  14日、ギリシャの首都アテネの古代遺跡アクロポリスのふもとで中国の赤いランタンを掲げるギリシャ人女性。中国はこれまで、新型コロナウイルスによる肺炎の感染が確認された患者の99%以上を国内にとどまらせ、感染拡大以来、都市を封鎖するなど、国内外の市民の健康を守るために前例のない断固たる措置を講じてきた。中国自らのそうした犠牲的な行為のおかげで、今のところ、大規模な世界的大流行には至っていない。今月15日時点で、数十カ国に及ぶ感染者は計7万人近くに上るが、中国以外で確認された感染例は全体の1%未満にすぎない。(アテネ=新華社配信)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020021201185

    「12段用」 峠を抜ける古代山陰道  鳥取・青谷横木遺跡、見つかった山陰道

  5. 2020021201184

    「12段用」 峠を抜ける古代山陰道  鳥取・青谷横木遺跡、見つかった山陰道

  6. 2020021201183

    峠を抜ける古代山陰道  鳥取・青谷横木遺跡、見つかった山陰道

  7. 2020021201182

    峠を抜ける古代山陰道  鳥取・青谷横木遺跡、見つかった山陰道

  8. 2020020706594

    カラフルな衣装、舌に串も  寺院で神に祈りをささげる人々=7日、クアラルンプール近郊(共同)

  9. 2020020706536

    カラフルな衣装、舌に串も  寺院まで長い階段を上る人々=7日、クアラルンプール近郊(共同)

  10. 2020021800149

    「山陽新聞」 溝跡25本超が出土した津島岡大遺跡  弥生~鎌倉時代に用水路などとして使われた溝跡が出土した津島岡大遺跡。無数に走る古代の溝―。岡山大埋蔵文化財調査研究センターが発掘している津島岡大遺跡(岡山市北区津島中)で12日までに、弥生時代から鎌倉時代にかけて農業用水路などとして繰り返し掘られた溝跡が25本以上密集して出土した。=2020(令和2)年2月6日、岡山市北区津島中、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  11. 2020020100960

    タイ観光業界に大打撃  バンコクの寺院ワット・プラケオを訪れた観光客=1月(共同)

  12. 2020012808849

    古墳時代の井戸に小型銅鏡  櫟本チトセ遺跡の井戸から出土した小型銅鏡=28日、奈良県天理市

  13. 2020012808817

    「12段用」 古墳時代の井戸に小型銅鏡  奈良県天理市「櫟本チトセ遺跡」

  14. 2020012808807

    「12段用」 古墳時代の井戸に小型銅鏡  奈良県天理市「櫟本チトセ遺跡」

  15. 2020012808805

    古墳時代の井戸に小型銅鏡  奈良県天理市「櫟本チトセ遺跡」

  16. 2020012808803

    古墳時代の井戸に小型銅鏡  奈良県天理市「櫟本チトセ遺跡」

  17. 2020012720819

    「ロイター」「プラス」 寺院の春節イベントが中止  キーワード:中国、春節、寺院、イベント、中止、新型肺炎、装飾を取り外す=2020(令和2)年1月24日、中国・北京(ロイター=共同)

  18. 2020012323175

    編集局連載企画「移・職・住 外国人と生きる」第11部「産むのダメですか?」4回続きの(1) 妊娠したら「強制帰国」  妊娠したベトナム人技能実習生アインさん(仮名)が駆け込んだ寺院「日新窟」=東京都港区

  19. 2020012225030

    弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市の玉津田中遺跡から見つかった土偶

  20. 2020012225018

    弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市・玉津田中遺跡

  21. 2020012225017

    「12段用」 弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市・玉津田中遺跡

  22. 2020012225015

    弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市・玉津田中遺跡

  23. 2020012225016

    「12段用」 弥生の土偶「素朴な表情」  神戸市・玉津田中遺跡

  24. 2020022118741

    「新華社」 三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表  新しくなった三星堆博物館総合館のロビー。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2020022118749

    「新華社」 三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表  マルチメディア技術を利用して展示された三星堆遺跡で出土した金杖。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2020022118765

    「新華社」 三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表  マルチメディア技術を活用した三星堆遺跡で出土した青銅立人像の解説板。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2020022118659

    「新華社」 三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表  三星堆遺跡から出土した青銅神樹。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2020022118622

    「新華社」 三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表  三星堆遺跡から出土した象牙。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2020022118841

    「新華社」 三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表  三星堆遺跡から出土した陶器1組。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2020022118625

    「新華社」 三星堆博物館、医療従事者対象の無料公開を発表  マルチメディア技術を活用して紹介される三星堆遺跡に関する考古学上の成果。(1月22日撮影)中国四川省広漢市の三星堆博物館は18日、再開館の日から12月31日まで全国の医療従事者を対象に無料公開を行うと発表した。同館は3カ月間以上にわたった総合館の改修と高度化を先月23日に終え、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制活動の必要に照らし、翌24日から臨時閉館している。新たな総合館の展示面積は4千平方メートル。陶器や玉石器、金器、青銅器などの文化財394点を展示する。展示品には三星堆遺跡から出土した青銅立人像、金製の仮面、金杖、青銅神樹、商代の玉璋(ぎょくしょう)という国宝級文化財5点も含まれる。(成都=新華社配信/張艶)=2020(令和2)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020012000872

    「新華社」 紅山文化の大型集落跡、人為的に安置された人骨が出土遼寧省  空から見た馬鞍橋山遺跡。(資料写真)中国の遼寧省文物考古研究院はこのほど、同省朝陽市建平県にある新石器時代の馬鞍橋山(ばあんきょうさん)遺跡で最初の発掘調査を完了し、1カ所の住居跡から人為的に安置された人骨を発見した。(朝陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2020012000777

    「新華社」 紅山文化の大型集落跡、人為的に安置された人骨が出土遼寧省  馬鞍橋山遺跡から出土の土器。(資料写真)中国の遼寧省文物考古研究院はこのほど、同省朝陽市建平県にある新石器時代の馬鞍橋山(ばあんきょうさん)遺跡で最初の発掘調査を完了し、1カ所の住居跡から人為的に安置された人骨を発見した。(朝陽=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2020012215719

    「新華社」 貴重な仏像がずらり中国南北朝時代の仏教芸術を伝える展覧会開催四川省  河北省の鄴城遺跡東部の北呉荘から出土した「王元景造弥勒像」。同省の鄴城考古学チーム所蔵。(資料写真)中国四川省成都市の成都博物館で14日、「映世菩提」特別展が開幕した。全国12の文化産業の関連機関から文化財百点余りが出展され、中国南北朝時代(439年~589年)の仏教芸術の美を伝えている。(成都=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2020012216047

    「新華社」 遼寧省で出土した戦国時代の「とんぼ玉」を科学的に解析  遼寧省葫芦島市建昌県の東大杖子墓地遺跡から出土した「とんぼ玉」。中国遼寧省文物考古研究院はこのほど、最新水準の科学技術を用い、東大杖子墓地遺跡で発見された七つの「とんぼ玉」の正体を解明した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  35. 2020012215914

    「新華社」 遼寧省で出土した戦国時代の「とんぼ玉」を科学的に解析  東大杖子墓地遺跡から出土したソーダ石灰ガラス製のとんぼ玉。同遺跡のとんぼ玉は植物灰ガラスとソーダ石灰ガラスに分けられる。(資料写真)中国遼寧省文物考古研究院はこのほど、最新水準の科学技術を用い、東大杖子墓地遺跡で発見された七つの「とんぼ玉」の正体を解明した。(瀋陽=新華社配信)=2020(令和2)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  36. 2020011300430

    首相、サウジ遺跡を視察  世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡の視察を終え、サウジアラビア訪問の成果について話す安倍首相=13日、ウラー近郊(共同)

  37. 2020011300407

    首相、サウジ遺跡を視察  サウジアラビア・ウラー近郊にある世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡を視察する安倍首相(右から2人目)=13日(共同)

  38. 2020011300399

    首相、サウジ遺跡を視察  サウジアラビア・ウラー近郊にある世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡を視察する安倍首相。右端は昭恵夫人=13日(共同)

  39. 2020011300398

    首相、サウジ遺跡を視察  世界遺産のマダイン・サーレハ遺跡の視察を終え、サウジアラビア訪問の成果について話す安倍首相=13日、ウラー近郊(共同)

  40. 2020011603177

    「新華社」 陝西省の石峁遺跡で精工な石刻70点余りを発見  石峁遺跡の中心エリア皇城台の考古学発掘現場。(資料写真)中国陝西省考古研究院はこのほど、同省神木市の新石器時代後期から夏王朝初期にかけての都市遺跡、石峁(シーマオ)遺跡でここ数年実施された調査で、遺跡の中心部に当たる皇城台の「大台基」の南側擁壁部分で精巧な石刻70点余りが見つかったと明らかにした。石刻は神面や人面、神獣、動物、符号の5種類に分類することができる。一連の年代測定のデータは、これらの石刻が紀元前2千年より前に作られたことを示している。遺跡の主要部分は約4千年前の石積み都市遺構からなり、都市の面積は400万平方メートルを超える。(楡林=新華社配信)=2020(令和2)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2020021700740

    「新華社」 老鼓楼衙署遺跡で新たな遺構、基壇など29カ所重慶市  重慶老鼓楼衙署遺跡から出土した宋代の年号が記されたれんが片。(1月11日撮影)中国重慶市の文化遺産研究院は、同市の重慶老鼓楼衙署(がしょ)遺跡南区にある「高台建築(高い土台に築かれた建築)」の基礎部分の考古学調査で、810平方メートルを発掘し、各種遺構29カ所を発見したと明らかにした。(重慶=新華社配信)=2020(令和2)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2020012000772

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、夕日に照らされるトンレサップ湖。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2020012001027

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、トンレサップ湖の水上集落。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2020012001022

    「新華社」 カンボジアの「水上集落」を訪ねて  10日、トンレサップ湖の水上集落。カンボジア中西部に位置し、北西から東南方向に広がるトンレサップ湖は東南アジア最大の淡水湖で、クメール族の「母なる湖」とされている。同湖のシェムリアップ近郊エリアには数百戸の漁民の家が集まり、商店や寺院、学校などもそろう水上集落を形成している。(シェムリアップ=新華社配信/高炳南)=2020(令和2)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2020012322358

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  黒竜江省チチハル市の洪河遺跡から出土した骨器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2020012322411

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝にある吐蕃時期の壁画墓から出土したトルコ石を象眼した金の器。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2020012322505

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝にある吐蕃時期の壁画墓・墓坑の全景。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2020012322512

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址・皇城台から出土した石彫(いしぼり)。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2020012322513

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地にある「曽公求の墓」から出土した青銅製礼器1セット。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2020012322435

    「新華社」 「2019年中国考古新発見」入選プロジェクト6件が発表  陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址・皇城台にある擁壁東側の北部分。(資料写真)中国社会科学院考古研究所は10日、考古学の専門家チームが選ぶ「2019年中国考古新発見」に入選したプロジェクト6件のほか、ノミネートした7件および海外の入選プロジェクト1件を発表した。6件の内訳は、山東省棗荘(そうそう)市に位置する県級市、滕州(とうしゅう)市の西孟荘竜山文化遺跡、黒竜江省チチハル市の洪河遺跡、陝西省楡林市に位置する県級市、神木市の石峁遺址皇城台大台基遺跡、山西省運城市絳(こう)県の西呉壁遺跡、湖北省随州市の棗樹林春秋曽国貴族墓地および青海省海西モンゴル族チベット族自治州烏蘭県泉溝の吐蕃時期の壁画墓。海外からは、バングラデシュ・VikrampuraのNateshwar遺跡が入選プロジェクトに選ばれた。(北京=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像