検索結果 5,701 件中 1 件 〜 50
  1. 2019101300430

    ノートルダム寺院修復遠く  ノートルダム寺院と、観光船から見物する人々=12日、パリ(共同)

  2. 2019101300429

    ノートルダム寺院修復遠く  ノートルダム寺院と、セーヌ川を通る観光船=12日、パリ(共同)

  3. 2019101300427

    ノートルダム寺院修復遠く  ノートルダム寺院の写真を撮る人々=12日、パリ(共同)

  4. 2019101101743

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイにあるカパーレーシュワラ寺院の一角。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019101101789

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日、チェンナイのカパーレーシュワラ寺院で参拝、休息する現地住民。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019101101784

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイにあるカパーレーシュワラ寺院の一角。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019101003219

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  7日、西夏博物館の新館に展示された1998年に西夏王陵遺跡3号陵の西側の碑亭遺跡から出土した「西夏文彩絵描金雲竜紋灰砂岩残碑」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019100402106

    資料A 30172 遮光器土偶  青森県亀ヶ岡遺跡の遮光器土偶=1990(平成2)年4月

  9. 2019101003216

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された1990年に寧夏回族自治区賀蘭県の宏仏塔遺跡から出土した羅漢頭像。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019101003196

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された1990年に寧夏回族自治区賀蘭県の宏仏塔遺跡から出土した仏頭像。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019101003188

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された2001年に西夏王陵遺跡3号陵から出土した「紅陶迦陵頻伽」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101003192

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された1990年に寧夏回族自治区賀蘭県の宏仏塔遺跡から出土した「木彫女伎楽像」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019100401976

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵風景区で、西夏文字で書かれた「百家姓」(中国の代表的な姓を列挙した、子どもが漢字を学ぶ学習書)を見る子ども。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019100402013

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市西夏陵風景区にある西夏博物館を見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019100402092

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019100402073

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019100402097

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市西夏陵風景区にある西夏博物館で、展示された瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分)や滴水(てきすい、軒瓦の先端)を眺める観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019100402088

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵風景区で、西夏文字の木活字版印刷を体験する子ども。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019100402032

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市西夏陵風景区内にある遺跡。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019100402082

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019100402089

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019100102493

    元年国内 2671 倭人伝の「邸閣」跡か  軍用倉庫の「邸閣」が建っていたとされる柱跡=佐賀県神埼郡の吉野ケ里遺跡 

  23. 2019100102439

    元年国内 2539 「時の人」  吉野ケ里遺跡から弥生時代最大級の環濠集落を発掘した七田忠昭(しちだ・ただあき)さん 

  24. 2019100102437

    元年国内 2512 赤穂で最古の双方中円墳  特殊器台の渦巻き文=兵庫県赤穂市の原田中遺跡 

  25. 2019100102436

    元年国内 2511 赤穂で最古の双方中円墳  双方中円形の大型墳丘墓から出土した特殊器台片=兵庫県赤穂市の原田中遺跡 

  26. 2019100102435

    元年国内 2510 赤穂で最古の双方中円墳  原田中遺跡で見つかった弥生時代後期中頃の双方中円形の大型墳丘墓=兵庫県赤穂市 

  27. 2019092900245

    元年国内 4231 細形銅剣、柄飾りが出土  吉野ケ里遺跡墳丘墓南側のカメ棺から出土した青銅製の細形銅剣と把頭飾の柄飾(中央下)=佐賀県神崎郡 

  28. 2019092600585

    「アジア発」 遺跡発掘、聖書記述に迫る  イスラエル北部ナザレ近郊のテル・レヘシュ遺跡で、シナゴーグ跡の長椅子に座る長谷川修一立教大教授=8月(共同)

  29. 2019092600582

    「アジア発」 遺跡発掘、聖書記述に迫る  イスラエル北部ナザレ近郊のテル・レヘシュ遺跡で発掘に当たる日本の調査団=8月(共同)

  30. 2019092600580

    「アジア発」 遺跡発掘、聖書記述に迫る  イスラエル北部ナザレ近郊のテル・レヘシュ遺跡で、発掘作業をする日本の調査団=8月(共同)

  31. 2019092600523

    型五輪企画「五輪の光と影」(7)2004年アテネ大会 土煙舞う「現代の遺跡」  財政危機下の苦境を語る、元靴店経営者ヤニス・ガリファロス=アテネ(共同)

  32. 2019092600517

    型五輪企画「五輪の光と影」(7)2004年アテネ大会 土煙舞う「現代の遺跡」  アテネ五輪から10年後の野球場。グラウンドや周辺には草木が生えている=2014年(ゲッティ=共同)

  33. 2019092600514

    型五輪企画「五輪の光と影」(7)2004年アテネ大会  土煙舞う「現代の遺跡」  アテネ五輪の野球で、日本ベンチには脳梗塞で倒れた長嶋監督のユニホームが飾られていた。左は中畑ヘッドコーチ=2004年(共同)

  34. 2019092605081

    「新華社」 石峁遺跡出土の原始楽器、先史ユーラシア文化交流の証しに  陝西省石峁遺跡で出土した4千年前の楽器「口簧」。(資料写真)中国陝西省考古研究院は21日、同省北部の神木市にある石峁(シーマオ)遺跡で5月に出土した約4千年前の楽器「口簧」(こうこう、口琴)23点の最新の研究成果を発表した。今回の音楽史上の重大発見は、中国の北方文化がユーラシア草原沿いに西と北へ伝播したことを証明する重要な実物証拠になるという。(西安=新華社配信/孫周勇)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019092605035

    「新華社」 石峁遺跡出土の原始楽器、先史ユーラシア文化交流の証しに  陝西省石峁遺跡で出土した4千年前の楽器「口簧」。一部が欠損している。(資料写真)中国陝西省考古研究院は21日、同省北部の神木市にある石峁(シーマオ)遺跡で5月に出土した約4千年前の楽器「口簧」(こうこう、口琴)23点の最新の研究成果を発表した。今回の音楽史上の重大発見は、中国の北方文化がユーラシア草原沿いに西と北へ伝播したことを証明する重要な実物証拠になるという。(西安=新華社配信/孫周勇)=2019(令和元)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019092504641

    「新華社」 先史ユーラシア文化交流の証し、石峁遺跡で原始楽器が出土  陝西省石峁遺跡で出土した4千年前の楽器「口簧」。(資料写真)中国陝西省考古研究院は21日、同省北部の神木市にある石峁(シーマオ)遺跡で約4千年前の楽器「口簧」(こうこう、口琴)23点が出土したと発表した。最新の研究によると、今回の音楽史上の重大発見は、中国の北方文化がユーラシア草原沿いに西と北へ伝播したことを証明する重要な実物証拠になるという。(西安=新華社配信/孫周勇)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019092504625

    「新華社」 先史ユーラシア文化交流の証し、石峁遺跡で原始楽器が出土  陝西省石峁遺跡で出土した4千年前の楽器「口簧」。一部が欠損している。(資料写真)中国陝西省考古研究院は21日、同省北部の神木市にある石峁(シーマオ)遺跡で約4千年前の楽器「口簧」(こうこう、口琴)23点が出土したと発表した。最新の研究によると、今回の音楽史上の重大発見は、中国の北方文化がユーラシア草原沿いに西と北へ伝播したことを証明する重要な実物証拠になるという。(西安=新華社配信/孫周勇)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019100101422

    「新華社」 先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会  23日、会場に展示された馬家窯文化半山類型の小口甕(かめ)。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/路菁)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019100101378

    「新華社」 先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会  23日、会場に展示された馬家窯文化馬家窯類型の弦紋彩陶双耳瓶(げんもんさいとうそうじびん)。中国北京大学のサックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩色土器が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと文様の美しさにより、先史時代の彩色土器の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/路菁)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019100101387

    「新華社」 先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会  23日、会場に展示された馬家窯文化半山類型の葫蘆網格紋彩陶双耳罐(ころもうかくもんさいとうそうじかん)。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/商晨雯)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019100101430

    「新華社」 先史時代の「馬家窯彩陶」、北京で展覧会  23日、会場に展示された馬家窯文化半山類型の菱格紋彩陶双耳罐(りょうかくもんさいとうそうじかん)。中国の北京大学サックラー考古芸術博物館で19日、「感動の『渦』-馬家窯(ばかよう)彩陶文様のモダン性を探る」展が開幕した。数々の美しい彩陶が展示され、来館者の目を楽しませている。馬家窯文化は今から5千年以上前の新石器時代後期に属し、その名は遺跡が見つかった甘粛省臨洮(りんとう)県馬家窯村にちなむ。精巧な作りと紋様の美しさにより、先史時代の彩陶の頂点とされている。同展は北京大学考古文博学院と甘粛省定西市政府、北京民生文化芸術基金会の共催。会期は10月9日まで。(北京=新華社配信/路菁)=2019(令和元)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019092504540

    「新華社」 先史ユーラシア文化交流の証し、石峁遺跡で原始楽器が出土  21日夜、陝西省神木市で口琴を披露する日本口琴協会の直川礼緒会長。中国陝西省考古研究院は21日、同省北部の神木市にある石峁(シーマオ)遺跡で約4千年前の楽器「口簧」(こうこう、口琴)23点が出土したと発表した。最新の研究によると、今回の音楽史上の重大発見は、中国の北方文化がユーラシア草原沿いに西と北へ伝播したことを証明する重要な実物証拠になるという。(西安=新華社記者/楊一苗)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019101101861

    「新華社」 北崴遺跡で考古学イベント発掘や土器づくりに挑戦遼寧省  21日、北崴遺跡で開かれたイベントで土器手作りに挑戦する子ども。中国遼寧省新民市(瀋陽市管轄)の法哈牛(ほうこうぎゅう)鎮にある北崴(ほくわい)遺跡でこのほど、発掘現場の公開イベントが行われた。「考古学に近づき文明に触れる-瀋陽で学ぶ考古学」と題した今回の活動では、参加者が埋没文化財の発掘を自ら体験することで、考古学を身近に感じ、その楽しみを味わった。(瀋陽=新華社配信/瀋陽市文物考古研究所提供)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:瀋陽市文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019100101509

    「新華社」 石峁遺跡の中心エリア、最新研究で造営時期が明らかに  21日、石峁遺跡の「皇城台」近くで発見された骨針。中国陝西省神木市でこのほど、後期新石器時代の拠点集落、石峁(シーマオ)遺跡に関する学術シンポジウムが開かれ、同遺跡中心エリアの「皇城台」の造営年代をおよそ紀元前2200年~同1900年とする研究成果が発表された。遺跡から採取したサンプルの放射性炭素年代測定で確認した。(西安=新華社記者/楊一苗)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019101101871

    「新華社」 北崴遺跡で考古学イベント発掘や土器づくりに挑戦遼寧省  21日、北崴遺跡で開かれたイベントで模擬発掘に挑戦する子どもら。中国遼寧省新民市(瀋陽市管轄)の法哈牛(ほうこうぎゅう)鎮にある北崴(ほくわい)遺跡でこのほど、発掘現場の公開イベントが行われた。「考古学に近づき文明に触れる-瀋陽で学ぶ考古学」と題した今回の活動では、参加者が埋没文化財の発掘を自ら体験することで、考古学を身近に感じ、その楽しみを味わった。(瀋陽=新華社配信/瀋陽市文物考古研究所提供)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:瀋陽市文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019092605130

    「新華社」 石峁遺跡出土の原始楽器、先史ユーラシア文化交流の証しに  21日夜、陝西省神木市で口琴を披露する日本口琴協会の直川礼緒会長。中国陝西省考古研究院は21日、同省北部の神木市にある石峁(シーマオ)遺跡で5月に出土した約4千年前の楽器「口簧」(こうこう、口琴)23点の最新の研究成果を発表した。今回の音楽史上の重大発見は、中国の北方文化がユーラシア草原沿いに西と北へ伝播したことを証明する重要な実物証拠になるという。(西安=新華社記者/楊一苗)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019100101529

    「新華社」 石峁遺跡の中心エリア、最新研究で造営時期が明らかに  21日、石峁遺跡の中心エリアに位置する「皇城台」の防護壁。中国陝西省神木市でこのほど、後期新石器時代の拠点集落、石峁(シーマオ)遺跡に関する学術シンポジウムが開かれ、同遺跡中心エリアの「皇城台」の造営年代をおよそ紀元前2200年~同1900年とする研究成果が発表された。遺跡から採取したサンプルの放射性炭素年代測定で確認した。(西安=新華社記者/楊一苗)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019100101507

    「新華社」 石峁遺跡の中心エリア、最新研究で造営時期が明らかに  21日、石峁遺跡の中心エリアに位置する「皇城台」。中国陝西省神木市でこのほど、後期新石器時代の拠点集落、石峁(シーマオ)遺跡に関する学術シンポジウムが開かれ、同遺跡中心エリアの「皇城台」の造営年代をおよそ紀元前2200年~同1900年とする研究成果が発表された。遺跡から採取したサンプルの放射性炭素年代測定で確認した。(西安=新華社記者/楊一苗)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019101101866

    「新華社」 北崴遺跡で考古学イベント発掘や土器づくりに挑戦遼寧省  21日、北崴遺跡で開かれたイベントで模擬発掘に挑戦する子どもら。中国遼寧省新民市(瀋陽市管轄)の法哈牛(ほうこうぎゅう)鎮にある北崴(ほくわい)遺跡でこのほど、発掘現場の公開イベントが行われた。「考古学に近づき文明に触れる-瀋陽で学ぶ考古学」と題した今回の活動では、参加者が埋没文化財の発掘を自ら体験することで、考古学を身近に感じ、その楽しみを味わった。(瀋陽=新華社配信/瀋陽市文物考古研究所提供)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:瀋陽市文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019092500933

    「新華社」 【新中国成立70周年】歴史を物語る文物が集結一帯一路をめぐる展示会開催青海省  20日、青海省海西モンゴル族チベット族自治州の都蘭(とらん)県にある熱水墓群遺跡から出土した「騎射形金飾片(きしゃがたきんしょくへん)」。「壮麗なる70年・奮闘の新時代『一帯一路』における青海」文物展が20日、中国の北西に位置する青海省西寧市の青海チベット文化博物院で始まった。13の文化産業団体・機関から選りすぐりの文物380組(点)を集めた同展は、2020年2月20日まで開催される。同展の趣旨は、シルクロードや唐藩古道(とうばんこどう)、茶馬古道(ちゃばこどう)といった重要な交易路が通る青海省の「一帯一路」における地理的価値や歴史的な縁、各民族の融合・発展および多元的な文化の特色を展示することにある。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像