検索結果 7,505 件中 1 件 〜 50
  1. 2020102808160

    縄文遺跡群、来夏審査へ 三内丸山遺跡  青森市の三内丸山遺跡

  2. 2020102703298

    竜門石窟研究院、六大考古学成果を発表河南省洛陽市  西山石窟北側斜面の唐代僧侶墓地遺跡。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟群「竜門石窟」でこのほど、同石窟の保護研究成果発表会と世界遺産登録20周年を記念する学術交流会が開かれ、竜門石窟研究院がこの20年の六大考古学成果を発表した。同石窟および周辺にある奉先寺遺跡、擂鼓台(らいこだい)3号窟前遺跡、香山寺遺跡、万仏溝1号窟前建築遺跡、西山石窟北側斜面の唐代僧侶墓地の発掘調査と、瘞窟(えいくつ、墓として使われた石窟)の整理調査が含まれる。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020102703352

    竜門石窟研究院、六大考古学成果を発表河南省洛陽市  西山石窟北側斜面の唐代僧侶墓地遺跡から出土した石門(国家1級文化財)。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟群「竜門石窟」でこのほど、同石窟の保護研究成果発表会と世界遺産登録20周年を記念する学術交流会が開かれ、竜門石窟研究院がこの20年の六大考古学成果を発表した。同石窟および周辺にある奉先寺遺跡、擂鼓台(らいこだい)3号窟前遺跡、香山寺遺跡、万仏溝1号窟前建築遺跡、西山石窟北側斜面の唐代僧侶墓地の発掘調査と、瘞窟(えいくつ、墓として使われた石窟)の整理調査が含まれる。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020102703300

    竜門石窟研究院、六大考古学成果を発表河南省洛陽市  奉先寺遺跡から出土した仏像。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟群「竜門石窟」でこのほど、同石窟の保護研究成果発表会と世界遺産登録20周年を記念する学術交流会が開かれ、竜門石窟研究院がこの20年の六大考古学成果を発表した。同石窟および周辺にある奉先寺遺跡、擂鼓台(らいこだい)3号窟前遺跡、香山寺遺跡、万仏溝1号窟前建築遺跡、西山石窟北側斜面の唐代僧侶墓地の発掘調査と、瘞窟(えいくつ、墓として使われた石窟)の整理調査が含まれる。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020102703349

    竜門石窟研究院、六大考古学成果を発表河南省洛陽市  奉先寺遺跡から出土した仏像。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟群「竜門石窟」でこのほど、同石窟の保護研究成果発表会と世界遺産登録20周年を記念する学術交流会が開かれ、竜門石窟研究院がこの20年の六大考古学成果を発表した。同石窟および周辺にある奉先寺遺跡、擂鼓台(らいこだい)3号窟前遺跡、香山寺遺跡、万仏溝1号窟前建築遺跡、西山石窟北側斜面の唐代僧侶墓地の発掘調査と、瘞窟(えいくつ、墓として使われた石窟)の整理調査が含まれる。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020102703341

    竜門石窟研究院、六大考古学成果を発表河南省洛陽市  擂鼓台3号窟前遺跡の発掘現場。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟群「竜門石窟」でこのほど、同石窟の保護研究成果発表会と世界遺産登録20周年を記念する学術交流会が開かれ、竜門石窟研究院がこの20年の六大考古学成果を発表した。同石窟および周辺にある奉先寺遺跡、擂鼓台(らいこだい)3号窟前遺跡、香山寺遺跡、万仏溝1号窟前建築遺跡、西山石窟北側斜面の唐代僧侶墓地の発掘調査と、瘞窟(えいくつ、墓として使われた石窟)の整理調査が含まれる。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  7. 2020102703353

    竜門石窟研究院、六大考古学成果を発表河南省洛陽市  擂鼓台3号窟前遺跡の発掘で見つかった唐代の石段。(資料写真)中国河南省洛陽市の石窟群「竜門石窟」でこのほど、同石窟の保護研究成果発表会と世界遺産登録20周年を記念する学術交流会が開かれ、竜門石窟研究院がこの20年の六大考古学成果を発表した。同石窟および周辺にある奉先寺遺跡、擂鼓台(らいこだい)3号窟前遺跡、香山寺遺跡、万仏溝1号窟前建築遺跡、西山石窟北側斜面の唐代僧侶墓地の発掘調査と、瘞窟(えいくつ、墓として使われた石窟)の整理調査が含まれる。(洛陽=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020101901191

    国内最古級のすずりか 下稗田遺跡の出土品  すずりの可能性があると判断された下稗田遺跡の出土品。左は国内最古級とみられる=19日、福岡県行橋市

  9. 2020101900982

    ダイナミックな大自然を満喫湘西世界地質公園を訪ねて  湘西世界地質公園の芙蓉鎮エリアにある階段状に流れ落ちる滝。(資料写真)中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州にある湘西世界地質公園は、総面積2710平方キロメートル。洛塔、芙蓉鎮、紅石林、呂洞山、十八洞、矮寨(わいさい)、天星山の七つのテーマエリアを持つ同園は、多くの珍しい地質遺跡を擁し、多彩な少数民族の風情に溢れている。(湘西=新華社配信/麻老先)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020101900996

    ダイナミックな大自然を満喫湘西世界地質公園を訪ねて  湘西世界地質公園の芙蓉鎮エリアにある階段状に流れ落ちる滝。(資料写真)中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州にある湘西世界地質公園は、総面積2710平方キロメートル。洛塔、芙蓉鎮、紅石林、呂洞山、十八洞、矮寨(わいさい)、天星山の七つのテーマエリアを持つ同園は、多くの珍しい地質遺跡を擁し、多彩な少数民族の風情に溢れている。(湘西=新華社配信/麻老先)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020101900922

    ダイナミックな大自然を満喫湘西世界地質公園を訪ねて  湘西世界地質公園の十八洞エリアにある大竜洞瀑布。(資料写真)中国湖南省湘西(しょうせい)トゥチャ族ミャオ族自治州にある湘西世界地質公園は、総面積2710平方キロメートル。洛塔、芙蓉鎮、紅石林、呂洞山、十八洞、矮寨(わいさい)、天星山の七つのテーマエリアを持つ同園は、多くの珍しい地質遺跡を擁し、多彩な少数民族の風情に溢れている。(湘西=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020102105065

    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省  16日、麻黄梁黄土地質公園に咲き誇るオオハルシャギク。中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020102104877

    雄大な自然を体感、麻黄梁黄土地質公園を訪ねて陝西省  16日、大自然の絶景が広がる麻黄梁黄土地質公園。中国陝西省楡林市楡陽区の黄梁鎮には黄土高原とムウス(毛烏素)砂漠の境界があり、長年風雨に浸食された分厚い黄土の層が独特の地形景観を形成している。同鎮にこのほど「麻黄梁黄土地質公園」が完成し、一般公開された。同園の総面積は37平方キロメートルで、園内には黄土峰林(石林)、第四紀地層断面、砂漠、古生物化石という四つの地質遺跡がある。(楡林=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020101900585

    リニューアル後の河南博物院を訪ねて河南省鄭州市  13日、河南博物院で展示されている河南省濮陽市の西水坡(せいすいは)遺跡で見つかった紀元前4千年ごろの墓。被葬者の両側に貝を敷き詰め、竜と虎らしき動物を表現している。同遺跡からは竜の像が大量に出土しており、考古学者は「中華第一竜」と呼んでいる。中国河南省鄭州市でこのほど、国家級重点博物館の河南博物院がリニューアルを終えて一般公開された。同博物院は16の展示室に貴重な文化財5千点(組)以上を展示しており、中には歴史や文化、芸術的な価値が極めて高いことから、国の宝物とたたえられている収蔵品もある。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020101200922

    「草原の敦煌」アルジャイ石窟、壁画石窟10カ所の修復完了  8日、内モンゴル自治区オルドス市にあるアルジャイ石窟寺院遺跡の一角。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗にあるアルジャイ(阿爾寨)石窟は、北方の草原地域でこれまで発見された石窟群の中で最大規模を誇る。寺院、石窟建築、摩崖造像・石刻造像、壁画、彫像、彫刻を一体とした仏教芸術の宝庫としても知られ、石窟65カ所、浮彫石塔22基などが残されている。壁画には遊牧民族の移動式住居「ゲル」、騎射、狩猟、葬儀の風習などのシーンが描かれていることから、「草原の敦煌」の異名を持つ。同旗政府は2018年にアルジャイ石窟の壁画保存プロジェクトを開始。敦煌研究院に修復を依頼した。同研究院は現在、すでに壁画が残る石窟10カ所の修復を完了しているという。(オルドス=新華社記者/李志鵬)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020100803042

    中国に現存する最古の大型磨崖仏「蒙山大仏」山西省太原市  5日、山西省太原市の蒙山開化寺遺跡にある連理塔。中国山西省太原市中心地から南西約20キロにある蒙山大仏は、1400年余り前の北斉時代(550年~577年)に彫られたとされる国内に現存する最古の大型磨崖(まがい)仏で、開化寺連理塔などと合わせて蒙山開化寺遺跡として昨年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020100803050

    中国に現存する最古の大型磨崖仏「蒙山大仏」山西省太原市  5日、周囲を緑の木々に囲まれた山西省太原市の蒙山大仏。中国山西省太原市中心地から南西約20キロにある蒙山大仏は、1400年余り前の北斉時代(550年~577年)に彫られたとされる国内に現存する最古の大型磨崖(まがい)仏で、開化寺連理塔などと合わせて蒙山開化寺遺跡として昨年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020100803057

    中国に現存する最古の大型磨崖仏「蒙山大仏」山西省太原市  5日、側面から見た山西省太原市にある蒙山大仏。中国山西省太原市中心地から南西約20キロにある蒙山大仏は、1400年余り前の北斉時代(550年~577年)に彫られたとされる国内に現存する最古の大型磨崖(まがい)仏で、開化寺連理塔などと合わせて蒙山開化寺遺跡として昨年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020100803061

    中国に現存する最古の大型磨崖仏「蒙山大仏」山西省太原市  5日、正面から見た山西省太原市にある蒙山大仏。中国山西省太原市中心地から南西約20キロにある蒙山大仏は、1400年余り前の北斉時代(550年~577年)に彫られたとされる国内に現存する最古の大型磨崖(まがい)仏で、開化寺連理塔などと合わせて蒙山開化寺遺跡として昨年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020100803043

    中国に現存する最古の大型磨崖仏「蒙山大仏」山西省太原市  5日、山西省太原市にある蒙山大仏。中国山西省太原市中心地から南西約20キロにある蒙山大仏は、1400年余り前の北斉時代(550年~577年)に彫られたとされる国内に現存する最古の大型磨崖(まがい)仏で、開化寺連理塔などと合わせて蒙山開化寺遺跡として昨年、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年10月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020100304906

    地下式横穴墓の北端を確認 地下式横穴墓  持田遺跡で見つかった地下式横穴墓=3日午後、宮崎県高鍋町

  22. 2020100304905

    地下式横穴墓の北端を確認 説明する東憲章主幹  持田遺跡で見つかった地下式横穴墓を説明する宮崎県埋蔵文化財センターの東憲章主幹=3日午後、宮崎県高鍋町

  23. 2020100304904

    地下式横穴墓の北端を確認 見つかった地下式横穴墓  持田遺跡で見つかった地下式横穴墓。左は宮崎県埋蔵文化財センターの東憲章主幹=3日午後、宮崎県高鍋町

  24. 2020093004996

    雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘  芒嘎遺跡から出土した遺物。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020093004884

    雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘  芒嘎遺跡から出土した明清時代の遺物。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020093005063

    雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘  芒嘎遺跡から出土した遺物を修復する専門家。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020093004882

    雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘  芒嘎遺跡から出土した遺物を修復する専門家。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020093004973

    雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘  芒嘎遺跡から出土したパイプ。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020093004916

    雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘  芒嘎遺跡から出土した遺物。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020093004899

    雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘  芒嘎遺跡から出土した明清時代の遺物。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020093004905

    雲南省で新石器~明清時代まで続いた集落遺跡を発掘  芒嘎遺跡から出土した遺物。(資料写真)中国の雲南省文物考古研究所は26日、臨滄市文物管理所などと共同で実施した芒嘎(ぼうかつ)遺跡の考古学発掘調査が、このほど完了したと明らかにした。遺跡からは、溝や墓葬、灰坑などの遺構128カ所、石器や土器、陶器、青銅器などの遺物約1500点(組)が出土した。(昆明=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020100300638

    河北省黄驊市で郛堤城遺跡公園が公開徐福伝説ゆかりの地  9月28日、郛堤城遺跡公園に立つ文化財標識。中国河北省黄驊(こうか)市で9月28日、戦国~秦漢時代の古城「郛堤城(ふていじょう)」の跡地に整備された遺跡公園が一般公開された。同市は、秦の始皇帝の命を受け、不老不死の薬を求めて日本に渡ったとされる徐福(じょ・ふく)ゆかりの地として知られる。(黄驊=新華社配信)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020100500776

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、遺跡から出土した土器。太陽の文様は当時の人々の太陽崇拝を表わすという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020100500452

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、木船の形をした跨湖橋遺跡博物館。手前の黄色いドームは湖底の遺跡を展示するホールで「中華第一舟」と呼ばれる8千年前の中国最古の丸木舟が保存されている。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020100500556

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、跨湖橋遺跡から出土した水平織機の部品。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020100500606

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、跨湖橋遺跡から出土した漆塗りの弓。生漆(きうるし)は8千年前の時点で既に接着剤として使われていたという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  37. 2020100500831

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、遺跡から出土した土器。太陽の文様は当時の人々の太陽崇拝を表わすという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020100500443

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、跨湖橋遺跡から出土した木器と骨器。謎の記号が刻まれている。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020100500455

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、跨湖橋遺跡から出土した木器と骨器。謎の記号が刻まれている。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020100300649

    河北省黄驊市で郛堤城遺跡公園が公開徐福伝説ゆかりの地  9月28日、郛堤城遺跡公園の一角。中国河北省黄驊(こうか)市で9月28日、戦国~秦漢時代の古城「郛堤城(ふていじょう)」の跡地に整備された遺跡公園が一般公開された。同市は、秦の始皇帝の命を受け、不老不死の薬を求めて日本に渡ったとされる徐福(じょ・ふく)ゆかりの地として知られる。(黄驊=新華社配信)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020100500718

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、遺跡から出土した薬罐。下に展示された骨針は鍼灸用具の可能性があるという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020100500839

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、跨湖橋遺跡から出土した木器と骨器。神秘的な記号が刻まれている。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020100500804

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、跨湖橋遺跡から出土した水平織機の部品と再現模型。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020100500450

    跨湖橋遺跡博物館を訪ねて浙江省杭州市  9月28日、跨湖橋遺跡から出土した漆塗りの弓。生漆(きうるし)は8千年前の時点で既に接着剤として使われていたという。中国浙江省杭州市蕭山区の湘湖東岸に、約8千年前の新石器時代の遺跡「跨湖橋(ここきょう)遺跡」がある。跨湖橋文化は約1万年前の上山(じょうざん)文化、約7千年前の河姆渡(かぼと)文化と同じ系統に属する。遺跡では1990年、2001年、02年に3度の発掘調査が行われ、2001年には「中国十大考古新発見」に選ばれた。同博物館は10カ月近くの閉鎖・改修を経て、9月28日から一般開放を再開している。(杭州=新華社記者/馮源)=2020(令和2)年9月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020092806894

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、「古蜀ミニ劇場」を鑑賞する地下鉄利用者。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020092807075

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、「古蜀ミニ劇場」で展示された「虎食人」。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020092807053

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、北京地下鉄6号線東大橋駅の「古蜀ミニ劇場」。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020092807128

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、「古蜀ミニ劇場」で展示された「金沙祭」。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020092806786

    北京地下鉄に「古蜀ミニ劇場」が登場  25日、「古蜀ミニ劇場」で展示された「太陽頌」。中国北京市の地下鉄駅構内に25日、四川省成都市にある金沙遺跡博物館の収蔵品を紹介する「古蜀ミニ劇場」がオープンした。「劇場」は北京市地鉄運営と国内の複数の文化・文化財関連機関が共同で開催。金沙遺跡の文化財が公共交通の中枢で首都の観客と出合う初めての機会となった。大きな口を開けて石像に牙をむくトラ、日の光に照らされて立つ祭司、荘厳な黄金の仮面など、同館が厳選した最も代表的な文化財6点の模造品を展示している。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020092405077

    巨大な盾持ち人埴輪が出土 発見された埴輪  大阪府羽曳野市、藤井寺市にまたがる陵東遺跡で発見された3体の人物埴輪=24日

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像