検索結果 35 件中 1 件 〜 35 件 "ブロック"
  1. 2019120200406

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019120200391

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019120200490

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型の一部。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019120200492

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019120200386

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城「銅雀三台」の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019120200389

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている曹魏鄴北城の平面プラン。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019120200476

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019120200437

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019120200471

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  臨漳県の鄴城博物館で鄴城の復元模型を見学する児童ら。(8月7日撮影)中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019080100410

    「新華社」 福州市で古建築保護・文化伝承フォーラム開幕式開催伝統建築の「活性化」焦点に  28日、フォーラムで講演する国際記念物遺跡会議(イコモス)の専門家でイスラエル古代遺跡管理局保護部元主任のGioraSolar氏。中国福建省福州市で28日、福州古厝(古建築)保護・文化伝承フォーラム開幕式およびメインフォーラムが開催された。フォーラムには中国や日本、イスラエルの文化財保護などの専門家や、中国国内の一部都市の代表など500人余りが参加し、古建築や歴史文化街区、伝統的な集落の保護、伝承と利用を巡り交流と研究・討論を深めた。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2010112400645

    「セレ532」 4世紀最大級の施設群跡  秋津遺跡で見つかった施設群跡。区画があった場所にはビニールテープが張られている=24日、奈良県御所市

  12. 2010112400642

    「セレ530」 4世紀最大級の施設群跡  秋津遺跡で見つかった施設群跡。区画があった場所にはビニールテープが張られている。後方の山は葛城山(右)と金剛山(中央)=24日、奈良県御所市

  13. 2010112400404

    4世紀最大級の施設群跡  秋津遺跡で見つかった施設群跡。区画があった場所にはビニールテープが張られている=24日、奈良県御所市

  14. 2010112400399

    4世紀最大級の施設群跡  秋津遺跡で見つかった施設群跡。区画があった場所にはビニールテープが張られている=24日、奈良県御所市

  15. 2008091300144

    玄奘記述の「先王伽藍」か  「先王の建てた伽藍」とみられる仏教寺院跡が見つかった、アフガニスタン中部バーミヤン遺跡の発掘現場。ブロック状のものが寺院を囲んでいた土塀=7月30日(共同)

  16. 2008062500369

    アスファルト塊に貝の跡  「豊崎B遺跡」から見つかった天然アスファルトの塊=25日午後、北海道函館市

  17. 2008020800128

    「ほっとクリップ」【】  ピース一つに無限の可能性 レゴブロックで作り上げたロシアのワシーリー寺院。カラフルなタマネギ形の塔で知られる=東京都渋谷区

  18. 2002121000083

    【】  紫香楽宮で大型銅溶解炉 鍛冶屋敷遺跡から見つかった梵鐘の鋳造跡。手前山状の土の塊が中子=滋賀県信楽町

  19. 2002100300233

    【】  古墳期の豪族居館が出土  福岡県久留米市の「市の上東屋敷遺跡」で見つかった、古墳時代初頭の豪族の居館とみられる建物跡(人が立っている所)と、区画溝の遺構=3日午後

  20. 2001100400122

      供宴施設の北限確実に  石神遺跡の北限を区画する石組みの溝跡=4日午前、奈良県明日香村

  21. 2000071600034

      15世紀の集落、丸ごと出土  溝で区画された室町時代の建物群や道が見つかった上野遺跡=4月20日、三重県久居市戸木町

  22. 1999021900123

      中世最北の製鉄炉跡が出土  堂の下遺跡で出土した製鉄炉の跡(中央の塊は崩れた炉壁)=98(平成10)年11月、秋田県琴丘町鯉川

  23. 1999012900084

      唐古・鍵遺跡で区画溝  唐古・鍵遺跡で見つかった環濠(かんごう)内を区画する溝(縦に2本走る溝)=29日午前、奈良県田原本町

  24. 1998101900107

      国内最大のアスファルト塊  潟前(かたまえ)遺跡から出土した天然アスファルトの塊が詰まった縄文時代中期末の土器=19日、秋田県仙北町の秋田県埋蔵文化財センター

  25. 1998091100127

    偃師遺跡は殷初期の都城  中国河南省洛陽市郊外の偃師(えんし)商城遺跡の「大城」区画から出土した青銅器(共同)

  26. 1998073000115

      最古の首長居館跡が出土  方形の溝で囲まれた首長居館跡が出土した大阪府羽曳野市尺度の尺度遺跡

  27. 1997050700018

      後期旧石器時代の工房跡か  神奈川県相模原市の相模川沿い土地区画整理事業用地で、後期旧石器時代の矢の先端に付ける多数の尖頭器(せんとうき)と炉、柱跡と思われる穴が見つかった。遺跡を調査している「田名塩田遺跡群発掘調査団」は、日本最大級の工房だった可能性があるとしている

  28. 1996120400074

      下総国府の遺構が出土か  国府台遺跡で発掘された下総国府の遺構とみられる区画溝や建物跡=4日午後、千葉県市川市国府台の和洋女子大

  29. 1995011100056

      弥生後期に方形区画の居館  滋賀県守山市の伊勢遺跡で見つかった弥生時代後期の大型建物跡=平成4年9月(カラーネガ)

  30. 1995011100052

    弥生後期に方形区画の居館  滋賀県守山市の伊勢遺跡で見つかった弥生時代後期の大型建物跡=平成4年9月(カラーネガ)

  31. 1994121200065

    (平6国内15273) 首都中枢部を区画する塀か  〓向遺跡で見つかった3世紀後半から4世紀前半の土塁跡=奈良県桜井市巻野内☆糸ヘンにガンダレの中が墨☆糸ヘンにガンダレの中が墨(考古学)

  32. 1994100300074

    平6国内 12378 名古屋の誕生は室町以前  発掘調査が進む名古屋城三の丸遺跡の墓穴と墓地の区画溝=名古屋市中区(考古学)

  33. 1994080300013

    平6国内 9738 皇朝十二銭が出土  福岡県宗像市の三郎丸今井城遺跡から出土した銅銭の塊(上段)と(左から)和同開〓、万年通宝、神功開宝【注】写真では「和銅開〓」となっていますが「和同開〓」が正しい書き方です。(考古学)☆王ヘンに弥のツクリ

  34. 1994051900025

    平6国内 6085 弥生集落で最古の方形区画  大阪府和泉市と泉大津市にまたがる池上曽根遺跡で見つかった、弥生中期中ごろ(紀元前1世紀)のものとみられるさく跡の一部(考古学)

  35. 2017081600984

    「長崎大学附属図書館」「古写真」 稲佐悟真寺のロシア人墓地  悟真寺は慶長3年(1598)に創建された。キリシタン時代以降最初に再興された浄土宗の寺院。裏山には中国人やオランダ人が埋葬された。安政5年(1858)に発生したコレラのため、ロシア軍艦アスコルド号の乗組員20名が死亡し、ロシア人墓地が出来た。左上の墓標を囲う大きな堂が真新しい。墓域に明確な区画はない。墓地周囲に煉瓦塀を備えたのは大正7年(1918)のことである。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐47‐0]

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像