検索結果 7,809 件中 1 件 〜 50
  1. 2019121003363

    「新華社」 ジュラ紀の恐竜足跡化石、避暑山荘で多数発見河北省承徳市  河北省承徳市で発見された、保存状態が最も良い肉食恐竜の足跡化石。(組み合わせ写真、資料写真)中国河北省承徳市文物局と中国地質大学(北京)は6日、「避暑山荘の恐竜足跡に関する研究が得た重大成果」をテーマとした共同記者会見を行い、同市にある清代の離宮、避暑山荘とその周辺の寺院の敷地から、完全な状態で保存されたジュラ紀の恐竜の足跡化石を多数発見したと発表した。この発見は、恐竜の進化や地球の気候変動を研究する上で重要な価値を持つという。(承徳=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019120900545

    「新華社」 秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省  3日、遺構から出土した石製よろいの破片を手にする考古スタッフ。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019120900563

    「新華社」 秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省  3日、遺構から出土した石製よろいの破片。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019120900555

    「新華社」 秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省  3日、遺構から出土した石製よろいの破片。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019120900586

    「新華社」 秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省  3日、遺構から出土した遺物を並べる考古スタッフ。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019120900561

    「新華社」 秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省  3日、遺構から出土した石製よろいの破片。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019120900573

    「新華社」 秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省  3日、石製よろい工房遺構の発掘現場。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019120900546

    「新華社」 秦咸陽城遺跡で石製よろい工房遺構を発見陝西省  3日、石製よろい工房遺構の発掘現場。中国陝西省考古研究院は4日、同省の秦咸陽城遺跡の中心保護区で、石片をつなぎ合わせて作ったよろい「石製よろい」の工房遺構を発見したと明らかにした。秦始皇帝陵から出土した石製よろいの「工場」の一つだという。(咸陽=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019120200862

    「新華社」 旧石器時代の洞穴遺跡から文物200点超が出土天津  朝陽洞1号旧石器洞穴遺跡で行われた発掘調査の様子。(資料写真)中国天津市文化遺産保護センター、吉林大学辺境考古研究センターおよび同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所による初の発掘調査がこのほど、同市薊州区穿芳峪鎮果香峪村にある朝陽洞旧石器洞穴(どうけつ)遺跡で行われ、洞窟(どうくつ)遺跡2カ所から旧石器時代の石製品を含む各時代の文物200点余りが出土した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019120200881

    「新華社」 旧石器時代の洞穴遺跡から文物200点超が出土天津  朝陽洞旧石器洞穴遺跡から出土した石器の一部。(資料写真)中国天津市文化遺産保護センター、吉林大学辺境考古研究センターおよび同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所による初の発掘調査がこのほど、同市薊州区穿芳峪鎮果香峪村にある朝陽洞旧石器洞穴(どうけつ)遺跡で行われ、洞窟(どうくつ)遺跡2カ所から旧石器時代の石製品を含む各時代の文物200点余りが出土した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019120200731

    「新華社」 旧石器時代の洞穴遺跡から文物200点超が出土天津  朝陽洞旧石器洞穴遺跡から出土した石器の一部。(資料写真)中国天津市文化遺産保護センター、吉林大学辺境考古研究センターおよび同市薊州(けいしゅう)区文物保護管理所による初の発掘調査がこのほど、同市薊州区穿芳峪鎮果香峪村にある朝陽洞旧石器洞穴(どうけつ)遺跡で行われ、洞窟(どうくつ)遺跡2カ所から旧石器時代の石製品を含む各時代の文物200点余りが出土した。(天津=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019112900899

    55年内地 11273−2 弥生住居跡に焼けた人骨  末光遺跡群の土坑から発見された焼けた人骨。末光遺跡群は、弥生時代中・後期の遺跡群発掘調査が行われている=1980(昭和55)年12月15日、広島市安佐北区

  13. 2019112900895

    55年内地 11273−1 弥生住居跡に焼けた人骨  焼けた人骨が発見された末光遺跡群の土坑(矢印)。末光遺跡群は、弥生時代中・後期の遺跡群発掘調査が行われている=1980(昭和55)年12月15日、広島市安佐北区

  14. 2019120604474

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市の東湖のほとりにある「劉備郊天壇」の前の石碑に刻まれた「郊天壇題記」。郊天壇の由来などが書かれている。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019120604464

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」のそばにある古風で質朴な建物。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019120604421

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」の石壁に刻まれた文字。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019120604506

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」にある石像。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019120604445

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市の東湖のほとりにある「劉備郊天壇」の前を通り過ぎてゆく観光客。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019120604447

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市東湖風景区管理局が2003年に「劉備郊天壇」を再建した際に鋳造した鐘。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019120604431

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」の石壁などには、観光客が祈りを込めた赤い布が掛けられている。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019120604451

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市の東湖のほとりにある「劉備郊天壇」。「郊天台」とも呼ばれる。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019120604424

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」にある石像。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019120604482

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、「劉備郊天壇」に向かう石段に置かれた椅子に座って休む観光客。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019120604486

    「新華社」 三国志ゆかりの地、劉備郊天壇をゆく湖北省武漢市  28日、武漢市東湖風景区管理局が2003年に「劉備郊天壇」を再建した際に建てた石碑。後漢の建安13年(西暦紀元208年)、劉備一行は現在の湖北省武漢市東湖に到着してから、ある名もない山に登った。その山頂からの眺めが素晴らしかったことから、劉備はこの地に祭壇を建てることに決めた。古代中国では、天を祭る「祭天」は天子だけの特権だったため、当時まだ諸侯だった劉備はこの祭壇を「郊天」と呼んだという。「劉備郊天壇」は今では観光スポットになっており、武漢の東湖風景区にある磨山では、石壁や大鐘、「馬車」像などをみることができる。同地は1995年9月に国務院の審査を経て、「武漢東湖風景名勝区総体計画」の古代遺跡に登録された。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019120200394

    「新華社」 三国志の舞台「卓刀泉」を訪ねて湖北省武漢市  26日、湖北省武漢市の卓刀泉。中国湖北省武漢市にある卓刀泉は、1959年6月に武漢市文物(文化財)保護単位に指定された。史料によると、後漢の建安13(208)年に武昌(現在の武漢市武昌区)の伏虎山に駐屯した蜀の武将・関羽が水不足に悩み、刀を地面に突き立てたところ泉が湧き出たという。宋の時代に泉を祭る寺院が建立されたが、度重なる戦火で建物の大半が損壊。現在の建物は1916年ごろに再建されたもので、武漢最大の関帝廟となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019120200320

    「新華社」 三国志の舞台「卓刀泉」を訪ねて湖北省武漢市  26日、卓刀泉のそばにある石碑。中国湖北省武漢市にある卓刀泉は、1959年6月に武漢市文物(文化財)保護単位に指定された。史料によると、後漢の建安13(208)年に武昌(現在の武漢市武昌区)の伏虎山に駐屯した蜀の武将・関羽が水不足に悩み、刀を地面に突き立てたところ泉が湧き出たという。宋の時代に泉を祭る寺院が建立されたが、度重なる戦火で建物の大半が損壊。現在の建物は1916年ごろに再建されたもので、武漢最大の関帝廟となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019120200747

    「新華社」 パエストゥム考古学遺跡と古代蜀文明四川省で展覧会始まる  26日、四川博物院所蔵の「錯銀雲紋銅方壺」。ふたに鳥の形の取っ手が付いている。イタリアのパエストゥム考古学遺跡の出土品を展示する展覧会「地中海を彩色画で描く:ある古代都市の文明と幻想」が26日、中国四川省成都市の四川博物院で始まった。来場者は2千年以上前の地中海と古代蜀文明による時空を超えた対話を楽しんだ。パエストゥム考古学遺跡と四川博物院、四川省文物考古研究院は同日、連携協定を締結した。三者は今後、文化遺産の発掘や保護、展示、利用などの分野で交流や協力を進めていく。会期は2020年2月26日まで。(成都=新華社記者/童芳)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019120200342

    「新華社」 三国志の舞台「卓刀泉」を訪ねて湖北省武漢市  26日、卓刀泉周辺の風景。中国湖北省武漢市にある卓刀泉は、1959年6月に武漢市文物(文化財)保護単位に指定された。史料によると、後漢の建安13(208)年に武昌(現在の武漢市武昌区)の伏虎山に駐屯した蜀の武将・関羽が水不足に悩み、刀を地面に突き立てたところ泉が湧き出たという。宋の時代に泉を祭る寺院が建立されたが、度重なる戦火で建物の大半が損壊。現在の建物は1916年ごろに再建されたもので、武漢最大の関帝廟となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019120200329

    「新華社」 三国志の舞台「卓刀泉」を訪ねて湖北省武漢市  26日、卓刀泉のそばにある石碑。中国湖北省武漢市にある卓刀泉は、1959年6月に武漢市文物(文化財)保護単位に指定された。史料によると、後漢の建安13(208)年に武昌(現在の武漢市武昌区)の伏虎山に駐屯した蜀の武将・関羽が水不足に悩み、刀を地面に突き立てたところ泉が湧き出たという。宋の時代に泉を祭る寺院が建立されたが、度重なる戦火で建物の大半が損壊。現在の建物は1916年ごろに再建されたもので、武漢最大の関帝廟となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019120200345

    「新華社」 三国志の舞台「卓刀泉」を訪ねて湖北省武漢市  26日、湖北省武漢市の卓刀泉。中国湖北省武漢市にある卓刀泉は、1959年6月に武漢市文物(文化財)保護単位に指定された。史料によると、後漢の建安13(208)年に武昌(現在の武漢市武昌区)の伏虎山に駐屯した蜀の武将・関羽が水不足に悩み、刀を地面に突き立てたところ泉が湧き出たという。宋の時代に泉を祭る寺院が建立されたが、度重なる戦火で建物の大半が損壊。現在の建物は1916年ごろに再建されたもので、武漢最大の関帝廟となっている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019112701763

    「新華社」 大興安嶺・北山洞遺跡付近で新たな壁画を発見黒竜江省  23日、大興安嶺・北山洞遺跡付近で新たに見つかった岩画。中国黒竜江省大興安嶺(だいこうあんれい)地区呼中区の広報部門は23日、同地区北山洞遺跡付近で古代壁画と思われる岩画3カ所を新たに発見したと明らかにした。(ハルビン=新華社配信)=2019(令和元)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019112206528

    「12段用」 最古の清酒搾り遺構  京都市・嵯峨遺跡

  33. 2019112206527

    「12段用」 最古の清酒搾り遺構  京都市・嵯峨遺跡

  34. 2019112206526

    最古の清酒搾り遺構  京都市・嵯峨遺跡

  35. 2019112206525

    最古の清酒搾り遺構  京都市・嵯峨遺跡

  36. 2019112701663

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019112701611

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019112701653

    「新華社」 第1回国際黄檗禅フォーラム開催福建省福清市  22日、サブフォーラム「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」の会場。中国福建省福清市で22日、第1回国際黄檗禅フォーラムが開かれた。同フォーラムは黄檗文化の精神を深く研究し、中日両国の文化交流と相互学習を推進することを目的としている。黄檗文化は福清市の黄檗山を発祥の地とし、黄檗の名も同山に由来する。17世紀半ばに仏法を広めるため日本に渡った黄檗山萬福寺の高僧、隠元禅師がもたらした科学技術や儒学教育などが日本の江戸時代の社会発展を促進した。同フォーラムには多くの国や地域から仏教関係者や研究者、社会各界の人々約500人が出席。開幕・閉幕式のほか、サブフォーラム「黄檗禅、臨済禅と中国文化」並びに「隠元禅師、黄檗宗とアジア文明」が行われた。日本国内には現在、計444の黄檗宗寺院があり、信徒は1千万人近くに上る。黄檗文化の影響は次第に広がり、東南アジアや米国、カナダ、オーストラリアなど世界各地に及んでいる。(福清=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019112102752

    元年国内 7889B 出版でもブーム呼ぶ  吉野ケ里遺跡をめぐる雑誌や書籍の出版ブームが続いている 

  40. 2019112102748

    元年国内 7889A 奈良時代の土製馬出土  岡山市津寺の津寺遺跡から出土した奈良時代の土製馬 

  41. 2019112102100

    「X02」▽地域・歴史「新・古代史ブーム」(ウ) 若い世代が人気広める  遺跡の出土品を見学する「縄文女子旅」の参加者=新潟県十日町市

  42. 2019112102091

    「X02」▽地域・歴史「新・古代史ブーム」(イ) 若い世代が人気広める  青森市の三内丸山遺跡

  43. 2019112102089

    「X02」▽地域・歴史「新・古代史ブーム」(イ) 若い世代が人気広める  青森市の三内丸山遺跡

  44. 2019112701687

    「新華社」 観光業の発展が農村振興をけん引雲南省那柯里村  21日、那柯里村の「茶馬古道」遺跡。中国雲南省普洱(プーアル)市寧洱(ねいじ)ハニ族イ族自治県同心鎮の那柯里(なかり)村は、かつてこの地にあった普洱府の「茶馬古道」(雲南の茶とチベットの馬の交易ルート)の重要な宿場町として栄えた。同村はここ数年、古道の歴史文化資源を生かし、田園式村落を開発することで観光業を大いに発展させ、農村の振興をけん引している。(昆明=新華社記者/姚兵)=2019(令和元)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019112006583

    「12段用」 弥生前期最大の水田跡  奈良県御所市・中西遺跡

  46. 2019112006581

    「12段用」 弥生前期最大の水田跡  奈良県御所市・中西遺跡

  47. 2019112006578

    弥生前期最大の水田跡  奈良県御所市・中西遺跡

  48. 2019112006576

    弥生前期最大の水田跡  奈良県御所市・中西遺跡

  49. 2019112006101

    弥生前期最大の水田跡  奈良県御所市の中西遺跡で見つかった弥生時代前期の水田跡。白い線があぜの位置を示す。当時の人の足跡も残る=20日

  50. 2019112006098

    弥生前期最大の水田跡  奈良県御所市の中西遺跡で見つかった弥生時代前期の水田跡。白い線があぜの位置を示す=20日

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像