検索結果 3 件中 1 件 〜 3 件 "open"
  1. 2019110500378

    オーストロネシア語族に関する両岸考古学研究拠点、福建省平潭に開設  10月29日、平潭にある福建省沿海部で最も古い新石器時代の遺跡「殻丘頭遺跡」。1958年に発見された。オーストロネシア語族の起源において平潭が重要な地位にあることを示している。(小型無人機から)海峡両岸(中国の大陸と台湾地区)オーストロネシア語族考古教学実習基地が10月29日、福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区でオープンした。両岸による、オーストロネシア語族の台湾地区に関わる研究と教育、学術交流、研究成果の普及応用の拠点となる。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019110500808

    華清宮遺跡で土を突き固めて造られた建物の土台跡見つかる西安市  2日、空から見た華清宮朝元閣遺跡の全景。陝西(せんせい)省考古研究院は10日、考古学スタッフがこのほど同省西安市郊外に位置する唐代の離宮、華清宮(かせいきゅう)にある宮殿、朝元閣遺跡で発掘調査を行ったところ、土を突き固めて造られた大型建物の土台跡を発見し、その際に火焚(ひたき)の跡や支柱、整然と並んだ石柱の土台および蓮の花の模様が入った瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分をいう)などが出土したと発表した。朝元閣は同省西安市臨潼区の驪山(りざん)の頂上にあり、天宝2年(743年)に建てられた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019110500733

    華清宮遺跡で土を突き固めて造られた建物の土台跡見つかる西安市  2日、空から見た華清宮朝元閣遺跡の全景。陝西(せんせい)省考古研究院は10日、考古学スタッフがこのほど同省西安市郊外に位置する唐代の離宮、華清宮(かせいきゅう)にある宮殿、朝元閣遺跡で発掘調査を行ったところ、土を突き固めて造られた大型建物の土台跡を発見し、その際に火焚(ひたき)の跡や支柱、整然と並んだ石柱の土台および蓮の花の模様が入った瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分をいう)などが出土したと発表した。朝元閣は同省西安市臨潼区の驪山(りざん)の頂上にあり、天宝2年(743年)に建てられた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像