検索結果 223 件中 1 件 〜 50
  1. 2019102304811

    「新華社」 二里頭夏都遺跡博物館が開館「最古の王朝」の神秘の姿が明らかに  19日、空から見た二里頭夏都遺跡博物館。(小型無人機から)2年余りをかけて建設され、人々から大いに関心が寄せられていた二里頭夏都遺跡博物館が19日、中国河南省洛陽市で正式に開館した。青銅器、陶器、玉器、緑松石(トルコ石)器、骨角牙器など2千点余りの所蔵品が、「中国初の王都」二里頭遺跡の奥深さを解明している。二里頭遺跡は同市偃師(えんし)二里頭(にりとう)村にある、今から約3800~3500年前の遺跡で、1959年に歴史学者の徐旭生(じょ・きょくせい)氏によって発見された、夏王朝中後期の都。夏王朝は考古学や文献学によって中国最古の王朝として立証されている。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019102305008

    「新華社」 二里頭夏都遺跡博物館が開館「最古の王朝」の神秘の姿が明らかに  19日、空から見た二里頭夏都遺跡博物館。(小型無人機から)2年余りをかけて建設され、人々から大いに関心が寄せられていた二里頭夏都遺跡博物館が19日、中国河南省洛陽市で正式に開館した。青銅器、陶器、玉器、緑松石(トルコ石)器、骨角牙器など2千点余りの所蔵品が、「中国初の王都」二里頭遺跡の奥深さを解明している。二里頭遺跡は同市偃師(えんし)二里頭(にりとう)村にある、今から約3800~3500年前の遺跡で、1959年に歴史学者の徐旭生(じょ・きょくせい)氏によって発見された、夏王朝中後期の都。夏王朝は考古学や文献学によって中国最古の王朝として立証されている。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019101703436

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019101703522

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019101703467

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019101703488

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019080800192

    「新華社」 契丹・遼の文化遺構を訪ねて内モンゴル自治区  3日、空から見た遼代の祖陵祖州城遺跡。祖陵は遼を建国した太祖・耶律阿保機(やりつあぼき)の陵墓で、祖州城は祖陵に仕える人々が住まわされた城郭都市。このような都市を「奉陵邑(ほうりょうゆう)」と呼ぶ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン左旗は、かつて遼を建国し、モンゴル草原から中国東北部にわたる広大な帝国を築いた契丹(きったん)民族の文化の発祥地とされる。同地には豊かな契丹・遼文化が残されており、独特の特徴を持つ多くの遼代文化遺構がある。地元政府の効果的な保護の下で1100年以上の歴史を保つ遺構群には、悠久の歴史文化と優れた環境に魅せられた多くの観光客が訪れている。(赤峰=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019080800290

    「新華社」 契丹・遼の文化遺構を訪ねて内モンゴル自治区  1日、遼代石窟寺院の真寂之寺。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区赤峰市バイリン左旗は、かつて遼を建国し、モンゴル草原から中国東北部にわたる広大な帝国を築いた契丹(きったん)民族の文化の発祥地とされる。同地には豊かな契丹・遼文化が残されており、独特の特徴を持つ多くの遼代文化遺構がある。地元政府の効果的な保護の下で1100年以上の歴史を保つ遺構群には、悠久の歴史文化と優れた環境に魅せられた多くの観光客が訪れている。(赤峰=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019080501365

    「新華社」 グゲ王国遺跡の夕暮れチベット自治区  7月30日、夕暮れ時のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のグゲ王国遺跡は、人里離れた奥地にあるという地理的条件や神秘的な土柱が並ぶ景観、生き生きと輝く文明が人々の人気を集め、チベット観光をより深く楽しむ上で欠かすことのできない重要な構成部分の一つとなっている。10世紀前後の吐蕃(とばん)王朝末期に起きた内部紛争で誕生したグゲ王国は、その後数百年にわたりチベット高原西部で規模を拡大し、独特の文明を作り出した。(ガリ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019080501361

    「新華社」 グゲ王国遺跡の夕暮れチベット自治区  7月30日、夕暮れ時のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のグゲ王国遺跡は、人里離れた奥地にあるという地理的条件や神秘的な土柱が並ぶ景観、生き生きと輝く文明が人々の人気を集め、チベット観光をより深く楽しむ上で欠かすことのできない重要な構成部分の一つとなっている。10世紀前後の吐蕃(とばん)王朝末期に起きた内部紛争で誕生したグゲ王国は、その後数百年にわたりチベット高原西部で規模を拡大し、独特の文明を作り出した。(ガリ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019080501319

    「新華社」 グゲ王国遺跡の夕暮れチベット自治区  7月30日、夕暮れ時のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のグゲ王国遺跡は、人里離れた奥地にあるという地理的条件や神秘的な土柱が並ぶ景観、生き生きと輝く文明が人々の人気を集め、チベット観光をより深く楽しむ上で欠かすことのできない重要な構成部分の一つとなっている。10世紀前後の吐蕃(とばん)王朝末期に起きた内部紛争で誕生したグゲ王国は、その後数百年にわたりチベット高原西部で規模を拡大し、独特の文明を作り出した。(ガリ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019080501390

    「新華社」 グゲ王国遺跡の夕暮れチベット自治区  7月30日、グゲ王国遺跡の近くを流れる川。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のグゲ王国遺跡は、人里離れた奥地にあるという地理的条件や神秘的な土柱が並ぶ景観、生き生きと輝く文明が人々の人気を集め、チベット観光をより深く楽しむ上で欠かすことのできない重要な構成部分の一つとなっている。10世紀前後の吐蕃(とばん)王朝末期に起きた内部紛争で誕生したグゲ王国は、その後数百年にわたりチベット高原西部で規模を拡大し、独特の文明を作り出した。(ガリ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019080211155

    「新華社」 成都の東華門遺跡、唐代の御苑「摩訶池」の調査進む四川省  上空から見た東華門遺跡の発掘エリア。(資料写真、小型無人機から)中国四川省成都市で22日、成都都市考古学研究会が開かれ、市の中心部で近年調査が進む東華門遺跡のこれまでの発掘成果や最新の調査状況が紹介された。遺跡で見つかった「摩訶(まか)池」は隋代(6世紀末~7世紀初め)に建設が始まり、約600年後の宋代に至るまで整備が続けられた。唐代には皇室所有の「皇家園林」とされ、詩人の杜甫(とほ)も訪れた。同遺構は2014年にその一部が見つかった後も断続的な発掘調査が行われており、これまでの調査で歩道や庭園建築、用水路、井戸、小さな池などが見つかり、大量の陶磁器や建築部材が出土している。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019071006087

    「新華社」 成都中心部で新たな明代王府跡見つかる四川省  正府街遺跡で見つかった唐宋時代の大型建築遺構。(6月25日撮影、小型無人機から)中国四川省の成都文物考古研究院は26日、成都市中心部で昨年新たに明代の王府跡「正府街遺跡」を発見したと発表した。今回の発見は蜀王府と内江郡王府の発見に継ぐもので、晩唐から南宋時代にかけての大型建築遺構も確認されたことも併せて明らかにした。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2019(令和元)年6月25日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019060402922

    「新華社」 綏芬河流域で新たに遺跡18カ所を発見黒竜江省  上空から見た綏芬河流域。(資料写真)中国黒竜江省文物考古研究所はこのほど、綏芬河(すいふんが)流域で新たに遺跡18カ所を発見したことを明らかにした。遺跡の年代は、旧・新石器時代、青銅器時代、鉄器時代初期から遼、金、元、明、清代まで広い範囲に及ぶという。黒竜江省南東部に位置する綏芬河は、主に綏芬河市と東寧市が管轄する区域を流れ、ロシアを経由して日本海に注ぐ。東北アジアの重要河川の一つとされている。(ハルビン=新華社配信/黒竜江省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:黒竜江省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019052400390

    「新華社」 炳霊丹霞地形甘粛省永靖県  19日に撮影した甘粛省炳霊丹霞国家地質公園の炳霊石林。(小型無人機から)中国甘粛省臨夏回族自治州永靖県にある炳霊(へいれい)丹霞国家地質公園では、多くの地質遺跡が保存されており、切り立った断崖や険しい地形を特徴とする大規模な丹霞地形の景観を見ることができる。(永靖=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019052400486

    「新華社」 河南省で5千年前の玉器工房と首領墓見つかる  空から見た黄山遺跡発掘区。(小型無人機から、資料写真)中国の考古学関係者はこのほど、玉の産出地として名高い河南省南陽市の独山から北東約3キロにある黄山遺跡で、仰韶文化期(紀元前5000~紀元前3000年ごろ)に計画的に建設され、玉石器製作の中心的役割を担った集落跡と屈家嶺文化(紀元前3000~紀元前2600年ごろ)の氏族首領のものと思われる高度な造りの墓葬を発見した。4月29日には考古学者20人近くが視察と検討のため現場を訪れた。(南陽=新華社配信)=2019(平成31)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019071006082

    「新華社」 成都中心部で新たな明代王府跡見つかる四川省  空から見た正府街遺跡の発掘現場。(4月23日撮影、小型無人機から)中国四川省の成都文物考古研究院は26日、成都市中心部で昨年新たに明代の王府跡「正府街遺跡」を発見したと発表した。今回の発見は蜀王府と内江郡王府の発見に継ぐもので、晩唐から南宋時代にかけての大型建築遺構も確認されたことも併せて明らかにした。(成都=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2019(平成31)年4月23日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019040403155

    「新華社」 2018年中国考古学十大発見を発表  小型無人機で撮影した陝西省澄城県にある劉家窪東周遺跡の発掘現場。(資料写真)中国国家文物局の宋新潮(そう・しんちょう)副局長は29日、北京で「2018年全国十大考古学発見」を発表した。これらの発見は、文明の発展の軌跡を探求し、先人の生活風景を描くための手がかりとなる。発表された10項目は、広東省英徳市の青塘遺跡、湖北省沙洋県の城河新石器時代遺跡、陝西省延安市の蘆山峁新石器時代遺跡、新疆ウイグル自治区尼勒克(ニルカ)県の吉仁台溝口遺跡、山西省聞喜県の酒務頭商代墓地、陝西省澄城県の劉家窪東周遺跡、江蘇省張家港市の黄泗浦遺跡、河北省張家口市の太子城金代遺跡、重慶市の合川釣魚城范家堰南宋衙署遺跡、遼寧省の荘河海域甲午沈艦遺跡(経遠艦)水中調査。(北京=新華社配信)=2019(平成31)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019010812266

    「新華社」 陝西省劉家窪遺跡、芮国後期の都城跡と認定  陝西省澄城劉家窪遺跡の墓地発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国陝西省考古研究院の職員はこのほど、澄城(ちょうじょう)県劉家窪(りゅうかわ)遺跡での2年間の発掘調査により、同遺跡が西周から春秋時代の諸侯国、芮(ぜい)国後期の都城跡と認定されたことを明らかにした。芮国後期の考古学上の空白を埋める発見だという。芮国については、後世に伝わる文献資料でも簡潔な記述があったにすぎなかったが、同省韓城市梁帯村で2005年に芮国遺跡が発見されたことで、その研究に弾みがついた。劉家窪遺跡は、周代に陝西省関中地域東部で存在した諸侯国の興亡や北部の他民族との交流、政治情勢の変遷、人びとの流動状況、地方統治の模式を研究する上で、梁帯村遺跡に続く重要な資料となる。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(平成31)年1月6日、クレジット:陝西省考古研究院提供/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018122820491

    「新華社」 古都の夜にきらめく明堂と天堂河南省洛陽市  26日、隋唐洛陽城国家遺跡公園にある明堂。(小型無人機から)中国の古都、河南省洛陽市では夜のとばりが下りると、隋唐洛陽城国家遺跡公園にある2棟の古代建築、明堂と天堂がより一層きらびやかに輝き始めた。(洛陽=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018122820465

    「新華社」 古都の夜にきらめく明堂と天堂河南省洛陽市  26日、隋唐洛陽城国家遺跡公園にある明堂(右)と天堂。(小型無人機から)中国の古都、河南省洛陽市では夜のとばりが下りると、隋唐洛陽城国家遺跡公園にある2棟の古代建築、明堂と天堂がより一層きらびやかに輝き始めた。(洛陽=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018122820524

    「新華社」 古都の夜にきらめく明堂と天堂河南省洛陽市  26日、隋唐洛陽城国家遺跡公園にある明堂。(小型無人機から)中国の古都、河南省洛陽市では夜のとばりが下りると、隋唐洛陽城国家遺跡公園にある2棟の古代建築、明堂と天堂がより一層きらびやかに輝き始めた。(洛陽=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018122820527

    「新華社」 古都の夜にきらめく明堂と天堂河南省洛陽市  26日、隋唐洛陽城国家遺跡公園にある天堂。(小型無人機から)中国の古都、河南省洛陽市では夜のとばりが下りると、隋唐洛陽城国家遺跡公園にある2棟の古代建築、明堂と天堂がより一層きらびやかに輝き始めた。(洛陽=新華社記者/馮大鵬)=2018(平成30)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018121223537

    「新華社」 青島で第一次世界大戦遺跡博物館がオープン  11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館の外観。(小型無人機から)中国山東省青島市で11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館がオープンした。青島山第一次世界大戦公園内にあり、建築面積は1万平方メートル近くに達する。建物の外観は平和の象徴ハトを彷彿させる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018112615105

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018112615115

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018112615320

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018112615216

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018112615210

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018112615255

    「新華社」 黄岡大別山世界地質公園を訪ねて湖北省  22日に撮影した黄岡大別山世界地質公園。(小型無人機から)豊富な地質遺跡と生物資源をもつ黄岡(こうこう)大別山世界地質公園は、中国湖北省の北東部に位置し、地球探索、地質学習、遺跡保護、地質見学を一体にした公園で、2018年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界ジオパーク(地質公園)に認定された。(羅田=新華社記者/熊琦)=2018(平成30)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018110117743

    「新華社」 観光に依拠した特色ある町づくりで発展を推進河北省石家荘  27日、石家荘市鹿泉(ろくせん)区の徳明古鎮の夜景。(小型無人機から)中国河北省石家荘市は近年、観光施設と生活設備を整備し、生態観光(エコツーリズム)やレジャーリゾートを主力とした特色ある町(特色小鎮)を建設。歴史的遺跡、革命的遺跡、文化物語など人的・文化的資源をよりどころに、文化財保護と周辺環境の建設を強化し、文化的要素や美しい生態環境を有した文化観光の町を打ち立てた。観光に依拠した町の経済は、農村の発展を後押しし、現地の農民に富につながる道を提供した。(石家荘=新華社配信/張暁峰)=2018(平成30)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018110117722

    「新華社」 観光に依拠した特色ある町づくりで発展を推進河北省石家荘  26日、空から見た石家荘市平山(へいざん)県西柏坡(せいはくは)文旅小鎮。(小型無人機から)。中国河北省石家荘市は近年、観光施設と生活設備を整備し、生態観光(エコツーリズム)やレジャーリゾートを主力とした特色ある町(特色小鎮)を建設。歴史的遺跡、革命的遺跡、文化物語など人的・文化的資源をよりどころに、文化財保護と周辺環境の建設を強化し、文化的要素や美しい生態環境を有した文化観光の町を打ち立てた。観光に依拠した町の経済は、農村の発展を後押しし、現地の農民に富につながる道を提供した。(石家荘=新華社配信/梁子棟)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018102511159

    「新華社」 秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市  21日、夕日に照らされる王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018102511222

    「新華社」 秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市  21日、空から見た王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018102511344

    「新華社」 秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市  21日、空から見た王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018102511348

    「新華社」 秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市  21日、王家湾丹霞地形を訪れた観光客。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018102511225

    「新華社」 秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市  21日、空から見た王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018102511125

    「新華社」 秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市  21日、空から見た王家湾丹霞地形。黄土に覆われ、眼下の石油採掘施設も加え絵巻物のような風景となっている。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018102511171

    「新華社」 秋深まる王家湾丹霞地形陝西省延安市  21日、空から見た王家湾丹霞地形。(小型無人機から)中国西北黄土高原にある陝西省延安市安塞区坪橋(へいきょう)鎮王家湾の丹霞峡谷は、知る人ぞ知る絶景ポイントだ。秋が深まる中、渓谷はさまざまな表情を見せている。同渓谷は陝西省地質調査院が2017年に陝北(陝西省北部)と渭北(渭河の北)地区で発見した大規模な丹霞地形遺跡の一部で、山頂部が黄土に覆われ、谷底には流水による浸食が進んで赤みがかった砂岩が露出している。全体的な形状は主に地割れ型、坑道型、幅の広い谷型となっている。露出している岩石は筋目が波型で、色が赤茶色、形がそれぞれ異なり、晩秋の風景の中で起伏するそのラインは、流れる絵巻のようだ。陝西省国土資源庁丹霞地形段階的成果技術審査評議会の専門家チームの鑑定により、陝北と渭北地区の大規模な丹霞地形遺跡は、中国国内で発見された最大規模の丹霞地質遺跡景観エリアとされている。(延安=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018110209881

    「新華社」 北緯30度の神秘的な玉器の古い国安徽省凌家灘遺跡  10月16日、凌家灘墳墓祭祀区の様子。(小型無人機から)北緯30度線、神秘的で魅力的なエジプトのピラミッド、バビロンの「空中庭園」、マヤ文明の遺跡、中国の三星堆遺跡、バミューダトライアングル、チョモランマが同緯度線上にある。中国安徽省馬鞍山市含山県の凌家灘(りょうかたん)遺跡も同緯度線付近に位置する。同地で30年以上前に発見された約5800~5300年前の神秘的な玉器の国は、世界の注目を集め、人々に驚きを与えてきた。(馬鞍山=新華社記者/張端)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018100120689

    「新華社」 600年の時を経て川の流れが蘇る内モンゴル自治区  25日、かつての「枯れ川」の上流にある小さな湖。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗は黒河の下流に位置している。エジン旗内の黒水城(カラホト)遺跡付近にある流水のない「枯れ川」がこのほど、6世紀の時を経てよみがえり、再び黒河の恵みを得るようになった。事前の調査と研究を経て、エジン旗内の20キロにわたる「枯れ川」には水が通り、また放水作業により川沿いの植物が潤い、生態系の悪化は改善に向かった。同地は元々水と草に恵まれた美しいところで、古代は辺境警備のために開墾された重要な土地であった。しかし、たび重なる戦争で環境が破壊され、川の水流が断たれ、646年もの間枯れたままであった。また、周辺地域はその後数百年にわたって風と砂ぼこりによる侵食を受け、劣悪な生態環境下に置かれていたという。(エジン=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2018100120665

    「新華社」 600年の時を経て川の流れが蘇る内モンゴル自治区  25日、水路を貫いて走る道路。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗は黒河の下流に位置している。エジン旗内の黒水城(カラホト)遺跡付近にある流水のない「枯れ川」がこのほど、6世紀の時を経てよみがえり、再び黒河の恵みを得るようになった。事前の調査と研究を経て、エジン旗内の20キロにわたる「枯れ川」には水が通り、また放水作業により川沿いの植物が潤い、生態系の悪化は改善に向かった。同地は元々水と草に恵まれた美しいところで、古代は辺境警備のために開墾された重要な土地であった。しかし、たび重なる戦争で環境が破壊され、川の水流が断たれ、646年もの間枯れたままであった。また、周辺地域はその後数百年にわたって風と砂ぼこりによる侵食を受け、劣悪な生態環境下に置かれていたという。(エジン=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2018100120708

    「新華社」 600年の時を経て川の流れが蘇る内モンゴル自治区  25日、かつての「枯れ川」に水が流れている。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗は黒河の下流に位置している。エジン旗内の黒水城(カラホト)遺跡付近にある流水のない「枯れ川」がこのほど、6世紀の時を経てよみがえり、再び黒河の恵みを得るようになった。事前の調査と研究を経て、エジン旗内の20キロにわたる「枯れ川」には水が通り、また放水作業により川沿いの植物が潤い、生態系の悪化は改善に向かった。同地は元々水と草に恵まれた美しいところで、古代は辺境警備のために開墾された重要な土地であった。しかし、たび重なる戦争で環境が破壊され、川の水流が断たれ、646年もの間枯れたままであった。また、周辺地域はその後数百年にわたって風と砂ぼこりによる侵食を受け、劣悪な生態環境下に置かれていたという。(エジン=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019020519559

    「新華社」 重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる  小型無人機で撮影した重慶市涪陵区の藺市遺跡。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2018091816267

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、複雑な地形に建てられたチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2018091815980

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2018091816327

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、複雑な地形に建てられた建造物が残るチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2018091815864

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2018082715232

    「新華社」 自然が広がる古代の辺境の町山西省広霊県  24日、広霊県の郊外にある北斉長城の遺跡。(小型無人機から)第1回国家グリーンエネルギーモデル県に指定された中国山西省大同市広霊(こうれい)県は、県政府所在地である壺泉(こせん)鎮周辺の広大な湿地や、長い歴史を持つ北斉(ほくせい、550年-577年)長城などの美しい風景が、訪れた多くの観光客を魅了している。(広霊=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像