検索結果 286 件中 1 件 〜 50
  1. 2020011005854

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020011005846

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020011005896

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020011005897

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020011005898

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020011005893

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020011005879

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020011005895

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020011005881

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020011005821

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020011005890

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2020011005894

    「新華社」 雪化粧した太原古県城山西省太原市  7日、雪に覆われた太原古県城。(小型無人機から)中国山西省太原市で7日、雪が降り、同市の太原古県城も一面の雪景色となった。古県城は晋陽古城遺跡の一部で、城全体が翼を広げて空を舞う鳳凰に見えることから鳳凰城とも呼ばれている。(太原=新華社記者/曹陽)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019122401450

    元年国内 8949 豪族・葛城氏の居館跡か  古代豪族・葛城(かつらぎ)氏の居館跡とみられる石垣=奈良県御所市名柄の名柄遺跡(共同通信社ヘリから) 

  14. 2019120200893

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019120200935

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019120200824

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019120200931

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019120200942

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019120200950

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019120200914

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019120200813

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019120200695

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019112505200

    「新華社」 チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区  20日、ライトアップされ、金色に輝く大召寺。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019112505268

    「新華社」 チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区  20日、ライトアップされ、金色に輝く大召寺。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019111803634

    「新華社」 固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区  13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019111803765

    「新華社」 多くの色が入り交じる、空中から見た大明宮遺跡公園陝西省西安市  13日、広大な西安大明宮国家遺跡公園。(小型無人機から)中国陝西省西安市の北側に位置する唐代の歴史遺跡、大明宮国家遺跡公園ではこのところ、気温の変化に伴って木々が色づき、さまざまな色が入り交じる様子が出現。特に空中からは、まるで絵の具を盛ったパレットのような、独特の景観が見られる。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019111803561

    「新華社」 固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区  13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019111803656

    「新華社」 固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区  13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019111803690

    「新華社」 固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区  13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019111803328

    「新華社」 多くの色が入り交じる、空中から見た大明宮遺跡公園陝西省西安市  13日、色づいた西安大明宮国家遺跡公園周辺の街路樹。(小型無人機から)中国陝西省西安市の北側に位置する唐代の歴史遺跡、大明宮国家遺跡公園ではこのところ、気温の変化に伴って木々が色づき、さまざまな色が入り交じる様子が出現。特に空中からは、まるで絵の具を盛ったパレットのような、独特の景観が見られる。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019111803419

    「新華社」 固陽秦長城を訪ねて内モンゴル自治区  13日、空から見た内モンゴル自治区固陽県にある秦長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区包頭市固陽県中部の固陽秦長城遺跡は、セルテン(色爾騰)山の北側斜面上縁に位置し、同県内に95・6キロわたって延びている。長城の壁は大部分が山の中にあり、主に石積みで築かれたため、2千年以上経過しても良好な状態を保っている。山に沿って続く固陽秦長城は迫力に満ち、巨大な竜のようだ。(包頭=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019110608537

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019110608539

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019110608457

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019110608459

    「新華社」 遠望する雄大な明代の長城内モンゴル自治区  10月31日、内モンゴル自治区フフホト市清水河県内の明代の長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市清水河県北堡(ほくほ)郷内に残る明代の長城(明長城)の長さは155キロに及ぶ。そびえ立つ山々に抱かれ曲がりくねって続く長城には、防衛のための墩台(とんだい)と呼ばれる施設が林立しており、堂々として力強さを感じさせる。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019110701275

    「新華社」 表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省  10月31日、空から望む霊岩寺とその周辺の風景。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019110500378

    「新華社」 オーストロネシア語族に関する両岸考古学研究拠点、福建省平潭に開設  10月29日、平潭にある福建省沿海部で最も古い新石器時代の遺跡「殻丘頭遺跡」。1958年に発見された。オーストロネシア語族の起源において平潭が重要な地位にあることを示している。(小型無人機から)海峡両岸(中国の大陸と台湾地区)オーストロネシア語族考古教学実習基地が10月29日、福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区でオープンした。両岸による、オーストロネシア語族の台湾地区に関わる研究と教育、学術交流、研究成果の普及応用の拠点となる。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019102800892

    「新華社」 明代の長城遺跡を訪ねて内モンゴル自治区  22日、空から見た内モンゴル自治区フフホト市ホリンゴル県内の明代の長城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市ホリンゴル県内にある明代の長城(明長城)は、新店子鎮二道辺自然村を東端に、南西方向に続いている。ホリンゴルにある明長城は大部分が自然の地形を利用して造られている。その多くは泥土を固めた築地塀で、古代中国の重要な軍事防壁となっていた。(フフホト=新華社記者/任軍川)=2019(令和元)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019102800897

    「新華社」 シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区  19日、空から見た黒城遺跡の全景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019102800889

    「新華社」 シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区  19日、夕日に照らされる黒城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019102304811

    「新華社」 二里頭夏都遺跡博物館が開館「最古の王朝」の神秘の姿が明らかに  19日、空から見た二里頭夏都遺跡博物館。(小型無人機から)2年余りをかけて建設され、人々から大いに関心が寄せられていた二里頭夏都遺跡博物館が19日、中国河南省洛陽市で正式に開館した。青銅器、陶器、玉器、緑松石(トルコ石)器、骨角牙器など2千点余りの所蔵品が、「中国初の王都」二里頭遺跡の奥深さを解明している。二里頭遺跡は同市偃師(えんし)二里頭(にりとう)村にある、今から約3800~3500年前の遺跡で、1959年に歴史学者の徐旭生(じょ・きょくせい)氏によって発見された、夏王朝中後期の都。夏王朝は考古学や文献学によって中国最古の王朝として立証されている。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019102305008

    「新華社」 二里頭夏都遺跡博物館が開館「最古の王朝」の神秘の姿が明らかに  19日、空から見た二里頭夏都遺跡博物館。(小型無人機から)2年余りをかけて建設され、人々から大いに関心が寄せられていた二里頭夏都遺跡博物館が19日、中国河南省洛陽市で正式に開館した。青銅器、陶器、玉器、緑松石(トルコ石)器、骨角牙器など2千点余りの所蔵品が、「中国初の王都」二里頭遺跡の奥深さを解明している。二里頭遺跡は同市偃師(えんし)二里頭(にりとう)村にある、今から約3800~3500年前の遺跡で、1959年に歴史学者の徐旭生(じょ・きょくせい)氏によって発見された、夏王朝中後期の都。夏王朝は考古学や文献学によって中国最古の王朝として立証されている。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019102800758

    「新華社」 シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区  18日、空から見た黒城遺跡の全景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019102800787

    「新華社」 シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区  18日、空から見た黒城遺跡の全景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019102800919

    「新華社」 シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区  18日、空から見た黒城遺跡。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019102800821

    「新華社」 シルクロードに残る重要文化財黒城遺跡をゆく内モンゴル自治区  18日、空から見た黒城遺跡の全景。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗ダライフブ鎮(達来呼布鎮)の東南約25キロの場所にあり、シルクロード・草原の道で保存状態が比較的良好な古城遺跡、「黒城(カラ・ホト)遺跡」は、西暦9世紀に建てられ、2001年に第5回国家重点文物保護単位(国の重要文化財に相当)リストに登録された。西夏時代には、監軍司(地方を支配する官庁)「黒水鎮燕軍」の駐屯地が置かれていたという。19世紀から今日まで、文書などの貴重な文物が多く出土している同遺跡は、国内外の学術研究界から広く注目されている。(アルシャー=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019101703436

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019101703522

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019101703467

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019101703488

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像