検索結果 90 件中 1 件 〜 50
  1. 2020010602701

    「新華社」 まさに壮観!断崖絶壁に建てられた「懸空寺」をゆく山西省  25日、山西省大同市渾源県の恒山風景名勝区にある崖の上に建つ懸空寺。中国山西省大同市渾源県にある懸空寺(けんくうじ)は、北魏後期に中国の道教の聖地「北岳恒山」の断崖絶壁に建てられた寺院で、1500年以上の歴史を持つ。2010年には米タイム誌に「世界で最も危険な建物トップ10」に選ばれている。(渾源=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020010602650

    「新華社」 まさに壮観!断崖絶壁に建てられた「懸空寺」をゆく山西省  25日、山西省大同市渾源県の恒山風景名勝区にある崖の上に建つ懸空寺。中国山西省大同市渾源県にある懸空寺(けんくうじ)は、北魏後期に中国の道教の聖地「北岳恒山」の断崖絶壁に建てられた寺院で、1500年以上の歴史を持つ。2010年には米タイム誌に「世界で最も危険な建物トップ10」に選ばれている。(渾源=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020010602645

    「新華社」 まさに壮観!断崖絶壁に建てられた「懸空寺」をゆく山西省  25日、山西省大同市渾源県の恒山風景名勝区にある崖の上に建つ懸空寺。 中国山西省大同市渾源県にある懸空寺(けんくうじ)は、北魏後期に中国の道教の聖地「北岳恒山」の断崖絶壁に建てられた寺院で、1500年以上の歴史を持つ。2010年には米タイム誌に「世界で最も危険な建物トップ10」に選ばれている。(渾源=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020020300605

    「新華社」 遼・金代の古刹、華厳寺を訪ねて山西省大同市  山西省大同市の華厳寺境内に立つ普光明殿。(2019年12月24日撮影)中国山西省大同市の華厳寺は、中国に現存する遼・金代の寺院建築の中で比較的古く、かつ建造物がほぼ完全に保存されている。主要建築は東向きに建てられ、山門や普光明殿、大雄宝殿、薄伽経蔵殿、華厳宝塔など30余りの単体建築が緻密に配置されている。華厳寺は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。(太原=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019120200914

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019120200695

    「新華社」 内モンゴル自治区フフホト市で降雪寺院が雪化粧  11月30日、烏素図召の雪景色。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区フフホト市で11月29日、雪が降った。複数の寺院が軒を連ねる同市回民区内の烏素図召では、一帯が雪化粧し、美しい景観が人々を魅了した。(フフホト=新華社記者/彭源)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019112505178

    「新華社」 チベット仏教の聖地、煌びやかな大召寺をゆく内モンゴル自治区  20日、内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺の正門。中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区にある大召寺(別名「無量寺」)は、同市最古のチベット仏教寺院で、400年以上の歴史を持つ。2006年には国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。きらびやかな寺院建築が取り入れられた建物には、数多くの貴重な文物が保存されている。チベット仏教の聖地であり、歴史観光スポットでもある同寺には、毎年大勢の観光客が訪れる。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019120200423

    「新華社」 「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型  11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019102304811

    「新華社」 二里頭夏都遺跡博物館が開館「最古の王朝」の神秘の姿が明らかに  19日、空から見た二里頭夏都遺跡博物館。(小型無人機から)2年余りをかけて建設され、人々から大いに関心が寄せられていた二里頭夏都遺跡博物館が19日、中国河南省洛陽市で正式に開館した。青銅器、陶器、玉器、緑松石(トルコ石)器、骨角牙器など2千点余りの所蔵品が、「中国初の王都」二里頭遺跡の奥深さを解明している。二里頭遺跡は同市偃師(えんし)二里頭(にりとう)村にある、今から約3800~3500年前の遺跡で、1959年に歴史学者の徐旭生(じょ・きょくせい)氏によって発見された、夏王朝中後期の都。夏王朝は考古学や文献学によって中国最古の王朝として立証されている。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019102305008

    「新華社」 二里頭夏都遺跡博物館が開館「最古の王朝」の神秘の姿が明らかに  19日、空から見た二里頭夏都遺跡博物館。(小型無人機から)2年余りをかけて建設され、人々から大いに関心が寄せられていた二里頭夏都遺跡博物館が19日、中国河南省洛陽市で正式に開館した。青銅器、陶器、玉器、緑松石(トルコ石)器、骨角牙器など2千点余りの所蔵品が、「中国初の王都」二里頭遺跡の奥深さを解明している。二里頭遺跡は同市偃師(えんし)二里頭(にりとう)村にある、今から約3800~3500年前の遺跡で、1959年に歴史学者の徐旭生(じょ・きょくせい)氏によって発見された、夏王朝中後期の都。夏王朝は考古学や文献学によって中国最古の王朝として立証されている。(洛陽=新華社記者/李安)=2019(令和元)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019102304952

    「新華社」 山の中腹にひっそりと建つ重要文化財、海城金塔を訪ねて遼寧省  16日、山の中腹にひっそりと建つ海城金塔。中国遼寧省海城市(鞍山市の管轄下にある県級市)析木鎮から西北へ2・5キロ離れた羊角峪村の西側にある山の中腹にひっそりと建つ海城金塔は、遼代に建てられ、明代に重修された。その北側にはかつて「金塔大禅宝林寺」(金塔寺)という寺院がそびえていたという。塔全体の形や建築技法および契丹(きったん)民族の衣装をまとった人物像の彫刻が施されているなどの特徴から、遼代に建てられたと考えられている。この塔は1963年9月、遼寧省人民政府により省級重点文物保護単位(重要文化財)に指定された。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101101797

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイのカパーレーシュワラ寺院。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101101734

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイのカパーレーシュワラ寺院。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019092605091

    「新華社」 断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア  19日、空から望む世界遺産・プレアビヒア寺院。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/陳剛)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019092605033

    「新華社」 断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア  19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019092605057

    「新華社」 断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア  19日、空から望む世界遺産・プレアビヒア寺院。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/陳剛)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019092605043

    「新華社」 断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア  19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019092605049

    「新華社」 断崖絶壁に立つ世界遺産プレアビヒア寺院をゆくカンボジア  19日、カンボジア・プレアビヒア州にある世界文化遺産・プレアビヒア寺院の一角。カンボジア・シェムリアップ州で19日、同国プレアビヒア州にあるプレアビヒア寺院の保護と開発に関する国際調整委員会第5回技術委員会が開催された。同寺院は2008年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。9世紀から12世紀にかけて建設された同寺院は、クメール王朝時代を代表する大規模な石造寺院建築で、カンボジア・タイ国境の断崖の上に立つ。千年の歴史を持つ文化遺跡と断崖絶壁が織りなす圧巻の絶景は、見る者の心を震わせる感動を与えてくれる。カンボジアには現在、アンコール遺跡群、プレアビヒア寺院、サンボープレイクック遺跡群の3つの世界文化遺産があり、同国西南部には、全長450キロにおよぶ手付かずの海岸線をはじめ、エコツーリズム(生態観光)が楽しめる観光スポットが数多くある。(プレアビヒア州=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019092500838

    「新華社」 カンボジアの世界遺産、アンコール遺跡  17日、カンボジア・シェムリアップのアンコール遺跡にある王宮遺跡内の「空中の宮殿」ピミアナカス(Phimeanakas)。アンコール遺跡はカンボジアの首都プノンペンから北西300キロ余りのシェムリアップに位置し、アンコール・トムやアンコール・ワットが有名。1992年、その独特な建築や宗教文化遺跡により国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。(シェムリアップ=新華社配信/李玉輝)=2019(令和元)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019070405442

    「新華社」 三国志の赤壁古戦場を訪ねて湖北省赤壁市  2日、湖北省赤壁市の「赤壁之戦」遺跡にある拝風台。諸葛亮(孔明)が戦いが有利になるよう東風を祈った場所とされる。中国後漢時代の208年、現在の湖北省で三国志の英雄、曹操と孫権、劉備の軍勢が激突する大規模な戦役が行われた。史上「赤壁の戦い」と呼ばれる。「少数が多数を制し、弱者が強者に勝つ」戦いとして中国史上でも有名な戦役の一つであり、三国鼎立(ていりつ)の局面を開く契機となった。(赤壁=新華社記者/梁建強)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019072503283

    「新華社」 新石器時代の暮らしを物語る新楽文化遺跡を訪ねて遼寧省  瀋陽市の新楽遺跡の正面入り口。(6月30日撮影)新楽(しんらく)文化遺跡は中国遼寧省瀋陽市皇姑(こうこ)区黄河北大街北運河北岸の黄土高台の上にある。今から7200年余り前の新石器時代の遺跡で、1977年に初めて発掘が行われた。原始の母系氏族社会の共同体が繁栄した時代の村落遺跡で、敷地面積は17万8千平方メートル、居住地は約2万5千平方メートルにわたり、住居跡が密集している。出土品もかなり豊富で、石器はきめ細かい磨製石器の石斧や石鑿(いしのみ)、磨盤(まばん)、磨棒(すりこぎ)、スクレーパー(へら状の刃に柄を付けた工具の総称)など、土器は之字紋深腹罐(之字紋が押された筒型の甕)や高足鉢、唐箕(とうみ、穀物をふるい分けたり土を運んだりするのに用いる農具)の形をした器などが出土している。新楽遺跡は2001年、中国国務院により第5陣の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019062601506

    「新華社」 大連漢墓博物館を訪ねて  22日に撮影した大連漢墓博物館の外観。中国遼寧省大連市甘井子(かんせいし)区の大連漢墓(かんぼ)博物館は、区内の営城子(えいじょうし)漢墓群遺跡の上に建てられた遺跡博物館で、同遺跡とそこで出土した文化財を中心に展示している。同館に展示された墓や出土文物は、大連地域における漢代の政治や経済、社会状況を十分に反映していることから、中国の両漢(前漢と後漢)時代の文化研究にとって歴史的な意義がある。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019052700425

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018121223537

    「新華社」 青島で第一次世界大戦遺跡博物館がオープン  11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館の外観。(小型無人機から)中国山東省青島市で11日、青島第一次世界大戦遺跡博物館がオープンした。青島山第一次世界大戦公園内にあり、建築面積は1万平方メートル近くに達する。建物の外観は平和の象徴ハトを彷彿させる。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018060701052

    「新華社」 劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡、中日文化交流を促進  5日、成都の武侯祠にある漢昭烈廟(劉備の墓所)。中国各地に点在する劉備と諸葛孔明ゆかりの旧跡の中でも、成都の武侯祠は最も人気の高いスポットの一つだ。成都市諸葛孔明研究会の譚良嘯副会長は「成都市は三国時代、蜀漢の政治の中心だった。三国時代の文化遺跡は46カ所あり、全国でも群を抜いている」と語る。武侯祠は今でも多くの日本人観光客が訪れており、三国時代は中日文化交流の共通の関心事として注目されている。(成都=新華社記者/陳健)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018042600334

    「新華社」 陝西省一帯、特色ある町に「文化」が農村振興を後押し  2月26日、旧紡織工場から改修した「耀州磁坊」の外観。陝西省銅川市では「磁器文化」の町の建設が始まっている。2017年後半より、銅川市は「耀州窯」の歴史文化資源を開拓し、黄堡工業園区内にある10カ所の廃工場の改修を進めている。最終的に遺跡観光、研究・開発・生産、工芸体験、飲食・宿泊などを一体化した「耀磁小鎮」を建設する予定だ。歴史文化資源・産業遺産・現代陶磁器産業を融合し発展させようとしている。(西安=新華社記者/邵瑞)=2018(平成30)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2014082200616

    「継承2014」 国後との通信施設、戦跡に  かつて根室半島と北方領土・国後島を海底で結んでいた通信ケーブルの陸揚げ施設(5月)。下は保存が決まり戦争遺跡として整備が進む施設=12日、北海道根室市

  28. 2014010900065

    食事にキリンやフラミンゴ  イタリア南部のポンペイ遺跡=2013年7月(共同)

  29. 2013111100801

    カンボジア主張一部認める  カンボジア北部にある世界遺産のヒンズー教寺院遺跡「プレアビヒア」=5日(共同)

  30. 2013052600001

    モスクワ資料10   聖ワシリー寺院=2013年5月25日、モスクワ(共同)

  31. 2013011100269

    ミャンマー・資料  ミャンマー・マンダレー近郊のインワ遺跡=2012(平成24)年10月26日(共同)

  32. 2013010400228

    ミャンマー・資料  ミャンマー有数の観光地パガンの仏教遺跡群=2012(平成24)年10月28日(共同)

  33. 2013010400227

    ミャンマー・資料  ミャンマー有数の観光地パガンの仏教遺跡群=2012(平成24)年10月28日(共同)

  34. 2013010400204

    ミャンマー・資料  仏教遺跡で有名な観光地パガンの玄関口となるニャウンウー空港=2012(平成24)年10月28日、ミャンマー・パガン近郊(共同)

  35. 2013010400203

    ミャンマー・資料  仏教遺跡で有名な観光地パガンの玄関口となるニャウンウー空港=2012(平成24)年10月28日、ミャンマー・パガン近郊(共同)

  36. 2013010400201

    ミャンマー・資料  仏教遺跡で有名な観光地パガンの玄関口となるニャウンウー空港=2012(平成24)年10月28日、ミャンマー・パガン近郊(共同)

  37. 2012121300623

    「アジアンスタイル」 伝統マッサージ学校が人気  バンコクの仏教寺院ワット・ポー=13日(共同)

  38. 2012121300621

    「アジアンスタイル」 伝統マッサージ学校が人気  バンコクで古くから伝統医学を教えてきた仏教寺院ワット・ポー=13日(共同)

  39. 2012121200324

    1ページ特集「考古学この1年」 遺跡の爪痕相次ぎ報告  堺市の大山古墳

  40. 2012121200033

    大仏遺跡の壁、崩落危機  破壊された西大仏があったアフガニスタン中部バーミヤン遺跡の「仏龕」=7月(共同)

  41. 2012080100217

    73年ぶりの大規模修復へ  ローマの円形闘技場遺跡コロッセオ=7月30日(共同)

  42. 2011080800006

    古代ローマ遺跡で不審物  古代ローマ遺跡のコロッセオ=2009年2月、イタリア・ローマ市内(共同)

  43. 2009122800081

    「海外写真ニュース」5枚組みの(1) 危機遺産からの脱出願い  バーミヤンの遺跡での地雷の爆破処理。日本の支援でバーミヤンの歴史地区のすべての地雷除去作業が完了した(共同)

  44. 2009111000324

    国内最大の建物跡  纒向遺跡で新たに見つかった大型建物跡(画面下、破線で囲まれた部分)と箸墓古墳(後方)=5日、奈良県桜井市で共同通信社ヘリから

  45. 2009032300276

    「海外写真ニュース」5枚組みの(5) 沈黙のチベット僧  雪に包まれるスンツェリン寺院(共同)

  46. 2009013000205

    “邪馬台国”解明へ発掘  2月から発掘調査が開始される纒向遺跡の集落中心部とみられる場所(矢印)。右上は箸墓古墳=08年2月、奈良県桜井市

  47. 2008082900430

    ガンダン寺の観音像  モンゴル・ウランバートルのガンダン寺(正式名称、ガンダン・テグチンレン寺院)の観音堂にある開眼観音像(メグジド・ジャナライサク)=2008年8月29日(共同)

  48. 2008082900429

    モンゴルのガンダン寺  チベット仏教寺院ガンダン寺(正式名称、ガンダン・テグチンレン寺院)の観音堂=2008年8月29日、ウランバートル(共同)

  49. 2008073000308

    プレアビヒア遺跡  カンボジアとタイの国境にあるヒンズー教寺院遺跡「プレアビヒア」=2008年7月23日(共同)

  50. 2008073000304

    プレアビヒア遺跡  カンボジアとタイ国境にあるヒンズー教寺院遺跡「プレアビヒア」を訪れる観光客ら=2008年7月25日(共同)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像