検索結果 16 件中 1 件 〜 16 件 "中国貴州省"
  1. 2019090501036

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した墓の遺構。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  2. 2019090501039

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した骨製錐。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  3. 2019090501000

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した骨角製錐。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  4. 2019083001407

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡の概要が記された石碑。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019083001396

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  「貴州省重点文物保護単位」に指定されている招果洞遺跡の一角。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019083001398

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡の洞窟の入り口に積まれた土のサンプル。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019083001421

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡の発掘調査に用いられる道具の一部。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019083001390

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡から出土した石器の一部。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019083001410

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  招果洞遺跡の初期の発掘調査現場。(8月20日撮影)中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019040403055

    「新華社」 貴州省出土の石板墓、失われた民族の可能性考古学者が指摘  貴州省納雍県の墓葬遺跡から出土した銀製の蝶形留め具。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市納雍(のうよう)県で石板墓(天井や地面、側面を石板で囲った墓)の調査を行っていた考古研究者は、これらの墓が失われた民族のものである可能性を指摘した。2011年に同県百興鎮楊家寨村で始まった墓49基の発掘調査では、出土した装飾品の紋様が、省内で発見された同時代の漢族や少数民族の墓のものとは異なっていた。現在貴州で生活するどの民族とも一致せず、地方誌にも該当する民族に関する記載が見当たらないことから、研究者は明清時代に納雍河流域で生活し、現在では姿を消してしまった民族の墓ではないかと推測している。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019031801113

    「新華社」 務川県の考古調査で大量の遺跡や遺構見つかる貴州省  務川コーラオ族ミャオ族自治県の宝王廟(ほうおうびょう)遺跡で見つかった磁器のかけら。中国貴州省の考古研究者が行った務川(むせん)コーラオ族ミャオ族自治県の水銀鉱山遺跡での考古調査で、採掘・製錬遺跡や古墓、古道、関連建築遺跡、近現代の工業遺産などの各種遺跡・遺構が見つかった。同省北東部に位置する務川県は水銀資源が豊富で、古くから「コーラオ族のふるさと、丹砂の古県」と呼ばれている。(務川=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019031801093

    「新華社」 務川県の考古調査で大量の遺跡や遺構見つかる貴州省  務川コーラオ族ミャオ族自治県で発見された泥塘山(でいとうざん)古道の「修路記」石碑。中国貴州省の考古研究者が行った務川(むせん)コーラオ族ミャオ族自治県の水銀鉱山遺跡での考古調査で、採掘・製錬遺跡や古墓、古道、関連建築遺跡、近現代の工業遺産などの各種遺跡・遺構が見つかった。同省北東部に位置する務川県は水銀資源が豊富で、古くから「コーラオ族のふるさと、丹砂の古県」と呼ばれている。(務川=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019031801097

    「新華社」 務川県の考古調査で大量の遺跡や遺構見つかる貴州省  務川コーラオ族ミャオ族自治県で見つかった泥塘山(でいとうざん)古道。中国貴州省の考古研究者が行った務川(むせん)コーラオ族ミャオ族自治県の水銀鉱山遺跡での考古調査で、採掘・製錬遺跡や古墓、古道、関連建築遺跡、近現代の工業遺産などの各種遺跡・遺構が見つかった。同省北東部に位置する務川県は水銀資源が豊富で、古くから「コーラオ族のふるさと、丹砂の古県」と呼ばれている。(務川=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2018(平成30)年9月7日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019031801095

    「新華社」 務川県の考古調査で大量の遺跡や遺構見つかる貴州省  務川コーラオ族ミャオ族自治県で見つかった板場朱砂鉱山の鉱洞。中国貴州省の考古研究者が行った務川(むせん)コーラオ族ミャオ族自治県の水銀鉱山遺跡での考古調査で、採掘・製錬遺跡や古墓、古道、関連建築遺跡、近現代の工業遺産などの各種遺跡・遺構が見つかった。同省北東部に位置する務川県は水銀資源が豊富で、古くから「コーラオ族のふるさと、丹砂の古県」と呼ばれている。(務川=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2011(平成23)年11月18日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019031801100

    「新華社」 務川県の考古調査で大量の遺跡や遺構見つかる貴州省  務川コーラオ族ミャオ族自治県で見つかった古代の鉱山遺跡。中国貴州省の考古研究者が行った務川(むせん)コーラオ族ミャオ族自治県の水銀鉱山遺跡での考古調査で、採掘・製錬遺跡や古墓、古道、関連建築遺跡、近現代の工業遺産などの各種遺跡・遺構が見つかった。同省北東部に位置する務川県は水銀資源が豊富で、古くから「コーラオ族のふるさと、丹砂の古県」と呼ばれている。(務川=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2011(平成23)年11月14日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019040403082

    「新華社」 貴州省出土の石板墓、失われた民族の可能性考古学者が指摘  貴州省納雍県の墓葬遺跡の37号墓から出土した墓室天井部の石板。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市納雍(のうよう)県で石板墓(天井や地面、側面を石板で囲った墓)の調査を行っていた考古研究者は、これらの墓が失われた民族のものである可能性を指摘した。2011年に同県百興鎮楊家寨村で始まった墓49基の発掘調査では、出土した装飾品の紋様が、省内で発見された同時代の漢族や少数民族の墓のものとは異なっていた。現在貴州で生活するどの民族とも一致せず、地方誌にも該当する民族に関する記載が見当たらないことから、研究者は明清時代に納雍河流域で生活し、現在では姿を消してしまった民族の墓ではないかと推測している。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2011(平成23)年7月20日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像