検索結果 37 件中 1 件 〜 37 件 "Architecture"
  1. 2019052700604

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日に撮影した草庵寺の境内の一角。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019052700504

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の境内にある石彫りの「摩尼光仏」。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019052700456

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日に撮影した草庵山の麓にある井戸。1979年にこの井戸から、内側に「明教会」と刻まれた黒釉碗と「明」「教」「会」と刻まれた黒釉碗の破片13枚が発掘された。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019052700505

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「海上シルクロード」視察団が1991年に草庵遺跡を訪問したことを記念し、晋江市文物管理委員会が設置した記念碑。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019052700425

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019052700437

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺境内の崖に彫られた「摩尼光仏」。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019052700448

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の石段を上り、参拝に向かう観光客。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019052700606

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の境内にある樹齢千年のイブキの木。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019052700614

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の境内で撮影した摩崖石刻。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019052700443

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺の境内で撮影した摩崖石刻。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019052700445

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、草庵寺が中国の全国重点文物保護単位に指定されたことを示す石碑。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019052700423

    「新華社」 現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市  20日、崖に沿って建てられた草庵寺の正門。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019041101258

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、漢の建築様式に倣った閩越国王宮庭園の双闕(そうけつ、宮門両脇の望楼、復元)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019041101273

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、漢の建築様式に倣った閩越国王宮庭園の牌坊(復元)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019041101296

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、漢の建築様式に倣った閩越国王宮庭園の双闕(そうけつ、宮門両脇の望楼、復元)の一つ。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019020519361

    「新華社」 重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる  重慶市涪陵区藺市遺跡の葫芦丘3号墓から出土した晋代の陶俑。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2019(平成31)年1月8日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019020519557

    「新華社」 重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる  重慶市涪陵区藺市遺跡から出土した漢代の倒向屋基(とうこうおくき)1号墓。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019020519559

    「新華社」 重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる  小型無人機で撮影した重慶市涪陵区の藺市遺跡。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年9月19日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018091816044

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、崖の上に建つチベット自治区のグゲ王国遺跡。グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018091816267

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、複雑な地形に建てられたチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018091815980

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018091816144

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、チベット自治区のグゲ王国遺跡の一角。グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018091816327

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、複雑な地形に建てられた建造物が残るチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018091815864

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018091816120

    「新華社」 神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区  11日、チベット自治区のグゲ王国遺跡の一角。グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019020519291

    「新華社」 重慶藺市遺址で宋代の町と宿場の遺構見つかる  重慶市涪陵区藺市遺跡の発掘チームの集合写真。(資料写真)中国重慶市文化遺産研究院はこのほど、2018年度学術報告会で、涪陵(ふりょう)区の藺市(りんし)遺跡の天坪丘(てんへいきゅう)で建築物の基礎遺構が新たに発見されたことを明らかにした。宋代の四川・重慶地区における町と宿場の研究で重要な意義を持つ。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=2018(平成30)年6月7日、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018020600865

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、上泗安村で、現地特有の「青竜舞」をする地元の人々。24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018020600907

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、上泗安村の春節フェアで伝統舞踊「劃旱船」を披露する地元の人々。 24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018020600900

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、市場で「春聯」(縁起のいい対句を書いた赤い紙)を作る書道愛好家。 24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018020600866

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、上泗安村で、いかだに乗って「青竜舞」をする人々。 24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018020600851

    「新華社」 にぎわう春節フェア 浙江省湖州市長興県上泗安村  4日、上泗安村の春節フェアで地元の農産品を販売する人々。 24節気の一つ、立春を迎えた4日、中国浙江省湖州市長興県の泗安鎮上泗安村で伝統的な春節(旧正月)フェアが開催された。同フェアでは「春節の趣」をテーマに、正月用品が売り出されたほか、「青竜舞」(大勢で青竜を操りアクロバティックな動きを見せる伝統舞踊)「劃旱船」(船の形の模型を付けて行う民間の伝統舞踊)、餅つきなどの特色ある催しが披露され、地元の人々や観光客は「農村の新年」を疑似体験した。同村は千年の歴史を持つ古い町で、ここ2年、歴史的な遺跡を積極的に開発、河川の浄化や古い石橋、石道、石の波止場などの修復や整備に力を入れ、伝統的な建築流派に沿った建築物を建設し、古い通りや古民家宿などの観光プロジェクトを展開したことによって、文化、観光、エコを一体化した新型の「美しい農村」となった。(長興=新華社記者/徐昱)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2015042600002

    歴史刻む建築物、がれきに  強い地震でつぶれたカトマンズ中心部の寺院=25日(ゲッティ=共同)

  33. 2000102800053

     「海外写真ニュース」5枚組みの(5)  観光客魅了する遺跡群  アンコール遺跡群には建築物が崩れたまま放置されているものも多い。タ・プロムもその一つ(共同)

  34. 1999070100072

      新技術用いた建築様式 新技術の建築様式で建てられていたとみられる「伊勢遺跡」の高床式建物跡(滋賀県守山市教育委員会提供)

  35. 1999011500063

      実物の寺院使って耐震実験  伝統的な木造建築物の耐震性などを調べる芝浦工大の研究グループ=15日午前、香川県坂出市の西園寺

  36. 1995091400071

    縄文期の木柱など出土  縄文時代の木造建築物の遺構とみられる柱根が多数出土した小山崎遺跡=山形県飽海郡遊佐町

  37. 2018060600888

    「新華社」 560点の古い写真に見る中国の古建築物の美  展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」で展示される、1941年に中国営造学社が撮影した懸山建築の山門(寺院の正門)。「龍居古刹」の4文字が見える。中国四川省の成都博物館は9日から、著名建築家の梁思成氏らが残した同省徳陽市南西部の古城広漢市の古い写真560点を展示する展覧会「都市の姿-営造学社のレンズを通した広漢」を開く。これらの写真の中の広漢の姿を通して、昔の中国の都市を垣間見ることができる。1930年に設立された中国営造学社は、古い建築物の保護・研究を目的とした民間学術団体で、梁思成氏や劉惇楨氏など著名な学者が集まっていた。1941年に、広漢出身の戴季陶氏が県誌の改訂を提案し、営造学社に参加を求めた。営造学社は長く広漢に滞在し、一通りの建物を写真に収め、詳細な測量や製図も行ったが、これらの写真は結局発表されず、その存在も次第に忘れられていった。だが数年前、中国中央テレビ(CCTV)の胡勁草ディレクターがドキュメンタリー番組「梁思成林徽因」撮影のために、清華大学建築学院資料室で資料を調べていた際、偶然これらの白黒写真を発見した。(成都=新華社配信/成都博物館提供)=1941(昭和16)年、クレジット:成都博物館提供/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像