検索結果 70 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019082100761

    「新華社」 中日黄檗文化研究交流会、京都で開催  16日、中日黄檗文化研究会の会場で講話を行う日本の煎茶道・黄檗売茶道の二代目家元、中澤弘幸氏。京都市にある黄檗(おうばく)宗の寺院、閑臥庵で16日、中日黄檗文化研究交流会が開催された。同会には中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や福清市の福山寺住職を務める賢済(けんさい)法師、泉州市の円覚寺監院を務める妙梵(みょうはん)法師、福清市の福山一拂書院院長で京都黄檗文化研究所研究員の林観潮(りん・かんちょう)氏、日本の雑誌「和華」編集長の孫秀蓮(そん・しゅうれん)氏らが共同で結成した中日黄檗文化連合訪問団をはじめとする中日両国の関係者約100人が出席した。閑臥庵は福建省福州府長楽県出身の千呆性侒(せんがいしょうあん)禅師を招き、江戸時代の1671年に開山した。(京都=新華社配信/井岡今日子)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019082100767

    「新華社」 中日黄檗文化研究交流会、京都で開催  16日、中日黄檗文化研究会の会場で講話を行う日本の煎茶道・黄檗売茶道の二代目家元、中澤弘幸氏。京都市にある黄檗(おうばく)宗の寺院、閑臥庵で16日、中日黄檗文化研究交流会が開催された。同会には中国福建省の福清黄檗文化促進会と日本の一般社団法人・黄檗文化促進会の会長を兼務する林文清(りん・ぶんせい)氏や福清市の福山寺住職を務める賢済(けんさい)法師、泉州市の円覚寺監院を務める妙梵(みょうはん)法師、福清市の福山一拂書院院長で京都黄檗文化研究所研究員の林観潮(りん・かんちょう)氏、日本の雑誌「和華」編集長の孫秀蓮(そん・しゅうれん)氏らが共同で結成した中日黄檗文化連合訪問団をはじめとする中日両国の関係者約100人が出席した。閑臥庵は福建省福州府長楽県出身の千呆性侒(せんがいしょうあん)禅師を招き、江戸時代の1671年に開山した。(京都=新華社配信/井岡今日子)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019072900226

    「新華社」 成都市で戦国時代「第8の雄」中山国の特別展四川省  25日、金沙遺跡博物館の展示ホール。中国四川省成都市の金沙遺跡博物館で25日、「発見・中山国」展が開幕した。戦国時代(紀元前475年~同221年)に「戦国七雄」と呼ばれた大国に次ぐ8番目の勢力とされつつも神秘のベールに包まれていた中山国の姿が明らかになる。(成都=新華社配信/張艶)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019072503341

    「新華社」 新石器時代の暮らしを物語る新楽文化遺跡を訪ねて遼寧省  瀋陽市の新楽遺跡博物館の展示ホールを見学する来館者。(6月30日撮影)新楽(しんらく)文化遺跡は中国遼寧省瀋陽市皇姑(こうこ)区黄河北大街北運河北岸の黄土高台の上にある。今から7200年余り前の新石器時代の遺跡で、1977年に初めて発掘が行われた。原始の母系氏族社会の共同体が繁栄した時代の村落遺跡で、敷地面積は17万8千平方メートル、居住地は約2万5千平方メートルにわたり、住居跡が密集している。出土品もかなり豊富で、石器はきめ細かい磨製石器の石斧や石鑿(いしのみ)、磨盤(まばん)、磨棒(すりこぎ)、スクレーパー(へら状の刃に柄を付けた工具の総称)など、土器は之字紋深腹罐(之字紋が押された筒型の甕)や高足鉢、唐箕(とうみ、穀物をふるい分けたり土を運んだりするのに用いる農具)の形をした器などが出土している。新楽遺跡は2001年、中国国務院により第5陣の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019072503359

    「新華社」 新石器時代の暮らしを物語る新楽文化遺跡を訪ねて遼寧省  瀋陽市の新楽遺跡博物館のホールに展示されている石斧。(6月30日撮影)新楽(しんらく)文化遺跡は中国遼寧省瀋陽市皇姑(こうこ)区黄河北大街北運河北岸の黄土高台の上にある。今から7200年余り前の新石器時代の遺跡で、1977年に初めて発掘が行われた。原始の母系氏族社会の共同体が繁栄した時代の村落遺跡で、敷地面積は17万8千平方メートル、居住地は約2万5千平方メートルにわたり、住居跡が密集している。出土品もかなり豊富で、石器はきめ細かい磨製石器の石斧や石鑿(いしのみ)、磨盤(まばん)、磨棒(すりこぎ)、スクレーパー(へら状の刃に柄を付けた工具の総称)など、土器は之字紋深腹罐(之字紋が押された筒型の甕)や高足鉢、唐箕(とうみ、穀物をふるい分けたり土を運んだりするのに用いる農具)の形をした器などが出土している。新楽遺跡は2001年、中国国務院により第5陣の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019072503281

    「新華社」 新石器時代の暮らしを物語る新楽文化遺跡を訪ねて遼寧省  瀋陽市の新楽遺跡博物館のホールに展示されている土器の壺。(6月30日撮影)新楽(しんらく)文化遺跡は中国遼寧省瀋陽市皇姑(こうこ)区黄河北大街北運河北岸の黄土高台の上にある。今から7200年余り前の新石器時代の遺跡で、1977年に初めて発掘が行われた。原始の母系氏族社会の共同体が繁栄した時代の村落遺跡で、敷地面積は17万8千平方メートル、居住地は約2万5千平方メートルにわたり、住居跡が密集している。出土品もかなり豊富で、石器はきめ細かい磨製石器の石斧や石鑿(いしのみ)、磨盤(まばん)、磨棒(すりこぎ)、スクレーパー(へら状の刃に柄を付けた工具の総称)など、土器は之字紋深腹罐(之字紋が押された筒型の甕)や高足鉢、唐箕(とうみ、穀物をふるい分けたり土を運んだりするのに用いる農具)の形をした器などが出土している。新楽遺跡は2001年、中国国務院により第5陣の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019072503307

    「新華社」 新石器時代の暮らしを物語る新楽文化遺跡を訪ねて遼寧省  瀋陽市の新楽遺跡博物館のホールに展示されている玉のネックレス。(6月30日撮影)新楽(しんらく)文化遺跡は中国遼寧省瀋陽市皇姑(こうこ)区黄河北大街北運河北岸の黄土高台の上にある。今から7200年余り前の新石器時代の遺跡で、1977年に初めて発掘が行われた。原始の母系氏族社会の共同体が繁栄した時代の村落遺跡で、敷地面積は17万8千平方メートル、居住地は約2万5千平方メートルにわたり、住居跡が密集している。出土品もかなり豊富で、石器はきめ細かい磨製石器の石斧や石鑿(いしのみ)、磨盤(まばん)、磨棒(すりこぎ)、スクレーパー(へら状の刃に柄を付けた工具の総称)など、土器は之字紋深腹罐(之字紋が押された筒型の甕)や高足鉢、唐箕(とうみ、穀物をふるい分けたり土を運んだりするのに用いる農具)の形をした器などが出土している。新楽遺跡は2001年、中国国務院により第5陣の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019072503327

    「新華社」 新石器時代の暮らしを物語る新楽文化遺跡を訪ねて遼寧省  瀋陽市の新楽遺跡博物館のホールに展示されている「之字紋斜口器」。(6月30日撮影)新楽(しんらく)文化遺跡は中国遼寧省瀋陽市皇姑(こうこ)区黄河北大街北運河北岸の黄土高台の上にある。今から7200年余り前の新石器時代の遺跡で、1977年に初めて発掘が行われた。原始の母系氏族社会の共同体が繁栄した時代の村落遺跡で、敷地面積は17万8千平方メートル、居住地は約2万5千平方メートルにわたり、住居跡が密集している。出土品もかなり豊富で、石器はきめ細かい磨製石器の石斧や石鑿(いしのみ)、磨盤(まばん)、磨棒(すりこぎ)、スクレーパー(へら状の刃に柄を付けた工具の総称)など、土器は之字紋深腹罐(之字紋が押された筒型の甕)や高足鉢、唐箕(とうみ、穀物をふるい分けたり土を運んだりするのに用いる農具)の形をした器などが出土している。新楽遺跡は2001年、中国国務院により第5陣の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019072503261

    「新華社」 新石器時代の暮らしを物語る新楽文化遺跡を訪ねて遼寧省  瀋陽市の新楽遺跡博物館のホールに展示されているさまざまな土器。(6月30日撮影)新楽(しんらく)文化遺跡は中国遼寧省瀋陽市皇姑(こうこ)区黄河北大街北運河北岸の黄土高台の上にある。今から7200年余り前の新石器時代の遺跡で、1977年に初めて発掘が行われた。原始の母系氏族社会の共同体が繁栄した時代の村落遺跡で、敷地面積は17万8千平方メートル、居住地は約2万5千平方メートルにわたり、住居跡が密集している。出土品もかなり豊富で、石器はきめ細かい磨製石器の石斧や石鑿(いしのみ)、磨盤(まばん)、磨棒(すりこぎ)、スクレーパー(へら状の刃に柄を付けた工具の総称)など、土器は之字紋深腹罐(之字紋が押された筒型の甕)や高足鉢、唐箕(とうみ、穀物をふるい分けたり土を運んだりするのに用いる農具)の形をした器などが出土している。新楽遺跡は2001年、中国国務院により第5陣の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019072503304

    「新華社」 新石器時代の暮らしを物語る新楽文化遺跡を訪ねて遼寧省  瀋陽市の新楽遺跡博物館の展示ホールを見学する来館者。(6月30日撮影)新楽(しんらく)文化遺跡は中国遼寧省瀋陽市皇姑(こうこ)区黄河北大街北運河北岸の黄土高台の上にある。今から7200年余り前の新石器時代の遺跡で、1977年に初めて発掘が行われた。原始の母系氏族社会の共同体が繁栄した時代の村落遺跡で、敷地面積は17万8千平方メートル、居住地は約2万5千平方メートルにわたり、住居跡が密集している。出土品もかなり豊富で、石器はきめ細かい磨製石器の石斧や石鑿(いしのみ)、磨盤(まばん)、磨棒(すりこぎ)、スクレーパー(へら状の刃に柄を付けた工具の総称)など、土器は之字紋深腹罐(之字紋が押された筒型の甕)や高足鉢、唐箕(とうみ、穀物をふるい分けたり土を運んだりするのに用いる農具)の形をした器などが出土している。新楽遺跡は2001年、中国国務院により第5陣の全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019061805478

    「新華社」 中国の華道愛好家が日本の池坊を体験福建省アモイ市  14日、受講生のために会場で花を生ける華道家元池坊教授、中川田薫子氏(右)。中国福建省アモイ市の茶芸教室、伴庭芳学堂は14、15両日、日本の華道家元池坊教授3人を招き講座を開いた。中国の華道愛好家20人が本場の池坊の生け花を体験した。池坊は日本の華道で最も古い流派で、6世紀に日本のある使者が中国から仏に花を供える文化を持ち帰り、京都の有名な寺院の池のほとりの離れに隠居し生け花の研究に打ち込み、それが代々受け継がれたことから、その名がついたといわれる。立花(りっか)と生花(しょうか)、自由花(じゆうか)の三つの基本スタイルがある。(アモイ=新華社配信/楊燦霞)=2019(令和元)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019041101291

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、武夷山市城村から出土した閩越国時代の橙黄陶犀角器。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019041101298

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、福建閩越王城博物館の第1展示ホール。建物の前には閩越国初代国王・騶無諸(すう・むしょ)の像が立つ。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019041101299

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、武夷山市城村漢城遺址から出土した閩越国時代の鉄鋌銅箭簇(てっていどうせんぞく)。鏃(やじり)の先端が銅、柄の部分が鉄で出来ている。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019041101302

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、浦城県から出土した新石器時代末期の灰陶罐(かいとうかん)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019041101284

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、浦城県から出土した商代の印紋硬陶罐。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019041101310

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、武夷山市から出土した閩越国時代の水波紋双耳陶提桶。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019041101258

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、漢の建築様式に倣った閩越国王宮庭園の双闕(そうけつ、宮門両脇の望楼、復元)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019041101289

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、福建閩越王城博物館を見学する人々。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019041101273

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、漢の建築様式に倣った閩越国王宮庭園の牌坊(復元)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019041101308

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、武夷山市で出土した閩越国時代の各種瓦当(がとう、軒瓦の先端部分)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019041101309

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、浦城県から出土した閩越国時代の灰陶香薫(かいとうこうくん)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019041101313

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、武夷山市で出土した閩越国時代の瓦当(がとう、軒瓦の先端部分)。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019041101319

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、福建閩越王城博物館を見学する人々。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019041101322

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、福建閩越王城博物館の第1展示ホールの門。中庭には閩越国初代国王・騶無諸(すう・むしょ)の像が立つ。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019041101257

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、台湾で出土した五代時代(10世紀)の台湾原住民による蛇紋陶器。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019041101286

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、武夷山市城村の後門山墓から出土した五代時代(10世紀)の青磁の鉢。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019041101287

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、福建閩越王城博物館の正門。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019041101296

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、漢の建築様式に倣った閩越国王宮庭園の双闕(そうけつ、宮門両脇の望楼、復元)の一つ。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019041101303

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、福建閩越王城博物館を見学する人々。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019041101311

    「新華社」 福建閩越王城博物館を訪ねて  3月27日、武夷山市から出土した閩越国時代の弦紋方格紋灰陶瓮。中国福建省武夷山市興田鎮にある福建閩越(びんえつ)王城博物館は、全国重点文物保護単位に指定される城村漢城遺址の管理も行う遺跡型博物館。1999年に建設された。同館が所蔵する文化財は4600点。現在は「閩越国歴史文化文物特別展」が開催されており、1316平方メートルの展示ホールに漢代の金器や銀器、銅器、陶磁器など2級文化財14点、3級文化財191点を含む貴重な文化財600点余りが展示さている。図表や文字、実物、レプリカなどを用い、閩越国が2100年以上前の漢代初期に建国してから漢に背き滅ぼされるまでの約100年間にわたる歴史を紹介している。(武夷山=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018122025471

    「新華社」 マヤと金沙、「時空を超えた」古代文明の対話  18日、展示ホールの入り口。「マヤの世界:ロサンゼルス・カウンティ美術館所蔵古代マヤ芸術品特別展」が18日、中国の成都金沙遺跡博物館で開幕した。米ロサンゼルス・カウンティ美術館が所蔵する214点(セット)の古代中米芸術品の傑作が展示され、遠く離れた2つの古代文明の「時空を超えた」対話が実現した。(成都=新華社配信/張艶)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2018122025491

    「新華社」 マヤと金沙、「時空を超えた」古代文明の対話  18日、貴重な文化財が並ぶ展示ホール。「マヤの世界:ロサンゼルス・カウンティ美術館所蔵古代マヤ芸術品特別展」が18日、中国の成都金沙遺跡博物館で開幕した。米ロサンゼルス・カウンティ美術館が所蔵する214点(セット)の古代中米芸術品の傑作が展示され、遠く離れた2つの古代文明の「時空を超えた」対話が実現した。(成都=新華社配信/張艶)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2018122025495

    「新華社」 マヤと金沙、「時空を超えた」古代文明の対話  18日、貴重な文化財が並ぶ展示ホール。「マヤの世界:ロサンゼルス・カウンティ美術館所蔵古代マヤ芸術品特別展」が18日、中国の成都金沙遺跡博物館で開幕した。米ロサンゼルス・カウンティ美術館が所蔵する214点(セット)の古代中米芸術品の傑作が展示され、遠く離れた2つの古代文明の「時空を超えた」対話が実現した。(成都=新華社配信/張艶)=2018(平成30)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2018110209898

    「新華社」 成都の金沙博物館が南半球最大の博物館と協力協定締結  10月30日、成都市で開催された協力開始式典の会場。「自然と文化を通じて出会う・古蜀金沙(こしょくきんさ)とオーストラリア」協力開始式典が10月30日午後、中国四川省の成都市で開催された。今後、金沙遺跡博物館と、南半球最大の博物館であるオーストラリア・ビクトリア州のメルボルン博物館を運営するミュージアム・ビクトリア(MV)は手を携え、一連の友好協力活動を行っていく。今年9月に金沙遺跡博物館とMVがメルボルン市で期間5年の「学術協力共同構築協定」を締結。双方が専門職員の交流や交換展示の開催、プロジェクト協力を進める他、文化財の収蔵、保護、博物館デジタル化技術や管理運営などの分野における専門知識を共有することを取り決めた。今回の式典を機に、両館はより長期的で深い協力関係構築へと踏み出す。MVはオーストラリア最大の博物館運営機関であり、現在はメルボルン博物館と王立展示館、移住博物館など3つの博物館が見学可能。収蔵品は計1700万点余りに上り、自然科学からアボリジニ文化、社会・歴史、科学技術など多くの分野を網羅している。(成都=新華社配信/張艶)=2018(平成30)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2018092825646

    「新華社」 古代南方シルクロードの秘宝や珍品三星堆博物館で公開  26日、特別展会場の一角。中国南西地域各民族の商時代から漢時代にかけての秘宝や珍品240点(組)が展示される「人と神―古代南方シルクロード文化財特別展」が26日、四川省広漢市の三星堆博物館で始まった。今回の特別展は三星堆博物館と雲南省博物館、昆明市博物館、雲南李家山青銅器博物館、成都金沙遺跡博物館、涼山州博物館の共催で、12月26日まで開かれ、期間中には学術講座や社会教育文化イベントが行われる。(成都=新華社記者/童芳)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2018092825616

    「新華社」 古代南方シルクロードの秘宝や珍品三星堆博物館で公開  26日、展示ホール入口。中国南西地域各民族の商時代から漢時代にかけての秘宝や珍品240点(組)が展示される「人と神―古代南方シルクロード文化財特別展」が26日、四川省広漢市の三星堆博物館で始まった。今回の特別展は三星堆博物館と雲南省博物館、昆明市博物館、雲南李家山青銅器博物館、成都金沙遺跡博物館、涼山州博物館の共催で、12月26日まで開かれ、期間中には学術講座や社会教育文化イベントが行われる。(成都=新華社記者/童芳)=2018(平成30)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2018092517631

    「新華社」 中日青年友好公益ライブイベント、古都西安で開催  23日、中日青年友好公益ライブイベントの会場の様子。2018·回望長安-中日文化交流イベント「長安景盛桜花紅-中日青年友好公益ライブイベント」が23日、中国陝西省西安市の大明宮(だいめいきゅう)国家遺跡公園で行われ、中日両国の青年歌手が観衆にすばらしいパフォーマンスを披露した。(西安=新華社記者/張博文)=2018(平成30)年9月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2018080800409

    「新華社」 中国の無形文化遺産「吉州窯」の新作陶磁器、日本にお目見え  6日、横浜の展覧会場で来場者に作品の詳細を解説する無形文化遺産「吉州窯」の陶磁器焼成技法の代表的伝承者、劉品三氏(左)。「吉州窯伝統芸術創新作品日本巡回展」の最初の展示が6日、神奈川県横浜市で開幕した。同展では現代の美意識と伝統工芸を融合させた吉州窯の新たな陶磁器作品が多数出品されている。中には日本の伝統美術の要素を取り入れた作品もあり、日本の多くの陶磁器愛好家が訪れ鑑賞した。吉州窯は中国江西省吉安市吉安県にあり、中国古代の名窯遺跡の一つ。吉州窯陶磁の焼成技法は中国の無形文化遺産に指定されている。同展は今後京都、名古屋、茨城などを巡回する。(横浜=新華社記者/杜瀟逸)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2018080700468

    「新華社」 広島で原爆投下から73年目の記念式典  6日、広島市の原爆遺跡付近で抗議活動をする市民。日本の広島市は6日、平和記念公園で原爆投下から73年目の記念式典を行った。犠牲者の遺族や市民ら約5万人が参列し犠牲者への追悼を行い、世界の恒久平和への誓いを新たにした。一方で会場付近には数百人の民衆が集まり、安倍晋三首相の式典参加に抗議し、安倍内閣による改憲の阻止を訴えた。(広島=新華社記者/馬平)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2018060600844

    「新華社」 歴史を銘記重慶市で「重慶大爆撃」追悼記念行事  5日、犠牲者追悼のため会場に並んだ花輪。中国重慶市で5日午前10時半、市内に「防空警報」が響き渡ると、渝中区にある重慶大爆撃惨劇遺跡(大轟炸惨案遺跡)に数百人が集まった。社会各界から集まった人々の中には第二次世界大戦の「重慶大爆撃」の生存者や犠牲者の家族の姿も見られた。人々は生花を手に爆撃で犠牲となった同胞を追悼した。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2018060600919

    「新華社」 歴史を銘記重慶市で「重慶大爆撃」追悼記念行事  5日、追悼会場で黙祷を捧げる大爆撃生存者で抗日戦争老兵、左継豪氏(93)。中国重慶市で5日午前10時半、市内に「防空警報」が響き渡ると、渝中区にある重慶大爆撃惨劇遺跡(大轟炸惨案遺跡)に数百人が集まった。社会各界から集まった人々の中には第二次世界大戦の「重慶大爆撃」の生存者や犠牲者の家族の姿も見られた。人々は生花を手に爆撃で犠牲となった同胞を追悼した。(重慶=新華社記者/劉恩黎)=2018(平成30)年6月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2013072700251

    世界遺産登録へシンポ  盛岡市で開かれた「縄文遺跡群」についてのシンポジウム=27日午後

  44. 2012080100929

    ルポ「アテネ五輪跡地」「ロンドン五輪」 「古代遺跡」の様相  アテネ南郊のヘリニコ五輪会場のカヌー施設跡=7月(共同)

  45. 2012080100927

    ルポ「アテネ五輪跡地」「ロンドン五輪」 「古代遺跡」の様相  アテネ南郊のヘリニコ五輪会場のホッケー場跡=7月(共同)

  46. 2012051400171

    49年内地 6417 縄文時代の人骨を発見  大阪市立労働会館旧館跡の森之宮遺跡で、ほぼ原形のまま見つかった縄文時代の人骨。大阪市内で縄文時代の人骨が発掘されたのは初めて。同遺跡では、縄文時代から江戸時代までの約3千年にわたる遺物が層をなして出土しており、畿内最大の複合遺跡とみられている=1974(昭和49)年10月15日、大阪市東区森之宮東元町

  47. 2012051400170

    49年内地 6416 縄文時代の人骨を発見  縄文時代の人骨がほぼ原形のまま見つかった大阪市立労働会館旧館跡の森之宮遺跡。大阪市内で縄文時代の人骨が発掘されたのは初めて。縄文時代から江戸時代までの約3千年にわたる遺物が層をなして出土しており、畿内最大の複合遺跡とみられている=1974(昭和49)年10月15日、大阪市東区森之宮東元町

  48. 2012032200340

    発掘体験の写真パネル展  「くすのきホール」で開催中の川野辺遺跡発掘体験調査の写真パネル展=21日、大阪府千早赤阪村

  49. 2011042900335

    ウィリアム英王子が結婚  結婚式会場のウェストミンスター寺院に到着し、手を振るキャサリンさん=29日、ロンドン(ロイター=共同)

  50. 2011042900219

    挙式控えロンドン高揚  英王子の結婚式を前に、会場のウェストミンスター寺院近くで拘束される男性=29日、ロンドン(ロイター=共同)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像