検索結果 375 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2020010602168

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥が入った箱を運ぶ人。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020010602152

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥が入った箱を運ぶ人。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2020010602174

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、容器に詰められた臘八粥。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2020010602180

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、できたての臘八粥をワゴンに並べて冷ますボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2020010602068

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2020010602199

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、ボランティアが臘八粥を容器によそっている。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2020010602188

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥が入った箱を運ぶボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2020010602177

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2020010602184

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2020010602070

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2020010602153

    「新華社」 杭州市の霊隠寺、30万食の臘八粥を無料でふるまう  26日、杭州市の霊隠寺で、臘八粥を容器に詰めるボランティア。旧暦12月1日にあたる12月26日未明、浙江省杭州市にある中国禅宗寺院十刹の一つ、霊隠寺で臘八粥(ろうはちがゆ)を作る作業が行われた。旧暦の12月8日は中国の伝統的な祝日、「臘八節(ろうはちせつ)」にあたり、中国ではこの日に「臘八粥(ろうはちがゆ)」というお粥を食べる習慣がある。容器に詰められた臘八粥の第一陣が午前7時頃に霊隠寺を出発し、杭州市各地に無料で配られた。臘八粥は6つの大鍋で、24時間煮込まれたもの。同寺では旧暦12月1日(12月26日)未明から旧暦12月8日(1月2日)正午にかけて、香り高い臘八粥を同市と周辺都市の人々に約30万食提供する。2008年からこれまで12年連続で臘八粥をふるまうイベントを実施しており、提供した臘八粥は当初の10万食から30万食以上まで増えたという。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019112102280

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された文物。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019112102379

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された金代の篆刻印の枠の破片(左)とシャンチー(中国将棋)の駒。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019112102383

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された金代のはけ、箸、くし、かんざし(左から)。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019112102317

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯産の磁器。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019112102366

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  出土した文物を修復する海豊鎮遺跡博物館のスタッフ。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019112102348

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯産の「白釉褐彩瓶」。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019112102363

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯の磁器人形。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019112102279

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に並ぶ展示品を見つめる来場者。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019112102318

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された金代の銭貨。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019112102320

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  出土した文物を修復する海豊鎮遺跡博物館のスタッフ。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019112102291

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯産の「黒釉羊」(左)と「醬釉獅子」。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019112102384

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された磁州窯産の磁器。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019112102398

    「新華社」 「海上シルクロード」重要拠点の盛衰伝える博物館オープン河北省  海豊鎮遺跡博物館に展示された金代の囲碁の碁石。(11月7日撮影)中国河北省黄驊(こうか)市の海豊鎮遺跡博物館がこのほど正式にオープンした。同館は金・元時代の貴重な文物200点余りが中国の「海上シルクロード」における北方の重要拠点、海豊鎮港のたどってきた盛衰の歴史を再現。文物、写真および歴史的場面の復元を融合させた展示で、同港の発展の道筋を明らかにしている。海豊鎮は金・元時代に設けられた中国北方における「海陸一貫輸送」の重要な通関地。金時代(1115~1234年)に主に塩や陶磁器の輸送を行う貿易港として栄えたことから、同時代の海洋貿易と文化交流を裏付ける遺跡が数多く残されている。よって、同地の歴史を理解することは、「海上シルクロード」、特に東北アジア地域の経済・文化交流の研究にとって、重要な意義がある。同遺跡は2006年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019110500378

    「新華社」 オーストロネシア語族に関する両岸考古学研究拠点、福建省平潭に開設  10月29日、平潭にある福建省沿海部で最も古い新石器時代の遺跡「殻丘頭遺跡」。1958年に発見された。オーストロネシア語族の起源において平潭が重要な地位にあることを示している。(小型無人機から)海峡両岸(中国の大陸と台湾地区)オーストロネシア語族考古教学実習基地が10月29日、福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区でオープンした。両岸による、オーストロネシア語族の台湾地区に関わる研究と教育、学術交流、研究成果の普及応用の拠点となる。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019110500264

    「新華社」 オーストロネシア語族に関する両岸考古学研究拠点、福建省平潭に開設  10月29日、平潭県にある福建省沿海部で最も古い新石器時代の遺跡「殻丘頭遺跡」を見学する専門家。1958年に発見された。オーストロネシア語族の起源において平潭が重要な地位にあることを示している。海峡両岸(中国の大陸と台湾地区)オーストロネシア語族考古教学実習基地が10月29日、福建省福州市にある平潭(へいたん)総合実験区でオープンした。両岸による、オーストロネシア語族の台湾地区に関わる研究と教育、学術交流、研究成果の普及応用の拠点となる。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019110500781

    「新華社」 731部隊安達特別実験場跡の調査始まる  12日、「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」の調査現場。全国重点保護文化財「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」に対する調査は11日から始まった。専門家は、今回の調査で731遺跡の証拠連鎖がさらに延びるだろうと述べた。侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館が12日明らかにした。(ハルビン=新華社配信/侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館提供)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  28. 2019110500807

    「新華社」 731部隊安達特別実験場跡の調査始まる  12日、「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」の調査現場。全国重点保護文化財「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」に対する調査は11日から始まった。専門家は、今回の調査で731遺跡の証拠連鎖がさらに延びるだろうと述べた。侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館が12日明らかにした。(ハルビン=新華社配信/侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館提供)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  29. 2019110500719

    「新華社」 731部隊安達特別実験場跡の調査始まる  12日、「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」の調査現場。全国重点保護文化財「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」に対する調査は11日から始まった。専門家は、今回の調査で731遺跡の証拠連鎖がさらに延びるだろうと述べた。侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館が12日明らかにした。(ハルビン=新華社配信/侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館提供)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  30. 2019110500735

    「新華社」 731部隊安達特別実験場跡の調査始まる  12日、「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」の調査現場。全国重点保護文化財「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」に対する調査は11日から始まった。専門家は、今回の調査で731遺跡の証拠連鎖がさらに延びるだろうと述べた。侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館が12日明らかにした。(ハルビン=新華社配信/侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館提供)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  31. 2019110500757

    「新華社」 731部隊安達特別実験場跡の調査始まる  12日、「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」の調査現場。全国重点保護文化財「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」に対する調査は11日から始まった。専門家は、今回の調査で731遺跡の証拠連鎖がさらに延びるだろうと述べた。侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館が12日明らかにした。(ハルビン=新華社配信/侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館提供)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  32. 2019110500806

    「新華社」 731部隊安達特別実験場跡の調査始まる  12日、「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」の調査現場。全国重点保護文化財「侵華日軍第七三一部隊安達特別実験場遺址」に対する調査は11日から始まった。専門家は、今回の調査で731遺跡の証拠連鎖がさらに延びるだろうと述べた。侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館が12日明らかにした。(ハルビン=新華社配信/侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館提供)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:侵華日軍第七三一部隊罪証陳列館/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  33. 2019110500733

    「新華社」 華清宮遺跡で土を突き固めて造られた建物の土台跡見つかる西安市  2日、空から見た華清宮朝元閣遺跡の全景。陝西(せんせい)省考古研究院は10日、考古学スタッフがこのほど同省西安市郊外に位置する唐代の離宮、華清宮(かせいきゅう)にある宮殿、朝元閣遺跡で発掘調査を行ったところ、土を突き固めて造られた大型建物の土台跡を発見し、その際に火焚(ひたき)の跡や支柱、整然と並んだ石柱の土台および蓮の花の模様が入った瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分をいう)などが出土したと発表した。朝元閣は同省西安市臨潼区の驪山(りざん)の頂上にあり、天宝2年(743年)に建てられた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019110500808

    「新華社」 華清宮遺跡で土を突き固めて造られた建物の土台跡見つかる西安市  2日、空から見た華清宮朝元閣遺跡の全景。陝西(せんせい)省考古研究院は10日、考古学スタッフがこのほど同省西安市郊外に位置する唐代の離宮、華清宮(かせいきゅう)にある宮殿、朝元閣遺跡で発掘調査を行ったところ、土を突き固めて造られた大型建物の土台跡を発見し、その際に火焚(ひたき)の跡や支柱、整然と並んだ石柱の土台および蓮の花の模様が入った瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分をいう)などが出土したと発表した。朝元閣は同省西安市臨潼区の驪山(りざん)の頂上にあり、天宝2年(743年)に建てられた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019110500801

    「新華社」 華清宮遺跡で土を突き固めて造られた建物の土台跡見つかる西安市  2日、華清宮朝元閣遺跡で見つかった土を突き固めて造られた唐代建築物の土台の一部。陝西(せんせい)省考古研究院は10日、考古学スタッフがこのほど同省西安市郊外に位置する唐代の離宮、華清宮(かせいきゅう)にある宮殿、朝元閣遺跡で発掘調査を行ったところ、土を突き固めて造られた大型建物の土台跡を発見し、その際に火焚(ひたき)の跡や支柱、整然と並んだ石柱の土台および蓮の花の模様が入った瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分をいう)などが出土したと発表した。朝元閣は同省西安市臨潼区の驪山(りざん)の頂上にあり、天宝2年(743年)に建てられた。(西安=新華社配信/陝西省考古研究院提供)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:陝西省考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019101101861

    「新華社」 北崴遺跡で考古学イベント発掘や土器づくりに挑戦遼寧省  21日、北崴遺跡で開かれたイベントで土器手作りに挑戦する子ども。中国遼寧省新民市(瀋陽市管轄)の法哈牛(ほうこうぎゅう)鎮にある北崴(ほくわい)遺跡でこのほど、発掘現場の公開イベントが行われた。「考古学に近づき文明に触れる-瀋陽で学ぶ考古学」と題した今回の活動では、参加者が埋没文化財の発掘を自ら体験することで、考古学を身近に感じ、その楽しみを味わった。(瀋陽=新華社配信/瀋陽市文物考古研究所提供)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:瀋陽市文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019101101871

    「新華社」 北崴遺跡で考古学イベント発掘や土器づくりに挑戦遼寧省  21日、北崴遺跡で開かれたイベントで模擬発掘に挑戦する子どもら。中国遼寧省新民市(瀋陽市管轄)の法哈牛(ほうこうぎゅう)鎮にある北崴(ほくわい)遺跡でこのほど、発掘現場の公開イベントが行われた。「考古学に近づき文明に触れる-瀋陽で学ぶ考古学」と題した今回の活動では、参加者が埋没文化財の発掘を自ら体験することで、考古学を身近に感じ、その楽しみを味わった。(瀋陽=新華社配信/瀋陽市文物考古研究所提供)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:瀋陽市文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019101101866

    「新華社」 北崴遺跡で考古学イベント発掘や土器づくりに挑戦遼寧省  21日、北崴遺跡で開かれたイベントで模擬発掘に挑戦する子どもら。中国遼寧省新民市(瀋陽市管轄)の法哈牛(ほうこうぎゅう)鎮にある北崴(ほくわい)遺跡でこのほど、発掘現場の公開イベントが行われた。「考古学に近づき文明に触れる-瀋陽で学ぶ考古学」と題した今回の活動では、参加者が埋没文化財の発掘を自ら体験することで、考古学を身近に感じ、その楽しみを味わった。(瀋陽=新華社配信/瀋陽市文物考古研究所提供)=2019(令和元)年9月21日、クレジット:瀋陽市文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019091205089

    「新華社」 甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市  水中考古学調査を行う甲午戦争沈没艦第1期調査の考古学チームのメンバー。(資料写真)中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年9月2日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019090501022

    「新華社」 中国東北部の「恐竜の里」を訪ねて黒竜江省嘉蔭県  嘉蔭恐竜国家地質公園の俯瞰図。(資料写真)中国黒竜江省伊春市嘉蔭県は、黒竜江(アムール川)中流の右岸に位置し、川を隔ててロシアと向かい合っている。1902年、科学者がこの地で「マンチュロサウルス(Mandschurosaurus)」を代表とする大型ハドロサウルス科(Hadrosauridae、カモノハシ恐竜)の恐竜化石を発見した。考証により、同県には数百もの恐竜の化石が埋まっていることが分かり、「恐竜の里」と呼ばれるようになった。嘉蔭県はここ数年、恐竜という特色ある文化的シンボルを柱に神州恐竜博物館を設立し、恐竜国家地質公園の建設と地質遺跡保護事業も加速させている。(嘉蔭=新華社配信/中国共産党嘉蔭県委員会宣伝部提供)=撮影日不明、クレジット:中国共産党嘉蔭県委員会宣伝部/新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019090501036

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した墓の遺構。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  42. 2019090501039

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した骨製錐。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  43. 2019090501000

    「新華社」 古人類の洞窟「招果洞遺跡」、発掘調査再開貴州省  27日、招果洞遺跡から出土した骨角製錐。中国貴州省貴陽市貴安新区にある古人類の洞窟「招果洞遺跡」でこのほど、発掘調査が再開された。同遺跡では2017年に発掘調査が開始されてから、陶片や磨製石器、動物の骨などの遺物が大量に出土している。そのうちの墓2基は現在、同省で発見された最も早期の人類の埋葬遺跡となっている。考古学専門家の鑑定によると、「招果洞遺跡」は今からおよそ3万8千〜3千年前のもので、保存状態は良く、文化層の堆積も厚く、出土遺物も多かった。とくに、太古のいろりや墓などの遺跡が見つかったことは、中国西南部の旧石器時代末期から新石器時代の人類文化や自然環境との調和を研究する上で、重要な意義があるという。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月27日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  44. 2019091205087

    「新華社」 甲午戦争で沈没した戦艦「定遠」発見山東省威海市  威海湾での甲午戦争沈没艦第1期調査で水中から回収した「定遠」の銅製銘板。(資料写真)中国山東省威海市の劉公島で2日、「威海湾1号」甲午戦争沈没艦遺跡の保護区域画定論証会議が開かれ、専門家の論証と水中考古学調査の結果、中日甲午戦争で黄海に沈没した清代北洋海軍旗艦「定遠」の位置がほぼ確認されたことが明らかになった。沈没艦の遺物の一部も水中から回収され、2014年から始まった北洋海軍の沈没艦に関する調査研究の大きな成果となった。(威海=新華社配信/国家文物局水中文化遺産保護センター提供)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:国家文物局水中文化遺産保護センター/新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019082603754

    「新華社」 三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省  三星堆遺跡の1号祭祀坑。(資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=撮影日不明、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019082603755

    「新華社」 三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省  三星堆遺跡から出土した「金杖」の一部。(資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=撮影日不明、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019082603746

    「新華社」 三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省  三星堆遺跡の2号祭祀坑。(資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=撮影日不明、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019082603762

    「新華社」 三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省  三星堆遺跡から出土した「青銅縦目仮面」。(資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=撮影日不明、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019082603748

    「新華社」 三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省  三星堆遺跡から出土した「青銅神樹」。(資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=撮影日不明、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019090501011

    「新華社」 吐蕃時代のものと見られる摩崖石刻を発見四川省白玉県  四川省白玉県で初めて発見された吐蕃朝時代の遺跡。(8月10日撮影)中国四川省カンゼ・チベット族自治州白玉県でこのほど、専門家による地元のある歴史遺跡の現地調査が行われた結果、この遺跡が7世紀初めから9世紀中頃にかけて栄えた吐蕃(とばん)王国時代の摩崖(まがい)石刻であることが暫定的に確認された。これは現地で初めて発見された吐蕃王国時代の遺跡であり、唐蕃古道(とうばんこどう)の路網に関する学界の見方を裏付ける証拠になるかもしれない。(成都=新華社配信/白玉県政府提供)=2019(令和元)年8月10日、クレジット:白玉県政府/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像