検索結果 1,444 件中 1 件 〜 50
  1. 2020112200282

    東海最大級の弥生集落体感 テープカットする関係者  「あいち朝日遺跡ミュージアム」の開館記念式典で、テープカットする関係者=22日午前、愛知県清須市

  2. 2020112200281

    東海最大級の弥生集落体感 復元の竪穴住居  オープンした「あいち朝日遺跡ミュージアム」の屋外展示。弥生時代の竪穴住居を復元した=22日午前、愛知県清須市

  3. 2020112200280

    東海最大級の弥生集落体感 土器の展示を見る来館者  オープンした「あいち朝日遺跡ミュージアム」で、土器の展示を見る人たち=22日午後、愛知県清須市

  4. 2020112200279

    東海最大級の弥生集落体感 復元の高床倉庫と来館者  オープンした「あいち朝日遺跡ミュージアム」で、弥生時代の高床倉庫を復元した屋外展示を見る人たち=22日午前、愛知県清須市

  5. 2020112200278

    東海最大級の弥生集落体感 復元高床倉庫と来館者  オープンした「あいち朝日遺跡ミュージアム」を訪れた人たち。奥は弥生時代の高床倉庫を復元した屋外展示=22日午前、愛知県清須市

  6. 2020111806597

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡で出土した灰釉陶器の杯。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020111806526

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡で出土した青銅のシャベル。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020111806523

    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市  天峰坪遺跡の周辺地形。青い点線で囲まれているのが遺跡。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020111806453

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡の中北部で見つかった柱穴群。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020111806463

    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市  天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い複室住居の遺構(F4)と単室住居の遺構(F1)。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020111806434

    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市  天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い単室住居の遺構。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020111806588

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡で出土した穿孔のある石刀。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020111806539

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡発掘現場(下)と周辺の様子。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020111806518

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡の沈殿槽遺構から出土した竹かご。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020111806426

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  小型無人機で撮影した四顧山遺跡の貯泥槽遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020111806464

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡に残る動物の足跡らしきもの。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020111806465

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  小型無人機で撮影した四顧山遺跡の沈殿槽遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020111806466

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡で見つかった墓葬から出土した銅銭。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2020111806480

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡で出土した青銅の矢じり。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2020111806460

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  小型無人機で撮影した四顧山遺跡の穴窯遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2020111806447

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  小型無人機で撮影した四顧山遺跡の煉炉遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020111806590

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  小型無人機で撮影した四顧山遺跡の主要発掘エリア。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2020111806595

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  小型無人機で撮影した四顧山遺跡の井戸遺構。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020112008772

    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館  16日、易県博物館で展示されている燕下都遺跡出土の建築部材。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020112008774

    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館  16日、易県博物館で展示されている双竜饕餮文瓦当。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020112008716

    戦国時代の建築部材の魅力に迫る河北省易県博物館  16日、易県博物館で展示されている山形饕餮文瓦当。中国河北省保定市易県にある易県博物館は、建築面積4100平方メートル。戦国時代の燕の都城跡「燕下都遺跡」から出土した棟瓦や板瓦、筒瓦、瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)など陶製建築部材を数多く展示しており、中でも瓦当の装飾は精緻で美しい。中国神話上の怪物を文様にした饕餮文(とうてつもん)瓦当は燕国特有で、燕の文化や中国の古代建築史を研究する上で貴重な資料となっている。(保定=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020111403902

    木柱140本出土、福島 発掘された木柱  前田遺跡の縄文時代晩期の木柱=14日、福島県川俣町

  28. 2020111403898

    木柱140本出土、福島 前田遺跡の木柱跡  前田遺跡の縄文時代晩期の木柱跡=14日、福島県川俣町

  29. 2020111806559

    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認  13日、浦江県の上山考古遺跡公園で出土文化財の基本展示を見学するシンポジウム参加者ら。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020111806584

    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認  13日、浦江県の上山考古遺跡公園と周辺の農地。(小型無人機から)中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020111806522

    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認  13日、浦江県の上山考古遺跡公園内で行われた「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」の開会式。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020111806511

    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認  13日、浦江県の上山考古遺跡公園で出土文化財の基本展示を見学するシンポジウム参加者ら。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020111806461

    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認  13日、上山考古遺跡公園に展示されている1万年前のイネ。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020111806550

    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認  13日、浦江県の上山考古遺跡公園内の発掘跡地に再現されている発掘現場の様子。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  35. 2020111806591

    稲作の起源は中国の上山文化専門家が確認  13日、浦江県の上山考古遺跡公園で展示されているもみ殻が混ざった焼けた土の塊。中国浙江省金華市で14日閉幕した「上山遺跡発見20周年学術シンポジウム」で、約1万年前の上山文化が世界の稲作文化の起源であることが確認された。上山遺跡は2000年、同市浦江県で発見された。8600年~1万1400年前の遺跡で、約1万年前の炭化したイネが出土している。同遺跡に属する文化は2006年、正式に上山文化と命名された。遺跡の発掘調査を指揮した浙江省文物考古研究所の蒋楽平(しょう・がくへい)研究員によると、上山文化に属する遺跡はこれまで19カ所見つかり、早期稲作が行われていたことを示す証拠も数多く出土したという。(浦江=新華社記者/韓伝号)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  36. 2020110511654

    6千年前の石刻の蚕蛹を発見山西省の師村遺跡  運城市夏県の師村遺跡から出土した石刻の蚕蛹。(資料写真)中国山西省運城市夏県の文化・観光局は10月27日、同県の師村遺跡で6千年前の石刻の蚕蛹(さんよう、カイコのさなぎ)が出土したと明らかにした。考古学者らの野外調査時に発見した。中国でこれまで見つかった石刻蚕蛹の中でも年代が最も古いものの一つだという。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  37. 2020110511582

    6千年前の石刻の蚕蛹を発見山西省の師村遺跡  運城市夏県の師村遺跡で発掘作業にあたる考古学スタッフ。(資料写真)中国山西省運城市夏県の文化・観光局は10月27日、同県の師村遺跡で6千年前の石刻の蚕蛹(さんよう、カイコのさなぎ)が出土したと明らかにした。考古学者らの野外調査時に発見した。中国でこれまで見つかった石刻蚕蛹の中でも年代が最も古いものの一つだという。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020110511586

    6千年前の石刻の蚕蛹を発見山西省の師村遺跡  運城市夏県の師村遺跡から出土した石刻の蚕蛹。(資料写真)中国山西省運城市夏県の文化・観光局は10月27日、同県の師村遺跡で6千年前の石刻の蚕蛹(さんよう、カイコのさなぎ)が出土したと明らかにした。考古学者らの野外調査時に発見した。中国でこれまで見つかった石刻蚕蛹の中でも年代が最も古いものの一つだという。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。 「新華社」

  39. 2020110511607

    6千年前の石刻の蚕蛹を発見山西省の師村遺跡  運城市夏県の師村遺跡で発掘作業にあたる考古学スタッフ。(資料写真)中国山西省運城市夏県の文化・観光局は10月27日、同県の師村遺跡で6千年前の石刻の蚕蛹(さんよう、カイコのさなぎ)が出土したと明らかにした。考古学者らの野外調査時に発見した。中国でこれまで見つかった石刻蚕蛹の中でも年代が最も古いものの一つだという。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020110500101

    甘粛省の洞窟遺跡からデニソワ人のミトコンドリアDNAを発見  白石崖鍾乳洞遺跡で堆積物のDNAサンプルを採取する研究チーム。(資料写真)中国の科学者が、ネアンデルタール人と近縁関係にある旧人「デニソワ人」に関する研究で再び重要な成果を得た。新たな研究は、青海チベット高原北東部にある白石崖(はくせきがい)鍾乳洞遺跡の後期更新世堆積物の中にデニソワ人のミトコンドリアDNAが保存されていることを明らかにした。これにより、同高原における人間活動の歴史研究の幅がより広がり、後期更新世にデニソワ人が長く青海チベット高原で生活していたことが示された。研究成果は10月30日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。(蘭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020110500179

    甘粛省の洞窟遺跡からデニソワ人のミトコンドリアDNAを発見  夏河デニソワ人の下顎骨化石。(資料写真)中国の科学者が、ネアンデルタール人と近縁関係にある旧人「デニソワ人」に関する研究で再び重要な成果を得た。新たな研究は、青海チベット高原北東部にある白石崖(はくせきがい)鍾乳洞遺跡の後期更新世堆積物の中にデニソワ人のミトコンドリアDNAが保存されていることを明らかにした。これにより、同高原における人間活動の歴史研究の幅がより広がり、後期更新世にデニソワ人が長く青海チベット高原で生活していたことが示された。研究成果は10月30日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。(蘭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020110500310

    甘粛省の洞窟遺跡からデニソワ人のミトコンドリアDNAを発見  白石崖鍾乳洞遺跡で発掘調査を行う研究チーム。(資料写真)中国の科学者が、ネアンデルタール人と近縁関係にある旧人「デニソワ人」に関する研究で再び重要な成果を得た。新たな研究は、青海チベット高原北東部にある白石崖(はくせきがい)鍾乳洞遺跡の後期更新世堆積物の中にデニソワ人のミトコンドリアDNAが保存されていることを明らかにした。これにより、同高原における人間活動の歴史研究の幅がより広がり、後期更新世にデニソワ人が長く青海チベット高原で生活していたことが示された。研究成果は10月30日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。(蘭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020110500066

    甘粛省の洞窟遺跡からデニソワ人のミトコンドリアDNAを発見  白石崖鍾乳洞遺跡で発掘状況を記録する研究チームの中心人物、蘭州大学の張東菊(ちょう・とうきく)教授。(資料写真)中国の科学者が、ネアンデルタール人と近縁関係にある旧人「デニソワ人」に関する研究で再び重要な成果を得た。新たな研究は、青海チベット高原北東部にある白石崖(はくせきがい)鍾乳洞遺跡の後期更新世堆積物の中にデニソワ人のミトコンドリアDNAが保存されていることを明らかにした。これにより、同高原における人間活動の歴史研究の幅がより広がり、後期更新世にデニソワ人が長く青海チベット高原で生活していたことが示された。研究成果は10月30日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。(蘭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020110500335

    甘粛省の洞窟遺跡からデニソワ人のミトコンドリアDNAを発見  白石崖鍾乳洞遺跡で古代の環境を研究するため土壌サンプルを採取する研究チーム。(資料写真)中国の科学者が、ネアンデルタール人と近縁関係にある旧人「デニソワ人」に関する研究で再び重要な成果を得た。新たな研究は、青海チベット高原北東部にある白石崖(はくせきがい)鍾乳洞遺跡の後期更新世堆積物の中にデニソワ人のミトコンドリアDNAが保存されていることを明らかにした。これにより、同高原における人間活動の歴史研究の幅がより広がり、後期更新世にデニソワ人が長く青海チベット高原で生活していたことが示された。研究成果は10月30日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。(蘭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020110500197

    甘粛省の洞窟遺跡からデニソワ人のミトコンドリアDNAを発見  古ゲノム解析に用いる土壌サンプルを調製する研究者。(資料写真)中国の科学者が、ネアンデルタール人と近縁関係にある旧人「デニソワ人」に関する研究で再び重要な成果を得た。新たな研究は、青海チベット高原北東部にある白石崖(はくせきがい)鍾乳洞遺跡の後期更新世堆積物の中にデニソワ人のミトコンドリアDNAが保存されていることを明らかにした。これにより、同高原における人間活動の歴史研究の幅がより広がり、後期更新世にデニソワ人が長く青海チベット高原で生活していたことが示された。研究成果は10月30日、国際的学術誌「サイエンス」の電子版に掲載された。(蘭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020110201659

    竜門石窟で唐代の仏塔基壇を発見インド高僧の墓塔か  香山寺遺跡から出土した仏頭。(資料写真)中国河南省洛陽市の竜門石窟研究院はこのほど、同石窟に隣接する香山寺遺跡で実施した初の大規模発掘調査で、格式が高く規模の大きな仏塔の基壇が見つかったと発表した。同寺は唐代の皇室寺院で「竜門十寺」の一つに数えられる。基壇は文献資料などにより、唐代に中国を訪れたインドの高僧、地婆訶羅(ディバーカラ)の墓塔ではないかと推測される。(鄭州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020110511730

    禹会村遺跡で竜山文化期の都市遺構見つかる安徽省  10月29日、禹会村遺跡の都市遺構発見現場で、見学に訪れた考古学者らに発掘状況を説明する発掘チームの責任者。中国安徽省蚌埠(ほうふ)市の禹会村遺跡で実施されていた集落考古学(セトルメント・アーケオロジー)調査でこのほど、大きな進展が見られた。考古学者らがこれまでの研究をもとに、遺跡内で竜山文化期の都市遺構を発見した。初期段階の発掘で、遺跡の竜山文化重点分布地区から城壁2カ所が見つかった。都市遺構のほとんどは淮河(わいが)の氾濫で流失しているが、少なくとも18万平方メートルの範囲で復元が可能だという。城壁の内と外で堀の跡も見つかり、そこから出土した土器片の年代測定により、遺構の年代が4100~4400年前の竜山文化初期から中期までさかのぼることができることも分かった。(蚌埠=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020110511778

    禹会村遺跡で竜山文化期の都市遺構見つかる安徽省  10月29日、禹会村遺跡の遺物保管庫で、出土した竜山文化期の土器を見せる禹会村集落遺跡考古学調査隊の張東(ちょう・とう)隊長。中国安徽省蚌埠(ほうふ)市の禹会村遺跡で実施されていた集落考古学(セトルメント・アーケオロジー)調査でこのほど、大きな進展が見られた。考古学者らがこれまでの研究をもとに、遺跡内で竜山文化期の都市遺構を発見した。初期段階の発掘で、遺跡の竜山文化重点分布地区から城壁2カ所が見つかった。都市遺構のほとんどは淮河(わいが)の氾濫で流失しているが、少なくとも18万平方メートルの範囲で復元が可能だという。城壁の内と外で堀の跡も見つかり、そこから出土した土器片の年代測定により、遺構の年代が4100~4400年前の竜山文化初期から中期までさかのぼることができることも分かった。(蚌埠=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020110511644

    禹会村遺跡で竜山文化期の都市遺構見つかる安徽省  10月29日、禹会村遺跡の集落考古学調査の現場を見学する考古学者ら。(小型無人機から)中国安徽省蚌埠(ほうふ)市の禹会村遺跡で実施されていた集落考古学(セトルメント・アーケオロジー)調査でこのほど、大きな進展が見られた。考古学者らがこれまでの研究をもとに、遺跡内で竜山文化期の都市遺構を発見した。初期段階の発掘で、遺跡の竜山文化重点分布地区から城壁2カ所が見つかった。都市遺構のほとんどは淮河(わいが)の氾濫で流失しているが、少なくとも18万平方メートルの範囲で復元が可能だという。城壁の内と外で堀の跡も見つかり、そこから出土した土器片の年代測定により、遺構の年代が4100~4400年前の竜山文化初期から中期までさかのぼることができることも分かった。(蚌埠=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020110511605

    禹会村遺跡で竜山文化期の都市遺構見つかる安徽省  10月29日、禹会村遺跡の遺物保管庫で、出土した竜山文化期の土器を調べる中国社会科学院学部委員で考古研究所所長の陳星燦(ちん・せいさん)氏(左)。中国安徽省蚌埠(ほうふ)市の禹会村遺跡で実施されていた集落考古学(セトルメント・アーケオロジー)調査でこのほど、大きな進展が見られた。考古学者らがこれまでの研究をもとに、遺跡内で竜山文化期の都市遺構を発見した。初期段階の発掘で、遺跡の竜山文化重点分布地区から城壁2カ所が見つかった。都市遺構のほとんどは淮河(わいが)の氾濫で流失しているが、少なくとも18万平方メートルの範囲で復元が可能だという。城壁の内と外で堀の跡も見つかり、そこから出土した土器片の年代測定により、遺構の年代が4100~4400年前の竜山文化初期から中期までさかのぼることができることも分かった。(蚌埠=新華社記者/李賀)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像