検索結果 1 件中 1 件 〜 1
  1. 2019102104260

    「新華社」 居延遺跡学術セミナー開催内モンゴル自治区アルシャー盟  居延遺跡のA8亭障(邊境の塞)跡(通称「破城子」)。1930年には、漢簡5216枚、調度品1230点が出土した。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟エジン旗で15、16の両日、居延遺跡学術セミナーが開催された。北京市・上海市・広東省など15の省・市から専門家や研究者70人が出席し、居延遺跡の保護や漢代の木簡「居延漢簡」、カラ・ホト(黒水城)遺跡から出土した「黒水城文献」について議論を交わした。居延遺跡からは、中国で1つの遺跡から出土した数としては最も多い約3万枚の漢代の木簡が出土している。その内容は、漢代の政治・軍事・経済・文化・科学技術・法律・哲学・宗教・民族などにわたり、歴史を補完・証明する史書として、重要な役割を果たす極めて高い学術的価値を持っている。居延漢簡は、殷墟甲骨文・黒水城文献・敦煌遺書とともに、中国における20世紀最大の考古学的発見とされている。(エジン旗=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像