検索結果 7,898 件中 1 件 〜 50
  1. 2019102104260

    「新華社」 居延遺跡学術セミナー開催内モンゴル自治区アルシャー盟  居延遺跡のA8亭障(邊境の塞)跡(通称「破城子」)。1930年には、漢簡5216枚、調度品1230点が出土した。(資料写真)中国内モンゴル自治区アルシャー(阿拉善)盟エジン旗で15、16の両日、居延遺跡学術セミナーが開催された。北京市・上海市・広東省など15の省・市から専門家や研究者70人が出席し、居延遺跡の保護や漢代の木簡「居延漢簡」、カラ・ホト(黒水城)遺跡から出土した「黒水城文献」について議論を交わした。居延遺跡からは、中国で1つの遺跡から出土した数としては最も多い約3万枚の漢代の木簡が出土している。その内容は、漢代の政治・軍事・経済・文化・科学技術・法律・哲学・宗教・民族などにわたり、歴史を補完・証明する史書として、重要な役割を果たす極めて高い学術的価値を持っている。居延漢簡は、殷墟甲骨文・黒水城文献・敦煌遺書とともに、中国における20世紀最大の考古学的発見とされている。(エジン旗=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019102104235

    「新華社」 北京の新石器時代「上宅遺跡」、全国重点文物保護単位に認定  北京市平谷区の上宅文化陳列館。(資料写真)中国北京市平谷区は17日、同区にある新石器時代の上宅遺跡が、第8次全国重点文物保護単位に選ばれたことを明らかにした。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019102104229

    「新華社」 北京の新石器時代「上宅遺跡」、全国重点文物保護単位に認定  上宅遺跡から出土した鳥の頭部をかたどった陶柱。(資料写真)中国北京市平谷区は17日、同区にある新石器時代の上宅遺跡が、第8次全国重点文物保護単位に選ばれたことを明らかにした。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019102103927

    「新華社」 北京の新石器時代「上宅遺跡」、全国重点文物保護単位に認定  北京市平谷区の上宅遺跡。(資料写真)中国北京市平谷区は17日、同区にある新石器時代の上宅遺跡が、第8次全国重点文物保護単位に選ばれたことを明らかにした。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019102104252

    「新華社」 北京の新石器時代「上宅遺跡」、全国重点文物保護単位に認定  上宅遺跡から出土した石磨盤と石磨棒。(資料写真)中国北京市平谷区は17日、同区にある新石器時代の上宅遺跡が、第8次全国重点文物保護単位に選ばれたことを明らかにした。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019102104311

    「新華社」 北京の新石器時代「上宅遺跡」、全国重点文物保護単位に認定  上宅遺跡から出土した豚の頭部をかたどった土器。(資料写真)中国北京市平谷区は17日、同区にある新石器時代の上宅遺跡が、第8次全国重点文物保護単位に選ばれたことを明らかにした。(北京=新華社配信)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019101703436

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019101703522

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019101703465

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影したダム湖にせり出したように見える喜峰口長城の一部。喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/鞏志宏)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019101703467

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019101703488

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。(小型無人機から)喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019101703496

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/鞏志宏)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019101703515

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影したダム湖に沈み込むように見える潘家口長城。喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/鞏志宏)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019101703521

    「新華社」 秋景色の喜峰口長城河北省  15日に撮影した喜峰口長城の秋景色。喜峰口長城は中国河北省の潘家口ダムエリアに位置する万里の長城遺跡の一部。明代以前、同長城は中原(黄河中下流域の平原地域)から漠北(ゴビ砂漠の北の地域)、遼東(渤海に注ぐ遼河以東の地域)への重要な交通路であり、地勢が険しいため、古くから「兵家必争の地」だった。現在、長城本体はすでにダムの水中に没しており、一部の壁がぼんやりと見えて、万里の長城の独特な景観の一つとなっている。(唐山=新華社記者/鞏志宏)=2019(令和元)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019101300430

    ノートルダム寺院修復遠く  ノートルダム寺院と、観光船から見物する人々=12日、パリ(共同)

  16. 2019101300429

    ノートルダム寺院修復遠く  ノートルダム寺院と、セーヌ川を通る観光船=12日、パリ(共同)

  17. 2019101300427

    ノートルダム寺院修復遠く  ノートルダム寺院の写真を撮る人々=12日、パリ(共同)

  18. 2019101605518

    「新華社」 六つの都市が積み重なる遺跡の謎を探る河南省開封市  11日、「城摞城」遺跡で出土した清代の住居跡。中国河南省開封市では、各時代の都市遺構が幾層にも重なる「城摞城(じょうらじょう)」遺跡の考古プロジェクトが2012年から行われており、遺跡の保護を目的とした発掘調査が進められている。同市はこれまで幾度も黄河の氾濫に見舞われ、戦国時代から清代までの2千年間余りで都市そのものが6回泥土の中に埋没した。人々は氾濫の度に同じ場所で住まいを再建したため、地下には過去の都市の遺構が積み重なるように埋まっている。発掘現場では地下3メートルから12メートルまでの地層に六つの遺構が堆積していることが確認されており、各時代の人々の暮らしの跡が幾層にも重なる不思議な光景を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101605425

    「新華社」 六つの都市が積み重なる遺跡の謎を探る河南省開封市  11日、「城摞城」遺跡の発掘現場。各時代の黄河の氾濫で堆積した泥土の状況が分かる。中国河南省開封市では、各時代の都市遺構が幾層にも重なる「城摞城(じょうらじょう)」遺跡の考古プロジェクトが2012年から行われており、遺跡の保護を目的とした発掘調査が進められている。同市はこれまで幾度も黄河の氾濫に見舞われ、戦国時代から清代までの2千年間余りで都市そのものが6回泥土の中に埋没した。人々は氾濫の度に同じ場所で住まいを再建したため、地下には過去の都市の遺構が積み重なるように埋まっている。発掘現場では地下3メートルから12メートルまでの地層に六つの遺構が堆積していることが確認されており、各時代の人々の暮らしの跡が幾層にも重なる不思議な光景を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019101605510

    「新華社」 六つの都市が積み重なる遺跡の謎を探る河南省開封市  11日、「城摞城」遺跡の発掘現場。中国河南省開封市では、各時代の都市遺構が幾層にも重なる「城摞城(じょうらじょう)」遺跡の考古プロジェクトが2012年から行われており、遺跡の保護を目的とした発掘調査が進められている。同市はこれまで幾度も黄河の氾濫に見舞われ、戦国時代から清代までの2千年間余りで都市そのものが6回泥土の中に埋没した。人々は氾濫の度に同じ場所で住まいを再建したため、地下には過去の都市の遺構が積み重なるように埋まっている。発掘現場では地下3メートルから12メートルまでの地層に六つの遺構が堆積していることが確認されており、各時代の人々の暮らしの跡が幾層にも重なる不思議な光景を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019101605416

    「新華社」 六つの都市が積み重なる遺跡の謎を探る河南省開封市  11日、「城摞城」遺跡で見つかった井戸。中国河南省開封市では、各時代の都市遺構が幾層にも重なる「城摞城(じょうらじょう)」遺跡の考古プロジェクトが2012年から行われており、遺跡の保護を目的とした発掘調査が進められている。同市はこれまで幾度も黄河の氾濫に見舞われ、戦国時代から清代までの2千年間余りで都市そのものが6回泥土の中に埋没した。人々は氾濫の度に同じ場所で住まいを再建したため、地下には過去の都市の遺構が積み重なるように埋まっている。発掘現場では地下3メートルから12メートルまでの地層に六つの遺構が堆積していることが確認されており、各時代の人々の暮らしの跡が幾層にも重なる不思議な光景を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019101605401

    「新華社」 六つの都市が積み重なる遺跡の謎を探る河南省開封市  11日、「城摞城」遺跡の発掘現場。中国河南省開封市では、各時代の都市遺構が幾層にも重なる「城摞城(じょうらじょう)」遺跡の考古プロジェクトが2012年から行われており、遺跡の保護を目的とした発掘調査が進められている。同市はこれまで幾度も黄河の氾濫に見舞われ、戦国時代から清代までの2千年間余りで都市そのものが6回泥土の中に埋没した。人々は氾濫の度に同じ場所で住まいを再建したため、地下には過去の都市の遺構が積み重なるように埋まっている。発掘現場では地下3メートルから12メートルまでの地層に六つの遺構が堆積していることが確認されており、各時代の人々の暮らしの跡が幾層にも重なる不思議な光景を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019101605525

    「新華社」 六つの都市が積み重なる遺跡の謎を探る河南省開封市  11日、「城摞城」遺跡の発掘現場。中国河南省開封市では、各時代の都市遺構が幾層にも重なる「城摞城(じょうらじょう)」遺跡の考古プロジェクトが2012年から行われており、遺跡の保護を目的とした発掘調査が進められている。同市はこれまで幾度も黄河の氾濫に見舞われ、戦国時代から清代までの2千年間余りで都市そのものが6回泥土の中に埋没した。人々は氾濫の度に同じ場所で住まいを再建したため、地下には過去の都市の遺構が積み重なるように埋まっている。発掘現場では地下3メートルから12メートルまでの地層に六つの遺構が堆積していることが確認されており、各時代の人々の暮らしの跡が幾層にも重なる不思議な光景を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019101605534

    「新華社」 六つの都市が積み重なる遺跡の謎を探る河南省開封市  11日、「城摞城」遺跡で出土した清代の住居跡。中国河南省開封市では、各時代の都市遺構が幾層にも重なる「城摞城(じょうらじょう)」遺跡の考古プロジェクトが2012年から行われており、遺跡の保護を目的とした発掘調査が進められている。同市はこれまで幾度も黄河の氾濫に見舞われ、戦国時代から清代までの2千年間余りで都市そのものが6回泥土の中に埋没した。人々は氾濫の度に同じ場所で住まいを再建したため、地下には過去の都市の遺構が積み重なるように埋まっている。発掘現場では地下3メートルから12メートルまでの地層に六つの遺構が堆積していることが確認されており、各時代の人々の暮らしの跡が幾層にも重なる不思議な光景を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019101605500

    「新華社」 六つの都市が積み重なる遺跡の謎を探る河南省開封市  11日、「城摞城」遺跡で出土した清代の住居跡。中国河南省開封市では、各時代の都市遺構が幾層にも重なる「城摞城(じょうらじょう)」遺跡の考古プロジェクトが2012年から行われており、遺跡の保護を目的とした発掘調査が進められている。同市はこれまで幾度も黄河の氾濫に見舞われ、戦国時代から清代までの2千年間余りで都市そのものが6回泥土の中に埋没した。人々は氾濫の度に同じ場所で住まいを再建したため、地下には過去の都市の遺構が積み重なるように埋まっている。発掘現場では地下3メートルから12メートルまでの地層に六つの遺構が堆積していることが確認されており、各時代の人々の暮らしの跡が幾層にも重なる不思議な光景を作り出している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019101010551

    木簡再利用の琴柱が出土  滋賀県栗東市の上砥山遺跡で見つかった、木簡を再利用した琴柱

  27. 2019101010549

    木簡再利用の琴柱が出土  滋賀県栗東市の上砥山遺跡で見つかった、木簡を再利用した琴柱

  28. 2019101605512

    「新華社」 古代エジプトの工業地区遺跡見つかるルクソール  10日、エジプト・ルクソールで開かれた発表会で展示された文化財。エジプトの考古学者ザヒ・ハワス氏はこのほど、同国ルクソール県西部にある考古発掘現場で、古代エジプトの工業地区の遺跡を同地区で初めて発見したと発表した。遺跡は第18王朝時代(紀元前1550~同1292年)までさかのぼることができ、約3千年の歴史がある。(ルクソール=新華社配信/アハメド・ゴマー)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019101605457

    「新華社」 古代エジプトの工業地区遺跡見つかるルクソール  10日、エジプト・ルクソールで開かれた発表会で展示された文化財。エジプトの考古学者ザヒ・ハワス氏はこのほど、同国ルクソール県西部にある考古発掘現場で、古代エジプトの工業地区の遺跡を同地区で初めて発見したと発表した。遺跡は第18王朝時代(紀元前1550~同1292年)までさかのぼることができ、約3千年の歴史がある。(ルクソール=新華社配信/アハメド・ゴマー)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019101605495

    「新華社」 古代エジプトの工業地区遺跡見つかるルクソール  10日、エジプト・ルクソールで開かれた発表会で展示された文化財を見学する来場者。エジプトの考古学者ザヒ・ハワス氏はこのほど、同国ルクソール県西部にある考古発掘現場で、古代エジプトの工業地区の遺跡を同地区で初めて発見したと発表した。遺跡は第18王朝時代(紀元前1550~同1292年)までさかのぼることができ、約3千年の歴史がある。(ルクソール=新華社配信/アハメド・ゴマー)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019101605499

    「新華社」 古代エジプトの工業地区遺跡見つかるルクソール  10日、エジプト・ルクソールで開かれた発表会で展示された文化財。エジプトの考古学者ザヒ・ハワス氏はこのほど、同国ルクソール県西部にある考古発掘現場で、古代エジプトの工業地区の遺跡を同地区で初めて発見したと発表した。遺跡は第18王朝時代(紀元前1550~同1292年)までさかのぼることができ、約3千年の歴史がある。(ルクソール=新華社配信/アハメド・ゴマー)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019101605424

    「新華社」 古代エジプトの工業地区遺跡見つかるルクソール  10日、エジプト・ルクソールで開かれた発表会で展示された土器。エジプトの考古学者ザヒ・ハワス氏はこのほど、同国ルクソール県西部にある考古発掘現場で、古代エジプトの工業地区の遺跡を同地区で初めて発見したと発表した。遺跡は第18王朝時代(紀元前1550~同1292年)までさかのぼることができ、約3千年の歴史がある。(ルクソール=新華社配信/アハメド・ゴマー)=2019(令和元)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019100905379

    両手広げる女性シャーマン  清水風遺跡で見つかった、乳房のある人物が描かれた絵画土器=9日、奈良県田原本町

  34. 2019101101743

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイにあるカパーレーシュワラ寺院の一角。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019101101797

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイのカパーレーシュワラ寺院。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019101101789

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日、チェンナイのカパーレーシュワラ寺院で参拝、休息する現地住民。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019101101734

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイのカパーレーシュワラ寺院。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019101101784

    「新華社」 魅惑の都市チェンナイ  8日に撮影したチェンナイにあるカパーレーシュワラ寺院の一角。インド南東部の海沿いに広がるチェンナイ(旧マドラス)は、ベンガル湾沿岸地域に位置する大都市の一つ。かつて南インドに栄えた王朝が都を構え、現在はインド第4の都市となっている。また、自動車産業が発達していることから「南アジアのデトロイト」とも呼ばれている。(チェンナイ=新華社記者/杜瀟逸)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019101003219

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  7日、西夏博物館の新館に展示された1998年に西夏王陵遺跡3号陵の西側の碑亭遺跡から出土した「西夏文彩絵描金雲竜紋灰砂岩残碑」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019100402106

    資料A 30172 遮光器土偶  青森県亀ヶ岡遺跡の遮光器土偶=1990(平成2)年4月

  41. 2019101003216

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された1990年に寧夏回族自治区賀蘭県の宏仏塔遺跡から出土した羅漢頭像。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019101003196

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された1990年に寧夏回族自治区賀蘭県の宏仏塔遺跡から出土した仏頭像。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019101003188

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された2001年に西夏王陵遺跡3号陵から出土した「紅陶迦陵頻伽」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019101003192

    「新華社」 古代王国の神秘のベールをはがす西夏博物館を訪ねて  4日、西夏博物館の新館に展示された1990年に寧夏回族自治区賀蘭県の宏仏塔遺跡から出土した「木彫女伎楽像」。大白高国とも呼ばれる西夏(1038年-1227年)は、北方民族のひとつ、タングート(党項)族が現在の中国西北部に建国した王朝で、前期に北宋、遼と共存し、後期に南宋、金と対峙したが、後にモンゴル帝国に滅ぼされた。今年6月に開館した寧夏回族自治区銀川(ぎんせん)市の西夏博物館新館では、建築部材や石刻、磁器、絵画、彫塑像など西夏の歴史文化の逸品1万点近くを所蔵している。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019100401976

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵風景区で、西夏文字で書かれた「百家姓」(中国の代表的な姓を列挙した、子どもが漢字を学ぶ学習書)を見る子ども。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019100402013

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市西夏陵風景区にある西夏博物館を見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019100402092

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019100402073

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵遺跡エリアを見学する観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019100402097

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市西夏陵風景区にある西夏博物館で、展示された瓦当(がとう、軒丸瓦の先端の円形部分)や滴水(てきすい、軒瓦の先端)を眺める観光客。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019100402088

    「新華社」 国慶節連休に多数の観光客、西夏文化を体験  2日、銀川市の西夏陵風景区で、西夏文字の木活字版印刷を体験する子ども。中国の国慶節連休(10月1~7日)2日目となる2日、寧夏回族自治区銀川市の西夏陵には多くの観光客が見学に訪れていた。西夏陵は賀蘭山東側の麓に位置し、現存するものとしては中国最大規模の、地上遺跡として最も完全な形で保存されている王の陵園の一つである。(銀川=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像