検索結果 10,151 件中 1 件 〜 50
  1. 2020120303672

    黄岡梁国家森林公園のアカシカ頭数が大幅増内モンゴル自治区  11月27日、黄岡梁国家森林公園をパトロールするヘシグテン旗森林公安の警察官。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁(こうこうりょう)国家森林公園に生息する野生アカシカの個体数が、2009年の千余頭から3400余頭にまで増加したことが、最新調査で明らかになった。1996年に設立された同公園は、草原や山地、河谷(かこく)、密林、砂地など、多様な自然景観を有している。園内には「氷谷林海(氷の谷と樹海)」と呼ばれる第四紀氷河遺跡がある。(フフホト=新華社配信/王志国)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020120303759

    黄岡梁国家森林公園のアカシカ頭数が大幅増内モンゴル自治区  11月27日、黄岡梁国家森林公園に生息する野生アカシカ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁(こうこうりょう)国家森林公園に生息する野生アカシカの個体数が、2009年の千余頭から3400余頭にまで増加したことが、最新調査で明らかになった。1996年に設立された同公園は、草原や山地、河谷(かこく)、密林、砂地など、多様な自然景観を有している。園内には「氷谷林海(氷の谷と樹海)」と呼ばれる第四紀氷河遺跡がある。(フフホト=新華社配信/宿海東)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020120303696

    黄岡梁国家森林公園のアカシカ頭数が大幅増内モンゴル自治区  11月27日、黄岡梁国家森林公園に生息する野生アカシカ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁(こうこうりょう)国家森林公園に生息する野生アカシカの個体数が、2009年の千余頭から3400余頭にまで増加したことが、最新調査で明らかになった。1996年に設立された同公園は、草原や山地、河谷(かこく)、密林、砂地など、多様な自然景観を有している。園内には「氷谷林海(氷の谷と樹海)」と呼ばれる第四紀氷河遺跡がある。(フフホト=新華社配信/王志国)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020120303733

    黄岡梁国家森林公園のアカシカ頭数が大幅増内モンゴル自治区  11月27日、黄岡梁国家森林公園に生息する野生アカシカ。中国内モンゴル自治区赤峰市の黄岡梁(こうこうりょう)国家森林公園に生息する野生アカシカの個体数が、2009年の千余頭から3400余頭にまで増加したことが、最新調査で明らかになった。1996年に設立された同公園は、草原や山地、河谷(かこく)、密林、砂地など、多様な自然景観を有している。園内には「氷谷林海(氷の谷と樹海)」と呼ばれる第四紀氷河遺跡がある。(フフホト=新華社配信/宿海東)=2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020112604984

    最古級の後期旧石器を発見  京都府福知山市「稚児野遺跡」 「12段用」

  6. 2020112604985

    最古級の後期旧石器を発見  京都府福知山市「稚児野遺跡」

  7. 2020112604981

    最古級の後期旧石器を発見  京都府福知山市「稚児野遺跡」 「12段用」

  8. 2020112604979

    最古級の後期旧石器を発見  京都府福知山市「稚児野遺跡」

  9. 2020112604940

    最古級の後期旧石器を発見 発見された石器  京都府福知山市の稚児野遺跡で発見された石器

  10. 2020112604938

    最古級の後期旧石器を発見 稚児野遺跡  後期旧石器時代前半の石器が出土した稚児野遺跡=26日午後、京都府福知山市

  11. 2020112508436

    国内最大級の勾玉を公開 子持勾玉  狐井稲荷古墳で発見された子持勾玉(右)と土師の里遺跡出土の子持勾玉

  12. 2020120200626

    河南省で夏王朝初期の「穀倉城邑」見つかる  淮陽区の時荘遺跡で見つかった円形と角丸四角形の倉庫跡。(資料写真)中国河南省周口市淮陽区の時荘遺跡でこのほど、夏王朝初期の穀物倉庫跡28基が見つかった。さまざまな形をした遺跡が1カ所に集まっており、中国でこれまで見つかった食糧集中保管用の「穀倉城邑」としては最も古く、初期国家の食糧管理や租税制度などを研究するための優れた手がかりとなる。(鄭州=新華社配信)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020112604168

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  永楽宮の移築工事の様子を撮影した写真。中国の文化財保護関係者が運搬のため、壁画に番号を割り振る様子が写っている。(資料写真)中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020120200608

    河南省で夏王朝初期の「穀倉城邑」見つかる  淮陽区の時荘遺跡で見つかった穀倉跡の底部から検出されたアワやキビの成分。(資料写真)中国河南省周口市淮陽区の時荘遺跡でこのほど、夏王朝初期の穀物倉庫跡28基が見つかった。さまざまな形をした遺跡が1カ所に集まっており、中国でこれまで見つかった食糧集中保管用の「穀倉城邑」としては最も古く、初期国家の食糧管理や租税制度などを研究するための優れた手がかりとなる。(鄭州=新華社配信)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020120200652

    河南省で夏王朝初期の「穀倉城邑」見つかる  淮陽区の時荘遺跡。(資料写真、小型無人機から)中国河南省周口市淮陽区の時荘遺跡でこのほど、夏王朝初期の穀物倉庫跡28基が見つかった。さまざまな形をした遺跡が1カ所に集まっており、中国でこれまで見つかった食糧集中保管用の「穀倉城邑」としては最も古く、初期国家の食糧管理や租税制度などを研究するための優れた手がかりとなる。(鄭州=新華社配信)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020112511930

    河南省で殷墟遺跡博物館が着工3千年前の殷商文化を展示  殷墟遺跡博物館の完成予想図。(資料写真)中国河南省安陽市で23日、殷墟(いんきょ)遺跡博物館の建設が着工した。敷地面積は268ムー(約18ヘクタール)で、建築規模は5万1千平方メートル。総投資予定額は約10億6千万元(1元=約16円)。2022年末の完成を見込む。(安陽=新華社配信)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2020112511829

    河南省で殷墟遺跡博物館が着工3千年前の殷商文化を展示  23日、殷墟遺跡博物館の起工式。中国河南省安陽市で23日、殷墟(いんきょ)遺跡博物館の建設が着工した。敷地面積は268ムー(約18ヘクタール)で、建築規模は5万1千平方メートル。総投資予定額は約10億6千万元(1元=約16円)。2022年末の完成を見込む。(安陽=新華社記者/楊静)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2020112200282

    東海最大級の弥生集落体感 テープカットする関係者  「あいち朝日遺跡ミュージアム」の開館記念式典で、テープカットする関係者=22日午前、愛知県清須市

  19. 2020112200281

    東海最大級の弥生集落体感 復元の竪穴住居  オープンした「あいち朝日遺跡ミュージアム」の屋外展示。弥生時代の竪穴住居を復元した=22日午前、愛知県清須市

  20. 2020112200280

    東海最大級の弥生集落体感 土器の展示を見る来館者  オープンした「あいち朝日遺跡ミュージアム」で、土器の展示を見る人たち=22日午後、愛知県清須市

  21. 2020112200279

    東海最大級の弥生集落体感 復元の高床倉庫と来館者  オープンした「あいち朝日遺跡ミュージアム」で、弥生時代の高床倉庫を復元した屋外展示を見る人たち=22日午前、愛知県清須市

  22. 2020112200278

    東海最大級の弥生集落体感 復元高床倉庫と来館者  オープンした「あいち朝日遺跡ミュージアム」を訪れた人たち。奥は弥生時代の高床倉庫を復元した屋外展示=22日午前、愛知県清須市

  23. 2020112601142

    上海大学博物館で三星堆の特別展  21日、上海大学博物館に展示された金面を着けた青銅人頭像「戴金面罩銅人頭像(たいきんめんとうどうじんとうぞう)」。中国の上海大学博物館で21日、特別展「三星堆-人と神の世界」が開幕した。同館と四川広漢三星堆博物館が共同で主催し、成都金沙遺跡博物館が協力している。中国国内の大学に併設された博物館で三星堆をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。16点(組)の展示品と写真や文章など豊富な資料は、三星堆文明の青銅文化や玉文化、自然崇拝を伝えるとともに、古蜀文明のもう一つの発展の最高点である金沙遺跡との内在的なつながりを示している。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2020112601326

    上海大学博物館で三星堆の特別展  21日、上海大学博物館の特別展開幕式で、ライブ配信を通して四川広漢三星堆祭祀坑の発掘状況を見る教員と学生ら。中国の上海大学博物館で21日、特別展「三星堆-人と神の世界」が開幕した。同館と四川広漢三星堆博物館が共同で主催し、成都金沙遺跡博物館が協力している。中国国内の大学に併設された博物館で三星堆をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。16点(組)の展示品と写真や文章など豊富な資料は、三星堆文明の青銅文化や玉文化、自然崇拝を伝えるとともに、古蜀文明のもう一つの発展の最高点である金沙遺跡との内在的なつながりを示している。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2020112601345

    上海大学博物館で三星堆の特別展  21日、上海大学博物館に展示された国家1級文物の「銅人頭像」。中国の上海大学博物館で21日、特別展「三星堆-人と神の世界」が開幕した。同館と四川広漢三星堆博物館が共同で主催し、成都金沙遺跡博物館が協力している。中国国内の大学に併設された博物館で三星堆をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。16点(組)の展示品と写真や文章など豊富な資料は、三星堆文明の青銅文化や玉文化、自然崇拝を伝えるとともに、古蜀文明のもう一つの発展の最高点である金沙遺跡との内在的なつながりを示している。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2020112601628

    上海大学博物館で三星堆の特別展  21日、上海大学の教員と学生に展示品を紹介する四川広漢三星堆博物館の朱家可(しゅ・かか)常務副館長。中国の上海大学博物館で21日、特別展「三星堆-人と神の世界」が開幕した。同館と四川広漢三星堆博物館が共同で主催し、成都金沙遺跡博物館が協力している。中国国内の大学に併設された博物館で三星堆をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。16点(組)の展示品と写真や文章など豊富な資料は、三星堆文明の青銅文化や玉文化、自然崇拝を伝えるとともに、古蜀文明のもう一つの発展の最高点である金沙遺跡との内在的なつながりを示している。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2020112600958

    上海大学博物館で三星堆の特別展  21日、上海大学博物館に展示された国家1級文物の「銅獣面」。中国の上海大学博物館で21日、特別展「三星堆-人と神の世界」が開幕した。同館と四川広漢三星堆博物館が共同で主催し、成都金沙遺跡博物館が協力している。中国国内の大学に併設された博物館で三星堆をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。16点(組)の展示品と写真や文章など豊富な資料は、三星堆文明の青銅文化や玉文化、自然崇拝を伝えるとともに、古蜀文明のもう一つの発展の最高点である金沙遺跡との内在的なつながりを示している。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2020112601281

    上海大学博物館で三星堆の特別展  21日、上海大学博物館の特別展を鑑賞する来場者。中国の上海大学博物館で21日、特別展「三星堆-人と神の世界」が開幕した。同館と四川広漢三星堆博物館が共同で主催し、成都金沙遺跡博物館が協力している。中国国内の大学に併設された博物館で三星堆をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。16点(組)の展示品と写真や文章など豊富な資料は、三星堆文明の青銅文化や玉文化、自然崇拝を伝えるとともに、古蜀文明のもう一つの発展の最高点である金沙遺跡との内在的なつながりを示している。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2020112601271

    上海大学博物館で三星堆の特別展  21日、上海大学博物館を見学する上海大学の教員と学生。中国の上海大学博物館で21日、特別展「三星堆-人と神の世界」が開幕した。同館と四川広漢三星堆博物館が共同で主催し、成都金沙遺跡博物館が協力している。中国国内の大学に併設された博物館で三星堆をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。16点(組)の展示品と写真や文章など豊富な資料は、三星堆文明の青銅文化や玉文化、自然崇拝を伝えるとともに、古蜀文明のもう一つの発展の最高点である金沙遺跡との内在的なつながりを示している。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2020112600962

    上海大学博物館で三星堆の特別展  21日、上海大学博物館に展示された「太陽神鳥金飾(たいようしんちょうきんしょく)」。中国の上海大学博物館で21日、特別展「三星堆-人と神の世界」が開幕した。同館と四川広漢三星堆博物館が共同で主催し、成都金沙遺跡博物館が協力している。中国国内の大学に併設された博物館で三星堆をテーマとした展覧会が開かれるのは今回が初めて。16点(組)の展示品と写真や文章など豊富な資料は、三星堆文明の青銅文化や玉文化、自然崇拝を伝えるとともに、古蜀文明のもう一つの発展の最高点である金沙遺跡との内在的なつながりを示している。(上海=新華社記者/任瓏)=2020(令和2)年11月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2020112601021

    天山北麓で古代の公共浴場跡を発見新疆ウイグル自治区  奇台県の唐朝墩(とうちょうとん)古城で見つかった浴場遺跡の見取り図。(資料写真)中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州の奇台県で、考古学研究者らが10世紀前後の高昌回鶻(天山ウイグル王国)時代に作られたとみられる公共浴場跡を発見した。同県は天山山脈の北麓に位置しており、発掘調査は3年に及んだ。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2020112604189

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  20日、さまざまな服装の人物が細かく描かれた永楽宮無極殿(三清殿)の壁画「朝元図」の一部。(資料写真)中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社配信)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2020111707306

    天平にも新しい生活様式  平城京と平城宮、前川遺跡、藤原麻呂邸、長屋王邸 「12段用」文化財企画「遺跡からの警告―疫病編」第2部「奈良時代―平安時代」4回続きの(2)

  34. 2020111707304

    天平にも新しい生活様式  平城京と平城宮、前川遺跡、藤原麻呂邸、長屋王邸 「12段用」文化財企画「遺跡からの警告―疫病編」第2部「奈良時代―平安時代」4回続きの(2)

  35. 2020111707299

    天平にも新しい生活様式  平城京と平城宮、前川遺跡、藤原麻呂邸、長屋王邸 文化財企画「遺跡からの警告―疫病編」第2部「奈良時代―平安時代」4回続きの(2)

  36. 2020111707301

    天平にも新しい生活様式  平城京と平城宮、前川遺跡、藤原麻呂邸、長屋王邸 文化財企画「遺跡からの警告―疫病編」第2部「奈良時代―平安時代」4回続きの(2)

  37. 2020111806526

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡で出土した青銅のシャベル。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  38. 2020111806597

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡で出土した灰釉陶器の杯。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2020112604113

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  17日、永楽宮の敷地内に植えられた柿の木。一風変わった趣を醸し出している。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  40. 2020112604171

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  17日、冬の永楽宮の無極殿。四季折々の美しさを見せてくれる。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2020112604142

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  17日、永楽宮で世の移り変わりを見届けてきた石獅子。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2020112604127

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  17日、道教の一派、全真派を開いた王重陽(おう・ちょうよう)を祭る永楽宮の重陽殿。殿内の壁画には王重陽の神話伝説に材を取る壁画が描かれている。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2020112604312

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  17日、山西省運城市芮城県にある永楽宮の山門。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2020112604294

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  17日、永楽宮の無極殿(三清殿)。殿内の大型壁画「朝元図」は特に有名で、元代人物画の逸品と称される。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2020112604278

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  17日、永楽宮の敷地内にある「永楽宮移築展覧室」。移築にまつわる歴史などが紹介されている。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2020112604272

    寺院移築の先駆的存在、永楽宮を訪ねて山西省  17日、1262年に建てられた永楽宮の元代「建宮碑」。高さ5・65メートル、幅1・4メートルの碑に、永楽宮の創建の歴史が刻まれている。中国山西省運城市芮城(ぜいじょう)県にある永楽宮(えいらくきゅう)は、元代初期に創建された道教の寺院で、1千平方メートルに及ぶ壁画で知られる。1950~60年代の三門峡ダム建設に伴い、巨大な壁画を含む寺院全体が現在の場所に移築された。当時、この移築に携わった人たちの平均年齢は30歳未満だったという。61年に全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(太原=新華社記者/劉翔霄)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2020111806434

    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市  天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い単室住居の遺構。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2020111806523

    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市  天峰坪遺跡の周辺地形。青い点線で囲まれているのが遺跡。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2020111806453

    寧波市で東周時代の遺跡見つかる工業活動の跡か  四顧山遺跡の中北部で見つかった柱穴群。(資料写真)中国浙江省寧波市の考古部門はこのほど、同市北侖(ほくりん)区で実施した東周時代(紀元前770年~紀元前256年)の遺構を中心とした遺跡の発掘成果を発表した。四顧山遺跡と名付けられた遺跡の発掘調査は、同市文化遺産管理研究院とアモイ大学、北侖区文物保護管理所が共同で、昨年7月から今年5月にかけて実施した。面積は千平方メートルで、東周期から明清期までの遺構100カ所余りが見つかった。(寧波=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2020111806463

    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市  天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い複室住居の遺構(F4)と単室住居の遺構(F1)。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像