検索結果 33 件中 1 件 〜 33 件 "陝西省漢中市"
  1. 2020081204417

    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪  5日、漢張留侯祠の北花園に立つ拝石亭。中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  2. 2020081204248

    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪  5日、漢張留侯祠の張良大殿。中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  3. 2020081204344

    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪  漢張留侯祠の二山門。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  4. 2020081204360

    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪  漢張留侯祠に残る石段。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  5. 2020081204399

    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪  漢張留侯の祠拝殿に掛かる扁額。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。 「新華社」

  6. 2020081204407

    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪  漢張留侯祠の北花園に置かれた石猴。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  7. 2020081204331

    秦嶺山脈に千年の時を刻む古建築群、張良廟を探訪  漢張留侯祠の南花園。(5月20日撮影)中国陝西省漢中市、秦嶺山脈南側の紫柏山の麓に後漢末期に創建された漢張留侯祠がある。通称「張良廟」と呼ばれる。漢王朝の建国に功績のあった張良(ちょう・りょう)を祭る廟としては国内で規模が最も大きく、保存状態が良いことで知られる。張良は、漢の高祖劉邦(りゅう・ほう)の建国を軍師として支えた。漢張留侯祠は張良の10代目子孫とされる漢中王張魯(ちょう・ろ)が祖先の功績と徳行を称えるため建立した。その後も再建と拡張を重ね、徐々に現在の規模となった。1800年以上の歴史を持つ。(西安=新華社配信)=2020(令和2)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。 「新華社」

  8. 2019071005815

    諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県にある武侯墓の入口。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019071005809

    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城の武侯祠に立つ牌楼。(資料写真)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019042501233

    地洞河天坑陝西省寧強県  22日、陝西省寧強県火石子村で撮影した地洞河天坑。(小型無人機から)中国陝西省漢中市寧強県に位置する巨大な穴「地洞河天坑」は禅家岩(ぜんかがん)天坑群の中で最大の天坑。内部には鍾乳石や石筍があり、地質学上の価値が非常に高い。(寧強=新華社記者/張博文)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2019042501262

    地洞河天坑陝西省寧強県  22日に撮影した地洞河天坑の岩穴。中国陝西省漢中市寧強県に位置する巨大な穴「地洞河天坑」は禅家岩(ぜんかがん)天坑群の中で最大の天坑。内部には鍾乳石や石筍があり、地質学上の価値が非常に高い。(寧強=新華社記者/張博文)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2019042501190

    地洞河天坑陝西省寧強県  22日、陝西省寧強県火石子村で撮影した地洞河天坑。(小型無人機から)中国陝西省漢中市寧強県に位置する巨大な穴「地洞河天坑」は禅家岩(ぜんかがん)天坑群の中で最大の天坑。内部には鍾乳石や石筍があり、地質学上の価値が非常に高い。(寧強=新華社記者/張博文)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2019042501278

    地洞河天坑陝西省寧強県  22日、陝西省寧強県火石子村で撮影した地洞河天坑。(小型無人機から)中国陝西省漢中市寧強県に位置する巨大な穴「地洞河天坑」は禅家岩(ぜんかがん)天坑群の中で最大の天坑。内部には鍾乳石や石筍があり、地質学上の価値が非常に高い。(寧強=新華社記者/張博文)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2019042501240

    地洞河天坑陝西省寧強県  22日、陝西省寧強県火石子村で撮影した地洞河天坑内の滝。(小型無人機から)中国陝西省漢中市寧強県に位置する巨大な穴「地洞河天坑」は禅家岩(ぜんかがん)天坑群の中で最大の天坑。内部には鍾乳石や石筍があり、地質学上の価値が非常に高い。(寧強=新華社記者/張博文)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2019042501249

    地洞河天坑陝西省寧強県  22日に撮影した地洞河天坑の岩壁。中国陝西省漢中市寧強県に位置する巨大な穴「地洞河天坑」は禅家岩(ぜんかがん)天坑群の中で最大の天坑。内部には鍾乳石や石筍があり、地質学上の価値が非常に高い。(寧強=新華社記者/張博文)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2019042501197

    地洞河天坑陝西省寧強県  22日に撮影した地洞河天坑底部の滝。中国陝西省漢中市寧強県に位置する巨大な穴「地洞河天坑」は禅家岩(ぜんかがん)天坑群の中で最大の天坑。内部には鍾乳石や石筍があり、地質学上の価値が非常に高い。(寧強=新華社記者/張博文)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  17. 2019042501200

    地洞河天坑陝西省寧強県  22日、地洞河天坑底部から撮影した植物。中国陝西省漢中市寧強県に位置する巨大な穴「地洞河天坑」は禅家岩(ぜんかがん)天坑群の中で最大の天坑。内部には鍾乳石や石筍があり、地質学上の価値が非常に高い。(寧強=新華社記者/張博文)=2019(平成31)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2018120310685

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑を見る来場者。中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2018120310781

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑を見る来場者。中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2018120310554

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑の頂部。中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2018120310673

    後漢の「揺銭樹」、本来の姿を現す陝西省漢中市  11月29日、勉県博物館に展示された後漢緑釉紅陶扶桑の一部。(組み合わせ写真)中国陝西省漢中市にある勉県博物館が今秋、1972年に同県で出土した国家一級文化財、後漢(25年~220年)緑釉紅陶扶桑を正式に一般公開し注目を集めている。扶桑は後漢時代の特別な副葬品で、財運や死者の子孫の安全を願う意味を持ち、「揺銭樹(ようせんじゅ)」とも呼ばれる。「揺銭樹」は出土時、欠損していたが、陝西省歴史博物館の専門家による修復を経て、本来の姿を取り戻した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2019071005826

    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城にある馬超墓祠の前院に立つ正殿。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  23. 2019071005828

    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城の馬超墓祠。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)。=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019071005879

    三国志蜀漢の猛将、馬超の墓「馬超墓祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城にある馬超墓祠の墓塚の前に立つ碑亭。(2018年4月28日撮影)中国三国時代の蜀漢(しょくかん)五虎大将軍の一人、馬超(ば・ちょう)の墓「馬超墓祠」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から西へ2キロの国道108号線沿いある。省の重点文物保護単位に指定されており、西は同じく蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る武侯祠(ぶこうし)に接している。馬超の字(あざな)は孟起(もうき)といい、蜀漢を興した劉備に投じる前は「征西将軍」を称し、涼州(現在の甘粛省、寧夏回族自治区一帯)を拠点に曹操に敵対した。曹操配下の武将の中では許褚(きょ・ちょ)以外に匹敵する者がいなかったため「三国の英雄に馬超あり」と言われた。蜀漢の章武元年(221年)に陽平関(現在の陝西省漢中市勉県)の守備を任されたが、翌年47歳で病没し、同地に埋葬された。贈り名は「威侯」。墓前には年代不詳の祠(ほこら)が建てられている。清代までは広大な規模を誇った馬超墓祠だが、清代の嘉慶年間(1796~1820年)と太平天国(1851~1864年)期に破壊を受けた。現在の墓祠の面積は40ムー(約2・7ヘクタール)。山門、大殿、東西廂房、配殿などの建物が、幾度の修復を経て今日に至っている。(西安=新華社配信/宋楽)=2018(平成30)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2018040500117

    陝西漢中シルクロードの開拓者張騫を祭る式典を開催  3日、古代の祭祀舞(さいしまい)を舞う踊り子たち。シルクロードの開拓者、張騫(ちょうけん)を祭る式典が同日、中国陝西省漢中市城固県の張騫記念館で行われた。張騫の子孫や同地の人たち及び国内外の観光客など1万人余りがシルクロードの開拓者である張騫の魂を弔い、張騫精神とシルクロード文化を感じ取った。(城固=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2018040500143

    陝西漢中シルクロードの開拓者張騫を祭る式典を開催  3日、式典で供え物を捧げる主祭者。シルクロードの開拓者、張騫(ちょうけん)を祭る式典が同日、中国陝西省漢中市城固県の張騫記念館で行われた。張騫の子孫や同地の人たち及び国内外の観光客など1万人余りがシルクロードの開拓者である張騫の魂を弔い、張騫精神とシルクロード文化を感じ取った。(城固=新華社記者/呉暁初)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2018020500893

    挂麺で山村の暮らしを豊かに変える  作った麺を日に当てて乾燥させる五郎廟村の村民、李群さん。【新華社漢中】中国陝西省漢中市洋県の五郎廟村は秦嶺山脈の南麓に位置し、「挂麺(乾めん)の里」として広く知られている。村には挂麺の工房が80カ所余りあり、生産した挂麺は需要に追いつかないほどの人気で、村民に富をもたらす新たな「道」になっている。(羅漢濤)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2018020500899

    挂麺で山村の暮らしを豊かに変える  乾燥させた挂麺を切る五郎廟村の村民。【新華社漢中】中国陝西省漢中市洋県の五郎廟村は秦嶺山脈の南麓に位置し、「挂麺(乾めん)の里」として広く知られている。村には挂麺の工房が80カ所余りあり、生産した挂麺は需要に追いつかないほどの人気で、村民に富をもたらす新たな「道」になっている。(羅漢濤)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2018020500920

    挂麺で山村の暮らしを豊かに変える  乾燥させた挂麺を広げる五郎廟村の村民、閆崇文夫婦。【新華社漢中】中国陝西省漢中市洋県の五郎廟村は秦嶺山脈の南麓に位置し、「挂麺(乾めん)の里」として広く知られている。村には挂麺の工房が80カ所余りあり、生産した挂麺は需要に追いつかないほどの人気で、村民に富をもたらす新たな「道」になっている。(羅漢濤)=2018(平成30)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019071005793

    諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県の武侯墓に立つ墓碑。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年9月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019071005810

    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城にある武侯祠の拝殿前広場。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019071005811

    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城の武侯祠。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019071005841

    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城にある武侯祠の戟門(げきもん)。(2016年1月17日撮影)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=2016(平成28)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像