検索結果 1 件中 1 件 〜 1 件 "貧困世帯"
  1. 2018092825729

    ミャオ族男性の施六金さん、貧困と独身からの脱却に成功  十八洞村に新たに建設された湧水工場で働く施六金さん。(2月3日撮影)ミャオ族の男性、施六金(し・ろくきん)さんは中国の伝統行事「中秋節」(旧暦8月15日)の日に、花轎(かきょう、婚礼の日に花嫁を乗せる美しく飾られたかご)の列の前から進み出て、興奮した様子で同郷の人々に「独身から抜け出した!」と宣言した。武陵山(ぶりょうさん)の奥地に位置する湖南省花垣(かえん)県双竜(そうりゅう)鎮の十八洞(じゅうはちどう)村は、かつて深刻な貧困状態に陥り、2013年の全村の一人あたり平均純収入はわずか1668元。しかも、225戸のうち136戸が貧困世帯で、40歳以上の独身者が30人以上に達していたため、他地域の女性たちは十八洞村には嫁ぎたがらなかった。しかし、2014年以降、貧困を的確に支援・管理する政策の「本拠地」となった十八洞村に、少しづつ変化が見られるようになった。ぬかるむ山道はアスファルトの道路に変わり、村には水道が引かれ、村の出入り口にはATMも現れた。出稼ぎを終えた施六金さんは2015年に村へ戻り、十八洞村に新たに建てられた湧水工場で働き始め、それから間もなく結婚の殿堂入りを果たした。(花垣=新華社記者/李尕)=2018(平成30)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像