検索結果 684 件中 1 件 〜 50
  1. 2020022603128

    「新華社」 マカオの人気スポットタイパ・ハウス・ミュージアムをゆく  21日、マカオの人気観光スポット、「タイパ・ハウス・ミュージアム」。(小型無人機から)「タイパ・ハウス・ミュージアム」(竜環葡韻住宅式博物館)は中国マカオ特別行政区の人気観光スポットの一つ。「竜環」はマカオ・タイパ島の旧称で、「葡韻」は海辺の大通りにあるポルトガル人の邸宅5軒からなる住宅式博物館やカルモ教会、タイパ市政公園といったポルトガル風の建物を指しており、どのスポットも独特の魅力にあふれている。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2020022603135

    「新華社」 マカオの人気スポットタイパ・ハウス・ミュージアムをゆく  21日、マカオの人気観光スポット、「タイパ・ハウス・ミュージアム」。(小型無人機から)「タイパ・ハウス・ミュージアム」(竜環葡韻住宅式博物館)は中国マカオ特別行政区の人気観光スポットの一つ。「竜環」はマカオ・タイパ島の旧称で、「葡韻」は海辺の大通りにあるポルトガル人の邸宅5軒からなる住宅式博物館やカルモ教会、タイパ市政公園といったポルトガル風の建物を指しており、どのスポットも独特の魅力にあふれている。(マカオ=新華社記者/張金加)=2020(令和2)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019120900719

    「新華社」 道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市  5日、空から見た陝西省の楼観台風景区。(小型無人機から)中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  4. 2019120900582

    「新華社」 道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市  5日、空から見た陝西省の楼観台風景区。(小型無人機から)中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  5. 2019120900779

    「新華社」 道教の聖地、楼観台を訪ねて陝西省西安市  5日、空から見た陝西省の楼観台風景区。(小型無人機から)中国北西部の陝西省西安市周至県にある楼観台風景区は、秦嶺終南山の北麓に位置している。史料によると、楼観台は道教の創始者、老子の説経台として用いられていた。現在は道教の聖地として「道教の祖庭」と称えられている。(西安=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  6. 2019111902722

    「新華社」 中国の桃源郷を訪ねて湖南省桃源県  14日、湖南省常徳市桃源県の桃花源風景名勝区に新たに開発された桃花源古鎮(左)。(小型無人機から)中国湖南省常徳市桃源県の南西15キロ、水渓河の近くに「桃花源(桃源郷)風景名勝区」がある。桃花源は、東晋末から南朝宋の詩人、陶淵明(とう・えんめい)の著名な詩篇「桃花源記」に記された、漁師が俗世間から隔絶された地に偶然迷い込む物語の舞台とされる。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2019(令和元)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019111501346

    「新華社」 「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、空から見た常楽寺。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019111104211

    「新華社」 「半分赤い」秋景色山東省済南市  4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  9. 2019111104152

    「新華社」 「半分赤い」秋景色山東省済南市  4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  10. 2019111104280

    「新華社」 「半分赤い」秋景色山東省済南市  4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  11. 2019111104287

    「新華社」 「半分赤い」秋景色山東省済南市  4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  12. 2019111104226

    「新華社」 「半分赤い」秋景色山東省済南市  4日、赤と緑が見事なコントラストを成す済南市の蝎子山。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市の市街地にある蝎子(けっし)山では、尾根が境界線となって「一つの山が二色に分かれる」不思議な景色が広がっている。蝎子山の南側には2万平方メートル余りのハグマノキが植えられ、山の北側は松林となっているため、毎年秋から冬に変わる頃、山の半分は緑で半分は赤くなる現象が発生する。(済南=新華社記者/朱崢)=2019(令和元)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  13. 2019110500844

    「新華社」 紺碧の波に輝く沙湖の秋景色寧夏回族自治区  30日、寧夏回族自治区石嘴山市平羅県にある沙湖風景区に広がる秋景色。(小型無人機から)秋深まる中国寧夏回族自治区石嘴山(せきしざん)市平羅県にある沙湖風景区には、紺碧の波と黄金色のヨシが日の光を受けて輝き、鳥が湖上を飛び回り、砂漠と湖が入り混じる独特な風景が広がっている。(石嘴山=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019110500875

    「新華社」 紺碧の波に輝く沙湖の秋景色寧夏回族自治区  30日、寧夏回族自治区石嘴山市平羅県にある沙湖風景区に広がる秋景色。(小型無人機から)秋深まる中国寧夏回族自治区石嘴山(せきしざん)市平羅県にある沙湖風景区には、紺碧の波と黄金色のヨシが日の光を受けて輝き、鳥が湖上を飛び回り、砂漠と湖が入り混じる独特な風景が広がっている。(石嘴山=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019110500482

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  10月29日、空から見た江西省楽安県流坑古村の一角。(小型無人機から)中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019110500951

    「新華社」 紺碧の波に輝く沙湖の秋景色寧夏回族自治区  29日、寧夏回族自治区石嘴山市平羅県にある沙湖風景区に広がる秋景色。(小型無人機から)秋深まる中国寧夏回族自治区石嘴山(せきしざん)市平羅県にある沙湖風景区には、紺碧の波と黄金色のヨシが日の光を受けて輝き、鳥が湖上を飛び回り、砂漠と湖が入り混じる独特な風景が広がっている。(石嘴山=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019110500351

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  10月29日、空から見た江西省楽安県流坑古村。(小型無人機から)中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(撫州=新華社記者/胡晨歓)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019110500952

    「新華社」 紺碧の波に輝く沙湖の秋景色寧夏回族自治区  29日、寧夏回族自治区石嘴山市平羅県にある沙湖風景区に広がる秋景色。(小型無人機から)秋深まる中国寧夏回族自治区石嘴山(せきしざん)市平羅県にある沙湖風景区には、紺碧の波と黄金色のヨシが日の光を受けて輝き、鳥が湖上を飛び回り、砂漠と湖が入り混じる独特な風景が広がっている。(石嘴山=新華社記者/馮開華)=2019(令和元)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019090900395

    「新華社」 自然の造形美山東省・岱崮地貌風景区  8月30日に撮影した岱崮地貌風景区。(小型無人機から)中国山東省の岱崮地貌(地形)風景区は沂蒙山(ぎもうざん)の中腹に位置する。岱崮地形が集中する同省臨沂(りんぎ)市蒙陰県岱崮鎮は、「丹霞地形」「カルスト地形」「嶂石岩地形」「張家界地形」に次いで中国五大造形地形の一つに数えられる。岱崮地貌風景区を中心とする沂蒙山地質公園は、2019年に「世界ジオパーク」の称号をユネスコから正式に授与された。(蒙陰=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019090900457

    「新華社」 自然の造形美山東省・岱崮地貌風景区  8月30日に撮影した岱崮地貌風景区。(小型無人機から)中国山東省の岱崮地貌(地形)風景区は沂蒙山(ぎもうざん)の中腹に位置する。岱崮地形が集中する同省臨沂(りんぎ)市蒙陰県岱崮鎮は、「丹霞地形」「カルスト地形」「嶂石岩地形」「張家界地形」に次いで中国五大造形地形の一つに数えられる。岱崮地貌風景区を中心とする沂蒙山地質公園は、2019年に「世界ジオパーク」の称号をユネスコから正式に授与された。(蒙陰=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019090900376

    「新華社」 自然の造形美山東省・岱崮地貌風景区  8月30日に撮影した岱崮地貌風景区。(小型無人機から)中国山東省の岱崮地貌(地形)風景区は沂蒙山(ぎもうざん)の中腹に位置する。岱崮地形が集中する同省臨沂(りんぎ)市蒙陰県岱崮鎮は、「丹霞地形」「カルスト地形」「嶂石岩地形」「張家界地形」に次いで中国五大造形地形の一つに数えられる。岱崮地貌風景区を中心とする沂蒙山地質公園は、2019年に「世界ジオパーク」の称号をユネスコから正式に授与された。(蒙陰=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019090900494

    「新華社」 自然の造形美山東省・岱崮地貌風景区  8月30日に撮影した岱崮地貌風景区。(小型無人機から)中国山東省の岱崮地貌(地形)風景区は沂蒙山(ぎもうざん)の中腹に位置する。岱崮地形が集中する同省臨沂(りんぎ)市蒙陰県岱崮鎮は、「丹霞地形」「カルスト地形」「嶂石岩地形」「張家界地形」に次いで中国五大造形地形の一つに数えられる。岱崮地貌風景区を中心とする沂蒙山地質公園は、2019年に「世界ジオパーク」の称号をユネスコから正式に授与された。(蒙陰=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019090900388

    「新華社」 自然の造形美山東省・岱崮地貌風景区  8月30日に撮影した岱崮地貌風景区。(小型無人機から)中国山東省の岱崮地貌(地形)風景区は沂蒙山(ぎもうざん)の中腹に位置する。岱崮地形が集中する同省臨沂(りんぎ)市蒙陰県岱崮鎮は、「丹霞地形」「カルスト地形」「嶂石岩地形」「張家界地形」に次いで中国五大造形地形の一つに数えられる。岱崮地貌風景区を中心とする沂蒙山地質公園は、2019年に「世界ジオパーク」の称号をユネスコから正式に授与された。(蒙陰=新華社記者/王凱)=2019(令和元)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019082600919

    元年国内 702 やはり宣化天皇陵?  埴輪片が出土した宣化陵=奈良県橿原市鳥屋町(共同通信社ヘリから) 

  25. 2019121600837

    「新華社」 江西省で大型六朝墓群見つかる専門家は「滅多にない発見」  発掘調査が進む江西省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群。(8月23日撮影、小型無人機から)中国江西省の文物考古研究院はこのほど、同省南昌市贛江新区の七星堆六朝墓群で実施された475日におよぶ野外発掘調査で、古墓葬73基の調査を終えたことを明らかにした。中でも六朝時代(222年~589年)の墓葬は、数が最も多く、形式が最も豊富であるとともに規模も最大で、ランクも最も高いという。専門家は、国内でこれほど保存状態の良い六朝時代の大型墓群が見つかることは滅多になく、六朝考古学の重大発見といえると指摘。700点余りの出土品は、三国・東呉時代(222年~280年)の「海のシルクロード」の繁栄を示しており、研究上の重要な資料になるとの見方を示した。(南昌=新華社配信)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019090200803

    「新華社」 シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて  雲と霧に包まれた「永泰亀城」。(8月13日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019090200822

    「新華社」 シルクロードの古城「永泰亀城」を訪ねて  空から見た「永泰亀城」。(8月13日、小型無人機から)中国甘粛省白銀市景泰県寺灘郷にある永泰古城は、明の万暦36(1608)年に建造され、400年以上の歴史を持つ。同古城はシルクロード沿いに現存する代表的な明代の軍事要塞で、良好に保存されており、形が亀に似ていることから「永泰亀城」とも呼ばれる。城壁は長さ1・7キロメートル、高さ12メートルに及び、明代の長城による国境防衛体制の重要部分を担っていた。永泰古城は2006年に全国重点文物保護単位に指定された。(景泰=新華社記者/范培珅)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019080802439

    飛鳥京跡苑池に流水施設  飛鳥京跡苑池で見つかった流水施設。左上が階段状の護岸、右上の石組みの中に湧き出た水が切り石を敷いた溝を流れる=8日、奈良県明日香村(共同通信社ヘリから)

  29. 2019080802410

    飛鳥京跡苑池に流水施設  飛鳥京跡苑池で見つかった流水施設=8日、奈良県明日香村(共同通信社ヘリから)

  30. 2020010602574

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓の墓室。(2019年7月1日、小型無人機より)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2020010602568

    「新華社」 秦の始皇帝陵大型副葬墓群見つかる  秦始皇帝陵の大型副葬墓の青銅の鏡と器の出土現場。(2019年7月1日撮影、小型無人機から)中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院は12月30日、考古学者の長年の発掘調査によって、秦始皇帝陵の西側で複数の大型墓が見つかり、陶器や青銅器・鉄器、玉細工など貴重な文化財が多数出土したことを明らかにした。秦始皇帝陵の西1号墓は、秦代の墓としては過去最大規模、最高レベルの大型墓で、考古学的に空白となっている秦代の上流階級の墓を解明する上で貴重な発見となった。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019070304750

    「新華社」 「2千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019070304766

    「新華社」 「2千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠とその周辺地域の景色。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/陸波岸)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019070304731

    「新華社」 「2千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠とその周辺地域の景色。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/陸波岸)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019070304713

    「新華社」 「2千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019070304712

    「新華社」 「2千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/陸波岸)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019070304714

    「新華社」 「2千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠とその周辺地域の景色。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/陸波岸)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019070304723

    「新華社」 「千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019070304844

    「新華社」 「2千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019070304715

    「新華社」 「2千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/陸波岸)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019070304717

    「新華社」 「2千年の運河」が織りなす夏の景色を堪能広西チワン族自治区  6月30日、空から見た霊渠。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区桂林市興安(こうあん)県にある霊渠(れいきょ、秦の始皇帝が築いた運河)は、世界で最も完全な形で保存されている古代水利工事の一つで、今もなお、農地をかんがいし、雨水を排水する役割を果たしている。霊渠は2018年に「世界かんがい施設遺産」リストに登録された。(興安=新華社記者/周華)=2019(令和元)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019070304662

    「新華社」 空から見た太子河遼寧省  22日、馬城子村の合流地点直前を流れる北太子河。(小型無人機から)中国遼寧省東部を流れる太子河は、古くは衍水(えんすい)、梁河と呼ばれ、戦国時代に秦王政(後の始皇帝)の暗殺に失敗した燕国の太子丹がこの地に逃れたことからその名が付いたという。源流は北太子河と南太子河で、本渓市本渓満族自治県の馬城子村付近で交わり本流となり、蛇行しながら西へと向かう。(瀋陽=新華社配信/王永臣)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019070304683

    「新華社」 空から見た太子河遼寧省  22日、馬城子村の合流地点直前を流れる南太子河。(小型無人機から)中国遼寧省東部を流れる太子河は、古くは衍水(えんすい)、梁河と呼ばれ、戦国時代に秦王政(後の始皇帝)の暗殺に失敗した燕国の太子丹がこの地に逃れたことからその名が付いたという。源流は北太子河と南太子河で、本渓市本渓満族自治県の馬城子村付近で交わり本流となり、蛇行しながら西へと向かう。(瀋陽=新華社配信/王永臣)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019070304580

    「新華社」 空から見た太子河遼寧省  22日、馬城子村の合流地点から巨大なS字カーブを描きながら流れ出る太子河。(小型無人機から)中国遼寧省東部を流れる太子河は、古くは衍水(えんすい)、梁河と呼ばれ、戦国時代に秦王政(後の始皇帝)の暗殺に失敗した燕国の太子丹がこの地に逃れたことからその名が付いたという。源流は北太子河と南太子河で、本渓市本渓満族自治県の馬城子村付近で交わり本流となり、蛇行しながら西へと向かう。(瀋陽=新華社配信/王永臣)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019070304647

    「新華社」 空から見た太子河遼寧省  22日、太子河の合流地点にある水と共に生きる村、馬城子村。(小型無人機から)中国遼寧省東部を流れる太子河は、古くは衍水(えんすい)、梁河と呼ばれ、戦国時代に秦王政(後の始皇帝)の暗殺に失敗した燕国の太子丹がこの地に逃れたことからその名が付いたという。源流は北太子河と南太子河で、本渓市本渓満族自治県の馬城子村付近で交わり本流となり、蛇行しながら西へと向かう。(瀋陽=新華社配信/王永臣)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019070304578

    「新華社」 空から見た太子河遼寧省  22日、北太子河と南太子河の合流地点付近にある影皮山。(小型無人機から)中国遼寧省東部を流れる太子河は、古くは衍水(えんすい)、梁河と呼ばれ、戦国時代に秦王政(後の始皇帝)の暗殺に失敗した燕国の太子丹がこの地に逃れたことからその名が付いたという。源流は北太子河と南太子河で、本渓市本渓満族自治県の馬城子村付近で交わり本流となり、蛇行しながら西へと向かう。(瀋陽=新華社配信/王永臣)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019070304707

    「新華社」 空から見た太子河遼寧省  22日、北太子河と南太子河の合流地点にある影皮山。(小型無人機から)中国遼寧省東部を流れる太子河は、古くは衍水(えんすい)、梁河と呼ばれ、戦国時代に秦王政(後の始皇帝)の暗殺に失敗した燕国の太子丹がこの地に逃れたことからその名が付いたという。源流は北太子河と南太子河で、本渓市本渓満族自治県の馬城子村付近で交わり本流となり、蛇行しながら西へと向かう。(瀋陽=新華社配信/王永臣)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019061302761

    民意「反対」でも進む造成  埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部。上は土砂の陸揚げを新たに始めた「K8」護岸=12日(共同通信社機から)

  49. 2019061302746

    民意「反対」でも進む造成  埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部。手前は土砂の陸揚げ作業を新たに始めた「K8」護岸=12日(共同通信社機から)

  50. 2019061200302

    八ツ場ダムほぼ完成  2009年5月(左)と12日の八ツ場ダム。本体工事がほぼ完成した=群馬県長野原町(共同通信社ヘリから)

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像