検索結果 674 件中 1 件 〜 50
  1. 2020070200566

    呉文化を紹介する博物館オープン江蘇省蘇州市  28日、蘇州呉文化博物館の外観。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市にこのほど、蘇州呉文化博物館が開館した。蘇州は「百館之城」と呼ばれ、博物館の宝庫としても知られる。(蘇州=新華社配信)=2020(令和2)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020061011708

    「かやぶきの里」・資料 かやぶき民家  京都府南丹市美山町の「かやぶきの里」

  3. 2020061011677

    「かやぶきの里」・資料 かやぶきの里  京都府南丹市美山町の「かやぶきの里」

  4. 2020061011661

    「かやぶきの里」・資料 かやぶき屋根の家屋  京都府南丹市美山町の「かやぶきの里」

  5. 2020061011643

    「かやぶきの里」・資料 かやぶきの里  京都府南丹市美山町の「かやぶきの里」

  6. 2020061604429

    120年前の教会建築、曳家工法で70メートル移動山東省済南市  10日、旧・天主教方済聖母伝修女会院で実施された曳家工事。中国山東省済南市で10日、修女楼の名で親しまれる120年前の教会建築「旧・天主教方済聖母伝教修女会院」を「曳家(ひきや)」工法で移動させる工事が実施された。重さ2600トンの建物は、敷地内で約70メートル移動し、新たな「住所」に落ち着いた。今後は系統的な修繕を行い、100年を超える文化財建築として新たな命が吹き込まれる。(済南=新華社記者/張武岳)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020061604406

    120年前の教会建築、曳家工法で70メートル移動山東省済南市  10日、旧・天主教方済聖母伝教修女会院で実施された曳家工事。中国山東省済南市で10日、修女楼の名で親しまれる120年前の教会建築「旧・天主教方済聖母伝教修女会院」を「曳家(ひきや)」工法で移動させる工事が実施された。重さ2600トンの建物は、敷地内で約70メートル移動し、新たな「住所」に落ち着いた。今後は系統的な修繕を行い、100年を超える文化財建築として新たな命が吹き込まれる。(済南=新華社記者/呉飛座)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020061604396

    120年前の教会建築、曳家工法で70メートル移動山東省済南市  10日、旧・天主教方済聖母伝教修女会院の全景。中国山東省済南市で10日、修女楼の名で親しまれる120年前の教会建築「旧・天主教方済聖母伝教修女会院」を「曳家(ひきや)」工法で移動させる工事が実施された。重さ2600トンの建物は、敷地内で約70メートル移動し、新たな「住所」に落ち着いた。今後は系統的な修繕を行い、100年を超える文化財建築として新たな命が吹き込まれる。(済南=新華社記者/呉飛座)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020061604468

    120年前の教会建築、曳家工法で70メートル移動山東省済南市  10日、旧・天主教方済聖母伝教修女会院の全景。中国山東省済南市で10日、修女楼の名で親しまれる120年前の教会建築「旧・天主教方済聖母伝教修女会院」を「曳家(ひきや)」工法で移動させる工事が実施された。重さ2600トンの建物は、敷地内で約70メートル移動し、新たな「住所」に落ち着いた。今後は系統的な修繕を行い、100年を超える文化財建築として新たな命が吹き込まれる。(済南=新華社記者/呉飛座)=2020(令和2)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2020061905045

    中国最古の木造民家「姫氏民居」を訪ねて山西省高平市  4日、山西省高平市に残る元代の木造民家「姫氏民居」。中国山西省高平市の中庄村には726年前の元代に建てられた民家「姫氏民居(きしみんきょ)」がある。姫姓の庶民の住宅として建てられ、自然のまま湾曲した木材を粗削りに加工した部材が使われていることから典型的な元代の工法とされる。現存する中国最古の木造民家だという。(太原=新華社記者/王学濤)=2020(令和2)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  11. 2020060209522

    天津の孔子廟で明清時代の古建築を堪能  29日、天津文廟の文昌祠(ぶんしょうし)。中国天津市の天津文廟(孔子廟)は、明清時代に孔子を祭った霊廟で、地方政府の官立学校も置かれていた。明の正統元(1436)年の創建以来、二十数回の増改築を重ねている。現在の敷地面積は1万3千平方メートルで、当時の天津府とその管轄下の天津県の孔子廟(府廟と県廟)、明倫堂(学校)からなる。同市に現存する大規模かつ保存状態の良い明清時代の古建築群として知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  12. 2020060209705

    天津の孔子廟で明清時代の古建築を堪能  29日、天津文廟の府廟崇聖祠(そうせいし)。中国天津市の天津文廟(孔子廟)は、明清時代に孔子を祭った霊廟で、地方政府の官立学校も置かれていた。明の正統元(1436)年の創建以来、二十数回の増改築を重ねている。現在の敷地面積は1万3千平方メートルで、当時の天津府とその管轄下の天津県の孔子廟(府廟と県廟)、明倫堂(学校)からなる。同市に現存する大規模かつ保存状態の良い明清時代の古建築群として知られる。(天津=新華社記者/周潤健)=2020(令和2)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  13. 2020041403604

    新石器時代の文物が勢揃い仰韶文化博物館をゆく河南省  10日、仰韶文化博物館の外観。中国河南省三門峡市澠池県の仰韶(ぎょうしょう)村にある仰韶文化博物館は、新石器時代の仰韶文化をテーマにした博物館で、仰韶文化期のさまざまな文物、6万点余りを所蔵・展示している。(鄭州=新華社記者/朱祥)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  14. 2020042003091

    中原地域に代々続くウイグル族の村河南省三門峡市  魚池村で新たに建設された魚池学校。(3月16日撮影)中国河南省三門峡市澠池(べんち)県の陳村郷魚池村の人口は2413人。うち608人の戸籍の民族欄にはウイグル族と記載されている。戸籍の記載が異なるだけで、彼らの生活は漢族と変わるところがない。同村は澠池県の県政府所在地から北西2キロの場所にあり、新石器時代の仰韶(ぎょうしょう)文化発祥の地として名高い仰韶村とは11キロ離れている。村には中国北部の典型的な農村風景が広がる。591世帯のうち168世帯がウイグル族で、全員が「劉」姓だという。同村のウイグル族は宋末元初の13世紀から現在まで、700~800年にわたり中原地域(黄河の中下流域)で生活してきたため、漢族とも親密に溶け合い、分け隔てのない関係を築いている。(鄭州=新華社配信/鄧志偉)=2020(令和2)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  15. 2020030600488

    春の雨が野山の花を潤す陝西省平利県  2日、平利県長安鎮洪福茶山の道路脇に咲いた梅の花。(小型無人機から)中国陝西省南部の秦巴山区に位置する安康市平利県で2日、雨が降り、潤いを増した梅やアンズ、桜の花が野山で美しく咲き誇った。(平利=新華社記者/陶明)=2020(令和2)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  16. 2020022002145

    聖火リレー・資料 大内宿  国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている福島県下郷町の「大内宿」

  17. 2019120407011

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  18. 2019120407014

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の大殿。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  19. 2019120407007

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿の全景。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  20. 2019120406996

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  福建省福州市にある華林寺の山門。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  21. 2019120406998

    長江以南で最古の木造建築物、華林寺をゆく福建省  華林寺の大殿と大殿の前の石畳の道。(11月30日撮影)中国福建省福州市鼓楼区の屏山南麓に位置する華林寺(かりんじ)は、北宋・乾徳2(964)年に建てられ、千年以上の歴史を持つ。繁栄と衰退を繰り返したこの寺は、今では大殿を残すのみとなっている。その建築様式は全国にある唐・宋代の木造建築の中でも独特なもので、18本の木の柱があり、建物の柱上はすべて軒などを支える木の組物、斗拱(ときょう)で支えられている。一つ一つの部材が非常に大きく、斗拱と梁が緊密に組み合わさって力強い構造を作り出しており、釘は1本も使われていないという。この独特な特徴は、中国南部の木造建築システムを研究する上での貴重な実物資料となっている。中国と日本の専門家による考証を経て、同寺の大殿が日本の鎌倉時代(12世紀末)の建築様式「大仏様(だいぶつよう)」、「天竺様(てんじくよう)」に多大な影響を与え、中日の文化交流を示す重要な歴史的証拠となっていることが分かった。中国の長江以南で最古の木造建築物として、1982年に国務院により第2回全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  22. 2020022500733

    道の駅のつはる 大分市下原  野津原地区にある国指定重要文化財「後藤家住宅」をイメージした和風の外観=2019(令和元)年11月28日、大分市下原、クレジット:大分合同新聞社/共同通信イメージズ 「大分合同新聞」

  23. 2019120200368

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある半月台。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  24. 2019120200565

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある南陽諸葛廬。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  25. 2019120200477

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の入口。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  26. 2019120200367

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にある山門。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  27. 2019120200546

    三国志の英雄、諸葛亮を祭る南陽武侯祠を訪ねて河南省  22日、南陽武侯祠の敷地内にあるいおり、草廬(そうろ)。中国の歴史的文化名城の一つ、河南省南陽市臥竜崗にある「南陽武侯祠(なんようぶこうし)」は、三国時代の傑出した政治家、軍事家、諸葛亮(181-234)を祭った廟。魏晋時代に創建され、唐宋時代に最盛期を迎えた。現在、元、明、清代の建物や漢代の碑刻、扁額、楹聯(えいれん、中国の伝統的な建物の装飾のひとつで、門の両脇などに対句を記したもの)などが保存されている。1996年に国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(鄭州=新華社記者/馮大鵬)=2019(令和元)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  28. 2019111803512

    千年の古刹・三学寺を訪ねて遼寧省海城市  12日、三学寺の正門。中国遼寧省海城市には、千年余りの歴史を持つ三学寺がある。境内の碑文や中華民国期の「海城県誌」によると、同寺は唐代、他の建築群は明代に建てられ、歴代の改修や増築を経て今日の規模に至った。三学寺は1989年に遼寧省重点文物保護単位に指定された。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  29. 2019111501352

    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、常楽寺の宋塔。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  30. 2019111501386

    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、常楽寺の宋塔。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰砿区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/邢広利)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  31. 2019111803327

    千年の古刹・三学寺を訪ねて遼寧省海城市  12日、入り母屋造りの三学寺中殿(大殿)。中国遼寧省海城市には、千年余りの歴史を持つ三学寺がある。境内の碑文や中華民国期の「海城県誌」によると、同寺は唐代、他の建築群は明代に建てられ、歴代の改修や増築を経て今日の規模に至った。三学寺は1989年に遼寧省重点文物保護単位に指定された。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  32. 2019111803329

    千年の古刹・三学寺を訪ねて遼寧省海城市  12日、入り母屋造りの三学寺前殿。中国遼寧省海城市には、千年余りの歴史を持つ三学寺がある。境内の碑文や中華民国期の「海城県誌」によると、同寺は唐代、他の建築群は明代に建てられ、歴代の改修や増築を経て今日の規模に至った。三学寺は1989年に遼寧省重点文物保護単位に指定された。(鞍山=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  33. 2019111501346

    「河朔第一古刹」常楽寺を訪ねて河北省  12日、空から見た常楽寺。常楽寺は中国河北省邯鄲市峰峰(ほうほう)鉱区鼓山の麓に位置し、はるかに北響堂石窟を望む。北斉(550〜577年)に創建され、石窟寺と名付けられた。北斉の天統年間(565〜569年)に智力寺、宋代の嘉祐年間(1056〜1063年)に常楽寺と改称され、その名が今も受け継がれている。常楽寺は、現在の河北省を中心とする河朔(かさく)地区を代表する「河朔第一古刹(こさつ)」と呼ばれていたが、1940年代に破壊された。(邯鄲=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  34. 2020012303873

    北群馬信用金庫本店  キーワード:北群馬信用金庫本店、外観=2019(令和元)年8月20日、群馬県渋川市、クレジット:共同通信イメージズ ※クレジット表記には、日本金融通信社の記載はせずにご使用下さい。 「日本金融通信社」

  35. 2020012304095

    北群馬信用金庫本店  キーワード:北群馬信用金庫本店、外観=2019(令和元)年8月20日、群馬県渋川市、クレジット:共同通信イメージズ ※クレジット表記には、日本金融通信社の記載はせずにご使用下さい。 「日本金融通信社」

  36. 2020012304236

    北群馬信用金庫本店  キーワード:北群馬信用金庫本店、外観=2019(令和元)年8月20日、群馬県渋川市、クレジット:共同通信イメージズ ※クレジット表記には、日本金融通信社の記載はせずにご使用下さい。 「日本金融通信社」

  37. 2020012304016

    北群馬信用金庫本店  キーワード:北群馬信用金庫本店、外観=2019(令和元)年8月20日、群馬県渋川市、クレジット:共同通信イメージズ ※クレジット表記には、日本金融通信社の記載はせずにご使用下さい。 「日本金融通信社」

  38. 2019081900627

    壮麗な黄河「乾坤湾」の姿  13日、乾坤湾観光エリアにある、地元公務員のための研修施設「清水衙門」。中国の黄河には、曲がりくねった流れがダイナミックな景観を作り出している場所がある。陝西省延川県と山西省永和県の境に位置する晋陜大峡谷にある「乾坤(けんこん)湾」もその一つ。太極図のような形をしており、雄大で壮麗な姿を見せる。地元政府はここ数年、乾坤湾の自然景観や周辺の人文・歴史、民俗・風習を整理、活用し、観光客誘致を図っている。(延川=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  39. 2019081000763

    竜ケ岩洞 (りゅうがしどう)  竜ケ岩洞=2019年7月31日、静岡県浜松市

  40. 2019071706502

    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市  11日に撮影した復州城の有名な史跡、永豊塔。同塔は1044年の建立で、高さは28・45メートル。八角形で上部には13層の庇(ひさし)がかかる典型的な遼代の「密檐実芯塔」の造形となっている。2003年には大規模な修復が行われている。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  41. 2019071706476

    千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市  11日に撮影した復州城内の横山書院。清の道光24年(1844年)に建てられ、かつては地域の最高学府として多くの知識人を輩出した。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  42. 2019071005815

    諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県にある武侯墓の入口。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  43. 2019071005809

    諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城の武侯祠に立つ牌楼。(資料写真)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  44. 2019070405409

    三国志の赤壁古戦場を訪ねて湖北省赤壁市  2日、赤壁古戦場風景区にある建物。同風景区は国家5A級(最高ランク)観光地に指定されている。中国後漢時代の208年、現在の湖北省で三国志の英雄、曹操と孫権、劉備の軍勢が激突する大規模な戦役が行われた。史上「赤壁の戦い」と呼ばれる。「少数が多数を制し、弱者が強者に勝つ」戦いとして中国史上でも有名な戦役の一つであり、三国鼎立(ていりつ)の局面を開く契機となった。(赤壁=新華社記者/梁建強)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  45. 2019070100670

    100年の歴史を誇る旅順博物館を訪ねて遼寧省大連市  22日、旅順博物館正面の外観。中国遼寧省大連市旅順口区にある1917年開館の旅順博物館は、2006年に全国重点文物保護単位に指定され、2008年に第1期国家1級博物館に選ばれた。同博物館は国家1級文物200点を含む文化財6万点余りを所蔵している。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  46. 2019062625348

    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  22日に撮影した関聖殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  47. 2019062625361

    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  21日、三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  48. 2019062625386

    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  21日、三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  49. 2019062625444

    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  15日に撮影した三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  50. 2019062625409

    「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  15日に撮影した三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像