検索結果 27 件中 1 件 〜 27
  1. 2019081900627

    「新華社」 壮麗な黄河「乾坤湾」の姿  13日、乾坤湾観光エリアにある、地元公務員のための研修施設「清水衙門」。中国の黄河には、曲がりくねった流れがダイナミックな景観を作り出している場所がある。陝西省延川県と山西省永和県の境に位置する晋陜大峡谷にある「乾坤(けんこん)湾」もその一つ。太極図のような形をしており、雄大で壮麗な姿を見せる。地元政府はここ数年、乾坤湾の自然景観や周辺の人文・歴史、民俗・風習を整理、活用し、観光客誘致を図っている。(延川=新華社記者/陶明)=2019(令和元)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019081000763

    竜ケ岩洞  竜ケ岩洞=2019年7月31日、静岡県浜松市

  3. 2019071706502

    「新華社」 千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市  11日に撮影した復州城の有名な史跡、永豊塔。同塔は1044年の建立で、高さは28・45メートル。八角形で上部には13層の庇(ひさし)がかかる典型的な遼代の「密檐実芯塔」の造形となっている。2003年には大規模な修復が行われている。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019071706476

    「新華社」 千年の古城、復州城を訪ねて遼寧省瓦房店市  11日に撮影した復州城内の横山書院。清の道光24年(1844年)に建てられ、かつては地域の最高学府として多くの知識人を輩出した。中国遼寧省の歴史文化名鎮、復州城鎮は、同省大連市の北約100キロに位置する。遼・金代に初めて土の城壁が築かれ、明の永楽4年(1406年)に石造り、清の乾隆45年(1780年)にレンガ造りへ改築された。復州城はかつて渤海湾地区の海上防衛と貿易の拠点だったため、多くの史跡が残されている。2007年には遼寧省の第1期「歴史文化名鎮」に登録されている。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019071005815

    「新華社」 諸葛孔明が眠る「武侯墓」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県にある武侯墓の入口。(資料写真)中国の歴史上で傑出した政治家、軍事戦略家として知られる三国時代の蜀漢(しょくかん)の宰相、諸葛亮(孔明)の墓「武侯(ぶこう)墓」は、陝西省漢中市勉県の県政府所在地から南へ4キロの地点にある定軍山の麓に位置する。全国重点文物保護単位と国家4A級(上から2番目)観光地に指定されており、面積は360ムー(24ヘクタール)余り。山林部分と墓地部分からなる。墓園内には明・清時代の古建築が墓塚を中心軸として多数配置されている。石碑や壁画、塑像、扁額(へんがく)や対聯(ついれん)など貴重な文化財も多く保存されており、特に漢代の柏22本は大変珍しく、墓地に素朴で気品ある静けさを添えている。諸葛亮は生前、劉備を補佐して蜀漢政権を樹立。官職は最高位の丞相(じょうしょう)に至り、武郷侯に封じられた。死後に忠武侯の称号が贈られたため、その墓は長きにわたり人々から「武侯墓」と呼ばれてきた。諸葛亮は234年、曹魏に対する5回目の北伐の最中に病に倒れ、五丈原(陝西省宝鶏市岐山県)で陣没した。臨終の際に「漢中の定軍山に葬るように」と遺言したことからこの地に埋葬された。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019071005809

    「新華社」 諸葛孔明を祭る「漢中武侯祠」を訪ねて陝西省漢中市  陝西省漢中市勉県城の武侯祠に立つ牌楼。(資料写真)中国陝西省漢中市勉県の県庁所在地から西へ3キロの国道108号線沿いに、中国の歴史上で傑出した政治家、軍事家として知られる三国時代の蜀漢の宰相、諸葛亮(孔明)を祭る「武侯祠(ぶこうし)」がある。蜀漢の景耀(けいよう)6年(263年)に作られ、全国に数ある武侯祠の中で最も古い。唯一皇帝(蜀の後主、劉禅)の詔で建てられた諸葛亮の祠堂でもある。同地の武侯祠は四川省成都市の成都武侯祠に対し「漢中武侯祠」とも呼ばれる。規模は約80ムー(約5・3ヘクタール)と広大で、陝西省南部で比較的大きな古代建築群に入る。敷地には漢代以降の各時代の石碑91基や扁額・対聯62面(組)、その他の文化財65点、古木・名木35本などの文化財も豊富に残されている。(漢中=新華社配信/宋楽)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019070405409

    「新華社」 三国志の赤壁古戦場を訪ねて湖北省赤壁市  2日、赤壁古戦場風景区にある建物。同風景区は国家5A級(最高ランク)観光地に指定されている。中国後漢時代の208年、現在の湖北省で三国志の英雄、曹操と孫権、劉備の軍勢が激突する大規模な戦役が行われた。史上「赤壁の戦い」と呼ばれる。「少数が多数を制し、弱者が強者に勝つ」戦いとして中国史上でも有名な戦役の一つであり、三国鼎立(ていりつ)の局面を開く契機となった。(赤壁=新華社記者/梁建強)=2019(令和元)年7月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019062625348

    「新華社」 「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  22日に撮影した関聖殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019070100670

    「新華社」 100年の歴史を誇る旅順博物館を訪ねて遼寧省大連市  22日、旅順博物館正面の外観。中国遼寧省大連市旅順口区にある1917年開館の旅順博物館は、2006年に全国重点文物保護単位に指定され、2008年に第1期国家1級博物館に選ばれた。同博物館は国家1級文物200点を含む文化財6万点余りを所蔵している。(大連=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019062625361

    「新華社」 「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  21日、三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019062625386

    「新華社」 「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  21日、三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社記者/白明山)=2019(令和元)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019062625444

    「新華社」 「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  15日に撮影した三義宮の正門。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019062625409

    「新華社」 「桃園の誓い」の地「三義宮」を訪ねて河北省涿州市  15日に撮影した三義宮の正殿。中国の河北省涿州(たくしゅう)市は「三国志」の英雄、劉備と張飛の故郷であり、「三国志演義」の第1回「桃園に宴して三人の豪傑が義を結び、黄巾賊を斬って英雄初めて功を立てる」の舞台でもある。三国志の壮大な物語はこの地から始まる。市内の松林店鎮楼桑廟(ろうそうびょう)村にある「三義宮」は劉備、関羽、張飛が義兄弟の契りを結んだ「桃園の義」を記念して建てられたもので「蜀先主廟」「漢昭烈廟」とも呼ばれる。創建は隋代で唐の乾寧(けんねい)4年(897年)に再建された。金の承安4年(1199年)と元の至治(しち)2年(1322年)に修築され、明代と清代にも修繕が行われた。明の正徳(せいとく)3年(1508年)には武宗(正徳帝)が「勅建三義宮」の書を授けている。三義宮の建築群は1960年代に破壊されたが、1996年に再建された。旧暦3月23日は劉備の生誕日とされており、毎年大勢の人が集まり祭祀を営む。元代以降は「楼桑春社」として「涿州八景」の一つになっている。(涿州=新華社配信/呉海山)=2019(令和元)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019061108157

    「新華社」 およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市  6日に撮影した大城子塔の全景写真。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019061108210

    「新華社」 およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市  6日に撮影した大城子塔の全景写真。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019061108156

    「新華社」 およそ千年の時の流れを見守ってきた壮大な古塔遼寧省朝陽市  6日に撮影した大城子塔の全景写真。中国遼寧省朝陽市のカラチン左翼モンゴル族自治県にある大城子塔は、遼・金時代に建てられた八角7層密檐(みつえん)式のレンガ塔で、千年近い歴史をもつ。約31・4メートルの高さを誇り、壮大で堂々たる風貌を備えたこの塔は、楼閣式と密檐式の両種の特徴を持った珍しい混合様式の建物で、2012年には、大規模な修理が行われた。(朝陽=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019062625054

    「新華社」 三国志の英雄、関羽が眠る「当陽関陵」湖北省当陽市  湖北省当陽市の関陵。(5月21日撮影、小型無人機から)中国湖北省当陽市の北西3キロの地点に「三国志」の英雄、関羽の遺骸を埋葬したとされる「関陵」がある。かつては「大王塚」と呼ばれ、地名を取って「当陽関陵」とも呼ばれる。墓陵は東に沮水(漢江支流)に面し、はるか彼方に景山を望む。関陵は山西省運城市解州の関帝廟と河南省洛陽市の関林とともに中国三大関廟と呼ばれ1700年余りの歴史がある。陳寿の「三国志」では関羽の最後を「建安24年(219年)、自らの油断によって荊州を失った関羽は麦城に逃れた。孫権は臨沮の夾石で関羽を捕らえ、これを斬首した。孫権は関羽の首を曹操に送り、諸侯の礼をもって亡がらを当陽に葬った」と記している。関陵は2006年5月25日、三国時代の古墓葬として、中国国務院の承認を経て第6期の全国重点文物保護単位に指定された。(当陽=新華社配信/周星亮)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019062624933

    「新華社」 三国志ゆかりの襄陽城を行く湖北省襄陽市  湖北省襄陽市にある襄陽城の臨漢門。(5月1日撮影、小型無人機から)中国湖北省襄陽(じょうよう)市にある襄陽城は、長江の最大の支流、漢江中流の南岸に位置し、前漢時代の紀元前201年に建築が始められ、2千年以上の歴史を持つ。三方が水に囲まれ、一方は山に面しており、防御が容易で攻略は難しい。三国志では蜀漢の武将、関羽(かん・う)が曹魏の軍隊が守る同城に攻め入ったことで有名。襄陽は後漢末に劉表が荊州牧として本拠地を置いてから、歴代王朝を通じて地域の政治的中心であり続けた。最初期の土造りの城は軍事的要衝として唐代まで使用され、宋代にはれんが造りの城として再建された。襄陽城は守りの堅さから歴代の兵家(中国の諸子百家の一つ。戦略や戦闘方法、兵器の使用、軍事上のタブーなどを研究した)が重視した。=2019(令和元)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019080211217

    「新華社」 三国志随一の文才、曹植の墓を訪ねて山東省東阿県  魚山曹植墓風景区の「子建祠」正門。(2019年4月20日撮影)「三国志」の英雄曹操の三男、曹植(そう・しょく)の墓は、山東省聊城(りょうじょう)市東阿(とうあ)県の県城(県政府所在地)から南東20キロ、黄河北岸の魚山(ぎょさん)にあり、現在は魚山曹植墓風景区となっている。史料によれば、墓の造営は魏の太和七年(233年)3月。その後も修繕が繰り返された。曹植は字(あざな)を子建といい、中国古代の著名な政治家としてだけでなく、後漢の建安文学を代表する文学者としても知られ、その作品は後世に多大な影響を与えた。(済南=新華社配信/魚山曹植墓風景区管理処提供)=2019(平成31)年4月20日、クレジット:魚山曹植墓風景区管理処/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019032800655

    「新華社」 「古き時代」をよみがえらせる泰山古建築の「守り人」  泰山岱廟の天貺殿。(3月13日撮影)中国山東省に位置する中国「五岳の雄」泰山。海抜1500メートルを超える山頂にある碧霞祠(へきかし)は、中国古代の高山建築群の傑作とされる。碧霞祠が千年にわたり壮大な姿を保つことができたのは、泰山の奥深くへと通い続けた歴代の修復職人の功績にほかならない。彼らは泰山の「古き時代」をよみがえらせ、歴史の記憶の「守り人」として泰山古建築を守り続けてきた。泰山賈氏古代建築造営技術の七代目伝承者、賈士傑(か・しけつ)氏(76)は、その「守り人」の1人だ。賈氏が受け継ぐ技術は清代に起源を持つ。賈氏は1966年に泰山の古代建築補修に初めて参加して以降、すでに半世紀以上にわたり泰山を守り続けている。(済南=新華社記者/孫暁輝)=2019(平成31)年3月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019031804489

    「日刊工業新聞」 埼玉りそな銀行の川越支店  1918年に完成し、1996年に国の登録有形文化財に登録されている有形文化財=2019(平成31)年3月9日、埼玉県川越市幸町4-1、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  22. 2019031804486

    「日刊工業新聞」 埼玉りそな銀行の川越支店  1918年に完成し、1996年に国の登録有形文化財に登録されている有形文化財=2019(平成31)年3月9日、埼玉県川越市幸町4-1、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  23. 2019031804492

    「日刊工業新聞」 埼玉りそな銀行の川越支店  1918年に完成し、1996年に国の登録有形文化財に登録されている有形文化財=2019(平成31)年3月9日、埼玉県川越市幸町4-1、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  24. 2019031804491

    「日刊工業新聞」 埼玉りそな銀行の川越支店  1918年に完成し、1996年に国の登録有形文化財に登録されている有形文化財=2019(平成31)年3月9日、埼玉県川越市幸町4-1、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  25. 2019071100343

    「新華社」 三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市  空から見た江蘇省鎮江市北固山の甘露寺。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山(ほくこざん)の頂上に立つ甘露寺は、三国時代に創建され、その後も各時代の増築を経て現在の規模に至る。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」の舞台となった仏寺は甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、呉の周瑜(しゅう・ゆ)は主の孫権に対し、孫権の妹の孫尚香との縁談を名目に劉備を京口(鎮江の古称)に誘い出し、機に乗じて捕らえて人質とすることで荊州の返還を迫るという計略を献じた。劉備の軍師、諸葛亮(孔明)は計略の裏をかき、偽りの縁組を本当の縁組に変えることで主の窮地を救った。日本の「泣きっ面に蜂」にあたる中国のことわざ「賠了夫人又折兵(夫人を取られ兵も失う)」はこの故事に由来する。京劇の演目「竜鳳呈祥」もこの物語を描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019071100237

    「新華社」 三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市  江蘇省鎮江市北固山の甘露寺。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山(ほくこざん)の頂上に立つ甘露寺は、三国時代に創建され、その後も各時代の増築を経て現在の規模に至る。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」の舞台となった仏寺は甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、呉の周瑜(しゅう・ゆ)は主の孫権に対し、孫権の妹の孫尚香との縁談を名目に劉備を京口(鎮江の古称)に誘い出し、機に乗じて捕らえて人質とすることで荊州の返還を迫るという計略を献じた。劉備の軍師、諸葛亮(孔明)は計略の裏をかき、偽りの縁組を本当の縁組に変えることで主の窮地を救った。日本の「泣きっ面に蜂」にあたる中国のことわざ「賠了夫人又折兵(夫人を取られ兵も失う)」はこの故事に由来する。京劇の演目「竜鳳呈祥」もこの物語を描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019071100339

    「新華社」 三国志の舞台、甘露寺を訪ねて江蘇省鎮江市  江蘇省鎮江市北固山にある甘露寺の山門。(2018年12月13日撮影)中国江蘇省鎮江市の北固山の後峰に立つ甘露寺は、呉の時代に建設が始まり、各時代の増築を経て現在の規模になっている。「三国志演義」第54回「呉国太、仏寺に新郎を看、劉皇叔、洞房に佳偶を続ぐ」に登場する仏寺は、甘露寺だとされる。赤壁の戦い後、劉備が呉に荊州(けいしゅう)を返さなかったため、孫権は周瑜の出した計略を用い、妹の孫尚香との縁談を偽って劉備を京口に誘い出し、その機に乗じて劉備を人質に捕らえ、荊州の返還を迫ろうとした。諸葛亮はこの計略の裏をかき、孫家と劉家の偽りの縁組を真にし、呉に夫人を差し出させ、兵も引かせた。京劇の演目「竜鳳呈祥」は、このストーリーを描いている。(鎮江=新華社配信/石小剛)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像