検索結果 9 件中 1 件 〜 9 件 "Hall"
  1. 2020051102713

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された漢代の銅銭「五銖銭」の鋳型。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2020051102612

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された金代の「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2020051102777

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された「共」と記された戦国時代の「共字円銭」(山西省聞喜県出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2020051102781

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院で、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2020051102598

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された唐代の「金鋌」(山西省朔州市平魯区出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2020051102771

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された東周(春秋戦国時代)の貨幣「貼金海貝」(山西省侯馬市出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、東周と記された「方足布(ほうそくふ)」は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2020051102767

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された北宋時代の「至道元宝」(楷書、行書、草書の3書体による「御書銭」)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2020051102608

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された「東周」と記された方足布。(山西省陽高県出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2020051102782

    中国貨幣の宝庫山西博物院を訪ねて太原市  3日、山西博物院に展示された春秋時代の「甘丹」と記された空首聳肩尖足布。(山西省稷山県出土)。中国山西省太原市の山西博物院にある「方円(四角と丸)世界」展示ホールでは、秦代以前から明・清代に至るまでの中国の貨幣の変遷を時代ごとに7つのブースに分けて展示している。中でも中国の戦国時代の韓、趙、魏に流通していた貨幣は、地域的な特徴がはっきりしており、「東周」と記された方足布(ほうそくふ)は、国内でも唯一無二の文物で、「貞祐宝券(ていゆうほうけん)五十貫鈔版」は、金代の交鈔(こうしょう、金、元代に発行使用された紙幣)制度を研究する上での貴重な実物資料となっている。(太原=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像