検索結果 34 件中 1 件 〜 34 件 "中国貴州省"
  1. 2019101604958

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019101604960

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019101604894

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮の観光エリア内の断崖ホテルの景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019101604801

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/李驚亜)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019101604804

    「新華社」 かつての水銀鉱山文化を観光に生かす貴州省銅仁市  朱砂古鎮内の景色。(8月28日撮影)中国貴州省銅仁市万山(ばんざん)区の水銀硫化物である朱砂(しゅしゃ、辰砂)採掘の歴史は古く、秦漢時代にまでさかのぼることができ、同区はかつて朱砂の埋蔵量・産出量ともに国内随一を誇り、「千年の朱砂の都」の異名を持つ。しかし、2001年に万山水銀鉱山は、資源枯渇のため政策により閉鎖され、この地は発展の苦境に陥った。その後、同区は変革の道を模索し、2015年に独特の朱砂文化を中核に据え、国の最高ランクである5A級観光地の基準に基づいて、現存する鉱山跡地や文化財を整備開発して利用、朱砂古鎮を建設した。(銅仁=新華社記者/劉智強)=2019(令和元)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019061001379

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019061001241

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019061001251

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019061001411

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019061001399

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019010700621

    「新華社」 森林を守る三兄弟貴州省畢節市  3日、拱攏坪営林場で30年以上前に植えた木の成育状況を確認する張建さんと張忠さん、張華さん。中国貴州省畢節(ひっせつ)市七星関区楊家湾(ようかわん)鎮で1966年に生まれた張建(ちょう・けん)さん、張忠(ちょう・ちゅう)さんと張華(ちょう・か)さんは三つ子の兄弟で、父親の張世徳(ちょう・せいとく)さんは同市に位置する拱攏坪(きょうろうへい)営林場の創設に携わった一人だ。三兄弟は1981年、父親の影響を受け同営林場で働き始め、山の巡視や森林の保護、造林などに30年以上取り組んできた。三兄弟は「父親がこの営林場に生涯を捧げた。私たちも森林を愛し保護する伝統を受け継ぎ、この森林を守っていく」と語った。(畢節=新華社配信/韓賢普)=2019(平成31)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2018102217164

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、笙管の音孔を削る芦笙職人の梁沢光(りょう・たくこう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2018102217120

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、芦笙の笙斗(頭部分)に穴を開ける芦笙職人の梁建忠(りょう・けんちゅう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  14. 2018102216824

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、芦笙のリードを作る芦笙職人の梁沢光(りょう・たくこう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  15. 2018102216829

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、芦笙のリードを調律する芦笙作り職人の梁沢光(りょう・たくこう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社配信/楊文斌)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  16. 2018102217080

    「新華社」 民族楽器「芦笙」の製作現場を訪ねて貴州省従江県  16日、芦笙のリードを点検する芦笙職人の梁沢光(りょう・たくこう)さん。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州従江(じゅうこう)県貫洞(かんどう)鎮今影(きんえい)村は、芦笙(ろしょう、ミャオ族やトン族など少数民族の竹製の管楽器)作りの村として地元で広く知られており、先祖代々の伝統芦笙製作技術が今でも受け継がれている。この製作技術には材料の選択、竹の準備、リードの設置、指孔開け、音のテストなど30以上の工程が含まれる。芦笙は中国西南部の少数民族地域の人々に愛される古くからの楽器。人々は祝日になると、さまざまな芦笙会を開き、芦笙を吹いて踊る。(従江=新華社記者/陳曄華)=2018(平成30)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2018091924845

    「新華社」 紅石林景観区が観光客に人気貴州省銅仁市  16日、空から見た貴州省銅仁市松桃ミャオ族自治県紅石林景観区。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市松桃ミャオ族自治県盤石鎮にある紅石林景観区は、岩が連なる独特の景観が多くの観光客を引き付けている。(松桃=新華社記者/楊楹)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2018091924876

    「新華社」 紅石林景観区が観光客に人気貴州省銅仁市  16日、空から見た貴州省銅仁市松桃ミャオ族自治県紅石林景観区。(小型無人機から)中国貴州省銅仁市松桃ミャオ族自治県盤石鎮にある紅石林景観区は、岩が連なる独特の景観が多くの観光客を引き付けている。(松桃=新華社記者/楊楹)=2018(平成30)年9月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2018090712138

    「新華社」 満開のニラの花、観光客の目を引く貴州省六盤水市  5日、貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区を訪れた観光客。中国貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区に自生するニラの花がこのほど満開になり、多くの観光客を楽しませている。(六盤水=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2018090712209

    「新華社」 満開のニラの花、観光客の目を引く貴州省六盤水市  5日、貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区を訪れた観光客。(小型無人機から)中国貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区に自生するニラの花がこのほど満開になり、多くの観光客を楽しませている。(六盤水=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2018090712239

    「新華社」 満開のニラの花、観光客の目を引く貴州省六盤水市  5日、貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区を訪れた観光客。(小型無人機から)中国貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区に自生するニラの花がこのほど満開になり、多くの観光客を楽しませている。(六盤水=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2018090712112

    「新華社」 満開のニラの花、観光客の目を引く貴州省六盤水市  5日、貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区を訪れた観光客。中国貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区に自生するニラの花がこのほど満開になり、多くの観光客を楽しませている。(六盤水=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2018090712143

    「新華社」 満開のニラの花、観光客の目を引く貴州省六盤水市  5日、貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区を訪れた観光客。中国貴州省六盤水市鐘山区大湾鎮の韮菜坪景勝区に自生するニラの花がこのほど満開になり、多くの観光客を楽しませている。(六盤水=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2018080900505

    「新華社」 絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江  7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2018080900546

    「新華社」 絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江  7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2018080900516

    「新華社」 絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江  7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2018080900501

    「新華社」 絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江  7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2018080900541

    「新華社」 絵のような美しい風景が広がる雄大な北盤江  7日、貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県に位置する北盤江大峡谷の雄大な景色。(小型無人機から)立秋にあたる7日、中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州貞豊県には素晴らしい青空が広がった。カルストと丹霞地形で有名な同県の景勝地、北盤江大峡谷の岩壁と山林が照り輝く様子は壮大で美しい。(貞豊=新華社記者/陶亮)=2018(平成30)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2018071700699

    「新華社」 美しい夏の山水貴州省興義市  16日、景勝地として知られる貴州省興義市の万峰湖。中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州の興義市では盛夏を迎え、景勝地である万峰林や万峰湖に緑が茂り、絵画のような美しい景色を作り出している。(興義=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2018071700725

    「新華社」 美しい夏の山水貴州省興義市  16日、山と湖のコントラストが美しい貴州省興義市の万峰湖。(小型無人機から)中国貴州省黔西南プイ族ミャオ族自治州の興義市では盛夏を迎え、景勝地である万峰林や万峰湖に緑が茂り、絵画のような美しい景色を作り出している。(興義=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2018070300852

    「新華社」 21年かけて幻想的なとりでを建造貴州省貴陽市  1日、「夜郎谷」を散策する観光客。つる草に一面覆われた城壁、石を積み上げた柱、表情や高さがそれぞれ異なる石の顔など、これらは彫刻芸術家、宋培倫氏が作り上げた幻想的なとりで「夜郎谷」だ。21年前、米国から帰国した宋氏は、中国貴州省貴陽市花渓区楽平村の谷にやって来て、自らの夢の城を築き始めた。宋氏は、追儺(ついな)の儀礼で悪霊をはらうために行われた舞が発展してできた伝統演劇「儺戯」に登場する人物やそのお面、隈取りをテーマとして、どこにでもある小石や陶器のかけら、素焼きのかめを材料に、現地の山の形状、川の流れる方向やその本来の姿に基づき設計し、荒涼としていた林の中で1年、また1年と少しずつ石の城を作り上げてきた。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2018070300842

    「新華社」 21年かけて幻想的なとりでを建造貴州省貴陽市  1日、「夜郎谷」の石像の前に立つ宋培倫氏。つる草に一面覆われた城壁、石を積み上げた柱、表情や高さがそれぞれ異なる石の顔など、これらは彫刻芸術家、宋培倫氏が作り上げた幻想的なとりで「夜郎谷」だ。21年前、米国から帰国した宋氏は、中国貴州省貴陽市花渓区楽平村の谷にやって来て、自らの夢の城を築き始めた。宋氏は、追儺(ついな)の儀礼で悪霊をはらうために行われた舞が発展してできた伝統演劇「儺戯」に登場する人物やそのお面、隈取りをテーマとして、どこにでもある小石や陶器のかけら、素焼きのかめを材料に、現地の山の形状、川の流れる方向やその本来の姿に基づき設計し、荒涼としていた林の中で1年、また1年と少しずつ石の城を作り上げてきた。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019040403125

    「新華社」 貴州省出土の石板墓、失われた民族の可能性考古学者が指摘  貴州省納雍県で見つかった石板墓墓地の一部。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市納雍(のうよう)県で石板墓(天井や地面、側面を石板で囲った墓)の調査を行っていた考古研究者は、これらの墓が失われた民族のものである可能性を指摘した。2011年に同県百興鎮楊家寨村で始まった墓49基の調査では、出土した装飾品の紋様が、省内で発見された同時代の漢族や少数民族の墓のものとは異なっていた。現在貴州で生活するどの民族とも一致せず、地方誌にも該当する民族に関する記載が見当たらないことから、研究者は明清時代に納雍河流域で生活し、現在では姿を消してしまった民族の墓ではないかと推測している。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2011(平成23)年7月20日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019040403107

    「新華社」 貴州省出土の石板墓、失われた民族の可能性考古学者が指摘  貴州省納雍県で見つかった石板墓の発掘現場。(資料写真)中国貴州省畢節(ひっせつ)市納雍(のうよう)県で石板墓(天井や地面、側面を石板で囲った墓)の調査を行っていた考古研究者は、これらの墓が失われた民族のものである可能性を指摘した。2011年に同県百興鎮楊家寨村で始まった墓49基の発掘調査では、出土した装飾品の紋様が、省内で発見された同時代の漢族や少数民族の墓のものとは異なっていた。現在貴州で生活するどの民族とも一致せず、地方誌にも該当する民族に関する記載が見当たらないことから、研究者は明清時代に納雍河流域で生活し、現在では姿を消してしまった民族の墓ではないかと推測している。(貴陽=新華社配信/貴州省文物考古研究所提供)=2011(平成23)年7月14日、クレジット:貴州省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像