検索結果 10 件中 1 件 〜 10 件 "建築スタイル"
  1. 2019120407063

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た康店鎮の康百万荘園。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  2. 2019120406968

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た関林鎮のある古い舞台。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)関林鎮は河南省洛陽市にあり、その名は三国時代の蜀の名将・関羽の首級が埋葬されているという言い伝えに由来する。同鎮には国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている洛陽関帝廟と、中原地域の重要な商取引・物流集散地の一つである関林市場がある。明の万暦年間に創建された関林(関帝廟)は、中国の「武聖」の墓所であり、明、清時代には代々の皇帝が官僚を派遣して祭祀(さいし)を行う場所であり、地方の官吏や民衆が関公(関羽の敬称)を参拝する場所となっていた。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  3. 2019120407030

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  朱仙鎮の岳飛廟で、忠臣を陥れた「罪臣」の像をむちで打つ子ども。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  4. 2019120407069

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  出来上がったばかりの朱仙鎮木版年画を整理する年画職人。(2016年7月16日撮影)朱仙鎮は河南省開封市祥符区にあり、かつて湖北省の漢口鎮、江西省の景徳鎮、広東省仏山鎮と並んで、中国四大名鎮に数えられ、唐、宋の時代から水陸の交通の要衝、交易地として栄えた。当地で、古くから有名なのは木版年画(旧正月に飾る縁起物の絵)で、五代十国から北宋の時代に始まって明、清の時代に盛んとなり、中国四大木版年画の一つとされている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  5. 2019120407070

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  康店鎮の明・清代の建築の一部。(2016年7月16日撮影)康店鎮は河南省鞏義(きょうぎ)市にあり、同省の「歴史文化名鎮」に指定されている。豊かな観光資源を持つ、中原地域の重要な観光地の一つであり、特に明・清代の古い邸宅、康百万荘園は中原民家を代表する古建築群となっている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  6. 2019120407047

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  空から見た関林鎮の関帝廟。(小型無人機から、2016年7月16日撮影)関林鎮は河南省洛陽市にあり、その名は三国時代の蜀の名将・関羽の首級が埋葬されているという言い伝えに由来する。同鎮には国家重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定されている洛陽関帝廟と、中原地域の重要な商取引・物流集散地の一つである関林市場がある。明の万暦年間に創建された関林(関帝廟)は、中国の「武聖」の墓所であり、明、清時代には代々の皇帝が官僚を派遣して祭祀(さいし)を行う場所であり、地方の官吏や民衆が関公(関羽の敬称)を参拝する場所となっていた。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年7月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  7. 2019120407031

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  芒山鎮で伝統的な「儺舞(なぶ、古代舞踊)」を披露する民間芸能伝承者。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  8. 2019120406969

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  芒山鎮にある前漢梁王墓群。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  9. 2019120407055

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  芒山鎮の自由市場で、竹細工の生活用品を売る農民。(2016年5月1日撮影)芒山(ぼうざん)鎮は河南省永城市の北部にあり、漢の高祖劉邦が挙兵した場所に当たるため「漢興之地」の名を持つ。また同省東部の重要な商品集散地でもある。同鎮内の芒碭山(ぼうとうざん)の前漢梁王墓群は、国内外でもまれに見る大型石室墓群として知られる。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2016(平成28)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

  10. 2019120407043

    中原地方の魅力的な古鎮河南省  賒店鎮の山陝会館の石彫牌坊(はいぼう、伝統的建築様式の門の一つ)。(2015年6月28日撮影)賒店(しゃてん)鎮は南陽市社旗県にあり、かつて商業の街として名をはせた。商業が栄えたことで、ここには「天下第一会館」と呼ばれる山陝会館が残されている。建築に施された木彫や石刻は精巧で、文化財の専門家から「輝かしく壮麗、天下第一」と賞賛されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ 「新華社」

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像