検索結果 103 件中 1 件 〜 50 件 "Architecture"
  1. 2019082901980

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、江西省楽安県流坑古村の路地裏。中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  2. 2019082901965

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、空から見た江西省楽安県流坑古村の風景。(小型無人機から)中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019082901911

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、空から見た江西省楽安県流坑古村の風景。(小型無人機から)中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019082901929

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、空から見た江西省楽安県流坑古村の風景。(小型無人機から)中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019082901925

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、空から見た江西省楽安県流坑古村の風景。(小型無人機から)中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019082901909

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、江西省楽安県流坑古村の石畳の路地。中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019082901912

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、江西省楽安県流坑古村に立ち並ぶ伝統的な建築群。中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019082901913

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、空から見た江西省楽安県流坑古村の風景。(小型無人機から)中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019082901915

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、江西省楽安県流坑古村の伝統的な建物の一角。中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019082901920

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、江西省楽安県流坑古村で、自宅の入口に小椅子に座っている村の人。中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019082901928

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、江西省楽安県流坑古村の伝統的な建物が織りなす風景。中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019082901941

    「新華社」 千年の古村で古代建築の美しさを堪能江西省流坑村  23日、江西省楽安県流坑古村に立ち並ぶ伝統的な建築群。中国江西省撫州市楽安県の南西部にある流坑古村は、五代十国時代の南唐(なんとう、937年~975年)に建設が始まり、面積は3・61平方キロメートル。260の伝統的建築物が保存されており、建物には地方の特色が色濃く表れ、同省の贛(かん)式民家(江西省、湖南省などに伝わる伝統的建築)の代表的な様式や特徴を示している。2001年、国務院により全国重点文物保護単位(国の重要文化財)に指定された。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2019(令和元)年8月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019081400433

    「DPA」 Masuria - City Gizycko (Loetzen) View of redeveloped prefabricated buildings from the communist era and new buildings completed in recent years in the city of Gizycko (Loetzen), recorded on 16.07.2019 | usage worldwide、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  14. 2019072600254

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  湖南省長沙市の関山古鎮風景区にある劉備(中央)と関羽(右)、張飛の銅像。(資料写真)中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社配信/湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司提供)=撮影日不明、クレジット:湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019072600293

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  湖南省長沙市の関山古鎮風景区で再現された「桃園の誓い」。(資料写真)中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社配信/湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司提供)=撮影日不明、クレジット:湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019072600193

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  湖南省長沙市の関山古鎮の入り口。(資料写真)中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社配信/湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司提供)=撮影日不明、クレジット:湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  17. 2019071202489

    「新華社」 元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市  9日、墓の内部にある壁画。「大元国至元二十二年」と書かれている。中国山東省済南市長清区でこのほど、レンガ彫刻が施された元代の壁画墓が見つかった。済南市考古研究所によると、墓は比較的良い状態で保存されており、壁画は精緻で美しく内容も豊富で、かなり格式の高い墓と見られる。同研究所考古科の郭俊峰(かく・しゅんほう)科長によると、この墓の地下にある古代建築物は円形構造で、ドーム天井にはハスの花の形をした浮き彫りが施され、壁には祥雲(吉祥の雲)のような美しい壁画が描かれ、「大元国至元二十二年」(1285年)と書かれている。全体的な形状はモンゴルの包(パオ)によく似ており、南に向かって墓道に通じる扉があるようだ。(済南=新華社配信/郭俊峰)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  18. 2019071202529

    「新華社」 元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市  9日、墓のドーム天井にあるハスの花の浮き彫り。中国山東省済南市長清区でこのほど、レンガ彫刻が施された元代の壁画墓が見つかった。済南市考古研究所によると、墓は比較的良い状態で保存されており、壁画は精緻で美しく内容も豊富で、かなり格式の高い墓と見られる。同研究所考古科の郭俊峰(かく・しゅんほう)科長によると、この墓の地下にある古代建築物は円形構造で、ドーム天井にはハスの花の形をした浮き彫りが施され、壁には祥雲(吉祥の雲)のような美しい壁画が描かれ、「大元国至元二十二年」(1285年)と書かれている。全体的な形状はモンゴルの包(パオ)によく似ており、南に向かって墓道に通じる扉があるようだ。(済南=新華社配信/郭俊峰)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  19. 2019071202533

    「新華社」 元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市  9日、墓の内部にある壁画。中国山東省済南市長清区でこのほど、レンガ彫刻が施された元代の壁画墓が見つかった。済南市考古研究所によると、墓は比較的良い状態で保存されており、壁画は精緻で美しく内容も豊富で、かなり格式の高い墓と見られる。同研究所考古科の郭俊峰(かく・しゅんほう)科長によると、この墓の地下にある古代建築物は円形構造で、ドーム天井にはハスの花の形をした浮き彫りが施され、壁には祥雲(吉祥の雲)のような美しい壁画が描かれ、「大元国至元二十二年」(1285年)と書かれている。全体的な形状はモンゴルの包(パオ)によく似ており、南に向かって墓道に通じる扉があるようだ。(済南=新華社配信/郭俊峰)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  20. 2019071202480

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区にある諸葛亮(孔明)の銅像。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019071202431

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区に立つ関羽像。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019071202490

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区で再現された城壁を守る兵士。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019071202406

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区にある劉備の銅像。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019071202410

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区にある黄忠の銅像。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019071202451

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区にある関羽(左)と張飛の銅像。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019071202505

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区の一角。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019071202544

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019071202510

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019071202512

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019071202438

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  6日、湖南省長沙市の関山古鎮風景区内に安置されている関羽(中央)と関平(かん・ぺい、右)、周倉(しゅう・そう)の塑像。中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社記者/明星)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019061001379

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019061001241

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019061001251

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019061001411

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から)中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  35. 2019061001399

    「新華社」 シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて貴州省独山県  7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99・9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。(独山=新華社記者/劉続)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  36. 2019032602546

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  19日、劉氏荘園の敷地内にある部屋の外壁に設けられた通気孔。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019032602623

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  19日に撮影した劉氏荘園にたたずむ「小姐楼(シャオジエろう)」。当時、劉氏一族の若い娘たちはこの建物で暮らしていたという。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019032602666

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  19日、安仁古鎮にある中華民国時代の軍人、劉文輝(りゅう・ぶんき)の邸宅の敷地内に建つ「延慶園」の様子。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019032602629

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  19日に撮影した劉氏荘園のアヘン倉庫。劉氏一族は当時、アヘン売買で財を成したという。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019032602654

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  19日、劉氏荘園にたたずむ「小姐楼(シャオジエろう)」の入り口。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019032602575

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  19日、当時劉氏荘園で働く使用人が住んでいた住居。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019032602733

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  19日、安仁古鎮にある中華民国時代の軍人、劉文輝(りゅう・ぶんき)の邸宅の入り口。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019032602611

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  18日、安仁古鎮にある当時の軍人、陳月生(ちん・げっしょう)の邸宅の庭。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019032602610

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  18日、当時の軍人、陳月生(ちん・げっしょう)の邸宅内に新築されたウイスキー博物館。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019032602671

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  18日に撮影した安仁古鎮にある劇場、安仁劇院。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019032602703

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  18日、安仁古鎮にたたずむ当時の面影を残した宿泊施設。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019032602621

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  18日に撮影した劉氏荘園博物館の中庭。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019032602674

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  18日、安仁古鎮にある当時の軍人、陳月生(ちん・げっしょう)の邸宅の入り口。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019032602646

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園成都市  安仁古鎮にある劇場、安仁劇院。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国一の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019032602652

    「新華社」 中国の「西南の外灘」豪華で壮大な劉氏荘園四川省大邑県  18日に撮影した劉氏荘園博物館の正門。中国四川省成都市西部の大邑(だいゆう)県にある千年の歴史を持つ古鎮、安仁鎮には、中国有数の大地主の荘園、劉氏荘園がある。劉氏一族とその属僚は1920年代から40年代にかけて、安仁で土木工事を大々的に行い、荘園と邸宅を建造した。四川省西部の建築様式に西洋の要素を取り入れたこれらの邸宅には、中国と西洋の建築の特徴が見事に融合されている。邸宅の所有者は当時の大軍閥や大地主で、この地はかつて上海と並ぶ中国の「西南の外灘(バンド)」と呼ばれていた。(成都=新華社記者/童芳)=2019(平成31)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像