検索結果 330 件中 1 件 〜 50 件 "open"
  1. 2019091811786

    「DPA」「海外セレブ」 Prinsjesdag 2019, opening of the parliamentary yearPhoto: Albert Nieboer / Netherlands OUT / Point de Vue OUT King Willem-Alexander and Queen Maxima at the balcony of Palace Noordeinde in The Hague, on September 17, 2019, after the the opening of the parliamentary yearPhoto: Albert Nieboer / Netherlands OUT / Point de Vue OUT |、クレジット:Royal Press Europe/DPA/共同通信イメージズ

  2. 2019091205068

    「新華社」 前漢の諸侯墓から最も古い中国医薬の加工調整薬材発見江西省南昌市  精密機器を使って見た「海昏草」の構造。(資料写真)中国江西省南昌市にある前漢時代(紀元前206年~8年)の諸侯墓、海昏(かいこん)侯劉賀(りゅう・が)墓の主椁室(棺をおさめた部屋)から2015年末、ふた付きの木製漆器の箱の半分程度まで入った冬虫夏草類のサンプルが見つかった。中国工程院院士(工学アカデミー会員)で中国中医科学院院長の黄璐琦(こう・ろき)院長は8月30日、新華社の取材に応じ、所属する研究チームが3年間研究を行った結果、このサンプルがゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)アカヤジオウ属(Rehmannia)植物の根で作られた中国医薬の加工調整に使われる「炮製薬材」で、表面にデンプンやサッカロースなどの成分が含まれていることがわかったと説明。これまでに中国で見つかった中で最も古い中国医薬の加工調整薬材の実物であるとの見解を示した。(南昌=新華社配信/中国中医科学院提供)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:中国中医科学院/新華社/共同通信イメージズ

  3. 2019081504146

    「新華社」 2千年前の中国長江三峡地域で鍍金銅棺飾が流行研究で明らかに  鍍金青銅器を観察・分析する研究員。(資料写真)中国長江三峡地域では鍍金(金メッキ)技術が2千年前から比較的成熟しており、鍍金が施された銅の棺飾(棺の飾り)が当時最も流行した鍍金青銅器であったことが最新の研究で明らかになった。研究のタイトルは「三峡地域の青銅器鍍金技術発展史研究」で、重慶市文化遺産研究院が担当した。研究チームは3年をかけ、重慶市内の三峡地域から出土した658点の鍍金青銅器に対する全面的な調査と系統的な整理を行い、多角的、学際的な総合的研究を実施した。研究成果はこのほど専門家の検証を経て、考古学誌「Archaeometry」に掲載された。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院研究チーム提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院研究チーム/新華社/共同通信イメージズ

  4. 2019081504152

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  曽侯「宝」の夫人「羋加」の墓の椁室(棺をおさめた部屋)。(資料写真)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=撮影日不明、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  5. 2019081504133

    「新華社」 2千年前の中国長江三峡地域で鍍金銅棺飾が流行研究で明らかに  重慶市内の三峡地域から出土した鍍金が施された銅の棺飾。(資料写真)中国長江三峡地域では鍍金(金メッキ)技術が2千年前から比較的成熟しており、鍍金が施された銅の棺飾(棺の飾り)が当時最も流行した鍍金青銅器であったことが最新の研究で明らかになった。研究のタイトルは「三峡地域の青銅器鍍金技術発展史研究」で、重慶市文化遺産研究院が担当した。研究チームは3年をかけ、重慶市内の三峡地域から出土した658点の鍍金青銅器に対する全面的な調査と系統的な整理を行い、多角的、学際的な総合的研究を実施した。研究成果はこのほど専門家の検証を経て、考古学誌「Archaeometry」に掲載された。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院研究チーム提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院研究チーム/新華社/共同通信イメージズ

  6. 2019081504122

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  2日、曽公「求」の夫人「漁」の墓から出土した銅の礼器。中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  7. 2019081504127

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  2日、曽公「求」の墓から出土した銅の鼎。中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  8. 2019081504136

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  2日、曽公「求」の墓から出土した銅の壺。中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  9. 2019081504151

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  2日、曽侯「宝」の夫人「羋加」の墓から出土した編鐘。中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年8月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  10. 2019081504128

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  曽公「求」の墓から出土した銅器。(7月25日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  11. 2019081504129

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  曽公「求」の墓の椁室(棺をおさめた部屋)。(7月25日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  12. 2019081504125

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  発掘作業現場。(7月25日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月25日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  13. 2019081504123

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  内棺の発掘作業をするスタッフ。(7月21日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  14. 2019081504135

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  銅の礼器の発掘作業をするスタッフ。(7月20日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  15. 2019072600254

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  湖南省長沙市の関山古鎮風景区にある劉備(中央)と関羽(右)、張飛の銅像。(資料写真)中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社配信/湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司提供)=撮影日不明、クレジット:湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司/新華社/共同通信イメージズ

  16. 2019072600293

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  湖南省長沙市の関山古鎮風景区で再現された「桃園の誓い」。(資料写真)中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社配信/湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司提供)=撮影日不明、クレジット:湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司/新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019072600193

    「新華社」 関羽ゆかりの地、関山古鎮を訪ねて湖南省長沙市  湖南省長沙市の関山古鎮の入り口。(資料写真)中国湖南省長沙市では三国時代、荊州制圧を目指す劉備が派遣した関羽とこの地を守る黄忠(こう・ちゅう)との間で激しい戦が行われた。関羽は長沙城から20キロ以上離れた小さな山村に配下の兵500人を率いて駐屯し、大量の武器を留め、炉をすえ矢を作り、砦を築いた。後世の人は関羽をしのび、この地を関山と名付けた。現在の寧郷市(長沙市の管轄下にある県級市)関山村がその地にあたる。同村には今も箭楼、顔塘(関羽が顔を洗った池)などの地名が残る。現在の関山古鎮風景区は、当時の歴史と文化を背景とし、漢代や唐代の建築様式を取り入れて建設された。省内では唯一の三国文化をテーマとした体験スポットとなっている。(長沙=新華社配信/湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司提供)=撮影日不明、クレジット:湖南関山古鎮経済文化発展有限責任公司/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  18. 2019072600290

    「新華社」 三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  11日、丁奉を記念するため建設された宣城市水陽鎮の総管橋。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁曉明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019072600276

    「新華社」 三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  11日、宣城市水陽鎮の丁奉記念館の正門に立つ記念碑。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁暁明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019072600267

    「新華社」 三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  11日、宣城市水陽鎮にある丁奉記念館。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁曉明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019072600235

    「新華社」 三国志・呉の名将丁奉が開拓した「金宝圩」を訪ねて  11日、宣城市水陽鎮朝陽大道北端の土手の上に立つ丁奉像。三国志の呉の名将丁奉(てい・ほう)が開拓したとされる「金宝圩(きんほうう)」は中国中部の安徽省宣城(せんじょう)市にある。周辺は三国時代に金銭湖と呼ばれ、湖畔に広がる20万ムー(約1万3千ヘクタール)以上の土地に目をつけた丁奉が兵士を駐屯させ開拓し、さらに自ら指揮して堤防を築いた。建設に4年を要した「金銭圩」は、後に魚や米が豊富にとれる金の宝のようであることから「金宝圩」と改名された。史書「三国志」によると、当時の江南地域(長江以南の地域)は、戦乱が続く中原地域(黄河流域の平原地帯)の人々の避難の地となっていた。呉の孫権には喜ばしいことであったが、悩みの種でもあった。国民が増えるのは良いが、いかにして生計を立てさせるのかという問題を解決しなければならなかった。孫権から重責を任された丁奉が、兵士を駐屯させ開拓できる土地を探していた時に見つけたのが金銭湖だった。金銭湖は三国時代に呉の領土に属し、産物が豊富だった。丁奉は湖を囲むように田畑を開き、人々の食糧と馬の飼い葉の問題を解決。呉の国情安定のために重要な役割を果たした。人々は後に金宝圩内に総管廟を建て丁奉の像を祀り、香を絶やすことはなかった。金宝圩の人々は1993年冬、自発的に数万元の資金を募り、新たに丁奉像を作り、総管廟の跡地に「丁奉記念館」を建設した。(宣城=新華社配信/袁暁明氏提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:袁曉明氏/新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019081504139

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  銅の壺の発掘作業をするスタッフ。(7月11日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年7月11日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019071006108

    「新華社」 三国志の名将、太史慈の墓を訪ねて江蘇省鎮江市  中華民国時代の太史慈の墓の写真。(資料写真)中国後漢末期の有名な武将、太史慈(たいし・じ、166年~206年)は、青州東莱郡黄県(現在の山東省)の出身で、のちに呉の孫策、孫権に重用された。太史慈は弓による狙撃を得意とし「一人で一部隊」に匹敵すると称された。太史慈の墓は江蘇省鎮江市北固山中峰の南麓にあり、墓前の大理石の石碑には大きな文字で「東莱太史慈之墓」と刻まれている。墓は清代の同治年間(1862~1874年)に城壁を修復した際に見つかった。その後も補修と整備が繰り返され、現在の墓は1985年に再建された。(鎮江=新華社配信/蔡慶来提供)=撮影日不明、クレジット:蔡慶来/新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  24. 2019061701106

    「DPA」「海外セレブ」 Reopening of Cleo Hollywood in Los Angeles Tim Plant and Ashleigh Speidel at the VIP Grand Re-Opening of Cleo Hollywood. Los Angeles, 14.06.2019 | usage worldwide、クレジット:Geisler-Fotopress/DPA/共同通信イメージズ

  25. 2019061403633

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城を見学する人々。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019061403641

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城の前を通り過ぎる学生。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019061403662

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019061403679

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019061403660

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城を見学する人々。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019061403654

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019061403656

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日、タジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城を見学する人々。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019061403663

    「新華社」 ギサール城を訪ねてタジキスタン  12日に撮影したタジキスタンの首都ドゥシャンベの西にあるギサール城。タジキスタンの首都ドゥシャンベから西へ25キロの場所にあるギサール城は、焼き上げた赤レンガで築造され、3千年以上の歴史を持つ。ソ連科学アカデミー(現在のロシア科学アカデミー)とタジキスタンの学者の研究によると、前漢代の政治家で武帝の命により西域へと赴いた張騫(ちょう・けん)は、中国へ帰国する際にここを通り、中央アジア奥地の大宛(たいえん、漢代に中央アジアのフェルガナ地方にあったイラン系民族の国名)や大夏(たいか、漢代の北部アフガニスタンに対する呼称)、粟特(ぞくとく、中央アジアのサマルカンドを中心とするシルダリア・アムダリア上流域地域の古称。ソグディアナとも呼ぶ)に関する大量の資料を収集し、後世にシルクロードの繁栄を実証するための重要な地理的情報を提供した。(ドゥシャンベ=新華社記者/Sadat)=2019(令和元)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019061203422

    「DPA」 9/11 Victims Fund Hearing The room applauds Luis Alvarez, after delivering his testimony at a hearing on the 9-11 Victims fund before the Judiciary subcommittee on Capitol Hill in Washington D.C. on June 11, 2019.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  34. 2019061203416

    「DPA」 9/11 Victims Fund Hearing The room applauds Jon Stewart after delivering his testimony at a hearing on the 9-11 Victims fund before the Judiciary subcommittee on Capitol Hill in Washington D.C. on June 11, 2019.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  35. 2019061203662

    「DPA」 9/11 Victims Fund Hearing The room applauds Luis Alvarez, after delivering his testimony at a hearing on the 9-11 Victims fund before the Judiciary subcommittee on Capitol Hill in Washington D.C. on June 11, 2019.、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  36. 2019081504155

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  曽公「求」の夫人「漁」の墓の椁室(棺をおさめた部屋)。(6月5日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年6月5日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  37. 2019081504131

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  曽侯「宝」の墓の椁室(棺をおさめた部屋)。(6月4日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年6月4日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  38. 2019081504137

    「新華社」 湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに  曽侯「宝」の墓から出土した編鐘。(6月2日撮影)中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。(武漢=新華社配信/湖北省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年6月2日、クレジット:湖北省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  39. 2019060600994

    「新華社」 「諸葛亮文化」書画展、子孫が開催四川省成都市  1日に撮影した姚葉紅(よう·ようこう)氏の作品、「錦江春色」。同作品には成都市の郊外にある古代の水利·灌漑施設、都江堰(とこうえん)の春景色が描かれている。北魏の酈道元(れき·どうげん)が編纂した古代中国を代表する地理書、「水経注」の「江水」には、「蜀漢の諸葛亮は、蜀の穀倉地帯の要である都江堰(当時は都安堰)を重視して『堰官』を置き、さらに1200人の兵を常備した」と記されていることから、都江堰の維持制度の創設には、諸葛亮の管理能力が発揮されたことがうかがえる。中国広西チワン族自治区桂林市陽朔県で設立された諸葛亮文化研究会による「蜀の宰相の子孫·成都の夢」書画展が1日、四川省成都市で開かれた。三国時代の蜀漢の政治家·軍師、諸葛亮(しょかつ·りょう)は、アジアの英知の最高峰として、中国国内だけでなく、アジア太平洋地域、ひいては世界にその名を知られている。一方で、その子孫は、戦乱のあおりを受けて各地に離散した。統計によると、現在10万人以上が主に山東省や浙江省、広西チワン族自治区および江蘇省、江西省などで暮らしているという。中でも中国南部最大の居住地、広西チワン族自治区桂林市陽朔県では、その数が約1万6千人に上ると見られている。同県で設立された諸葛亮文化研究会は、「諸葛亮文化」の振興を図ることを目的としている。(成都=新華社配信/諸葛亮文化研究会提供)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:諸葛亮文化研究会/新華社/共同通信イメージズ

  40. 2019061403787

    「新華社」 合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省  M1号墓の発掘現場でつり上げられる棺。(5月20日撮影)中国の安徽省合肥市長豊(ちょうほう)県でこのほど、比較的大規模な北宋時代の家族墓群が発見された。13基の墓を含み、木製漆器、磁器、金銀製品など51点(セット)の品々が出土。北宋時代の歴史研究に大きな意味を持つ。現在、発掘調査員が緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  41. 2019061403795

    「新華社」 合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省  M1号墓の発掘現場。(5月20日撮影、小型無人機から)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  42. 2019061403798

    「新華社」 合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省  M1号墓の発掘現場。(5月20日撮影、小型無人機から)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  43. 2019061403763

    「新華社」 合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省  M1号墓頂部の開口作業をする考古スタッフ。(5月20日撮影)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  44. 2019051600420

    「新華社」 河南省で5千年前の牙に刻まれたカイコの彫刻出土  河南省鞏義市の双槐樹遺址祭祀坑の空撮写真。(資料写真)中国河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺址からこのほど5千年前のイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻が出土した。鞏義市を管轄する鄭州市の文物考古研究院は先ごろ研究成果を発表し、絹の起源や関連の手工業の発展を研究するうえで重要な意義があると強調した。(鄭州=新華社配信/鄭州市文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:鄭州市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  45. 2019051600415

    「新華社」 河南省で5千年前の牙に刻まれたカイコの彫刻出土  河南省鞏義市の双槐樹遺址から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻。(資料写真)中国河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺址からこのほど5千年前のイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻が出土した。鞏義市を管轄する鄭州市の文物考古研究院は先ごろ研究成果を発表し、絹の起源や関連の手工業の発展を研究するうえで重要な意義があると強調した。(鄭州=新華社配信/鄭州市文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:鄭州市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019051600451

    「新華社」 36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者  重慶市合川区釣魚城の防御体制。(イメージ図)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019051600421

    「新華社」 36年にわたる釣魚城の戦い、アジアの民族融合と世界の歴史に大きな影響考古学者  重慶市合川区釣魚城の南一字城。(イメージ図)3本の川に囲まれた中国重慶市合川区の釣魚(ちょうぎょ)城は、世界的な意義を持つ戦いでその名を知られている。700年以上前、この巴蜀(現在の四川省と重慶市一帯)の地で繰り広げられた南宋とモンゴル軍による生死を賭けた決戦は、ユーラシア大陸の戦争の仕組みを変え、世界の歴史の変遷に大きな影響を与えたと言われる。(重慶=新華社配信/重慶市文化遺産研究院提供)=撮影日不明、クレジット:重慶市文化遺産研究院/新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019051600441

    「新華社」 河南省で5千年前の牙に刻まれたカイコの彫刻出土  現在飼われているカイコと対比した河南省鞏義市の双槐樹遺址から出土したイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻(右)。(資料写真)中国河南省鞏義(きょうぎ)市の双槐樹遺址からこのほど5千年前のイノシシの牙に刻まれたカイコの彫刻が出土した。鞏義市を管轄する鄭州市の文物考古研究院は先ごろ研究成果を発表し、絹の起源や関連の手工業の発展を研究するうえで重要な意義があると強調した。(鄭州=新華社配信/鄭州市文物考古研究院提供)=撮影日不明、クレジット:鄭州市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019061403799

    「新華社」 合肥市で北宋時代の家族墓群見つかる安徽省  M1号墓の頂部構造。(5月20日撮影)中国安徽省合肥市長豊県でこのほど、13基の墓からなる比較的規模の大きい北宋時代の家族墓群が見つかった。木製漆器や磁器、金・銀器など文化財51点(組)が出土しており、北宋史の研究で重要な意義を持つという。考古スタッフが現在、緊急発掘調査を行っている。(合肥=新華社配信/安徽省文物考古研究所提供)=2019(令和元)年5月14日、クレジット:安徽省文物考古研究所/新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019052400601

    「新華社」 河南省で漢代の墓が大量出土副葬品が物語る当時の生活  出土した副葬品の陶猪圏(豚小屋)。(資料写真)中国河南省鄭州市で約2カ月間行われた考古発掘調査で、漢代の墓葬160基が見つかった。中国八大古都の一つとされる鄭州は、夏王朝や商(殷)王朝の時代だけでなく、その後の都市文明でも豊かな繁栄を数千年にわたり続けていたことが改めて証明された。(鄭州=新華社配信/鄭州市文物考古研究院提供)=2019(令和元)年5月14日、クレジット:鄭州市文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像