検索結果 175 件中 1 件 〜 50 件 "Hall"
  1. 2019112900942

    人物 19802 金大中氏救出で学長、総長らが声明  金大中氏救出で声明文を発表する隅谷三喜男東京女子大学長(左)と磯村英一東洋大学長。金大中氏は、韓国軍法会議の1、2審で死刑判決を受け、最終審の行方が注目されている=1980(昭和55)年12月17日、東京・九段の私学会館(55年内地11325)

  2. 2019112900884

    資料A 2670 再審開始確定で報告会  「徳島ラジオ商殺し事件」再審開始確定の報告会で、冨士茂子さんの遺影の前であいさつする姉の冨士千代さん(中央)。左は妹の須木久江さん、右は支援者の市川房枝参院議員=1980(昭和55)年12月15日、東京・神田駿河台の全電通会館(55年内地11254)

  3. 2019111303166

    元年国内 6775 神奈川情報公開訴訟判決  判決後の記者会見で「県の言いなりの判決です。控訴して争う」と語る原告の篠田健三さん。左は森田弁護団長=1989(平成元)年5月23日、横浜市中区の横浜弁護士会館

  4. 2019103100934

    資料A 2580 金大中氏救出で国際会議  「金大中氏の生命を憂慮する緊急国際会議」で、意見を述べるレーナード元米国務省韓国部長。金大中氏は、韓国軍法会議の1、2審で死刑判決を受け、最終審の行方が注目されている=1980(昭和55)年12月10日、東京・六本木の国際文化会館(55年内地11115)

  5. 2019101802655

    元年国内 4880 国に3億円の賠償命令  「九州予防接種禍訴訟」で原告側勝訴の判決を受け、記者会見する原告団長の山科成孝さん(中央)。左は馬奈木昭雄弁護団長=1989(平成元)年4月18日午前10時40分、福岡市中央区の県弁護士会館

  6. 2019091701004

    資料A 2316 金大中氏救出を早く  金大中氏救出日本連絡会議第3回総会であいさつする宇都宮徳馬参院議員(中央起立)。11月3日の金大中氏の控訴審判決は、一審の死刑判決を支持し、金大中氏側の控訴を棄却した=1980(昭和55)年11月5日、衆院第二議員会館(55年内地10034)

  7. 2019091600079

    元年国内 3867 豊田商事は虚業集団  豊田商事事件の判決公判を前に開かれた集会に参加した被害者のお年寄りたち=1989(平成元)年3月29日正午すぎ、大阪市北区の弁護士会館

  8. 2019091600075

    元年国内 3863 志登茂川水害で控訴審判決  志登茂川水害訴訟の控訴審判決で住民側が逆転敗訴し、記者会見で「不当判決で残念だ」と話す原告団長の細川義男さん=1989(平成元)年3月29日、名古屋弁護士会館

  9. 2019032900719

    資料A 1899 東北新幹線工事差し止めを提訴  東北新幹線の工事差し止めを提訴後、集会であいさつする「北区新幹線対策連合協議会」の北村進原告団長=1980(昭和55)年9月26日、東京・霞が関の第2弁護士会館(55年内地8708)

  10. 2019032900674

    資料A 1824 「新幹線公害訴訟」で原告側控訴決める  9月11日の「名古屋新幹線公害訴訟」の判決を不服として、控訴を決めた原告団の集会。名古屋地裁判決は、損害賠償の支払いは命じたが、最大焦点の騒音、振動の差し止め請求は棄却した=1980(昭和55)年9月21日、名古屋市港区の名古屋港湾会館(55年内地8576)

  11. 2019031301587

    資料A 1676 「名古屋新幹線公害訴訟」に判決  判決後開かれた「名古屋新幹線公害訴訟9.11判決報告集会」。判決は、損害賠償の支払いは命じたが、最大焦点の騒音、振動の差し止め請求は棄却した=1980(昭和55)年9月11日、名古屋市中区の名古屋弁護士会館(55年内地8234)

  12. 2019010810860

    元年国内 1305 大赦での裁判終結は口封じ  指紋押なつ拒否関係者の恩赦に反対し気勢を上げる在日韓国人の若者たち=1989(平成元)年2月8日、東京都千代田区猿楽町の在日韓国YMCA会館(平成元年)

  13. 2017112900832

    資料 21641−3 神戸事件軍事裁判始まる  神戸における朝鮮人騒擾事件の軍事委員会第1回公判は20日午前から神戸市生田区京町の神戸商工会議所ビル1階の講堂で開廷された=整理1948(昭和23)年5月28日(戦犯1040関連)

  14. 2017112900831

    資料 21641−2 神戸事件軍事裁判始まる  神戸における朝鮮人騒擾事件の軍事委員会第1回公判は20日午前から神戸市生田区京町の神戸商工会議所ビル1階の講堂で開廷された=整理1948(昭和23)年5月28日(戦犯1040関連)

  15. 2017112900830

    資料 21641−1 神戸事件軍事裁判始まる  神戸における朝鮮人騒擾事件の軍事委員会第1回公判は20日午前から神戸市生田区京町の神戸商工会議所ビル1階の講堂で開廷された=整理1948(昭和23)年5月28日(戦犯1040)

  16. 2017112900820

    資料 21650 極東国際軍事裁判  緊張する法廷全景=整理1948(昭和23)年11月4日、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂(戦犯1097)

  17. 2017112900815

    資料 21654 極東国際軍事裁判  判事席=整理1948(昭和23)年11月5日、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂(戦犯1118)

  18. 2017112900811

    資料 21656C 極東国際軍事裁判  東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂の法廷全景=整理1948(昭和23)年11月5日(戦犯1182)

  19. 2017112900810

    資料 21656B 極東国際軍事裁判  東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂の法廷全景=整理1948(昭和23)年11月5日(戦犯1181)

  20. 2017092100345

    55年内地 1214 出産解雇争って11年  出産解雇した会社を相手取り裁判闘争を続け、横浜地裁で会社と“勝利の和解”をした立中修子さん=1980(昭和55)年2月8日、横浜・弁護士会館

  21. 2016062000166

    54年内地 8990 免田事件の再審開始決定  再審開始決定後、記者会見する尾崎陞弁護団長(左から2人目)、右から2人目は、免田栄・元被告の弟、免田光則さん=1979(昭和54)年9月27日、福岡県弁護士会館

  22. 2015102600273

    54年内地 5981 京滋スモン訴訟、原告勝訴  全面勝訴の垂れ幕に、喜びと拍手に湧く集会場=1979(昭和54)年7月2日、京都地裁横

  23. 2015102600272

    54年内地 5979 京滋スモン訴訟、原告勝訴  全面勝訴の垂れ幕に拍手が湧く集会場=1979(昭和54)年7月2日、京都地裁横

  24. 2015102600182

    資料 97558 新幹線公害訴訟、最終弁論始まる  「入廷前集会」で気勢を上げる原告団=1979(昭和54)年6月20日、名古屋市中区の名古屋弁護士会館(54年内地5667)

  25. 2015063000404

    53年内地 6948 東京スモン判決前夜の集い  不自由な体を支えて「東京スモン判決前夜の集い」に参加した原告団と全国スモンの会の人たち=1978(昭和53)年8月2日、東京・霞が関の日本弁護士連合会会館

  26. 2015061900173

    53年内地 4104 岡原発言で緊急集会  岡原昌男最高裁長官発言に抗議する緊急各界集会であいさつする飛鳥田一雄社会党委員長。刑事事件公判開廷特例法案(いわゆる弁護人抜き裁判法案)を支持する発言をした岡原長官を「明確な憲法違反行為である」として、社会、共産両党が罷免訴追請求=1978(昭和53)年5月9日、東京・霞が関の東京弁護士会館

  27. 2015052900550

    「ザ・クロニクル」 島田事件で赤堀政夫さん無罪確定  島田事件の再審判決公判が静岡地裁で開かれ、死刑確定後も無実を訴えていた赤堀政夫さんに無罪が言い渡された。無罪確定で喜び合う(左から)島田事件対策協議会の田中金太郎会長、赤堀さん、大蔵敏彦主任弁護人=1989(平成元)年2月10日、静岡法律会館 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第9巻使用画像(P174)

  28. 2015042100424

    「ザ・クロニクル」 谷口さん無罪釈放  1950年2月香川県財田村で起きたヤミ米ブローカー殺人事件の再審で、死刑が確定していた谷口繁義さん(写真中央)に無罪判決を下した。谷口さんは34年ぶりに自由の身となり、唯一の物証だった古畑種基元東大教授の血液鑑定も否定された。無罪判決の報告集会で万歳する喜びの谷口さんと支援者たち=1984(昭和59)年3月12日、高松市の千代田生命ビルの集会場で 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第8巻使用画像(P175)

  29. 2015020600325

    「ザ・クロニクル」 「四畳半襖の下張」裁判  雑誌「面白半分」に永井荷風の作と言われる戯作「四畳半襖の下張」を掲載したところ、わいせつ文書にあたるとして作家の野坂昭如氏らが起訴された。初公判後に記者会見する野坂氏=1973(昭和48)年9月10日、東京・霞が関の法曹会館 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第6巻使用画像(P183)

  30. 2015010700304

    52年内地 8160 ネズミ講を“撲滅”しよう  提訴に先立って被害者の原告を集めて開かれた「ネズミ講撲滅全国大会」。ネズミ講で損害を受けた人たちで組織する「天下一家の会ネズミ講被害者同盟」が、加入金の全額返還を求める訴えを東京地裁に起こした=1977(昭和52)年10月26日、衆院第一議員会館

  31. 2014111000203

    54年内地 1274 スモン原告団が全国集会  全国集会を開き、闘争方針を討議するスモン訴訟判決派原告団=1979(昭和54)年2月9日、東京・一ツ橋の日本教育会館

  32. 2014102400104

    資料 95524 多摩川水害訴訟で原告勝訴  勝利判決後の報告集会であいさつする武田孝原告団長(手前右)=1979(昭和54)年1月25日、東京・霞が関の日弁連会館(54年内地651)

  33. 2014100800238

    資料 91076 余生を“えん罪”救援に  無罪判決の喜びをかみしめ、あいさつする加藤新一さん、長女のキクヨさん父娘。62年前、山口県下で起きた強盗殺人事件で無期懲役刑を受けながら、一貫して無実を訴え続けた加藤さんに、広島高裁の干場義秋裁判長は無罪判決=1977(昭和52)年7月7日、広島市東白島町の白島会館(52年内地 5132)

  34. 2014091100374

    「ザ・クロニクル」 A級戦犯を裁いた軍事裁判  東京裁判開廷の日、入廷する裁判長らを迎え起立する28名の被告たち。最後列右から板垣征四郎、鈴木貞一、白鳥敏夫、嶋田繁太郎、佐藤賢了、重光葵、松岡洋右、東郷茂徳、平沼騏一郎、大川周明、松井石根、大島浩、永野修身、小磯国昭、橋本欣五郎、その前列右から木村兵太郎、木戸幸一、賀屋興宣、星野直樹、武藤章、荒木貞夫、梅津美治郎、岡敬純、東条英機、南次郎、広田弘毅、畑俊六、土肥原賢二の各被告=1946(昭和21)年5月3日、東京・市ヶ谷の旧陸軍士官学校講堂(現防衛省市ヶ谷記念館)(極東国際軍事裁判)「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第1巻使用画像(P69)

  35. 2014090100413

    資料 90707 北陸スモン訴訟結審集会  北陸スモン裁判結審総決起集会で壇上からあいさつする全国スモン訴訟原告団。第39回口頭弁論ですべての審理を終え、提訴以来4年ぶりに結審。全国20地裁で争われているスモン訴訟で結審したのは初めて=1977(昭和52)年5月29日、金沢市香林坊の北国講堂(52年内地 4095)

  36. 2014081800137

    人物 957 春の叙勲決まる  勲一等旭日大綬章受章の喜びを語る荒船清十郎氏(元運輸相)。登場のたびに話題を生む国会の名物男。鬼頭史郎弾劾裁判の裁判長として「歴史的判決」を読み上げた。70歳=1977(昭和52)年4月26日、衆院第二議員会館(52年内地 3247)

  37. 2014070700274

    52年内地 1359 鬼頭判事補が“出廷拒否”  記者会見で弾劾裁判法廷への“出廷拒否”を表明した後、国会記者会館を出る鬼頭史郎京都地裁判事補=1977(昭和52)年2月21日、国会記者会館

  38. 2014070700273

    52年内地 1358 鬼頭判事補が“出廷拒否”  記者会見を終え、笑顔で席を立つ鬼頭史郎京都地裁判事補。「弾劾裁判所は正規の手続きを経ていない」と記者会見で出廷拒否の態度を表明した=1977(昭和52)年2月21日、国会記者会館

  39. 2013100500080

     20年内地 1118 ◎戦争犯罪人追及人民大会で演説する朴烈氏。朴氏は1925年に、天皇暗殺を謀ったとして告発され、死刑判決を受け、直後に恩赦で無期懲役に減刑された。1945(昭和20)年10月に秋田刑務所を出所した=1945(昭和20)年12月8日、東京・神田共立講堂

  40. 2013022500391

    資料 34255 松川事件判決報告会  松川事件判決報告国民大会で報告する神道寛次弁護人(東京・芝公会堂)=1953(昭和28)年12月22日(28年内地3975)

  41. 2012071900242

    「レトロ写真―あのころ」 和歌山毒物カレー事件  1998(平成10)年7月25日、和歌山市園部の夏祭り会場でカレーを食べた住民67人がヒ素中毒となり、4人が死亡。近くに住む林真須美容疑者が殺人罪などで逮捕された。無罪を主張したが、和歌山地裁は死刑判決を言い渡した。控訴、上告したが2009年に死刑が確定。林死刑囚は再審請求をしている。

  42. 2012051400372

    49年内地 6737 狭山事件控訴審判決  控訴審判決公判で「原判決を破棄、被告人を無期懲役に処す」との寺尾正二裁判長の判決に抗議する支援団体の人たち。「狭山事件」の石川一雄被告は、38年埼玉県狭山市で起きた女子高校生殺害事件で殺害、死体遺棄などの罪に問われ、一審の浦和地裁で「死刑」判決を受け、東京高裁に控訴していた=1974(昭和49)年10月31日、東京・霞が関の東京弁護士会館

  43. 2012051400146

    資料 91858 サリドマイド訴訟和解調印  サリドマイド訴訟和解の確認書に調印後、原告団代表の鈴木さん(左)と握手する斉藤邦吉厚相。11年ぶりに和解が成立した原告団(63家族)と被告の国、大日本製薬が調印式。サリドマイド剤でからだの自由を奪われた子どもたちを含め原告・被害児約100人が出席した=1974(昭和49)年10月13日、東京・平河町の都道府県会館(49年内地 6340)

  44. 2012031400144

    49年内地 5604 早川・太刀川両氏の控訴棄却  早川・太刀川両氏の控訴棄却の判決を聞き落胆する(右から)太刀川正樹さんの父利蔵さん、早川嘉春さんの父貞雄さん、藤井東京弁護士会会長。後列左から2人目は、早川さんの実兄公二さん=1974(昭和49)年9月7日、東京・霞が関の東京弁護士会館

  45. 2012012600156

    資料 62623 吉田石松翁の再審公判開く  初公判後の記者会見で、感謝の余り合掌する吉田石松翁=1962(昭和37)年12月6日、名古屋弁護士会館(37年内地4325)

  46. 2012012300142

    資料 86882 第1次教科書訴訟で判決  記者会見する家永三郎・東京教育大教授。同教授の高校用教科書「新日本史」の検定処分をめぐり9年余にわたり争われてきた「第1次教科書訴訟」判決で、高津環裁判長は「現行検定制度は合憲」とし、家永教授の主張を認めなかった=1974(昭和49)年7月16日、東京・霞が関の日本弁護士連合会会館(49年内地 4446)

  47. 2011101300281

    49年内地 1175 大阪空港公害裁判決起集会  裁判全面勝訴を目指し、支援グループの激励を受けて開かれた大阪空港公害裁判決起集会。全国各地の反公害住民組織代表ら約千100人が詰めかけた=1974(昭和49)年2月26日、大阪・豊中市民会館

  48. 2011092700156

    49年内地 580 新幹線公害、住民が提訴へ  沿線住民の代表ら約800人が参加して開かれた「名古屋新幹線公害訴訟原告団結成総会」。近く騒音、振動の差し止めと慰謝料を求める訴訟を起こす=1974(昭和49)年2月3日、名古屋市港区の港湾会館

  49. 2011071700091

    別人K17945 極東国際軍事裁判  東京裁判(極東国際軍事裁判)に出廷した服部卓四郎被告=1947(昭和22)年5月24日、東京・市ケ谷の旧陸軍省大講堂、(戦690)

  50. 2011070800651

    平2国内 11990 前川被告に無罪判決  3年半ぶりに釈放され、支援者にこたえる前川彰司被告=1990(平成2)年9月26日、福井県婦人青年会館

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像