検索結果 1,314 件中 1 件 〜 50
  1. 2020060409355

    同性同士、事実婚と認めず 原告側が記者会見  請求棄却の判決後、記者会見する原告の内山靖英さん(左から2人目)、堀江哲史弁護士(中央)ら=4日午後、名古屋市

  2. 2020060409351

    同性同士、事実婚と認めず 垂れ幕を手にする弁護士  同性パートナーへの犯罪被害者給付金不支給を巡る訴訟で請求が棄却され、名古屋地裁前で「不当判決」と書かれた垂れ幕を掲げる原告側弁護士=4日午後

  3. 2020060409145

    東京女子医大に賠償命令 記者会見する長浜さん  判決後、記者会見する原告の長浜明雄さん(右)=4日午後、厚労省

  4. 2020060409132

    「非常に残念」と原告男性 記者会見する内山靖英さん  請求棄却の判決後、記者会見で弁護士の話を聞く原告の内山靖英さん=4日午後、名古屋市

  5. 2020060409121

    「非常に残念」と原告男性 内山さんのコメント  請求棄却の判決を受け、原告の内山靖英さんが心境をつづった直筆のコメント

  6. 2020060408845

    「非常に残念」と原告男性 記者会見の内山さん  請求棄却の判決後、記者会見でコメントを代読してもらう原告の内山靖英さん(中央)=4日午後、名古屋市

  7. 2020060408842

    「非常に残念」と原告男性 原告の内山靖英さん  請求棄却の判決後、記者会見でコメントを代読してもらう原告の内山靖英さん=4日午後、名古屋市

  8. 2020060408836

    「非常に残念」と原告男性 記者会見する内山さんら  請求棄却の判決後、記者会見する原告の内山靖英さん(手前から2人目)ら=4日午後、名古屋市

  9. 2020060408423

    「過失運転ではない」 母まゆみさんと牛場さん  論告求刑公判後、取材に応じる大西朗さんの母まゆみさん(右)と遺影を手にする牛場里奈さん=4日午後、津地裁前

  10. 2020060408390

    「過失運転ではない」 取材に応じる牛場さん  論告求刑公判後、婚約者だった大西朗さんの遺影を手に取材に応じる牛場里奈さん=4日午後、津地裁前

  11. 2020060408344

    ナヌムの家に寄付返還提訴 提訴する原告側弁護士ら  4日、元従軍慰安婦への寄付金の返還を求める訴訟書類をソウル中央地裁に提出する原告側弁護士ら(共同)

  12. 2020060408339

    ナヌムの家に寄付返還提訴 提訴する原告側弁護士ら  4日、元従軍慰安婦への寄付金の返還を求める訴訟書類をソウル中央地裁に提出する原告側弁護士ら(共同)

  13. 2020060408104

    同性同士、事実婚と認めず 垂れ幕を掲げる弁護士  同性パートナーへの犯罪被害者給付金不支給を巡る訴訟で請求が棄却され、名古屋地裁前で「不当判決」と書かれた垂れ幕を掲げる原告側弁護士=4日午後

  14. 2020060408086

    同性同士、事実婚と認めず 名古屋地裁の法廷  同性パートナーへの犯罪被害者給付金不支給を巡る訴訟の判決が言い渡された名古屋地裁の法廷=4日午後

  15. 2020060408083

    同性同士、事実婚と認めず 「不当判決」の垂れ幕  同性パートナーへの犯罪被害者給付金不支給を巡る訴訟で請求が棄却され、名古屋地裁前で「不当判決」と書かれた垂れ幕を掲げる原告側弁護士=4日午後

  16. 2020060408080

    同性同士、事実婚と認めず 名古屋地裁に入る弁護団  同性パートナーへの犯罪被害者給付金不支給を巡る訴訟の判決で、名古屋地裁に入る原告側弁護団=4日午後

  17. 2020060408077

    同性同士、事実婚と認めず 垂れ幕掲げる原告側弁護士  同性パートナーへの犯罪被害者給付金不支給を巡る訴訟で請求が棄却され、名古屋地裁前で「不当判決」と書かれた垂れ幕を掲げる原告側弁護士=4日午後

  18. 2020060306637

    8月以降に資産売却判断へ 記者会見する李春植さんら  2019年10月、ソウル市内で記者会見する韓国人元徴用工訴訟の原告李春植さん(手前左)ら(共同)

  19. 2020060305079

    「手術禁止はパワハラ」 記者会見する弁護士  記者会見する原告側代理人の金馬健二弁護士=3日午後、岡山市

  20. 2020060305078

    「手術禁止はパワハラ」 岡山地裁へ向かう弁護士ら  提訴のため岡山地裁に向かう原告側代理人の金馬健二弁護士(前列左)と支援者ら=3日午後

  21. 2020060304902

    女児死亡6千万円賠償命令 記者会見する両親  地裁判決後、山口愛美利ちゃんの遺影を胸に記者会見する両親=3日午後、栃木県庁

  22. 2020060301692

    安威川ダム訴訟で判決 安威川ダム  大阪府茨木市で建設中の安威川ダム=3日午前(共同通信社ヘリから)

  23. 2020060301691

    安威川ダム訴訟で判決 安威川ダム  大阪府茨木市で建設中の安威川ダム=3日午前(共同通信社ヘリから)

  24. 2020060301690

    安威川ダム訴訟で判決 安威川ダム  大阪府茨木市で建設中の安威川ダム=3日午前(共同通信社ヘリから)

  25. 2020060301689

    安威川ダム訴訟で判決 安威川ダム  大阪府茨木市で建設中の安威川ダム=3日午前(共同通信社ヘリから)

  26. 2020060301688

    安威川ダム訴訟で判決 安威川ダム  大阪府茨木市で建設中の安威川ダム=3日午前(共同通信社ヘリから)

  27. 2020060301687

    安威川ダム訴訟で判決 安威川ダム  大阪府茨木市で建設中の安威川ダム=3日午前(共同通信社ヘリから)

  28. 2020060208669

    泉佐野市「自治揺らぐ」 最高裁法廷と裁判長  大阪府泉佐野市のふるさと納税を巡る訴訟で、上告審弁論が開かれた最高裁第3小法廷。中央は宮崎裕子裁判長=2日午後(代表撮影)

  29. 2020060208666

    泉佐野市「自治揺らぐ」 最高裁第3小法廷  大阪府泉佐野市のふるさと納税を巡る訴訟で、上告審弁論が開かれた最高裁第3小法廷=2日午後(代表撮影)

  30. 2020060208179

    東京で再開の裁判員裁判 裁判員席のアクリル板  約3カ月ぶりに裁判員裁判が再開された東京地裁の法廷。新型コロナウイルス感染防止のため、裁判官や裁判員の席の間にアクリル板が置かれていた=2日(代表撮影)

  31. 2020060208168

    東京で再開の裁判員裁判 再開した東京地裁の法廷  約3カ月ぶりに裁判員裁判が再開された東京地裁の法廷。新型コロナウイルス感染防止のため、裁判官や裁判員の席の間にアクリル板が置かれていた=2日(代表撮影)

  32. 2020060208097

    東京で再開の裁判員裁判 東京地裁の傍聴席  裁判員裁判が再開された東京地裁の法廷。新型コロナウイルス感染防止のため、傍聴席には間隔を空けて座るように使用禁止の案内が貼られていた=2日(代表撮影)

  33. 2020060208085

    東京で再開の裁判員裁判 裁判員裁判再開の法廷  約3カ月ぶりに裁判員裁判が再開された東京地裁の法廷=2日(代表撮影)

  34. 2020052501734

    男児死亡で5千万賠償命令 記者会見する原告ら  判決後、記者会見する原告の須田博美さん(中央)=25日午後、神奈川県横須賀市

  35. 2020052500066

    名古屋で裁判員裁判再開 名古屋地裁の法廷  裁判員裁判が再開した名古屋地裁の法廷。裁判員の間を仕切るアクリル板が設置され、傍聴席も間隔を空けて前後も重ならないように座る=25日午前

  36. 2020052500056

    名古屋で裁判員裁判再開 名古屋地裁の法廷内  感染対策がとられた名古屋地裁の法廷。裁判員の間を仕切るアクリル板が設置された=25日午前

  37. 2020052500053

    名古屋で裁判員裁判再開 裁判員の間仕切る板  裁判員裁判が再開した名古屋地裁の法廷に設置された、裁判員の間を仕切るアクリル板=25日午前

  38. 2020060209761

    裁判員裁判再開 コロナ感染防止に懸命 岡山市  飛沫感染防止のためアクリル板で仕切られた裁判官と裁判員の席=岡山地裁。新型コロナウイルスの影響で延期されていた岡山地裁の裁判員裁判が、26日から約2カ月ぶりに再開される。長時間にわたる審理や評議での感染リスクの懸念から選任手続きの出席率がさらに悪化する恐れもあり、地裁は法廷内に飛沫感染防止のアクリル板を設置したり、傍聴席の一部を使用禁止にしたりと対策に懸命だ。=2020(令和2)年5月25日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ 「山陽新聞」

  39. 2020052201178

    槙原被告、6月17日初公判 槙原敬之被告  槙原敬之被告

  40. 2020052106456

    危険運転致死罪で懲役9年 傍聴席が減らされた法廷  小松原健太被告の裁判員裁判が開かれた松江地裁の法廷。新型コロナウイルス対策で傍聴席の数が減らされた=21日午後(代表撮影)

  41. 2020052003106

    朴前大統領に懲役35年求刑 朴槿恵被告  朴槿恵被告

  42. 2020051904788

    案里氏秘書起訴内容認める 広島地裁の法廷  立道浩被告の第2回公判が開かれた広島地裁の法廷=19日午後

  43. 2020051904720

    案里氏秘書起訴内容認める 本会議に臨む河井前法相  衆院本会議に臨む河井克行前法相=19日午後

  44. 2020051904607

    「裁判公開の原則重視を」 記者会見する江川紹子さん  裁判公開の原則を重視するよう求める請願書を最高裁に送ったことについて、記者会見で説明するジャーナリストの江川紹子さん=19日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

  45. 2020051904160

    4人死亡事故で初公判 アクリル板で仕切られた席  高杉祐弥被告の裁判員裁判初公判が開かれた青森地裁の法廷。新型コロナウイルス対策でアクリル板で仕切られた裁判官らの席=19日午前(代表撮影)

  46. 2020051904156

    4人死亡事故で初公判 青森地裁の法廷  高杉祐弥被告の裁判員裁判初公判が開かれた青森地裁の法廷=19日午前(代表撮影)

  47. 2020051901141

    案里氏秘書、認否表明へ 立道浩被告  立道浩被告

  48. 2020060101688

    新型コロナ 県内法曹関係者 電話相談や裁判期日延期… 人権配慮、慎重に対策 防止を徹底、業務継続  間隔を空けて座るよう促している宇都宮地裁の傍聴席[下野新聞掲載日:2020(令和2)年5月19日]=撮影年月日不明、栃木県宇都宮市小幡1丁目、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ 「下野新聞」

  49. 2020051402053

    草場良八さん 3月13日、94歳で死去  1995年、ロッキード事件丸紅ルートの上告審判決で最高裁に入る裁判長の草場良八さん。傍聴券を求めて約200人が並んだが、法廷に被告の姿はなく、判決は3分余りで終了した 1㌻特集「追想―メモリアル」

  50. 2020051402015

    牟礼事件の佐藤が死去    無実を訴え再審請求を続けていた佐藤誠死刑囚が死去し、無言の対面をして仙台拘置支所を出る橋本紀徳弁護士(右端)ら=1989(平成元)年10月27日午後3時 元年国内 15012

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像