検索結果 45,164 件中 1 件 〜 50
  1. 2019111600567

    中越地震被災地から支援  車の修理工場の敷地に押し寄せたわらなどを運び出すボランティア=16日、栃木県栃木市

  2. 2019111600566

    中越地震被災地から支援  車の修理工場の敷地に押し寄せたわらなどを運び出すボランティア=16日、栃木県栃木市

  3. 2019111600553

    釜石でW杯後初の公式戦  釜石鵜住居復興スタジアム近くで東日本大震災の被災経験を話す高校生(右端)ら=16日午後、岩手県釜石市

  4. 2019111503514

    活断層判断にデータ要請  北海道電力泊原発の敷地内にある断層の試掘溝を視察する原子力規制委の石渡明委員(左から2人目)=15日、北海道泊村

  5. 2019111503511

    活断層判断にデータ要請  北海道電力泊原発を視察後、取材に応じる原子力規制委の石渡明委員=15日午後、北海道泊村

  6. 2019111401760

    強靱化3カ年対策拡充を  南海トラフ巨大地震への対策強化を求める決議文を門博文国土交通政務官(右)に手渡す難波喬司静岡県副知事(中央)。左は荒木一聡兵庫県副知事=14日、東京都内

  7. 2019111401131

    「時の人」 大坪征一さん  東日本大震災の津波で被災した宮城県山元町で「復興芝生」を生産する大坪征一(おおつぼ・せいいち)さん

  8. 2019111305315

    震災10年前に地域再建議論  仙台市で開かれた、マスコミ倫理懇談会東北地区大会=13日午後

  9. 2019111305064

    伊勢湾台風被害示す米空撮  伊勢湾台風の被災地を米軍が空撮した写真をつなぎ合わせ、企画展で展示されたパネル=13日、名古屋市の名古屋大減災連携研究センター

  10. 2019111205258

    台風19号から1カ月  「踏んだり蹴ったりで、怒りのやり場がないよ」。福島第1原発事故で福島県双葉町から避難を強いられた栗田要さん。新築したいわき市の自宅が台風19号による浸水被害を受けた。これから壁や床などをはがす工事をする予定で、仮設住宅と行き来する生活になるという。「東日本大震災で人生が大きく変わったが、今回でもまた変わった。本当につらい。でも負けていられないという気持ちもある」=12日午後

  11. 2019111203699

    メインサイド「震災と津波で被災した農業男性再起へ」 台風被害の男性農園再建へ  東日本大震災の津波で亡くした家族の墓に手を合わせる阿部聡さん=11日、宮城県石巻市

  12. 2019111106960

    台風19号、多い在宅被災者  自宅で泥水に漬かったアルバムを整理する小浜実佐子さん。1階が天井まで浸水し、家財道具はほぼ全て廃棄となったが「家族写真は捨てられない」と一枚一枚丁寧にはがしていた=11日午後、福島県本宮市

  13. 2019111106801

    台風19号、多い在宅被災者  自宅で泥水に漬かったアルバムを整理する小浜実佐子さん。1階が浸水し、家財道具はほぼ全て廃棄となったが「家族写真は捨てられない」と一枚一枚丁寧にはがしていた=11日午後、福島県本宮市

  14. 2019111107892

    台風19号、多い在宅被災者  宮城県丸森町の運動場に積まれた災害ごみ=11日午後

  15. 2019111107861

    台風19号、多い在宅被災者  災害ごみが集められた宮城県丸森町の運動場。左奥は同町役場=11日夕

  16. 2019111107383

    台風19号、多い在宅被災者  「ここさ来っと思い出してしまって…」。浸水した自宅のそばで見つかった孫やかつての住まいが写る写真を手に涙を流す宮城県丸森町の八巻とくさん(82)。大切に育てた庭の花や木々、畑の作物も全て流された。2人きりで暮らす夫と片付け作業に追われる日々が続く。「夜、いろいろなことを考えてしまい眠れない。どこから手を付けていいのか、さっぱりだ」=11日午後

  17. 2019111106442

    「大型サイド」 被災地訪問「すぐにでも」  宮城県七ケ浜町の仮設住宅を訪れ、東日本大震災の被災者に声を掛けられる天皇、皇后両陛下=2013年8月

  18. 2019111106032

    台風19号、多い在宅被災者  福島県いわき市の公園に積み上げられた災害ごみ。「減るどころか増えてるんじゃないかな」と近くに住む住民は話した=11日午後

  19. 2019111105908

    台風19号、多い在宅被災者  「ここさ来っと思い出してしまって…」。浸水した自宅のそばで見つかった、孫やかつての住まいが写る写真を手に涙を流す宮城県丸森町の八巻とくさん(82)。大切に育てた庭の花や木々、畑の作物も全て流された。2人きりで暮らす夫と片付け作業に追われる日々が続く。「夜、いろいろなことを考えてしまい眠れない。どこから手を付けていいのか、さっぱりだ」=11日午後

  20. 2019111104984

    「歩みはともに」 復興工事の伐採木で将棋盤  東日本大震災の復興工事で伐採された樹木を活用した「復興将棋盤」の試作品(左奥)。他の二つはイグサ製=山形県天童市

  21. 2019111104976

    「歩みはともに」 復興工事の伐採木で将棋盤  「復興将棋盤」の試作品。左は東日本大震災の復興工事で伐採された樹木が使用された盤、右の二つはイグサ製

  22. 2019111102381

    沿岸部で行方不明者を捜索  東日本大震災の行方不明者やその手掛かりを求め捜索する岩手県警釜石署員=11日午前、岩手県大槌町

  23. 2019111100013

    震災時の仮設住宅を再利用  福島県郡山市に残る仮設住宅の状況を調査する市の職員=10月28日

  24. 2019111100011

    震災時の仮設住宅を再利用  福島県郡山市内に残る東日本大震災時の仮設住宅=10月28日

  25. 2019111100009

    震災時の仮設住宅を再利用  福島県郡山市内に残る仮設住宅の内部を調べる市職員=10月28日

  26. 2019111400765

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019111400777

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  28. 2019111400800

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  29. 2019111400843

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  30. 2019111400764

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  31. 2019111400754

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  32. 2019111400821

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  33. 2019111400824

    「新華社」 「工業の傷跡」が「都市の緑の肺」に変身河北省唐山市  11日に撮影した河北省唐山市の南湖風景区。(小型無人機から)中国河北省唐山市の南湖はかつて開灤(かいらん)炭鉱の採掘で地盤沈下し、使用不能な土地だった。その後、1976年の唐山大地震で地盤沈下がさらに深刻化。これに加え、市内の生活ごみや建築ごみが全てこの土地に廃棄され、周囲の環境は劣悪だった。唐山市は1996年から一帯の総合整備を開始。かつての「工業の傷跡」に数年かけて水域面積11・5平方キロ、緑地面積16平方キロの生態公園を建設した。風光明媚な南湖は今では同市の美しさを表す名刺代わりとなり、市民や観光客が行楽やレジャーに訪れる絶好のスポットにもなっている。(唐山=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  34. 2019111000167

    熊本・益城の区画整理着工  熊本地震で被害を受けた熊本県益城町で行われた、土地区画整理事業の着工式=10日

  35. 2019111000166

    熊本・益城の区画整理着工  熊本地震で被害を受けた熊本県益城町の土地区画整理事業の着工式で、あいさつする西村博則町長=10日

  36. 2019111000165

    熊本・益城の区画整理着工  熊本地震で被害を受けた熊本県益城町の土地区画整理事業の着工式で、あいさつする蒲島郁夫知事=10日

  37. 2019110900128

    被災地で車無料貸し出し  宮城県丸森町で車の無料貸し出しが始まり、日本カーシェアリング協会の職員(右)から説明を受ける女性=9日午前

  38. 2019110900126

    被災地で車無料貸し出し  宮城県丸森町で日本カーシェアリング協会の車の無料貸し出しが始まり、手続きをする女性(左)=9日午前

  39. 2019110900108

    被災地で車無料貸し出し  宮城県丸森町で車の無料貸し出しが始まり、日本カーシェアリング協会の職員(左)から説明を受ける住民の男性=9日午前

  40. 2019110900010

    複数車いす客、安全に避難  東海道新幹線の大規模地震に備えた訓練=2018年8月、静岡県三島市の車両基地

  41. 2019110803037

    「写真特集」23枚組の(21) 台風19号まもなく1カ月  宮城県丸森町の民家の敷地に押し寄せた稲わらを集める、ボランティアの安藤紀璃さん(右)。小学校卒業の直前に東日本大震災が発生。仙台市の実家が全壊し、避難所での生活を経験した。「震災でボランティアの人たちに助けてもらった。私も丸森の人のために少しでも助けになりたい」。20歳の会社員は有給休暇を取って駆けつけた=7日

  42. 2019110702780

    資料 66173 新潟地震  地盤の液状化現象で傾いたビル=1964(昭和39)年6月17日、新潟市明石通1丁目

  43. 2019110702473

    資料 66174 新潟地震  液状化現象により倒壊した川岸町の県営アパート。窓から生活用品を運び出す住人の姿が見える=1964(昭和39)年6月18日、新潟市川岸町

  44. 2019110701433

    資料 66171 新潟地震  落下して気動車にのしかかった新潟駅構内の東渡線橋=1964(昭和39)年6月17日

  45. 2019111400933

    「新華社」 改修中の台湾最古の孔子廟を訪ねて  7日、台南孔子廟の改修工事現場で作業する作業員。中国台湾の台南孔子廟は300年以上前に創建された台湾最古の孔子廟で、台湾最初の学校でもあり「全台首学」と称され、台南市で最も有名な観光地の一つでもある。2016年2月6日の台湾南部地震で被害を受け、昨年6月から改修工事を進めている。ここ30年で最大の改修工事で、約5千万台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)を支出して孔子廟の敷地全体を改修している。工事はすでに半分以上終了し、主殿である大成殿の内部の改修は完了したという。台南市孔子廟文化基金会の責任者、潘元正(はん・げんせい)氏は、改修はセメントを使わず、全て伝統工法で進めていると説明。伝統工法をとるのは、先祖が残した環境に優しい技術を残すためで、今後も世代から世代へ伝えていきたいと語った。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  46. 2019111400896

    「新華社」 改修中の台湾最古の孔子廟を訪ねて  7日、台南孔子廟の改修工事現場。中国台湾の台南孔子廟は300年以上前に創建された台湾最古の孔子廟で、台湾最初の学校でもあり「全台首学」と称され、台南市で最も有名な観光地の一つでもある。2016年2月6日の台湾南部地震で被害を受け、昨年6月から改修工事を進めている。ここ30年で最大の改修工事で、約5千万台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)を支出して孔子廟の敷地全体を改修している。工事はすでに半分以上終了し、主殿である大成殿の内部の改修は完了したという。台南市孔子廟文化基金会の責任者、潘元正(はん・げんせい)氏は、改修はセメントを使わず、全て伝統工法で進めていると説明。伝統工法をとるのは、先祖が残した環境に優しい技術を残すためで、今後も世代から世代へ伝えていきたいと語った。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  47. 2019111400911

    「新華社」 改修中の台湾最古の孔子廟を訪ねて  7日、台南孔子廟の周りを散策する観光客。中国台湾の台南孔子廟は300年以上前に創建された台湾最古の孔子廟で、台湾最初の学校でもあり「全台首学」と称され、台南市で最も有名な観光地の一つでもある。2016年2月6日の台湾南部地震で被害を受け、昨年6月から改修工事を進めている。ここ30年で最大の改修工事で、約5千万台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)を支出して孔子廟の敷地全体を改修している。工事はすでに半分以上終了し、主殿である大成殿の内部の改修は完了したという。台南市孔子廟文化基金会の責任者、潘元正(はん・げんせい)氏は、改修はセメントを使わず、全て伝統工法で進めていると説明。伝統工法をとるのは、先祖が残した環境に優しい技術を残すためで、今後も世代から世代へ伝えていきたいと語った。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  48. 2019111400855

    「新華社」 改修中の台湾最古の孔子廟を訪ねて  7日、台南孔子廟の改修工事現場。中国台湾の台南孔子廟は300年以上前に創建された台湾最古の孔子廟で、台湾最初の学校でもあり「全台首学」と称され、台南市で最も有名な観光地の一つでもある。2016年2月6日の台湾南部地震で被害を受け、昨年6月から改修工事を進めている。ここ30年で最大の改修工事で、約5千万台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)を支出して孔子廟の敷地全体を改修している。工事はすでに半分以上終了し、主殿である大成殿の内部の改修は完了したという。台南市孔子廟文化基金会の責任者、潘元正(はん・げんせい)氏は、改修はセメントを使わず、全て伝統工法で進めていると説明。伝統工法をとるのは、先祖が残した環境に優しい技術を残すためで、今後も世代から世代へ伝えていきたいと語った。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  49. 2019111400767

    「新華社」 改修中の台湾最古の孔子廟を訪ねて  7日、台南孔子廟の正門前で記念撮影する観光客。正門はすでに改修を終えている。中国台湾の台南孔子廟は300年以上前に創建された台湾最古の孔子廟で、台湾最初の学校でもあり「全台首学」と称され、台南市で最も有名な観光地の一つでもある。2016年2月6日の台湾南部地震で被害を受け、昨年6月から改修工事を進めている。ここ30年で最大の改修工事で、約5千万台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)を支出して孔子廟の敷地全体を改修している。工事はすでに半分以上終了し、主殿である大成殿の内部の改修は完了したという。台南市孔子廟文化基金会の責任者、潘元正(はん・げんせい)氏は、改修はセメントを使わず、全て伝統工法で進めていると説明。伝統工法をとるのは、先祖が残した環境に優しい技術を残すためで、今後も世代から世代へ伝えていきたいと語った。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  50. 2019111400860

    「新華社」 改修中の台湾最古の孔子廟を訪ねて  7日、台南孔子廟の改修工事現場で作業する作業員。中国台湾の台南孔子廟は300年以上前に創建された台湾最古の孔子廟で、台湾最初の学校でもあり「全台首学」と称され、台南市で最も有名な観光地の一つでもある。2016年2月6日の台湾南部地震で被害を受け、昨年6月から改修工事を進めている。ここ30年で最大の改修工事で、約5千万台湾ドル(1台湾ドル=約3・6円)を支出して孔子廟の敷地全体を改修している。工事はすでに半分以上終了し、主殿である大成殿の内部の改修は完了したという。台南市孔子廟文化基金会の責任者、潘元正(はん・げんせい)氏は、改修はセメントを使わず、全て伝統工法で進めていると説明。伝統工法をとるのは、先祖が残した環境に優しい技術を残すためで、今後も世代から世代へ伝えていきたいと語った。(台北=新華社記者/陳斌)=2019(令和元)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像