検索結果 30,314 件中 1 件 〜 50
  1. 2019102000055

    台風19号、各地で被害  台風19号の被災地で、家具を片付ける人たち=20日午前9時44分、宮城県丸森町

  2. 2019102000054

    台風19号、各地で被害  台風19号の被災地で、家具を片付ける人たち=20日午前9時43分、宮城県丸森町

  3. 2019102000052

    首相、長野の被災地視察  台風19号による被害視察のため長野県入りした安倍首相(中央)=20日午前10時30分、長野市の長野運動公園総合運動場

  4. 2019102000051

    首相、長野の被災地視察  台風19号による被害視察のため長野県入りした安倍首相(中央)=20日午前10時30分、長野市の長野運動公園総合運動場

  5. 2019101900194

    台風19号、各地で被害  宮城県丸森町の避難所で過ごすお年寄り。被災地では雨も降り続き、先の見えない避難生活に不安を抱える。「救いは、みんなが昔ながらの知り合いで助け合っていること。一家族みたいなもんです」と話した=19日午前10時58分

  6. 2019101706868

    首相「生活支援進める」  避難所を訪れ、被災者に声を掛ける安倍首相=17日午後、宮城県丸森町

  7. 2019101706859

    首相「生活支援進める」  避難所を訪れ、被災者に声を掛ける安倍首相=17日午後、宮城県丸森町

  8. 2019101706856

    首相「生活支援進める」  避難所を訪れ被災者に声を掛ける安倍首相=17日午後、宮城県丸森町

  9. 2019101705210

    震災犠牲者の遺骨、新たに  8月に見つかった人骨の一部が、東日本大震災で行方不明になっていた大久保真希さんのものと判明し、仏壇に手を合わせる父三夫さん=17日午後、宮城県亘理町

  10. 2019101702997

    首相、台風被災地を視察  避難所を訪れ被災者の話を聞く安倍首相=17日午前、福島県郡山市

  11. 2019101603205

    小池知事が都内被災地視察  東京都日の出町で被害状況の説明を受ける小池百合子知事(右から2人目)=16日午後0時45分

  12. 2019101601307

    津波で夫失い、再び被災  台風19号の大雨で被災した自宅室内を見つめる渡辺すみよさん。東日本大震災では津波で家を流され夫を失った=15日午後、宮城県丸森町

  13. 2019101601302

    津波で夫失い、再び被災  台風19号の大雨で被災した渡辺すみよさん(右)の自宅。東日本大震災では津波で家を流され夫を失った=15日午後、宮城県丸森町

  14. 2019101500784

    地震機に生産性高める動き  熊本地震で被災後、牧場経営を拡大した山田政晴さん=9月、熊本県西原村

  15. 2019101400434

    復興相が震災被災地を視察  福島県浪江町の汚染土の仮置き場を視察する田中復興相=14日午後

  16. 2019101605572

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  17. 2019101605396

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  18. 2019101605399

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  19. 2019101605440

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  20. 2019101605463

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  21. 2019101605455

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  22. 2019101605414

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  23. 2019101605420

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  24. 2019101605402

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」で撮影する観光客。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  25. 2019101605438

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  26. 2019101605444

    「新華社」 大巴山脈奥地の地質奇観、「中華竜山」の神秘に迫る  13日、漢中黎坪国家森林公園内の「中華竜山」。中国陝西省と四川省の境に位置する漢中黎坪国家森林公園では、2008年に四川省汶川(ぶんせん)県で発生した地震によって山崩れが起こり、独特な岩体が出現した。この岩体は表面が濃い赤色で、うろこ模様で覆われており、全体的な走向や形状が中国神話の「竜」の形に似ていることから、地元の人々によって「中華竜山」と名付けられた。研究者によると「中華竜山」は約4億5千万年前、陸と海の位置変化によって生じたもので、岩体内部からは海洋古生物の化石が大量に発見されており、高い研究価値がある。(漢中=新華社記者/張博文)=2019(令和元)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  27. 2019101102271

    「表層深層」①大川小訴訟終結 「子ども守れ」続く模索  2011年3月、東日本大震災の津波で壊滅状態となった大川小=宮城県石巻市

  28. 2019101101198

    遺族や校舎が教訓伝える  東日本大震災の津波で児童と教職員が犠牲になった旧大川小校舎=11日午後、宮城県石巻市

  29. 2019100905489

    教訓踏まえ崩落防止設計  再建工事が進む阿蘇大橋の橋脚。断層の推定位置に近い橋脚(手前)は丁字形をした上部の幅を通常(奥の2本)より広げ、強い揺れや断層のずれで外れた橋桁を受け止める仕組みとした=9月19日、熊本県南阿蘇村

  30. 2019101004637

    造成宅地、補強支援を拡充  北海道地震で建物が傾いた造成地=2018年9月、札幌市

  31. 2019100905902

    津波や火災、爪痕生々しく  東日本大震災で被災した宮城県石巻市の門脇小校舎の内部=9日午後(360度カメラで撮影)

  32. 2019100905853

    津波や火災、爪痕生々しく  東日本大震災で被災した宮城県石巻市の門脇小校舎の内部。骨組みだけになった机やいすが残されていた=9日午後

  33. 2019100905852

    津波や火災、爪痕生々しく  東日本大震災で被災した宮城県石巻市の門脇小校舎の教室。骨組みだけになった机やいすが残されていた=9日午後

  34. 2019100905851

    津波や火災、爪痕生々しく  東日本大震災で被災した宮城県石巻市の門脇小校舎の内部。骨組みだけになった机やいすが残されていた=9日午後

  35. 2019100905847

    津波や火災、爪痕生々しく  東日本大震災で被災した宮城県石巻市の門脇小校舎の内部=9日午後

  36. 2019100905842

    津波や火災、爪痕生々しく  東日本大震災で被災した宮城県石巻市の門脇小校舎の内部=9日午後

  37. 2019100701102

    臨時情報の手順確認  四国沖の南海トラフ沿いでの大地震を想定し実施された、評価検討会を緊急に開く訓練=7日午後、気象庁(代表撮影)

  38. 2019100700713

    資料A 2406 在日外国人が“地震体験”  起震車で“大地震”の揺れを体験する在日外国人女性ら=1980(昭和55)年11月17日、東京・南麻布(55年内地10360)

  39. 2019100403283

    活断層の説明「大体納得」  現地調査で採取された試料について日本原燃社員から説明を受ける原子力規制委の石渡明委員(中央)=4日、青森県六ケ所村

  40. 2019092801086

    静かな祈り、涙ぬぐう  スラウェシ島中部地震・津波から1年となった追悼集会に参加した人たち=28日、インドネシア・パル(共同)

  41. 2019092800474

    静かな祈り、涙ぬぐう  スラウェシ島中部地震・津波から1年となった28日に集団墓地で追悼する遺族ら=インドネシア・パル(共同)

  42. 2019092601554

    東京五輪向けた交流紹介  東日本大震災で米ロサンゼルスから駆け付けた男性消防士(右)と話す岩手・大船渡消防署の千葉善博さん=25日、ロサンゼルス(共同)

  43. 2019092600976

    御嶽山噴火きょう5年  御嶽山の噴火から5年を前に、慰霊祭で手を合わせる被災者家族会「山びこの会」事務局代表のシャーロック英子さん(手前から2人目)ら=26日午後、長野県王滝村

  44. 2019092504404

    「ラグビーW杯日本大会」「楕円球にかける」 「W杯機に震災へ思いを」  釜石鵜住居復興スタジアム(左奥)を望む高台で笑顔を見せる菊池のどかさん=岩手県釜石市

  45. 2019092504403

    「ラグビーW杯日本大会」「楕円球にかける」 「W杯機に震災へ思いを」  釜石鵜住居復興スタジアム(奥)を望む高台で震災当時について話す菊池のどかさん=岩手県釜石市

  46. 2019092504402

    「ラグビーW杯日本大会」「楕円球にかける」 「W杯機に震災へ思いを」  「いのちをつなぐ未来館」を訪れた高校生を案内する菊池のどかさん=岩手県釜石市

  47. 2019092504311

    「ラグビーW杯日本大会」「楕円球にかける」 「W杯機に震災へ思いを」  釜石鵜住居復興スタジアムの近くの津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」を訪れた人たち=25日、岩手県釜石市

  48. 2019092504256

    「楕円球にかける」 「W杯機に震災へ思いを」  津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」ガイドの菊池のどかさん=25日午後、岩手県釜石市

  49. 2019092503963

    「ニュースアラカルト」(社会)「大津波の記憶、次の世代に」 大津波の記憶、次の世代に  オープンした東日本大震災津波伝承館。がれきの中から見つかった消防車などが展示されている=9月22日、岩手県陸前高田市

  50. 2019092501377

    GPS装着、救助に活用  南海トラフ巨大地震を想定し、保育園児がGPS機器付きのライフジャケットを着用して行われた実証実験=25日午前、和歌山県白浜町

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像