検索結果 13 件中 1 件 〜 13 件 "Architecture"
  1. 2016050300509

    益城町で2千棟調査  熊本県益城町で建物の地震被害調査をする日本建築学会のメンバー=3日午後

  2. 2016050300505

    益城町で2千棟調査  熊本県益城町で建物の地震被害調査をする日本建築学会のメンバー=3日午後

  3. 2016050300144

    益城町で2千棟調査  熊本県益城町で建物の地震被害調査をする日本建築学会の調査員=3日

  4. 2016050300143

    益城町で2千棟調査  熊本県益城町で建物の地震被害調査をする日本建築学会の調査員ら=3日

  5. 2015042600002

    歴史刻む建築物、がれきに  強い地震でつぶれたカトマンズ中心部の寺院=25日(ゲッティ=共同)

  6. 2015021900432

    「1㌻特集・教訓を世界に―国連防災会議」サイド② 対策見直し急ピッチ  住宅と特定建築物の耐震化率

  7. 2015021900430

    「1㌻特集・教訓を世界に―国連防災会議」サイド② 対策見直し急ピッチ  住宅と特定建築物の耐震化率

  8. 2015011400035

    聞き取り調査に協力を  神戸大の建築学の研究室が、阪神大震災の遺族から聞き取った被災状況の調査記録メモ

  9. 2013101700276

    資料 27554 人工地震の試験  人工地震による建築物の耐震実験=1951(昭和26)年9月21日、東京新宿区百人町の建設省研究所内(26年内地2562)

  10. 2012091900454

    木造建築物の耐震性確認  阪神大震災の揺れを再現した、2階建て木造建築物の耐震実験=19日午後、兵庫県三木市の兵庫耐震工学研究センター

  11. 1995022300074

    連載企画「阪神大震災・専門家の分析」5回続きの(5)  悲惨な避難生活が長期化  室崎益輝・神戸大教授(カラーネガ)(むろさき・よしてる)京大工学部建築学科卒。同学科助手を経て、1977年から神戸大工学部へ、87年から教授。都市防災が専門で、阪神大震災でも火災などの被害状況を調査した。50歳。兵庫県尼崎市出身

  12. 1995021400074

    識者座談会「阪神大震災がもたらしたもの」  人に優しい町づくり原点に  建築耐震工学の渡部丹・日本建築学会地震災害委員会委員長わたべ・まこと・日本建築学会地震災害委員会委員長、清水建設専務)

  13. 1995021400073

    識者座談会「阪神大震災がもたらしたもの」  人に優しい町づくり原点に  阪神大震災について話し合う(左から)渡部丹(わたべ・まこと・日本建築学会地震災害委員会委員長、清水建設専務)、早坂暁(はやさか・あきら・作家、脚本家)、野田正彰(のだ・まさあき・京都造形芸術大教授)の各氏

さらに表示 取得中
検索中です
[チャプター再生]
本画像はログイン後にご覧いただけます
商品コード: タイトル情報無
※このコンテンツはプレミアム価格対象商品です。料金はコンテンツにより異なります。
タグ

登録日時 撮影日 種別
提供元

データサイズ

画像サイズ 解像度
展開サイズ※
フレームサイズ フレームレート
再生時間 映像形式
音声有無 映像有無
※Photoshopなどで開いた際のファイルサイズ
主画像
別カット
関連画像